カードローン110番 > 審査基準や疑問を徹底解説 > カードローン審査が不安な人必見!審査に通過する人と落ちる人の違いを解説!

カードローン審査が不安な人必見!審査に通過する人と落ちる人の違いを解説!

カードローンで借り入れするためには審査通過しなければいけません。

正規の業者であれば審査なしでカードローン契約できるところはありませんから、お金を借りたいと考えている人は何が何でも審査に通りたいもの。

しかし、いざ申し込みするとなると審査が不安になり「やっぱり申し込むのやめようかな・・・」となってしまう人は少なくないでしょう。

一度審査落ちしている人であれば、なおさら審査に不安を感じているかもしれません。

今回はカードローン審査が不安な人のために、審査通過のポイントを解説していきたいと思います。具体的にどんな人が審査通過できて、どんな人が審査落ちしてしまうのかぜひ参考にしてください。

【目 次】
  1. どんな人がカードローンで審査落ちするの?審査落ちの原因を理解して不安を解消しよう
  2. 審査が不安な人は要チェック!カードローン審査落ち9つの原因
  3. スーパーホワイトでカードローン審査が不安な場合
  4. どんな人が審査に通るの?カードローン審査をクリアするためのポイント

どんな人がカードローンで審査落ちするの?審査落ちの原因を理解して不安を解消しよう

「どんな人が審査落ちするの?」
「この項目って審査にどう影響するの?」

カードローンでお金を借りたいけど、審査に落ちてしまうのではないかと不安に感じてしまう人は多いです。

実際に申し込んでみないと結果はわかりませんが、無駄に審査落ちしないためにもどのような人が審査に落ちやすいのかきちんと理解しておきましょう。

カードローン会社が審査で重視するポイントは?

「どうして審査に落ちてしまったのだろう・・・」

お金が必要なのにカードローンで借りられないと精神的にもきつくなります。審査に落ちてしまわないか不安で申し込みをためらってしまう人もいるでしょう。

カードローン会社は審査基準については一切公開していません。審査に落ちてもその理由を教えてくれることもありません。そのため、なぜ審査落ちしたのか原因は自分で推測するしかないのです。

カードローン審査で重要となるのが「返済能力の有無」です。

申し込み者の情報をもとに返済能力があるのかどうか審査をしています。返済能力のない人にお金を貸してしまうと返済されない可能性が高いですから、本当に返済してくれる人かどうかを見極めないといけません。

カードローン会社も貸し倒れのリスクを背負って貸し付けするわけですから、危険と判断すれば審査で落としてしまうでしょう。

カードローンの審査では申し込み者の人柄や性格は重要ではありません。申し込み者の情報を数値化して「この人には返済能力がある」とデータで判断することができます。

審査を通過するには返済能力があることが大前提です。自分の情報から審査落ちの原因をできる限り取り除くことができれば、必然的に審査通過の確率を高めることができます。

カードローン審査に落ちやすい職業はある?

収入があったとしても審査に落ちやすい職業があります。働いて収入を得るということはどの職業でも共通ですが、収入の安定性が違います。

そのため、収入が不安定な職業に就いている人はカードローン審査に不利となり落ちやすくなってしまいます。

カードローンの審査は総合的に判断されるので、職業だけで融資するかどうかが決まるわけではありませんが、下記のような職業・雇用形態の人は審査でマイナス評価となりやすいです。

職業審査通過の可能性
契約社員・派遣社員
フリーター
自営業
外国人
水商売
専業主婦
年金受給者

○・・・安定収入があれば審査通過の可能性あり
△・・・継続的収入があることを証明できれば可能性あり
☓・・・可能性はあるが借り入れできるカードローン自体が少ない

これらの職業・雇用形態の人が低評価になりやすい理由は3つです。

① 収入が不安定

特に自営業は会社員と比べて収入の変動が激しく安定しにくい。カードローン会社によってはアルバイトよりも評価が低くなることも珍しくないです。

② 離職率が高い

水商売のように歩合給がメインの職業は離職率が高いため、収入が安定しにくいです。また世間からはネガティブなイメージが強く、反社会的勢力とのつながりも懸念されていることからも、どうしても評価は低くなりがち。

