山陰合同銀行カードローン審査のすべてを解説します

サイトマップ
カードローン110番 > 山陰合同銀行カードローン徹底検証 > 山陰合同銀行カードローン審査のすべてを解説します

山陰合同銀行カードローン審査のすべてを解説します

島根県最大かつ山陰地方最大の地方銀行である山陰合同銀行のカードローンは最短即日審査回答などの特徴があります。

山陰合同銀行カードローンの審査はどのように行われるのでしょうか?

山陰合同銀行ごうぎんカードローン商品スペック

山陰合同銀行カードローンの主な商品スペックは以下のようになっています。

  • 利用限度額:500万円
  • 金利:3.8~14.5%
  • 特徴:即日審査回答

山陰合同銀行カードローンの特徴は地方銀行としては珍しく最短即日審査の回答があるという点です。

さらに、金額ごとに金利が決まっているため、申込前から自分の希望額にどの金利が適用されるかがわかりやすいため、他の商品との比較がいやすいという特徴があります。

山陰合同銀行ごうぎんカードローンの審査

山陰合同銀行カードローンの審査はどのように行われ、基準はどのようになっているのでしょうか?

山陰合同銀行ごうぎんカードローンの審査時間は早い?遅い?

山陰合同銀行カードローンは最短即日審査回答と表記されています。

しかし、山陰合同銀行カードローンは、審査のプロセスが3回あります。ネット申込では最初に①簡易審査というものに申し込みを行います。ここで可決になると、電話連絡があります。

その後、②仮審査の申込をネット上から行います。

つまり、ネット上での申込過程が2回あるという点が特徴であり、デメリットでもあります。

最初の簡易審査で入力する項目は住所、氏名、生年月日、電話番号といった、ごくごく基本の個人情報だけです。

この情報から簡易審査では個人信用情報の照会を行います。ここで可決となった後に、年収、勤務先、勤続年数、居住形態、居住年数などを入力してスコアリング審査を行います。

つまり、山陰合同銀行カードローンは個人信用情報をクリアした人でないとスコアリング審査に入れないということです。

①、②の審査時間が合計で最短即日回答となっています。最後に、契約書兼申込書と必要書類を郵送して契約完了となります。

仮審査回答までは地方銀行としては早いですが、簡易審査と仮審査に分かれているので入力や電話が面倒になるという点がデメリットです。

実際には、それほど審査が早いとは言えない側面もあります。

山陰合同銀行ごうぎんカードローンの審査結果から契約までの期間や日数は?

山陰合同銀行カードローンの仮審査は最短即日です。

しかし、契約書類が郵送されて、その書類に記入を行い、必要書類とともに返送して本審査に通過と契約完了という流れになります。

書類の往復でそれぞれ2日、書類の確認に2日程度かかると考えれば、仮審査通過から契約手続き完了までは1週間程度見ておいたほうがよいでしょう。

契約後は山陰合同銀行の口座へ振り込み融資を受けることができますが、カードの受取は必ず郵送になりますので、ここでも2日程度見ておいたほうがよいでしょう。

なお、山陰合同銀行カードローンの約定返済の返済方法は口座振替のみですので、口座をもっていない人はさらに口座作成後の契約となってしまい、時間や日数が必要になります。

山陰合同銀行ごうぎんカードローンは主婦でも融資可能?

山陰合同銀行カードローンは主婦でも借入可能です。

配偶者の収入で生活している主婦の人は30万円までを限度として融資対象となっています。

金利は14.5%です。

山陰合同銀行ごうぎんカードローンは会社へ在籍確認の電話連絡がある?

山陰合同銀行カードローン審査では基本的に申込者の会社へ電話にて在籍を確認します。

在籍確認の電話では担当者個人名か銀行名で電話をかけ、ローンの内容を話すことはありません。

申込人がその会社に在籍しているという事実さえ確認できれば確認完了ですので、外出中とか、お休みという言葉を会社の人から得られるだけでも確認完了です。

ローンに申し込んだということは会社の人はわかりません。

山陰合同銀行ごうぎんカードローンで審査に落ちた人はどこに問題がある?

山陰合同銀行カードローンは保証会社の審査が簡易審査と仮審査が分かれています。

ということは、簡易審査で信用情報に問題がある人は問答無用にはじいていくということです。

このため、個人信用情報にブラック情報が記録されている、すでに他社借入が3本以上ある多重債務者である、年収の半分以上の借入がある、クレジットカードや借入金の返済状況に遅れが多いというような信用情報に問題がある人はその時点で簡易審査否決となります。

他の項目がよいから審査に通るということはあり得ません。簡易審査に通過した人は仮審査に進みます。

仮審査では、勤務先、勤続年数、年収などを点数化するスコアリング審査が行われ、ここでも審査落ちの可能性があります。

勤続年数が短い人、年収が低い人などは審査に落ちる可能性があります。

山陰合同銀行カードローン審査に落ちる人は、個人信用情報が多重債務であったり、クレジットヒストリーに問題がある人は簡易審査には通らないでしょう。

また、勤続年数が1年未満であったり、年収の半分以上の借入がある人も審査通過は難しくなります。

山陰合同銀行ごうぎんカードローンで審査落ちしないためのポイントとは?

山陰合同銀行カードローンで審査落ちしないためのポイントは、多重債務をおまとめなどによって解消してから申込を行うということと、クレジットヒストリーをきれいに保つということが重要になります。

クレジットヒストリーはクレジットカードを期日通りに支払うことで、期日通りに支払ったという情報が蓄積されていきます。

クレジットヒストリーは過去24か月分記録されますので、できる限り多く、期日通り支払ったという記録を並べましょう。

また、勤続年数が1年未満の人は勤続年数が1年を超えてから申込を行いましょう。

スコアリング審査においては年収も重要になりますので、昇給などの予定がある人は昇給後に申し込みを行いましょう。

山陰合同銀行ごうぎんカードローンの審査は甘い?厳しい?

結論から先に述べると、山陰合同銀行カードローンの審査は他の銀行系カードローンの審査よりも難易度が高いといえます。

簡易審査と仮審査が分かれているためです。

先ほど述べたように、簡易審査で信用情報の照会を行い、仮審査ではスコアリング審査が行われます。

このため、信用情報とスコアリング審査が全く別に行われます。

他のカードローン審査においては、多少多重債務状態であっても、勤務先が公務員とか上場企業会社員であるような場合には審査に通ってしまうようなこともあります。

しかし、山陰合同銀行カードローン審査の簡易審査段階では、そのような属性情報はわかりません。

このため、多少個人信用情報に問題があっても、そのほかの属性情報でカバーしてもらえるというようなことはありません。

とはいえ、信用情報に全く問題がなく、消費者金融からの借入がない普通の会社員であれば審査通過はそれほど難しくはないでしょう。

プロミスの詳細はコチラ >>

アコムの詳細はコチラ >>

SMBCモビットの詳細はコチラ >>