カードローン110番 > 審査基準や疑問を徹底解説 > カードローン審査:申込み時の嘘がばれたら?

カードローン審査:申込み時の嘘がばれたら?

カードローンの審査でばれるとは!

カードローンはいつでもどこでもお金の出し入れができる便利なカードですが、持つためには審査を申し込んで通る必要があります。

一方で、カードローン審査の際に嘘がばれたとか、家族に内緒のつもりだったのにばれてしまったという話もよく聞きます。

このばれる、或いはバレるというのはどのようなことをいうのかを見てみることにしましょう。

ここでは「ばれる」という言い方を使います。

カードローン申込みが家族にばれる

家族には内緒のつもりで、へそくり代わりにするつもりだったが、配偶者にばれてしまったという場合があります。

このケースは、ネット銀行やクレジットカード会社のキャッシングカードなどで良くある現象ですそのために配偶者の方や家族に知られてしまうのです。

このようにカードなどがカードを自宅に送られるのは、自宅に住んでいるのか確認ができていないために、その確認の意味もあります。

また、店舗がないために、店頭で手渡すということができないためでもあるのです。

カードローン借入がばれる

また、カードローンを作ったことはばれなかったものの、銀行などでお金を引き出したり、返済をした場合に、利用明細書が自宅に送られてきて配偶者やご家族にばれたということも良くあります。

基本的にカードローンの利用はコンビニや銀行の提携ATMで行なうことが多いです。

しかし、地方銀行などの提携ATMの場合には、貸金業法の利用明細書の記載要件に沿っていない場合が多くあります。

そのために、消費者金融会社やネット銀行などでは、自宅に利用明細書を送らざるを得ない場合があるのです。

例えば、貸金業法の要件である返済後や出金後の借入残高や、次回返済予定日などは地方銀行の提携ATMの明細書には記載がないのです。

そこで、大手消費者金融会社などはWEB明細書としてネット上の会員サービスサイトで見たり、メールで送ったりできるようにしています。

しかしそのためには手続きが必要であり、その手続きをしていなかった場合には自宅に利用明細書が送られるのです。

カードローンの延滞がばれる

また、カードローンの返済日を忘れてしまって、督促のメールに気がつかない場合には、消費者金融会社などは、電話をしたり、書面を送る場合があります。

大手消費者金融会社の場合には、マニュアルなどで短期延滞の場合は電話で家族にわからないように配慮がありますが、中小業者の場合には直接的な表現で家族に請求する場合もあるのです。

契約解除の直前まで連絡がつかない場合には、大手消費者金融会社でも書面による連絡を行いますので、ご家族の方、配偶者の方にわかってしまうケースが出てきます。

カードローン審査の借入申込書の記載の嘘がばれる

カードローン審査を申し込む場合には、どの金融機関でもまず借入申込書を記入したり、ネットなどで入力することから始まります。

この借入申込書は、審査において非常に大切な属性情報や信用情報を含んでおり、その記入内容の確認が行われる項目もあるのです。

勤務先には在籍確認が行われますし、他社借入については業界の信用情報機関に問い合わせが行われ、他社の借入やその返済状況の情報を確認します。

従って、借入申込書の嘘は、特定項目ではすぐにばれて、審査に落ちるという結果になるのです。

これらの嘘は、悪質な場合には社内のブラックリストに残されますので、同じ金融機関に申し込むことはできなくなります。

カードローン審査に通るための嘘がばれる

また、嘘をつくつもりはなくても、人間は自分を良く見せようとする見栄やカードローン審査に通りたいという思いから、住居を賃貸なのに持ち家としたり、居住年数が半年なのに5年と書いてしまう場合もあります。

大手消費者金融会社の審査では、それらの見栄が入っていることも踏まえて行われます。

しかし、規模の小さい地方銀行や信用金庫の場合には、営業エリアが狭いだけに毎日エリア担当者が地域を巡回しており、それらの情報の確認は簡単にできるのです。

そのため、嘘はばれて審査に通らないということが多く出てきます。銀行審査は、性悪説に基づいて断る材料を掘り起こすための審査が行われるため、ささいな嘘も見逃してはくれないのです。

