プロミスが女性にぴったりな理由を公開

「貧困女子」という言葉が聞かれるように、長引く不況や格差社会のしわ寄せは、女性に重くのしかかっているようです。

就職できたとしても、まだまだ男性の給与と比較して女性の給与は低いですし、そもそも正社員など安定した職業に就くこと自体、難しいです。

さらには子育てや介護などの負担、離婚率の増加など、お金を借りなければまともな生活ができないどころか、生活保護を受けるかホームレスになるか選択を迫られる、という事情を抱える女性も増えているようです。

審査の厳しい銀行カードローンだと、女性がお金を借りたいと思ってもなかなか貸してくれません。

それならと、消費者金融を選ぼうと思っても「なんだか怖そう・・・」というイメージが先行して、ためらってしまうかもしれませんね。

そんな女性にお勧めなのが、この記事で紹介するプロミスのレディースキャッシングです。

【目 次】
  1. プロミスのレディースキャッシングが女性に安心な理由
  2. こんな女性にプロミスはおすすめ
  3. その他にもある、プロミスがおすすめの理由
  4. なぜプロミスは女性に優しいのか?

プロミスのレディースキャッシングが女性に安心な理由

消費者金融のキャッシングには、どのようなイメージがありますか?

  • 過剰な融資
  • 違法な取り立て
  • 怖い男の人がいる

などではないでしょうか?

しかし、少なくともプロミスについては、それらのイメージは完全に間違っています。貸金業の改正により過剰な融資や違法な取り立ては禁止されていますし、プロミスは法律を遵守しています。

では怖い男性は?テレビドラマやヤクザ映画のような、器物を破壊したり恐喝したりするような男性は少なくともプロミスにはいませんが、当然のことながら普通の男性社員はいます。

女性の中には男性と話すのが苦手なかたもいるでしょうし、もしかしたら「女性がお金を借りるなんてはしたない」という古い価値観を持っているため、なおさら男性とやりとりしたくないかたもいるかもしれませんね。

でも、プロミスのレディースキャッシングには、徹底して女性が利用しやすい工夫がされています。

他の大手消費者金融も同様の女性向けサービスを行っていますが、プロミスはサービスの幅広さと、きめ細やかさとで他社を圧倒しています。その理由について見ていきましょう。

女性専用回線で安心

プロミスの女性専用回線「レディースコール」に電話をかけると、電話対応してくれるのは必ず女性です。つまり、電話する時に「相手が男性だったら嫌だな!」と思い煩う心配から解放されます。

  • プロミスの女性専用回線「レディースコール」:0120-86-2634
  • 受付時間:9時~22時

※携帯電話からかけられる
※土日祝日も対応

100%女性が電話に出て応対してくれる、これは簡単なようで、なかなか難しいことのようです。実際、プロミス以外の多くの消費者金融会社では、似たようなサービスはしていますが、プロミスには一歩及びません。

アイフルのSuLaLiは女性オペレーターによる対応が完備していますが、借入額が最大10万円までに限られています。10万円ではやや物足りないのが難点ですね。

アコムにも同様のサービスがありますが、アコムの女性専用ダイヤルは「夜間や混雑時は男性スタッフが対応することがございます」と公式ページにある通り、女性の対応が保証されているわけではありません。

審査担当者も女性

入会審査をする時に、担当者が必ずつきます。プロミスのレディースキャッシングの審査担当者は、必ず女性がつくことになっているため、とても安心です。

審査担当者は、何度かやりとりをする相手ですし、キャッシングを申し込みたい理由や自分の年収などの情報を男性に話すのには抵抗があるかたがほとんどだと思いますので、担当者が女性というのは大きな安心材料ですね。

さらに、女性にしか分からない女性特有の悩みも、相手が女性であれば打ち明けやすいですし、共感も得られやすいでしょう。

例えば、子育てに必要な物や化粧品、生理用品などは男性には「ぜいたく」もしくは「無駄」と判断されることもありますが、女性同士なら納得される、などです。

もちろん、新規契約後も引き続き女性の担当を希望することができます。さすがに友達同士、とまではいかなくても、女性特有の直感的な話し方は男性には理解できないものですから、気軽に話せる関係は築けるでしょう。