③ リストラの可能性がある

非正社員は突然クビを切られてしまう可能性が高く、収入も決して高くないため正社員と比べて評価は低くなります。

いずれも審査通過の可能性はありますが、限度額や金利面で不利になりやすいということも覚えておきましょう。

これに対して公務員や大手企業の正社員として働いている人は高評価になる傾向にあります。倒産やリストラの可能性が低いので収入が安定しているためです。

職業・雇用形態で不利な人は勤続年数を増やすことが大切

職業・雇用形態で不利になってしまっても、収入が安定していることをアピールできれば審査通過の可能性は高まります。勤続年数も返済能力を判断するのに重要な要素です。

長く勤めていれば収入が安定していると評価されやすくなります。最低でも1年以上勤めてからカードローンに申し込むようにしましょう。

審査が不安な人は要チェック!カードローン審査落ち9つの原因

カードローン審査に落ちてしまうのは「返済能力が不十分」と判断されてしまうからです。

では、どのようにして返済能力の有無が判断されるのか気になるところですね。

ここでは審査落ちの原因と対処法について解説していきます。

① 個人信用情報機関に「異動情報」の登録あり
② 既に借りすぎている
③ 収入が安定していない
④ 職業に問題あり
⑤ 在籍確認できない
⑥ 希望限度額が高い
⑦ 審査落ちしている保証会社に申し込んだ
⑧ 虚偽申告した
⑨ 申し込み件数が多すぎる

審査の基準はカードローン会社ごとに異なりますので、上記に当てはまると絶対に審査落ちするというわけではありません。しかし、当てはまる条件が多ければ審査落ちする可能性は高くなります。

カードローンの審査が不安という人は、できるだけ上記で紹介した審査落ちの原因を減らすようにしましょう。

①個人信用情報機関に異動情報の登録あり

個人信用情報機関に「異動情報」が登録されているとほぼ審査落ちになります。

カードローン会社は審査時に申し込み者の信用情報をかならず確認します。これは法律で決まっていることで、各カード会社は加盟する個人信用情報機関に信用情報の照会を行います。

個人信用情報機関は「CIC」「JICC」「全国銀行個人信用情報センター」の3つがあります。

1つの機関に加盟している会社もあれば、複数の機関に加盟している会社もあります。異動情報は信用情報機関同士で共有しているので、過去に起こした返済トラブルはすべて分かってしまいます。

信用情報を見ることで「本人情報」「他社借り入れ状況」「返済状況」「異動情報の有無」といった情報がわかります。

他社で延滞していたり、返済トラブルを起こすと信用情報に全て登録されるので一発でわかります。

異動情報は主に4つに分類されます。

延滞・61日以上または3ヶ月以上の延滞
・延滞または延滞と登録される
強制解約・カードローン会社等から契約を切られる
・JICCのみ「強制解約」と登録される
代位弁済・保証会社に代わりに支払ってもらう
・代位弁済と登録される
債務整理・任意整理、個人再生、自己破産など法的手続きにより借金を減額・免除すること

延滞を解消した場合は審査を行うカードローン会社もあります。

異動情報があってもカードローン審査に通過する可能性はある?

異動情報があると100%審査に通らないわけではありません。

先にも説明したとおり、審査基準はカードローン会社によって異なります。過去に返済トラブルを起こして異動情報が登録されていたとしても、現在の返済能力に問題がなく延滞もしていない場合は融資してくれる会社も少なからず存在します。

大手消費者金融や銀行カードローンでは異動情報がある人に融資することはありません。異動情報があっても融資してくれるのは街金と呼ばれる中小の消費者金融です。

異動情報があるけどどうしてもお金を借りたいという場合は、中小の消費者金融に申し込むのも1つの手です。ただし、大手に比べると金利や限度額、更には利便性も劣っていますので、申し込みする前に商品内容をよく確認するようにしましょう。