カードローン審査で嘘がばれるケースとは

では、まずカードローン審査の際に嘘がばれるケースについて詳しく見てみることにします。

カードローン審査の借入申込書とは

カードローン審査においては、借入申込書の内容が大きな審査材料となります。

借入申込書は属性情報が多く含まれており、その中からいくつかの項目が大手消費者金融会社の機械審査であるスコアリングシステムに使われます。

大手消費者金融会社では、過去の1千万件に及ぶ属性情報から長期延滞になるパターンを確率的に求め、パターンごとにスコア(得点)化して、融資可否、融資可能額、金利などを決めているのです。

その際に使われる属性項目やその比重は各大手業者間で違っています。

但し、このスコアリング分析では、ある程度の見栄による嘘が含まれていることを計算に入れており、一部の項目以外には詳細な確認は行われません。

一部の項目というのは、勤務先や他社借入残高、収入などです。いずれも借入申込書の記入内容では重要事項になっており、スコアリング審査にも大きな影響を与える項目になるため確認を行うのです。

カードローン審査の借入申込書の虚偽記載がばれるのはどういう時?

大手消費者金融会社のカードローン審査で、借入申込書の嘘がばれるのは、勤務先、他社借入、収入に限られることになります。

但し、これらの項目に嘘があるということは、基本的にすべての項目の信憑性がなくなるため、審査に通ることはできないのです。

また、銀行が保証会社に保証審査を依頼する前に、銀行独自の審査が行われますが、重箱の隅を突くような慎重な確認が行われます。

住居関連の項目については、小規模な地方銀行や信用金庫の場合には担当者が実際の住居を調べます。

勤務先などもエリア内にある場合には銀行取引もあるため、従業員数などの規模面などは簡単に調べることができ、嘘はすぐに発覚するのです。

従って、借入申込書には極力、申し込んだ金融機関を見て、わかるような嘘は記載しないようにすることが審査に通るコツになります。

カードローン審査でばれる:在籍確認で会社にばれる

カードローン審査の在籍確認では、電話に出た会社の同僚などに借入申込みをしていることがばれることはまずありません。

基本的にマニュアルが用意され、個人名で友達がかけているような感じでかけますのでまずわからないのです。

従って、職場の方にはばれることはありません。

カードローン審査でばれる:在籍確認で勤務先の虚偽がばれる

カードローン審査において嘘がばれる可能性が高い項目は、この在籍確認による勤務先です。

勤務先は、カードローンの返済能力の基本になる安定した収入を得られるかどうかを判断するための材料になるため、どこの金融機関の審査においても確実に行われます。

在籍確認は、担当者が電話で個人名を使って勤務先に借入申込みをしていることがわからないようにかけて確認をします。

消費者金融会社では担当部署などを確認して職種の確認まで行うところもあるのです。従って、勤務先や職種では嘘はすぐにわかってしまいます。

勤務先の業種や規模はスコアリング項目としてウエートも大きいため、嘘であることが判明した場合には、審査に通ることはできません。

カードローン審査でばれる:他社借入残高がばれる

カードローン審査においてすべての金融機関で行われているのが、信用情報機関での個人信用情報の確認です。借入申込書には他社借入を記入する欄が必ずあります。

貸金業法の対象である消費者金融会社は、総量規制の範囲内でしか融資をすることができません。

すなわち、総量規制で年収の1/3を超える融資をすることはできないのです。

従って、申込者の他社借入残高は必ず調べる必要があり、嘘はすぐにばれるのです。

信用情報機関は、金融機関毎に作られており、

  • 消費者金融業界    JICC(日本信用情報機構)
  • クレジットカード業界 CIC(CREDIT INNFORMATION CENNTER)
  • 銀行業界       KSC(日本銀行信用情報センター)

となっています。

JICCには消費者金融業界以外の金融機関も加盟が可能であり、銀行もクレジットカード会社も加盟しているのです。また、JICCとCICはキャッシング情報交流を行っています。

消費者金融会社は、銀行業界の借入情報以外は個人信用情報を見ることができますので、借入申込書に掛け離れた数字を記入しますと、審査には通りません。

銀行は、すべての借入情報を見ることができ、保証会社よりも幅広く見ることができますので、保証審査に出す前に、借入過多や延滞が判明すれば、その時点で審査には通りません。