在籍確認も女性

さらに、審査の最終段階で行われる在籍確認の電話も、プロミスでは女性が行います。

在籍確認は、プロミスの担当者があなたの職場などに電話をかけてくることです。在籍確認の担当者がプロミスの社名や、電話をかけてきた目的を第三者に対して漏らすことはありません。

でも、もし電話担当者が男性だった場合、電話の内容に問題がなくても、不審に思われることもあるかもしれません。

「不倫かな?」「男から電話がかかってくるなんてはしたない」「別れた彼氏からだったりして」など、セクハラまがいのことを噂されるかもしれません。

プロミスの男性担当者に対し、「営業の取引相手のふりをしてください」とか、「兄(弟)だと言ってください」とお願いすることはできないことになっています。

だからこそ、在籍確認を必ず女性のオペレーターが行ってくれるのは、あらぬ噂をたてられないためにも大事なことなのです。

内容はフリーキャッシングと同じ

このように女性にとってメリットの多いレディースキャッシングですが、最高金利、利用限度額、利用条件などはフリーキャッシングと同様です。唯一の違いが、「女性専用」であることです。

  レディースキャッシング フリーキャッシング
実質年率 4.5~17.8% 同じ
借入限度額 最大500万円 同じ
遅延利率 20.0%(実質年率) 同じ
返済方式 残高スライド元利定額返済方式 同じ
申し込み対象者 20歳~69歳で本人に安定収入がある女性 20歳~69歳で本人に安定収入がある(性別は問わない)
電話応対者 女性のみ 男性のこともある

こんな女性にプロミスはおすすめ

「レディース」という言葉は、女性によっては「女性専用だから安心」と捉えるでしょう。

でも、「収入がたくさんある女性向け?」というように感じて気後れするかたや、逆に女性暴走族をイメージして「怖そう」と感じるかたもいらっしゃるかもしれませんね。

そんな誤ったイメージに悩まされないように、プロミスのレディースキャッシングは幅広い女性が理由できることを、例を挙げながら説明していきます。

若い未婚のOL

プロミスのレディースキャッシングを受ける条件に「安定した収入」があります。ただ、新卒や一般職の女性は給与が低いことが多く、「私の年収では、安定したと思ってもらえないのでは?」と思うかもしれませ、そんなことはありません。

プロミスで重視するのは、「毎月きちっと決まった金額を返済してくれるかどうか」なのです。給料にばらつきがある人よりも、定額の収入があることが大事です。

社会人生活、とりわけ一人暮らしを始めると、なにかと物入りです。親からあまりお金を借りるわけにもいかず、おしゃれや健康管理をないがしろにしてしまうかもしれませんが、そんな状態を続けると、それこそ「貧困女子」の道をまっしぐらです。

プロミスのレディースローンなら、そのような立場のOL達の心の悩みも、同じ女性の立場として相談に乗ってくれます。電話で直接声を聴くのもおすすめですし、インターネットだけでも取引を完結させることができるので、利用しましょう。

働く主婦

すでに「永久就職」という言葉は死語と化しているようで、ほとんど聴くことがありませんよね。

そもそも知らない人もいるかもしれませんが、永久就職とは、女性が結婚相手の男性を上司に見立て、一生専業主婦として雇われる、という例えです。

これは、バブル経済崩壊前には盛んに耳にした言葉ですが、長引く平成不況においては、男性でさえ一生安泰とはいかないのに、ましてや働かない女性が専業主婦をリストラされる時代ともいえる状況です。必然的に、働く主婦は確実に増え続けています。

でも、主婦は育児や介護、家事などがあるため、働く時間や場所などの制約が大きく、同条件の男性と比べても給料が安いです。

また、管理職などの責任ある立場につくには、よほど夫がイクメンで協力的でもない限り難しいでしょう。

さらには、主婦がパートや派遣社員として働く時に、配偶者控除という壁も待っています。

配偶者控除とは、税制上の扶養控除です。簡単に言うと、主婦が夫の収入により扶養されているので、主婦がお金を稼いでも税金が最大で38万円安くなる制度です。

この配偶者控除、実は2018年1月から主婦にとってはお得になりました。それまで103万円以下に限られていた控除の条件が、150万円以下にまで引き上げられたからです。

