今すぐ借りたい!即日融資のコツを徹底解説

サイトマップ
カードローン110番 > 審査基準や疑問を徹底解説 > 即日融資が可能なカードローン会社

即日融資が可能なカードローン会社

最近、CMで見るような大手の消費者金融は即日融資が可能なところが多くなっています。

「今日中にどうしてもお金が必要になった!」という人には非常にありがたいサービスですが、決して24時間いつ申し込みをしてもすぐにお金が借りられるというわけではありません。

今日は、限りなく即日融資の可能性を高めるためのコツについてお伝えしたいと思います。下記の表は、私がおすすめするカードローンと即日融資の可能性を示したものです。

系統 カードローン会社 即日融資の可能性
銀行系 三井住友銀行カードローン
銀行系 住信SBIネット銀行 ×
銀行系 しずぎんフリーローン ×
銀行系 みずほ銀行カードローン △(当該銀行口座が必要)
銀行系 オリックス銀行カードローン ×
銀行系 株式会社新生銀行
銀行系 楽天銀行カードローン ×
銀行系 イオン銀行カードローン △(当該銀行口座が必要)
消費者金融系 アコム
消費者金融系 プロミス
消費者金融系 SMBCモビット
消費者金融系 ノーローン

一般的に即日融資の可能性が高いのは消費者金融系の会社です。銀行系は金利が低いこともあり審査基準が比較的高いため即日融資は難しくなってきます。

三井住友銀行カードローンや株式会社新生銀行は即日融資が可能になっていますが、確実に今日中に借りたいという方はやはり消費者金融を利用するのが得策です。

即日融資を受けるには

それでは、消費者金融で即日融資を受けるにはどうすればよいのでしょうか。まず大前提として、即日融資が可能なのは少額のキャッシングに限られます。

今すぐにでもお金を借りたいという方は借入限度額を必要最低限度の額にして申し込むようにしましょう。「少額」の目安は、収入証明が不要な範囲内です。

大手の消費者金融の場合、ほとんどが50万円以上の借入で収入証明書の提出を求められますので、確実に今日中に借りたいという方には50万円未満での申し込みをおすすめします。

次に重要なのは、審査に申し込む時間です。

近年ではインターネットの普及により、24時間いつでもWEBからの審査申込が可能になっていますが、実際に審査が行われる時間は限られています。

受付時間はキャッシング会社によって異なりますが、例えばアコムの受付時間は以下のようになっています。

  • 店頭窓口 9:30~18:00 (平日のみ)
  • 自動契約機(むじんくん) 9:00~21:00 (土日祝も可能)
  • インターネット 24時間

アコムの場合、店頭窓口の受付時間を過ぎても自動契約機を利用することができますが、あまり遅い時間だと翌日の融資になってしまう可能性が高いです。20時頃の申し込みで融資が翌日になってしまったという例もあるので注意が必要です。

また、全ての金融会社で共通して言えることですが、銀行振込みを希望する場合は銀行の営業時間も考えなければなりません。

<アコムの振込実施時間>

金融機関 曜日 受付時間 振込実施の目安
銀行・信用金庫 月曜~金曜 0:10~9:00 当日 9:30頃
9:00~14:30 受付完了から約1分
14:30~23:50 翌営業日 9:30頃
土日祝 0:10~23:50 翌営業日 9:30頃
ゆうちょ銀行 月曜~金曜 0:10~9:00 当日 正午頃
9:00~14:30 当日 17:00まで
14:30~23:50 翌営業日 正午頃
土日祝 0:10~23:50 翌営業日 正午頃
楽天銀行 月曜~日曜・祝日 0:10~23:50 受付完了から約1分

銀行の営業終了時間は15時ですが、アコムの場合は14時30分過ぎの審査完了だと翌日の送金になってしまいます。余裕をもって14時頃を目安に審査を完了させるためには、午前中~遅くとも13時頃までには申し込みをしておく必要があります。

(アコムは24時間営業の楽天銀行と提携していますので、楽天銀行の口座を持っている場合は15時を過ぎても銀行振込みでお金を受け取ることができます。)

スムーズな審査のためには、予めインターネットで申し込みをしておき、最終的な契約を店頭窓口もしくは自動契約機で行うことをおすすめします。

【関連記事】

アコムの詳細はコチラ >>

即日融資は土日でも可能?

消費者金融系の金融会社は土日祝も営業していますので、基本的に土日祝でも即日融資を受けることは可能になっています。

銀行への振込融資を希望する場合でも、通常だと土日祝は着金が翌営業日になってしまいますが、ネット銀行口座を利用すれば24時間365日いつでも受け取ることができるケースがあります。

先ほども紹介したように、アコムは楽天銀行と提携しているため、楽天銀行の口座をお持ちの方は土日祝でも心配いりません。同じくノーローンも楽天銀行と提携しています。

また、プロミスも「瞬フリ」というサービスを実施しており、三井住友銀行の口座もしくはジャパンネット銀行の口座があれば土日でも即日融資を受けることができます。しかし、土日祝の即日融資にはネックな点が一つあります。

それは会社への「在籍確認」です。

消費者金融がいくら土日祝も営業しているとはいえ、勤務先の会社が営業しておらず電話での在籍確認が取れなければ即日融資を受けることはできません。

では、会社がお休みの日は即日融資を諦めるしかないのでしょうか・・・。
実は、休みの日に融資できる可能性のあるカードローン会社が2社あります。

1つはSMBCモビットです。三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行に口座を持っている方に限り、「WEB完結」というサービスを利用することで、電話連絡なしにすることができます。

必要書類は以下の3つです。

  • 本人確認書類(運転免許証orパスポート)
  • 収入証明書類(源泉徴収票or税額通知書or所得証明書or確定申告書or直近2ヶ月の給与明細書)
  • 勤務先確認書類(健康保険証および直近1ヶ月分の給与明細書)

ただし、SMBCモビットのWEB完結で即日融資が可能なのは平日の9:00~14:50に手続きを完了した場合になります。平日に会社がお休みで即日融資を受けたい方向けの方法になります。

もう1つはプロミスで、こちらは土日祝でも営業をしており、電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。


SMBCモビットの詳細はコチラ >>

プロミスの詳細はコチラ >>