カードローン審査でばれる:借入の延滞情報がばれる

借入申込書には、他社借入で延滞があるかどうかを記入する欄はありませんが、信用情報機関の個人信用情報には必ず含まれてきます。

延滞情報や金融事故はカードローン審査における重要な要素になるため、本来嘘ではありませんが、延滞がばれることでカードローン審査には不利な状況になるのです。

JICCの情報には延滞日数、延滞回数、延滞理由などが記載されており、大手消費者金融会社では短期延滞があっても、回数が少ない場合には審査に対する影響は少ないと言えます。

しかし、KSCやCICでは延滞があるだけしか記載がないため、銀行の審査では短期延滞が一度でも審査に通りません。

カードローン審査でばれる:収入がばれる

カードローン審査では、借入希望額が50万円を越えたり、他社借入と借入希望額の合計が100万円を越える場合には、収入証明書(源泉徴収票など)が必要になります。

基本的には総量規制の借入合計が年収の1/3を越えないことを確認するためです。

しかし、借入申込書の収入欄に記載された収入と大きく掛け離れて少ない年収証明書の場合には審査に通ることは難しくなります。(利用可能額が抑えられるだけで済む場合もあり)

また、他社借入が年収の1/3を越えていることがばれた場合には、審査には通りません。

カードローン審査でばれる:他社に申込んだことがばれる時

カードローン審査では、短期間で数社に申込みをしている場合には、審査に通りません。各社で基準は違いますが、一般的には、一ヶ月に4度以上申し込んでいる場合には審査に通りません。

信用情報機関の情報には、この申込みの情報も登録されており、ばれないだろうと黙っていてもばれるのです。このような状況になりますと、どこの金融機関に行っても審査には通りません。

カードローン審査でばれる:居住年数や居住形態がばれる

規模の小さい地方銀行や信用金庫では、常にエリア担当を決めて地域を巡回しています。

そのために住居形態や居住年数で嘘を書いてもすぐにばれてしまいます。

また、エリアが小さいだけに、地域の企業などが取引先になっている場合が多く、勤務先の従業員数など、勤務先の規模についても嘘はすぐにばれるのです。

それによって、保証会社の審査よりも厳しく独自審査をされる場合もありますので、極力正直に記入する必要があります。

カードローン審査でばれる:クレジットカードの延滞がばれる

消費者金融会社では、クレジットカードの延滞情報はわかりません。(アコムはクレジットカード付きのカードローンを発売しており、確認できます。)

しかし、銀行系カードローンの場合には、ほとんどの銀行がクレジットカードを発行しており、CICに加盟しているため、クレジットカードの延滞情報を確認することができます。

すなわち、クレジットカードの延滞は銀行にはすぐにばれることになり、審査には通らないのです。

過去のカードローンを申込んだ際のトラブル履歴がばれる(社内ブラック情報)

消費者金融会社では、昔に借入をしていた時やカードローン申込み時にトラブルを起こしていた場合には、その情報が社内でブラックリストとして残されています。

短期延滞で、担当者に暴言を吐いたり、申込み時の服装がヨレヨレでまともな職業と見えない場合などです。

現在は、成長して落ち着いた社会人になっていても、過去の事実としてブラックリストに載っていることがばれた場合には、審査には通りません。

カードローン審査でばれる:詐欺行為がばれた場合

カードローンでは、昔から、仲間で詐欺的に申込みを行われることがあります。架空の勤務先を作り、電話の前に仲間がかかってくるのを待っているというような詐欺は横行していました。

しかし、最近ではこのような詐欺を見抜く手法も開発されており、ばれることもよくあるのです。そのような場合には、警察のお世話になってしまいますので、決してやらないようにしてください。

カードローン審査でばれる:虚偽記載がわかった場合

カードローン審査の過程で虚偽申告明らかになり、嘘がばれた場合には審査に通りません

虚偽とわかった項目が1項目であっても、他の項目も虚偽ではないかと疑われてしまうためです。

審査そのものが無意味になってしまうため、通らないのです。

特に銀行の場合には、もともと返済能力判定のノウハウがないため、断る理由探しに必死になります。

大手消費者金融などは、騙せても、銀行は騙せないことも多いのです。従って、銀行の借入申込書は正確に記入する必要性が高いのです。

カードローンの発行業者によってばれる情報は違う

このように、金融機関によって嘘がばれる場合があったり、無かったりしますので、カードローン審査に通るためには、申込先を良く見極めて記載する必要があるのです。

すなわち、大手消費者金融会社などは、特定項目以外はほぼ確認作業をしませんので、居住年数や勤続年数などは多少嘘を書いてもわかりませんし、それが審査に通るための裏技にもなります。

しかし、小規模な銀行の場合には、そのような手は通用せずに、嘘がばれることで、他の金融機関でも借りられなくなることもあるのです。

カードローンがばれるとは?