とはいえ、社会保険上の扶養はまた制度が別なので、ちょっとややこしいです。

そのような、空き時間をなんとか見つけて働く主婦、就業調整をして年間100万円以下ぐらいの収入で働く主婦にとっても、プロミスのレディースキャッシングは非常に強い味方です。

ただし、専業主婦は対象外です。安定した収入が融資条件だからです。同じ理由で、例えば1ヶ月限定の期間労働などをして稼いだ、というのも安定していないのでだめです。

最低でも6ヶ月以上、できれば1年以上は同じ職場で働いていることが必要です。

補足ですが、借入審査時に申告する女性本人の収入は、夫の収入と通算できないので注意しましょう。銀行カードローンなどでは、夫の収入がある場合に借りられる「配偶者貸付」などもありますが、プロミスにはそのような制度はありません。

20歳以上の学生

学生だからお金を借りられない、と思っていませんか?ティーンエイジャーは「20歳以上」という年齢条件を満たさないため無理ですが、20歳以上であれば、安定した本人の収入さえあれば、学生でも借りられます。

学生の種別は、大学生や専門学校生はもちろん、最近は社会人学生も増えてきましたし、定時制でもOKです。いずれの場合でも働いてお金を稼いでいることが大事ですね。

大学生の場合注意したいのが、勤続年数です。様々なバイトを転々としていると、安定した収入とはみなされませんし、週1日数時間程度だと、審査に受かるかどうかは心許ないです。

ちなみに、20歳未満の学生は、民法の規定により学生が合法的にキャッシングしたお金を踏み倒せる裏技があるので、プロミスだけでなく全ての金融業者で借りる事は不可能と考えましょう。

ただし、20歳以上になって審査を申し込む時に、勤続年数が問われるので、未成年のうちから同じ職場で継続して勤めておくという準備をしておくと、すんなり審査に通りやすくなります。

ちなみに、親からの仕送りは安定収入とはみなされません。

69歳以下の元気なシニア

プロミスでは、70歳になる前まではキャッシングの利用ができます。その年齢になるとたいていは年金受給者だと思います。では、もらっている年金は「安定した収入」になるでしょうか?

残念ですが、答えは「NO」です。確かに年金は毎月(実際の受給は2ヶ月に一回)安定してもらうことができますが、あくまで働いて得る安定収入がないと、プロミスのキャッシングは利用できないことになっています。

年金を受けながら、それにプラスして働いている、というのであれば、キャッシングが受けられる確率は高まります。

定年を迎えた高齢の女性でも、料理店やスーパー、コンビニなどにもニーズは十分ありますし、定年後にも働ける機会を増やそうとしている会社は、全国的にいくつか取り上げられてニュースにもなっているので、そういったのを狙う方法もあります。

ただし、70歳に達したら、それ以降の借入はできなくなりますし、利用限度額はかなり低めに設定されることは覚悟しましょう。

その他にもある、プロミスがおすすめの理由

「女性が確実に応対してくれる」、それだけでも神対応ですが、プロミスの良さはそれだけにとどまりません。以下の項目を読み進んでいけば、お解りいただけるでしょう。

Web完結なら店舗に行かなくてもOK

お金を借りるのは、男性でも恥ずかしいと感じる人が多いですが、女性ならなおさらです。

同じお金を借りているという事実でも男性なら「あいつも仕方がないなぁ」ぐらいで流されてしまうところ、女性の場合は「あそこの奥さん、消費者金融からお金を借りているんですって。

家庭に問題があるんじゃない?」など、それをネタに噂が広まることもあるので、借金がバレないことはなによりも大事です。

プロミスには、多様で優れたWeb完結の仕組みがあるため、店頭窓口や自動契約機に行かずに、Web完結で新規申し込みから振込キャッシング、返済までを行うことも可能です。明細書もWeb明細を利用すれば、スマホを盗み見られたりしない限り、プライバシーは完全に守られます。

さらに、三井住友銀行ローン契約機が近くにあるかたなら、そこでプロミスの申し込みをすることも可能です。大手銀行での手続きから、消費者金融と結びつけられる可能性はほぼないはずです。

