家族にバレないようにキャッシングする方法を解説

サイトマップ
カードローン110番 > 審査基準や疑問を徹底解説 > 家族にバレないようにキャッシングするには?

家族にバレないようにキャッシングするには?

借金をしていることはできれば周りに隠しておきたいですよね。キャッシング利用者の方の中には、家族や知人に知られてしまうことを心配している人が数多くいます。

一人暮らしの方なら心配はほとんどいらないと思いますが、実家暮らしの方や家庭を持っている方の場合、カードローン会社からの電話や郵便物などには特に慎重になると思います。

しかし、実はその心配はほとんど無用といってもいいでしょう。

最近はプライバシーが叫ばれる時代でもあり、大手や中堅のカードローン会社・消費者金融会社のほとんどが申込者本人以外に借入の事実が伝わらないような配慮をしてくれます。

今日は、実際に私が各金融会社に電話してみてわかった、「家族にバレないようにキャッシングをする方法」をお伝えしたいと思います。

親、兄弟、配偶者、子供にキャッシングの事実を知られないようにするためには以下の3点に注意が必要です。

  1. 審査や契約の際の自宅への電話
  2. 契約書類やカード等の自宅への郵送
  3. 返済が滞った際の自宅への電話連絡や郵便物

通帳やキャッシングカードを見られないようにするのは当然のことですが、ついうっかりタンスの上に置きっぱなしに・・・なんてことがないように管理には十分気をつけましょう。

最初の懸念事項である「審査や契約の際の自宅への電話」ですが、私が各会社に電話して確認してみたところ、会社によってあるところもあれば基本的には電話しないというところもあります。

以下の表は、各カードローン会社へ訪ねてみた自宅への電話に関する質問とその回答をまとめたものです。

 自宅への電話いつかける?何と名乗る?携帯電話への
連絡に変更
アコムあり審査時の
在籍確認の際
担当者の個人名最初の電話以降は基本的に携帯電話への連絡
プロミスなし基本的に携帯電話への連絡
SMBCモビットなし携帯電話への連絡のみ
ノーローンあり審査時の
在籍確認の際
担当者の個人名最初の電話以降は基本的に携帯電話への連絡
三井住友銀行
カードローン
なし基本的に携帯電話への連絡
イオン銀行カードローンあり審査結果の
お知らせの際
担当者の個人名優先的に携帯電話への連絡可能
住信SBI
ネット銀行
なし基本的に携帯電話への連絡
オリックス銀行カードローンなし基本的に携帯電話への連絡
楽天銀行
カードローン
なし基本的に携帯電話への連絡
みずほ銀行
カードローン
なし基本的に携帯電話への連絡

ご覧のとおり、アコム・ノーローン・イオン銀行カードローン以外では自宅への電話連絡は基本的に行われておりません。

自宅への連絡があると答えたアコム等も、自宅へ連絡するのは審査時の在籍確認や審査結果の通知の際のみであって、それ以降は基本的に携帯電話へ連絡がいきます。

さらに、電話をかける際も会社名ではなく担当者の個人名を名乗ると明言しておりましたので、家族にキャッシング審査を受けたことが分かってしまうことはほぼないと言えるでしょう。

プロミスの詳細はコチラ >>

自宅へ郵便物が送られないようにするには?

さて、自宅への電話はうまく対処できそうですね。それでは「契約書類やカード等の自宅への郵送」はどうすればよいでしょうか。

銀行系のカードローン会社であれば誤魔化せそうですが、差出人名に「プロミス」など名の知られた消費者金融会社名が書いてあったら、シラを切るのは難しいでしょう。

それに例え銀行系であっても、封を切られて中身を見られてしまえば元も子もありません。

しかし、郵便物に関しても電話同様にカードローン会社の中には様々な配慮をしてくれるところがあります。

以下の表は、各社の郵便物の差出人名と郵便物が送られてこないようにする方法をまとめたものです。。

 差出人名自宅への郵送を避ける方法
アコムACサービス
センター
あり(店頭や自動契約機での申込の場合、その場で書類やカードが発行される。)
プロミス担当者の個人名あり(自動契約機での申込の場合、その場で書類やカードが発行される。)
SMBCモビットMCセンターあり(審査結果によっては、郵送物なし。※)
ノーローン本社所在地あり(申込時に選択可能)
三井住友銀行
カードローン
三井住友銀行あり(ローン契約機での申込の場合、その場で書類やカードが発行される。)
イオン銀行カードローンイオン銀行なし
住信SBI
ネット銀行
住信SBI
ネット銀行
なし(住信SBIネット銀行の口座を開設しなければならないため、その書類とカードが届く)
オリックス銀行カードローンオリックス銀行なし(カードの発行は郵送のみ)
楽天銀行
カードローン
楽天銀行あり(書類とカードの郵送先を勤務先に変更することが可能、ただし自宅に通知書が届く。)
みずほ銀行
カードローン
みずほ銀行なし(カード発行は郵送のみ)

郵送物に関しては、特に消費者金融系の会社が自動契約機を用意しているところが多く、一切届かないようにすることが可能です。

三井住友銀行カードローンだと、なんらかの書類の郵送は避けられないようです。

しかし、そのような場合でも封筒を見ただけではカードローンであることが分からないような配慮が施されています。

万が一を避けたい場合は、自動契約機が使えるカードローンをオススメしますが、家庭内に勝手に封を開けるような人がいなければバレてしまうことはないでしょう。

アコムの詳細はコチラ >>

返済の延滞に注意!

ここまでキャッシングの事実を家族に知られないようにするための注意点について

  1. 審査や契約の際の自宅への電話
  2. 契約書類やカード等の自宅への郵送

の2点について見てきました。

上記の懸念事項を100%クリアするカードローンも、プロミス・SMBCモビット・三井住友銀行カードローン・楽天銀行カードローンなど数多く存在することもお分かりいただけたと思います。

「どうしても家族にバレないように借入がしたい!」という方はこのページを参考にキャッシング審査を受けてみることをオススメします。

しかし、最後に気をつけて欲しいのが3つ目の注意点「返済が滞った際の自宅への電話や郵便物」です。

カードローン会社は、返済日までに約定返済額が振り込まれなかった場合、まず電話で利用者に連絡を取ります。連絡先として携帯電話の番号を伝えていれば、いきなり自宅へ連絡が来ることはないはずです。

この際しっかり電話に出て、お金がまだ用意できないからもう少し待って欲しいと伝えればカードローン会社は親切に対応してくれます。

しかし、携帯に何度かけても繋がらなかったりした場合は、自宅まで電話をかけてきたり督促状などを郵送してくる可能性があります。

実際に、各社に電話した際にも、ほぼ全ての会社が「お客様のご返済が万が一滞って連絡がつかない場合につきましては、ご自宅の方にお電話や郵送物を送らせていただく場合もございます。」と答えていました。

このようないわゆる取り立ての場合でも、ほとんどのカードローン会社が、担当者の個人名で電話したり、郵便物の差出人名を変えたりと、利用者本人以外にキャッシングの事実がバレないように様々な配慮をしれくれます。

ですが、何度も同じところから電話がかかってきたり郵便物が届いたりするとさすがに家族も怪しむでしょう。延滞はしないのが前提ですが、遅れる場合も必ず業者との連絡は密に取るようにしましょう。


プロミスの詳細はコチラ >>

アコムの詳細はコチラ >>

SMBCモビットの詳細はコチラ >>