カードローン110番 > プロミス徹底解説!審査、無利息、即日融資、メリットをどこよりも詳しく! > プロミスのローンカードは借入も返済も手数料無料でできる!

プロミスのローンカードは借入も返済も手数料無料でできる!

プロミスのローンカードでお金を借りる

プロミスのローンカードは、急に友達が田舎から出てきたが、手元にお金がないと言うような場合に、すぐにお金を用立てることのできる便利なカードです。

でも中にはどこでどうやってお金を引き出せばいいのかわからないという方もいます。

プロミスのローンカードを作ってみたものの、まだお金を借りたことがないという方もいるのではないでしょうか。

プロミスのキャッシングはいつでもどこでもATMで

プロミスのローンカードの謳い文句は、いつでもどこでもお金が借りられると言うことです。

街中で、周りを見てみますと、すぐ近くにはセブンイレブン、ローソンにファミリーマートとコンビニがありますね。銀行も見渡せばいくつもあります。

少し離れていますが、ローンカードを作ったプロミスのお店もあります。

プロミスのローンカードは、これらのほとんどの場所で借りること、すなわちキャッシングができる便利なカードなのです。

コンビニにはATMが置かれており、プロミスの提携ATMとして利用できます。

また、銀行も、プロミスの親会社である三井住友銀行をはじめ、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行にいろいろな地方銀行のATMでキャッシングが可能です。

プロミスの提携ATMの台数は10万6千台を越えており、まさにいつでもどこでもATMでお金を借りることができるのです。

プロミスのキャッシングは提携ATM手数料がばかにならない

しかし、気をつけなければならないのは、提携ATMは、三井住友銀行以外の場合には、利用手数料がかかると言うことです。

利息0円の期間中だから試しに10万円をローソンで借りてみて、1週間後にまたローソンで返済したとします。

利息は0円だから、プロミスからの借入はもうないと思って明細書を見てみますと、知らない間に借入残高は432円残っているではありませんか。

でもそれは当然なのです。

プロミスの提携ATMでお金を引き出したり、返済した場合には、1万円を越えている場合、1回あたり216円の利用手数料がかかってきます。その利用手数料はプロミスの借入口座から引き出されているのです。

提携先のATMには利用手数料についての注意が出ていますが、あまりそれを気にしている方は少なく、口座から引き出されているとは思っていないのです。

10万円を毎月1万円と利息を返済して、さあ終わったと思ったら、借入残高は2,376円残っているのです。

でも、プロミスの店舗に置かれているATMや親会社の三井住友銀行のATMを利用した場合には、手数料はかかってきません。

10万円を毎月1万円と利息さえ返済していれば、10か月後には換算しているのです。

この違いは大きいですね。

プロミスの無利息のキャッシングでも手数料がかかる場合

プロミスは初めてローンカードを作った場合には、その作った翌日から30日間は利息0円キャンペーンをしていますが、コンビニなどでキャッシングした場合には、利息はなくても利用手数料はきっちり取られるのです。

10万円を7日間借りた場合の本来の利息は、金利17.8%としますと341円ですが、それが0円になるのはありがたいですね。

しかし、コンビニなどの提携ATMの利用手数料は借入と返済で432円となりますので、借入の利息よりも高くついているのです。

では、他にプロミスのローンカードでお金を借りる方法はないのでしょうか。しかも、手数料がかからない方法はないでしょうか。

もちろんあります。

プロミスのキャッシングはネットキャッシングでできる

プロミスのローンカードを作りますと、会員となり、インターネットサイトの「会員サービス」を受けることができます。

このプロミスのインターネットサイトの「会員サービス」には、さまざまな利用が可能で、ネットキャッシングも無料で利用できます。

ネットキャッシングは、自分の銀行口座にお金を振り込んでくれるサービスです。プロミスのローンカードを使わなくても、お金は借りられるのです。

自分の銀行口座は事前に登録しておくこともできますので、極端に言えば、金額さえ指定すれば、自分の銀行口座にお金が振り込まれてきます。

利用手数料はもちろん無料です。14時50分までに手続きすれば、当日の即日キャッシングも可能なのです。

あとはキャッシュカードで自分の口座から引き出したり、クレジットカードなどの自動引き落としに使うことができるのです。

プロミスの「会員サービス」は何でもできる

さらに、プロミスの「会員サービス」では、ネットキャッシング以外でも、増枠の申込や、インターネットバンキングを利用しての無料の銀行振込み、残高の確認や利息のシミュレーション、履歴の確認などができます。