注意すべきなのが在籍確認の電話ですが、それだけでバレる気遣いはほとんどありません。

また、Web完結でカードをが発行しない場合は、振込キャッシングを利用することになるので、ジャパンネット銀行などの口座を開設しておくと便利です。

スマホのみでも契約できる

プロミスのアプリローンを利用すると、スマホだけで契約、さらにはキャッシングができてしまいます。

多くの消費者金融会社も、スマホの広まりに合わせてスマホアプリを作っていますが、書類の受け渡しなどが必要ない、文字通りスマホ完結できるアプリは、プロミスのアプリローンの他にも、モビットが有名ですが、プロミスのアプリローンの方がより優れています。

アプリローンなら、カードを受け取らずに、セブン銀行ATMからお金を借りられます。

スマホのQRコードを利用しますので、カメラ機能が必要ですが、今時のスマホならたいていカメラ機能、QRコード読み取り機能はついていますよね。

アプリローンは、バレないメリットだけでなく、女性でも安心して立ち寄れるコンビニで、24時間いつでもお金を引き出すことが可能です。

スーパーなどにセブン銀行ATMがあれば、買い物ついでにお金を銀行から下ろすような感覚でキャッシングできるということです。

多くのコンビニと提携

アプリローンが使えるのはセブン銀行ATMのみですが、提携しているATMはセブンだけではありません。以下、使える代表的な提携コンビニATM等とその特徴を表にまとめました。

提携ATM等名 利用手数料 特徴・利用場所
三井住友銀行ATM いつでも無料 プロミスが三井住友銀行グループの一員のため、相性抜群
セブン銀行 取引額1万円以下:108円
取引額1万円超:216円
唯一スマホのアプリローンが利用可能
ゆうちょ銀行 事前にWeb明細の登録が必要
ENet ファミリーマートやポプラなどで利用
ローソンATM ローソンで利用
Loppi 無料(返済のみ) ローソン・ミニストップで利用
Famiポート ファミリーマートで利用

これだけ多くのコンビニに対応しているのは、女性にとってはありがたいですよね。

日中仕事をしている男性なら、プロミスのATMがあるビルなどに入っても、仕事の一環としてごまかせますが、女性だと怪しまれるかもしれませんが、コンビニならむしろ普通の日常行為になります。

無利息サービスは温存できる

  •  初めてプロミスを利用する
  • Eメールアドレスを登録する
  • Web明細サービスを利用する

たったこの3つの条件を満たすだけで、30日間無利息サービスが利用できます。フリーローンだけでなく、レディースキャッシングでも利用できますよ。

新規入会者の無利息サービスは、プロミス以外のローン会社も行っていますが、プロミスは他社にない優れたポイントがあります。それが、無利息サービスの温存です。

消費者金融に契約したものの、すぐにお金が必要ではない場合もあるでしょう。

子どもの教育資金の足しにしたい場合などに無利息期間を利用してキャッシングしたくても、融資を受けたタイミングと使うタイミングが合わない場合もあるでしょう。

これは、多くの金融機関では、「契約した日の翌日から30日間無利息」になっているからです。

それに対し、プロミスの無利息サービスは「初めてキャッシングをした翌日から30日間無利息」です。どこが違うかお解りでしょうか?以下の表をまずはごらんください。

これは、プロミスと、プロミス以外の30日間無利息サービスを行っている消費者金融会社との比較です。どちらも、5月1日に契約しました。そして、最初の借入は5月15日からだとします。

プロミス以外の消費者金融の場合は、契約日の翌日から、つまり5月2日から30日間無利息です。つまり、5月15日から6月1日までの半月分しか、無利息の対象になりません。それ以降は、普通に金利がかかってきます。

一方、プロミスは初回借入日の翌日、つまり5月16日から30日間無利息です。となると、プロミスでは6月15日まで、丸々30日分の無利息サービスが受けられるのです。

なぜプロミスは女性に優しいのか?

ここでふと、「なぜプロミスは、こんなに女性に優しいのだろう?」と疑問に思われるかもしれません。

女性のローン契約者も増えてきたとはいえ、まだまだ男性契約者の方が多いですし、貸す方にしても女性はパートや派遣が多く、寿退社などで収入が途絶えるリスクが大きいので、あまり積極的に融資したがらないもしくは制限する会社もあるのが実情です。

以下の内容を読むと、プロミスの誠実さが伝わり、女性はもちろん男性からの共感も得られるのではないでしょうか?