②既に借りすぎている

他社借り入れは審査に影響します。借り入れ件数が多すぎると審査落ちする可能性が高くなります。

審査落ち件数のボーダーラインはカードローン会社ごとに異なりますが、一般的には4件以上借り入れがあると審査通過は絶望的です。3件でも審査通過は難しいと思った方がいいでしょう。

借り入れ件数が多いとなぜ審査落ちしやすいのか、それは審査担当者に「この人は相当お金に困っている」と思われてしまうからです。借り入れ先が複数あると1社からの信用が低いのでは?と見られてしまい審査に不利になってしまいます。

また借り入れ件数が多いと、その分毎月の返済額も増えますので、貸したお金をきちんと完済できるのか返済能力を疑われてしまいます。

③収入が安定していない

カードローンを利用するには「安定収入がある」ことが大前提条件です。これはどのカードローンにも申し込み条件にも盛り込まれているはずです。

そのため、収入が安定していなければ審査落ちします。

カードローンで借りたお金は、毎月返済していきますので毎月1回は収入がないと審査通過はムリだと考えていいでしょう。年収が高くても、月によって収入が大きく変動すると安定収入とは見なされません。

カードローン審査では収入額そのものよりも安定性が重視されるということは覚えておきましょう。

④職業に問題あり

カードローン会社は反社会的勢力と関わりがある人には融資しません。そのため、そのような疑いがある職業に就いている場合は審査通過はかなり厳しいです。

特に水商売はそのような傾向が強いです。もちろん健全に運営している企業もあるので、水商売は絶対に審査に通らないというわけではありませんが、どうしても社会的信用性は低くなるので、審査に不利になります。

こうした理由からアリバイ偽装会社を使って申し込みする人も少なくないです。しかし、アリバイ偽装会社の利用は虚偽申請ですので絶対利用しないでください。最悪の場合、詐欺罪で捕まる恐れもあります。

⑤在籍確認できない

在籍確認できないとカードローンで借り入れすることはできません。どのカードローンに申し込むにしても、審査では必ず勤務先へ在籍確認を行います。

在籍確認の方法は基本的に職場へ電話連絡となりますが、もし確認が取れなかった場合は虚偽申告と見なされ審査落ちしてしまいます。

在籍確認の電話は担当者の個人名を名乗るので職場にバレる可能性は低いです。しかし、個人情報保護にうるさい会社だと、個人名を名乗る電話には在籍確認に応じてくれないケースもあります。

もし自分が勤めている会社に思い当たる節があるならば、在籍確認についてあらかじめ担当者に相談しておくと良いでしょう。

⑥希望限度額が高い

特に注意したいのが消費者金融に申し込みする場合です。消費者金融では年収3分の1を超える借り入れはできません。既に総量規制に抵触している状態で申し込みしても審査には通りません。

どんなに属性が高くても、年収3分の1ギリギリまで借りていると審査落ちは確実と言えます。

ちなみにクレジットカードのキャッシング枠も総量規制の対象となりますので、お餅の方はカウントされることを忘れないようにしましょう。

また初回でいきなり高額を借り入れることはできません。はじめは少額で実績を積んでいき徐々に増額して限度額を高くしていきます。そのため、希望限度額を高くしすぎるとカードローン会社から警戒されてしまいます。

⑦審査落ちしている保証会社に申し込んだ

銀行カードローンの申し込み条件には「保証会社の保証が受けられること」と記載されているのはご存知でしょうか?これは要するに保証会社の審査をクリアすることを意味しています。