すなわち、ローンカードで必要になることは何でもできるのです。

プロミスのキャッシングは瞬フリで手数料なし

そして、プロミスの「会員サービス」には、さらに進んで瞬フリと言われるネットキャッシングの進化したサービスがあります。

すなわち、事前に自分の銀行口座を登録しておけば、「会員サービス」にアクセスして、瞬フリを選んで金額を入力すれば、10秒後には24時間いつでも銀行の口座にお金が振り込まれているサービスなのです。

さすがにどの銀行でもできるという訳ではなく、三井住友銀行とジャパンネット銀行に限られますが、24時間いつでも手数料なしでお金を借りることができるのは便利です。

プロミスの「会員サービス」では、返済もインターネットバンキングを利用して無料でできる方法がありますので、利息0を利用手数料なしで利用ができるのです。

この方法は、インターネットバンキングを利用できる銀行で、プロミスの指定した銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、楽天銀行に限られますが、非常に便利に賢く利用できます。

特に三井住友銀行とジャパンネット銀行は瞬フリでも使えるため、わざわざ口座を作る方も多いようです。

プロミスのキャッシングは電話でも

さらにプロミスのローンカードで、無料で借りる方法としては、プロミスコールと呼ばれるフリーダイヤルのサービス窓口に電話で申込むことができます。

但し、この場合は、本人確認などでカードの会員番号などを聞かれますので、手元にローンカードを置いて電話してください。

ネットキャッシングと同様、無料で自分の銀行口座にお金を振り込んでくれます。

このように、利用手数料をかけてコンビニ、ゆうちょ銀行などの提携ATMを利用しなくても、自宅に居ながらにして無料でお金を引き出すことができるのがプロミスのローンカードの特徴です。

プロミスのローンカードの返済方法は?

プロミスのローンカードでお金を借りた場合の、返済方法はどうなっているのでしょう。

基本的には、プロミスのローンカードは、分割返済が基本になります。

「残高スライド元利定額返済方式」というリボルビング方式の一手法によって算出された返済金額以上を毎月一定日に入金することが原則です。

返済日は、5日、10日、15日、20日、25日、末日の中から自分で選ぶことになります。

但し、銀行振込みで、三井住友銀行とジャパンネット銀行を除いた銀行から振込む場合には、5日に限られます。

但し、直営、提携ATMで返済する場合には、特に返済日にこだわる必要はなく、いつでも自由に入金することができます。

また、返済も利息金額以上を入金すれば、返済金額より少なくても、延滞にはなりません。

もちろん、一括返済もいつでも行うことができますので、いつでもどこでもいくらでも非常に便利に返済できるローンカードなのです。

プロミスのローンカードの返済手段は?

では、プロミスのローンカードの返済手段にはどのようなものがあるのでしょうか。
プロミスの返済手段には、次のようなものがあります。

  •  プロミスの店舗のATM
  • プロミスの提携先のATM(銀行、コンビニなど)
  • コンビニのマルチメディア端末
  • 銀行口座からの振込み
  • 現金書留
  • 銀行口座からの自動引き落とし(口座振替)
  • プロミスのスタッフのいる店の店頭窓口

など、さまざまな方法があり、無料で行えるものもあるので非常に便利なのです。
これらについて、詳しくご説明します。

プロミスのローンカードの返済はATMでできる

プロミスのローンカードの返済は、当然カードを使って直営のATMで入金ができます。

プロミスの無人店にある店頭ATMを利用する場合には、借入も返済も無料でできるのです。
プロミスのATMは全国に980台あり、小銭対応もききます。

自宅か、会社の近くにあるプロミスの店舗はよく覚えておいてください。少しの距離の差なら、断然無料で使えるATMを利用すべきでしょう。

プロミスのローンカードの返済は提携ATMでできる

プロミスのローンカードは、提携ATMで返済もできます。

プロミスは、主要コンビニの、セブンイレブン(提携先:セブン銀行)、ローソン(提携先:ローソンATMなど)、ファミリーマート(提携先:イーネットなど)をはじめ、サークルケイ、ミニストップなどの提携ATMが利用可能です。

全国に6万台近くの主要コンビニ店があり、しかもそのほとんどが24時間営業をしていますので、いつでもどこでも利用可能です。

また、銀行との提携は、

三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、西日本シティ銀行、セブン銀行、イオン銀行、横浜銀行、東京スター銀行、第三銀行、福岡銀行、ゆうちょ銀行、親和銀行、広島銀行、八十二銀行