カードローンを申込んだり、利用していることが家族や同僚にばれる場合にはどういうケースがあるのかを見てみることにします。

カードローン申込みが家族にばれる場合はどういう時か?

カードローンの申込みが家族にばれる場合は、自動契約機や店舗窓口などで申込む場合にはありません。

家族にばれる場合は、ネットなどを通してカードローンを申込む場合になります。

それも可能性としては、ネット銀行や地方銀行などがネットで受付をしている場合がほとんどです。

すなわち、大手消費者金融会社や支店のある銀行などのネット受付の場合は、審査に通った場合には、無人契約機や支店窓口でカードを受け取ることを選択できます。

しかし、ネット銀行やインターネットなどでエリアに関係なく申込みを受付けている場合には、店舗でのカード受取ができないケースが多く、自宅確認を兼ねる自宅郵送が行われています。

そのため、郵送されたカードがご家族や配偶者に見つかる場合もあるのです。

従って、ネット銀行やネット受付の銀行系カードローンの場合には、家族に内緒で作ることは難しく、そのような場合には、支店のある地方銀行や大手消費者金融会社でカードを作られたほうがよいでしょう。

カードローン借入が家族にばれる場合はどういう時か?

カードローンの借入が家族や配偶者にばれる場合は、やはり利用明細書が家庭に送られてきた時になります。

ネット銀行に限らず、大手消費者金融会社なども地方銀行を利用する場合には、明細書が貸金業法に対応していないため、ご家庭に郵送されるようになります。

大手消費者金融会社もネット銀行もたいていはネット上で明細書を見ることができるように届けを出せば、地方銀行を利用しても自宅に明細書が郵送されることはありません。

それらは、カードを作った時点で案内はありますが、カードを持てた喜びが先に立ち、よく理解せずにそのまま帰るということも多いのです。

そのため、カードを作って地方銀行などを初めて利用した時には、自宅に利用明細書が送られ、初めて気がつくと言うケースも多くあります。

ご家族に内緒の場合は、忘れずに明細書のネット閲覧を登録しておきましょう。

カードローンは信用が一番?

カードローンは非常に便利なカードですが、その審査においては申込まれた方の信用が一番重視されます。

信用というのは、返済を遅れずに入金し続けることが一番です。そのため、大手消費者金融会社などでは、遅れなく返済を一定期間していますと、増枠や金利引下げのご案内メールが来ます。

大手消費者金融会社などは、途上与信といって、3ヵ月、半年というように一定期間ごとに他社残高と自社返済状況を加味して仮審査をしているのです。

貸金業者は信用を一番重んじる

また、嘘をつかないということも信用につながります。

すなわち、借入申込書で虚偽の記載がないということは最低限の信用になります。1つ虚偽記載が見つかれば、他の記載にも嘘があるとみなされて審査に通らないのです。

消費者金融会社や銀行などの貸金業者は、個人を相手に融資をしますので信用ということを一番重視しているのです。

従って、借入申込書にはできる限り嘘のないように記入するようにしてください。

まとめ

カードローン審査において、借入申込書の虚偽記載がばれる場合について、その結果も含めてご説明しました。

消費者金融会社や銀行などは、審査において申込まれた方の信用を重視しています。借入申込書は、審査において最も重視される審査材料になるだけに、その内容に嘘がある場合には信用を失くして、通らないのです。

また、カードローンがご家族にばれる場合もあります。かなりの方がカードローンを作ることをご家族に内緒にして、へそくり代わりにされているのです。

しかし、銀行窓口や大手消費者金融会社の無人店以外でネットを通した申込みをした場合には、カードは自宅に郵送されます。

また、地方銀行などで提携ATMを利用した際には利用明細書が自宅に送られる場合もあるのです。

従って、家族や配偶者に内緒でカードローンを作る場合には、無人店舗や銀行窓口でカードを受け取れる申込み方をするようにした方がよいでしょう。