銀行カードローンの審査は保証会社がメインで行っているのです。

たとえば三菱UFJ銀行カードローンバンクイックの保証会社はアコムとなっているので、アコムが行う審査をクリアしなければいけないということです。

またアコムでは三菱UFJ銀行以外のカードローンでも保証業務を務めています。

そのため、三菱UFJ銀行カードローンの審査に落ちてしまった場合は、保証会社であるアコムの審査基準に満たなかったということです。

この場合、アコムが保証会社となっている別のカードローンに申し込んだ場合も審査結果は同じになる可能性が高いです。

⑧虚偽申告した

審査で嘘が発覚した場合は即落ちます。

カードローンは信用の上に成り立つ契約ですから、虚偽申告は絶対にしてはいけないことです。「もしかしたらお金を返してくれないかもしれない」と疑われてしまいます。

また嘘はばれないと思って申し込みする人もいますが、大抵の嘘はばれます。

  • 年収⇒収入証明書でバレる
  • 他社借り入れ状況⇒信用情報でバレる
  • 年齢⇒本人確認書類でバレる
  • 職業⇒在籍確認でバレる

⑨申込件数が多すぎる

短期間に複数のカードローンに申し込みすると一時的に審査通過は難しくなります。「この人はお金に困っていてかき集めているのかもしれない」と審査担当者に思われ融資を断れる確率が高いです。

申し込み情報は個人信用情報機関で半年間保有されますので、新規で申し込みしたカードローン会社に申し込みブラックだということがバレてしまいます。

申し込みブラックの基準は公開されていませんが、一般的には1ヶ月に3件以上申し込みして審査落ちしていると審査通過は難しいです。

スーパーホワイトでカードローン審査が不安な場合

今までローンやクレジットカードを一切利用したことがないから審査が不安という方もいるのではないでしょうか?

「ローンを利用したことがないなら延滞もないから審査に有利なのでは?」そう思うかもしれませんが、実は現金主義の人も審査落ちする可能性が高いのです。

スーパーホワイトはカードローン審査に落ちやすい!?

ローンを一切利用したことがない人をスーパーホワイトと言います。ローンなどの信用取引を一切しなければ信用情報には何も記録されない真っ白な状態なので、この様に例えられています。

20代であれば信用情報が真っ白でも問題なしと判断されることが多いですが、年令が高くなるに連れて信用情報が真っ白なことはマイナスイメージを持たれやすくなります。30代過ぎてもスーパーホワイトの人は要注意です。

実はブラックリスト入りした人が一定期間過ぎると、信用情報から異動情報が消え真っ白な状態となります。つまり、スーパーホワイトは「過去にブラックリスト入りしたことがあるのでは?」と疑われてしまうため、審査落ちしやすくなってしまうということです。

スーパーホワイトは実績を作ることが大切

信用情報が真っ白だという人は、ローンやクレジットカードで利用実績を作るようにしましょう。

  • スーパーホワイトでも利用しやすいカードローンやクレジットカードで実績を作る
  • スマホの割賦払いで実績を作る

スーパーホワイトの人がカードローンやクレジットカードを利用するには、できるだけ審査通過率の高い会社に申し込みすることをおすすめします。

特に大手消費者金融は、公式ホームページで自社カードローンの審査通過率を公開していますので、それを参考に申し込み先を決めると良いでしょう。

スマホは端末代金が高いため、現金一括ではなく分割払いで購入する人がほとんどかと思います。実はスマホの割賦購入でも信用情報にその情報が実績として記録されます。

端末代金が10万円以下であれば審査自体はかなり簡素なものですのでスーパーホワイトでも審査通過は難しくありません。

利用実績は半年~1年を目安に作りましょう。ある程度の実績を作ったら、自分に合いそうなカードローンを選択するのも1つの手です。

ただし、延滞はNGです。短期間の延滞でもその事実は記録されてしまい審査に不利になりますので注意してください。

どんな人が審査に通るの?カードローン審査をクリアするためのポイント

カードローン審査に通る人は下記3つの基準をクリアしている人です。

  • Capacity(資力・返済力):安定収入、高給取り、公務員・正社員、他社借り入れが少ない
  • Character(性格):期日に遅れず返済している、異動情報がない
  • Capital(資産):持ち家がある、居住年数が長い、ローンの支払いがない

これらの基準を踏まえて審査通過するにはどのような対策をすれば良いのか解説していきます。

①信用情報はキレイな状態にする

信用情報に傷がついているとそれだけで審査落ちしてしまいます。

長期延滞や債務整理など大きな金融事故を起こした場合は、異動情報が消えるのを待つしかありません。また、審査落ちになった申し込み情報も消えているのがベストです。申し込み情報は半年経過すると消えます。