となってており、これらの銀行に置かれているATMは利用が可能になっています。
但し、親和銀行、広島銀行、八十二銀行は、借入のみで、返済には利用できません。

ゆうちょ銀行は全国に2万8千ほどの郵便局があり、それぞれにATMが置かれています。
ゆうちょ銀行と三井住友銀行、三菱東京UJF銀行のATMだけで4万台近くのATMが利用可能です。

プロミスと三井住友銀行以外のATMは利用手数料がかかる

なお、三井住友銀行以外の提携ATMについては、利用手数料がかかってきます。
全国に、利用できるATMは10万6千台以上ありますが、利用手数料がかからないATMは、プロミスと三井住友銀行だけです。

それ以外の10万台以上のATMが1万円以内は108円、1万円超の場合には216円の利用手数料が知らない間にとられているのです。

プロミスのローンカードの返済は銀行振込みでできる

プロミスのローンカードの返済は、銀行振込みでも可能です。

銀行振込みの方法としては、銀行の窓口から振込み、銀行のATMで振込み、ネットバンキングで振込み、プロミスの「会員サービス」からネットバンキング経由による返済の方法があります。

この中では、プロミスの「会員サービス」以外での銀行振込みを行う場合には送金手数料が必要になります。

銀行の窓口の場合には、500円から700円の送金手数料がかかり、しかも振込み申込書に振込先、振込金額などを記入する手間もあり、混んでいる時にはかなり時間がかかります。

銀行のATMから振込みする場合には、待ち時間は少ないものの、200円から400円程度の送金手数料がかかるとともに、振込み先口座などを選択する手間もあります。

自宅からネットバンキングから、「会員サービス」を通さずに銀行振込みをする場合にも、200円から400円程度の送金手数料がとられ、送金先口座を指定する必要があります。

これらはすべて送金手数料がかかります。

プロミスのローンカード返済はインターネットから銀行振込みを無料でできる

それらに対して、一番便利なのは、プロミスの「会員サービス」からネットバンキングを使って銀行振込みする方法です。

対象銀行は限られますが、無料で、送金先口座を指定する必要もなく、そのままネットバンキングのある口座に飛んで暗証番号を入力し、承認ボタンを押すだけで振込完了です。

なお、「会員サービス」の三井住友銀行とジャパンネット銀行以外からの銀行振込みの場合には、返済日は5日に限定されています。

また、「会員サービス」以外からの銀行振込みの場合には、会員番号の確認が出来ていないため、利用者の特定にミスが生じる場合があり、同姓同名の方に入金される可能性もあります。
従って、「会員サービス」で履歴の確認をするようにしてください。

プロミスのローンカードの返済はマルチメディア端末でできる

プロミスのローンカードでは、コンビニなどで無料の返済をすることができます。

それは、ローソン((Loppi)、ファミリーマート(Famiポート)、ミニストップ((Loppi)などにあるマルチメディア端末です。

店内にあるマルチメディア端末でローンカードなどを通して登録を行い、出てきたレシートを持って店頭窓口で支払を行う形です。

あまり、利用はされていませんが、無料でできますし、最終返済などの千円未満の端数にも対応が効きますので、便利です。(イレギュラーな一括返済はできません。)

プロミスのローンカードの返済は現金書留でできる

プロミスのローンカードは、現金書留でも返済はできます。

但し、この場合も返済された利用者を特定することが手作業になるため、誤入金が生じる恐れがあり、「会員サービス」で履歴の確認をしておく必要があります。
送金手数料は当然必要です。

プロミスのローンカードの返済は店頭窓口でできる

プロミスのローンカードは、当然スタッフのいる店頭窓口でもできます。

しかし、スタッフのいる店舗は、全国でわずか18店舗しかなく、それも都市部に限られますので、利用できる方は非常に限られてしまいます。もちろん無料です。

プロミスのローンカードの返済は何回くらい?

プロミスのローンカードの返済金額は、「残高スライド元利定額返済方式」でおおよそ60回、5年ほどで返済できるように計算されるようになっています。

但し、追加でキャッシングをしますと、その時点から5年になりますので、実際に5年で返済される方はほとんどいないのが現状です。

プロミスのローンカードの返済は無料でできる?

