カードローン110番 > カードローン在籍確認対策まとめ!職場ばれが嫌な人はココ > 在籍確認なしのカードローン一覧。実際に問い合わせました。

在籍確認なしのカードローン一覧。実際に問い合わせました。

インターネットでカードローン審査の心配事といえば、審査に通過するのかどうかと在籍確認のようです。

勤め先の会社に金融会社から電話があれば、お金を借りることが同僚などに知られてしまうと心配になるようです。

そこで、在籍確認をしない金融機関がないのか、主要20の会社に電話調査をしましたので一挙公開します。

在籍確認がないカードローンって本当にあるの?

カードローンに申込みすると、在籍確認が必ずされると思っている人が多いようです。しかし、インターネットの情報を見ていると、「在籍確認をしない金融機関はここだ!」のようなものを見ることがあります。

そこで、本当に在籍確認なしの金融機関がどれぐらいあるのか、直接コールセンターに電話をして調べました。

最後にその結果をまとめますが、まずは在籍確認がどういうものなのか、しっかりとおさえておきましょう。

在籍確認を行う意味

金融機関で在籍確認をなぜ行うのでしょうか。カードローンの審査で重要視されるものに、融資の返済が長期にわたり大丈夫かどうかがあります。

このポイントを確認するためには、月々の収入が安定しているかどうかが重要になります。

そして、月々の収入が安定しているのかどうかは、勤務先がしっかりしているかどうかが大事になるでしょう。そこで、カードローンの申込者が間違いなく、申込書で申告した会社に勤務しているのかを確認するために行われます。

金融機関では申告された勤務先に勤めていることを確認できなければ、カードローンの契約をしません。

主婦や自営業者の場合の在籍確認は?

主婦や自営業者が在籍確認をどのようにされるのか、ということも疑問に思う人もいるようです。主婦の場合は、パートで働いている人、専業主婦と別れると思います。

パートで働いている人の場合には、職場に金融機関から電話で在籍確認がされます。

専業主婦は自宅に金融機関から電話がかかってきます。間違っても、収入のある配偶者の会社には電話はありませんので安心してください。

また、自営業者の場合で事務所や店舗を、自宅と違うところに構えていない人は自宅に電話連絡がありますので覚えておきましょう。

在籍確認の方法をチェック

在籍確認がどのように行われるのか、事前に知っておくことで安心してカードローンの申込みができると思います。

そこで、金融機関が在籍確認をする方法として、ふたつの方法がありますので、ここでしっかりと知識をおさえておきましょう。

電話による確認

一般的に金融機関から在籍確認を行うときには、勤務先に電話連絡があります。

聞かれる内容はそれほど難しいものではなく、「このたびはカードローンを申し込みいただいてありがとうございました」程度のものです。

そして、生年月日などの本人確認が行われて、間違いなくカードローンを申し込みしたかを聞かれるだけです。

なお、このときに会社の同僚に聞かれたくないと思う人が多いようですが、電話がかかってくるときには個人名を名乗ることが多いので比較的安心ができるでしょう。

書類提出による確認

電話で在籍確認ができないことが稀にあります。働いている会社で、従業員の個人情報を漏らさないように、知らないところからの電話は取次ぎをしないところもあるでしょう。

このように特殊なケースでは、収入証明書となる給与明細や、健康保険証などの書類を提出することによって、在籍確認の代替え処理として認めているところもあります。

在籍確認がされるときに審査担当者から個人名でかかってくるのかどうかと、書類での在籍確認をしてくれるのかもあわせて事前に問い合わせをしておくことをおすすめします。

主要カードローンの在籍確認について問い合わせてみました!

在籍確認があるかないか心配になる人も多い中、自分で問い合わせをするのは億劫(おっくう)な人もいるでしょう。また、自分で在籍確認がない金融機関を探すのも、手間と時間がかかると思います。

そこで、2017年5月現在の主要な金融機関で在籍確認をどのように行っているのか、実際に電話をして確認をしたものを次にまとめましたので参考にしてください。

金融機関名
及び商品名
在籍確認 在籍確認者の
名乗り方
時間指定 必要書類 注意事項
アイフル 相談によっては書類で対応 個人名 可能 給与明細書
(氏名・支給年月日・勤務先名が記載されている最新のもの)
書面での在籍確認は必ず来店
不在でもアイフルで確認が取れればOK
アコム 基本的に電話・相談によっては書類で対応 個人名 可能 運転免許証・パスポート及び社会健康保険証 電話で要相談
プロミス 基本的に電話・相談によっては書類で対応 個人名 可能 給与明細書
(氏名・支給年月日・勤務先名が記載されている最新のもの)・社会健康保険証
積極的ではないが電話で応相談
新生銀行「レイク」 電話のみ 個人名 可能 給与明細書
(氏名・支給年月日・勤務先名が記載されている最新のもの)・社会健康保険証
審査によっては在籍確認がない場合もあり
ノーローン 電話のみ 個人名 可能 給与明細書
(氏名・支給年月日・勤務先名が記載されている最新のもの)・社会健康保険証
時間指定の場合は、申し込み後すぐに電話が必要
不在でもアイフルで確認が取れればOK
三菱東京UFJ銀行
「バンクイック」
電話のみ 銀行名 できない  
スルガ銀行
「リザーブドプラン」
電話のみ 個人名 できない  
りそな銀行
「クイックカードローン」
なし  
三井住友銀行
カードローン
必ず電話あり 個人名・銀行名選択可 可能 給与明細書
(氏名・支給年月日・勤務先名が記載されている最新のもの)・社会健康保険証
個人名・銀行名の指定、及び時間指定の場合は、申し込み後すぐに電話が必要
電話で確認が取れなかった場合には書類で対応
ソニー銀行
カードローン
電話のみ 個人名・銀行名選択可 できない 指定がなければ銀行名で電話があり
ジャパンネット銀行
「ネットキャッシング」
電話のみ 個人名・銀行名選択可 可能 指定がなければJNBと名乗って電話あり
SBI住信ネット銀行
「Mr.カードローン」
電話のみ 個人名・銀行名選択可 1時間単位で可能 指定がなければ個人名
要望があれば申し込み後にすぐに電話が必要
セブン銀行 なし  
イオン銀行
カードローン
電話のみ 個人名 できない 保証会社が電話
楽天銀行
「スーパーローン」
電話もしくは書面 個人名 可能 勤務先から発行してもらった在籍証明書  
オリックス銀行
カードローン
電話のみ 個人名・銀行名選択可 可能性あり 指定がなければ個人名で電話あり
指定をする場合はすぐに電話で依頼
みずほ銀行
カードローン
電話のみ 個人名・銀行名選択可 できない 保証会社が電話
じぶん銀行
カードローン
電話のみ 個人名・銀行名選択可 できない 指定がなければ個人名で電話あり
指定をする場合はすぐに電話で依頼
東京スター銀行
「スターカードローン」
電話のみ 個人名 できない  

比較的融通が利かないのが、ネット銀行に多い結果でした。

また、在籍確認のことを考えると、消費者金融のカードローンは臨機応変に対応してくれる可能性が強いことが分かりました。時間指定や、申し込みの不安を親身になって対応してくれるようでした。

そして、消費者金融なかでも条件によっては即日融資が可能でさらにWEB完結であれば電話連絡なしのSMBCモビットが特におすすめです。

SMBCモビットの詳細はコチラ >>