信用情報は自分で確認することができます。大きな返済トラブルを起こした場合は、期間経過後にちゃんと異動情報が消えていることを確かめるようにしましょう。

②他社借り入れを減らす

他社借り入れは少ないほうが審査に有利です。

完済できる借り入れがあるならば、一気に全額返済してしまいましょう。完済したら解約手続きも忘れずに行うことも忘れないでください。特にカードローンは自ら解約の申し出をしない限り契約は継続になったままで借り入れ件数は減りません。

借り入れ件数は2件以下に減らすのが望ましいです。

複数の借り入れをおまとめローンで一本化するという手もあります。低金利のローンにおまとめすれば利息を減らすことができ、月々の返済負担を軽くできますのでぜひ検討してみてください。

おまとめローンは消費者金融が良い?

銀行カードローンは過剰融資問題により、審査基準の見直しが行われ現状は高額な借り入れが非常に厳しい状態です。

法律上は年収3分の1超えの借り入れは可能ですが、どの銀行も自主規制により高額な貸し付けにはかなり慎重な対応を見せています。そのため、おまとめローン目的で申込むと審査落ちの可能性が高いのでおすすめできません。

現在の状況では消費者金融のおまとめ専用商品に申し込むのが良いでしょう。

③希望限度額は低めで申込む

カードローン審査に通ることを優先するのであれば、希望限度額は必要最低限にして申し込みしてください。

限度額が高くなるほど審査は厳しくなりますので、審査に不安な人がいきなり高額希望しても審査には通りません。

カードローンは審査通過できれば増額審査で限度額を増やすことも可能です。そのためには、申し込み審査を通過しないことには借り入れすることさえできません。

まずは少額から始めて、利用実績を積みあげてからカードローン会社から信用を得られるようにしましょう。そうすれば、希望金額まで増額できる可能性があります。

④申し込みは1社ずつ!多くても2社まで

短期間に同時申し込みすると申し込みブラックの判定を受けて審査落ちしやすくなります。

基本的にはカードローンは1社ずつ申し込むようにしてください。多くても1ヶ月に2社までにしましょう。

⑤審査落ちしている保証会社のカードローンは避ける

銀行カードローンは保証会社が審査を行なっています。大手消費者金融や信販会社は複数の銀行カードローンの保証業務を担っていますので、一度審査落ちしている保証会社のカードローンに申し込まないように注意してください。

参考までに有名どころの銀行カードローンの保証会社を一覧にしてまとめています。

銀行名保証会社名
三菱UFJ銀行カードローンバンクイックアコム株式会社
三井住友銀行カードローンSMBCコンシューマーファイナンス
みずほ銀行カードローンオリエントコーポレーション
静岡銀行カードローン セレカ・静銀ディーシーカード株式会社
・新生フィナンシャル株式会社
オリックス銀行カードローン・オリックス・クレジット株式会社
・新生フィナンシャル株式会社
ソニー銀行カードローンアコム株式会社
ジャパンネット銀行カードローンSMBCコンシューマーファイナンス
住信SBIネット銀行カードローンオリックス・クレジット
東京スター銀行新生フィナンシャル株式会社
楽天銀行スーパーローン楽天KC
イオン銀行カードローンイオンクレジットサービス
じぶん銀行カードローンアコム株式会社
セブン銀行カードローンアコム株式会社

たとえば三菱UFJ銀行カードローンの審査落ちしている場合は、保証会社が同じであるソニー銀行やじぶん銀行カードローンも審査落ちする可能性が高いということです。

この場合、保証会社が違う銀行カードローンに申込むのが最善の策です。

カードローン審査が不安なら「借り入れ診断」を試してみる

審査が不安でカードローンに申し込めないという人は、カードローン会社が提供している「借り入れ診断」サービスを利用して借り入れ可能かチェックしてみましょう。

3~5項目程度の質問に答えるだけで、融資の可能性があるかどうかをその場で診断してくれます。借り入れ診断の結果は本審査を保証するものではないですが、大まかな結果がわかるので、安心して申し込めます。

信用情報へ照会しませんので借り入れ診断しても記録は残りませんので安心してください。

試しに、アコムの「3秒診断」で借り入れ可能かどうか結果を見てみましょう。

  • 年齢:25歳
  • 年収:100万円
  • 他社借り入れ状況:0万円

このような条件で試してみたところ、結果は下記の通りとなりました。

いかがでしょうか?