創業社長の思い

まずは、プロミスの誕生経緯から見ていきましょう。プロミスの創業社長は、神内良一(じんないりょういち)氏です。

神内氏は、農家に生まれ、農林省(当時)に入った後すぐに退職し、児童福祉施設の職員になった後、1962年にプロミスの前身となる「関西金融株式会社」をスタートさせたという、異色の経歴を持ちます。

その後、1980年にプロミスに社名変更し、業界初のコンピューターシステムを導入するなど業界を牽引し続けています。

プロミスが女性に優しい理念は、創業社長神内氏の理念にあります。実は神内氏は、独立して児童福祉施設を立ち上げようと思っていたそうです。職員として働いていた時に、児童福祉の困難な現場を見ていたからです。

時は戦後の混乱期でした。

戦災孤児も多く、食料も十分に行き渡らない、犯罪も日常茶飯事な状態です。日本中いたるところで、東日本大震災が起こった後のような子どもがあふれていたと言えば、少しはイメージできるでしょうか。

弱者である子ども達を助けたい、でもそれには資金も必要です。寄付だけではいけないと考え、金融業の設立を思いついたのです。

プロミスが成功した後、神内氏はようやく児童施設の支援ができるだけの資産を得ました。ところが、戦後に比べ、日本の児童養護施設はかなり改善されていました。

そこで、海外の貧困層の支援により一層力を入れたのです。その活動は、神内氏が社長を退いた後も、さらには亡くなった後も、彼の遺志は受け継がれています。

そのような社長の理念が、女性顧客に対する優しさにつながっているのは、想像に難くないでしょう。

CM女優のイメージ戦略

消費者金融各社は、こぞって企業のイメージ戦略としてCMに力を入れています。

過去にはレオタード姿でダンスする女性達のCMや、チワワが出てくるCM、有名な俳優や女優、アイドルまで起用され、閲覧する人の目を楽しませるものも多いです。

ただ、どちらかというと、男性対象のCMが多いです。アイフルのチワワのCMがやや女性向けでしたが、起用されたのが熟年男優だったため、同世代からの反響の方が大きかったようでした。

そんな中にあって、プロミスのCMはかなり女性視点で作られているのが特徴です。

「デキる女性」「かっこいいOL」といったイメージを抱く人も多いはずです。さらには「プロミスって、そんな女性が活躍する会社なんだ。だったら、女性でもキャッシングしやすいはず」と思うことでしょう。

そのようなCMの工夫は、口コミになったり、SNSやユーチューブなどを通じるなどして女性に広がっているのです。

サービスプラザによる子育て・福祉活動

プロミスには、全国に18店舗のサービスプラザが存在します。自動契約機が1,000カ所以上あるのと比較するととても少ないですが、対面しながら手続きできることから、女性にとって安心感があります。

中には、大手消費者金融でも有人店舗を持たない所があるぐらいです。

営業時間が平日の10時から18時に限られていますが、近くにサービスプラザがあれば、利用しても良いでしょう。気軽にキャッシングの相談にも乗ってくれます。

そして、プロミスのサービスプラザは、単にキャッシング業務だけを行っているのではありません。

実は、プロミスは貸金業法改正のあおりをうけ業績が悪化し、2010年には事業再編の一環で全国の有人店舗廃止に乗り出しました。

しかし、従来の店舗を廃止した後、新たに「お客様サービスプラザ」として生まれ変わったという経緯があるのです。

生まれ変わって以降、様々な社会貢献活動を行っていて、その一つが女性の大きな悩みである子育て・福祉の支援活動なのです。

  • おもちゃ病院を開設し、おもちゃの修繕を行う
  • 絵画展・書道展
  • カウンセリング(例)母子家庭の女性の子どもの入院費用の相談に対し、高額療養費があることを教える
  • フェスタや福祉まつりへのブース出展
  • 就職支援
  • アルコール依存症への取組み

まとめると、女性を始めとした社会的弱者に優しい、それがプロミスの方針だと言えそうですね。