年収が低くてもカードローンで借り入れできる可能性はあるとでました。

年収が低いからカードローン審査が不安という人は多いですが、上記の診断結果からもわかるとおり、年収が高くないとカードローンを利用できないわけではありません。

今回紹介した審査落ちの原因に1つも当てはまっていない人は自信を持ってカードローンに申し込みしてみましょう。

カードローン審査の不安や疑問を解消!Q&A

カードローン審査が不安な原因は様々です。そこで、カードローン審査における不安や疑問をQ&A形式にしました。ぜひ参考にしてください。

アルバイトでもカードローン審査に通りますか?

アルバイトやパートでもカードローンを利用することは可能です。

多くのカードローンは安定収入の条件をクリアしていれば利用可能です。アルバイトやパートは雇用形態の面で評価は低くなりますが、それだけを理由に審査に落とされることはありませんので安心してください。

専業主婦でもカードローンを利用できるって聞きました

一部の銀行カードローンでは専業主婦の方にも貸付しています。

消費者金融は総量規制の関係上、無収入である専業主婦へ貸し付けはしません。しかし、銀行カードローンは総量規制対象外なので収入のない専業主婦への貸し付けも可能となっています。

ただし、配偶者に安定収入があることが条件となります。また貸付額は多くても50万円程度に制限されることが多いです。

借金が複数あるけど、追加融資は受けられますか

複数から借り入れしていても追加融資の可能性はあります。ただし、審査が厳しくなる場合があります。

複数借り入れしていると、毎月の返済負担が大きくなりやすいため、新規申し込みを受けたカードローン会社は慎重に審査しますので、審査通過は厳しくなると考えてください。

また借り入れが増えるほど多重債務になり返済が苦しくなりますので、おまとめローンを利用して返済負担を小さくすることを検討してみてはどうでしょうか?

審査に落ちたことがあるのですが、他社カードローンに申し込んでも結果は同じですか?

一度でもカードローン審査に落ちるとその他のカードローンも利用できないというわけではありません。

カードローン会社はそれぞれ独自の審査基準を設けています。そのため、A社のカードローンは落ちたけどB社のカードローンは可決になったというケースは決して珍しいことではありません。

ただし、審査落ちした原因を把握し解消していない状態で他に申し込んでも、同じ様に審査落ちしてしまうケースもあります。

たとえば、信用情報に傷がついているから審査に落ちたというのであれば、それ自体を解消しない限り他に申し込んでも結果は同じでしょう。

一度審査落ちしてしまったという場合は、期間を半年間空けてから申し込むことをおすすめします。

在籍確認で会社にカードローンの利用がバレませんか?

在籍確認で会社にカードローンの利用がバレルことはほとんどありません。

在籍確認時に、審査担当者が会社名を名乗ることはまずありません。用件を聞かれたとしても本人以外に話すこともしませんので、カードローン会社から電話だと気づかれることはないでしょう。

過去に自己破産したのですが借りられますか?

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の経験があってもカードローンで借りられる可能性はあります。

債務整理すると俗に言うブラックリスト入となります。債務整理したという事実は個人信用情報機関に5年~10年間残りますので、その間はカードローン審査に通ることはほとんどありません。

逆に言えば、5年~10年経過すると情報は消えるので新たにカードローンを借り入れできる可能性がでてきます。

カードローンっていくら借りられますか?

限度額は審査で決定しますので、申し込み者それぞれ借りられる金額は異なります。

ただし、消費者金融の場合は総量規制があるため、年収3分の1を超える金額を借りられることはありません。年収300万円の人であれば、多くても100万円が限界ということです。

銀行カードローンは総量規制対象外ですが自主規制で年収3分の1以下に収めようとしているところが多いので、実質的には銀行カードローンでも年収3分の1を超える借り入れは難しいと思ったほうがいいでしょう。