これまで述べてきましたように、プロミスのローンカードの返済は、無料でできるものと、手数料がかかるものがあります。

プロミスのローンカードを賢く使うためには、利便性はもちろんですが、無料で簡単にできる方法を選択する必要があります。
無料で返済のできるものについて見てみましょう

プロミスと三井住友銀行のATMは返済でも無料

プロミスのローンカードが返済などで無料にて利用可能なのは、直営ATMと親会社の三井住友銀行のATMに限られます。

全国には、提携ATMは10万6千台以上がありますが、そのほとんどは利用手数料がかかってくるのです。賢く使うためには、常にプロミスと三井住友銀行の場所を確認しておきましょう。

プロミスのインターネットでの銀行振込みは無料

プロミスのインターネットサイトの「会員サービス」を通して、ネットバンキングから銀行送金する場合は、対象銀行が限られますが、無料で自宅に居ながら返済が可能です。

しかも、三井住友銀行とジャパンネット銀行であれば、振込み日を0と5の付く日(月末含む)から選べますので、自分の給料日の都合に合わせて選択ができます。

瞬フリもこの2行ではできますので、ぜひ口座を作られることをおすすめします。

プロミス返済はマルチメディア端末で無料

ローソン、ファミリーマート、ミニストップに置かれているマルチメディア端末を利用すれば、無料で返済が可能です。全国には3コンビニで3万5千台以上の店舗がありますので、ほとんどの方は24時間利用可能です。

プロミスのポイントサービスでATM無料が可能に

プロミスでは、ポイント制度があります。

プロミスのポイントサービスは、インターネットで「会員サービス」を利用することなどによってポイントがついてきます。

その貯まったポイントによって、

  • 提携ATMの手数料が、40ポイントで最大60日間無料で利用できる
  • 利用ポイントに応じて一定期間(400ポイントで15日間)、無利息でキャッシングが利用できる

という特典を利用できるのです。

プロミスの利用でポイントが貯まってくれば、ATM利用が無料でできる期間を作ることができます。

40ポイントで1ヵ月半程度の期間が無料になれば利用は1~2回で、300円から400円が浮くことになります。400ポイントあれば、最長2年近く無料になります。

プロミスのポイントサービスとは

プロミスのインターネットサイトにある「会員サービス」の利用によるポイントは、毎月初回のログイン時に10ポイントや、その他にも次のような形でポイントが貯まります。

  • ポイントサービスの申込みで100ポイント
  • 会員サービスのお知らせの確認で、5~20ポイント
  • 増枠などの際の収入証明書の提出で160ポイント
  • 返済日お知らせメールで1ポイント
  • 取引確認メールで1ポイント
  • インターネット経由での書面の受け取りで1ポイント

などがあります。

これらによってポイントを貯めて、賢く利用することができるのです。

コンビニ手数料は借入も返済もかかる

これまで述べてきましたように、コンビニの提携ATMを使いますと、借入にも返済にも手数料がかかってきます。

但し、ローソン、ファミリーマート、ミニストップの場合には、マルチメディア端末を使えば、無料で返済が可能ですので、ATMよりもこちらを利用されることをおすすめします。

コンビニATMのもう一つの欠点

コンビニの提携ATMには、もう一つの欠点が存在しています。

それは、コンビニに置かれているATMにはほとんど小銭対応が出来ない機種である点です。

プロミスのローンカードで、一括返済をする場合や、最終返済を行う際には、必ず、利息と元本の合計を入金する必要があり、千円未満の端数が必ず発生します。

しかし、コンビニの提携ATMでは、この千円未満の端数が入金できないため、完全な完済処理は行えないのです。しかも、手数料までかかります。

また、それがゆえに、毎月の返済金額は、計算で端数が出た場合には千円未満は切り上げて千円単位にするようになっているのです。

利用者とすれば、非常に不親切な機械ですが、全国に数万台を設置するためには、安価な小銭対応のない機種にせざるを得ないのです。

銀行提携ATMは小銭対応ができるが、手数料もかかる

一方、三井住友銀行を除くプロミスの提携銀行ATMは、小銭対応ができますが、利用手数料はかかってきます。

一括返済を借入残金と利息金額を足して入金したとしても、さらに手数料216円を加えて入金しないと完済にはなりません。

賢くローンカードを使うためには、一括返済を無料で完済できる方法、プロミスか三井住友銀行のATMで行うか、「会員サービス」からインターネットバンキングを利用した銀行振込みで行う必要があるのです。

銀行振込みによる返済は手数料が高い

銀行の窓口やATMによる振込みでの返済は最もコストがかかる方法になってしまいます。

銀行の窓口の場合、安いところでも400円以上で、通常は700円がかかることになってしまいます。

ATMで行っても200円から400円程度(消費税抜き)の送金手数料をとられてしまいます。

銀行窓口から毎月返済するとしますと、追加借り入れをせずに60回振込みした場合には、消費税も含めて、

756円×60回=45,360円

の送金手数料が利息以外に無駄にかかることになります。

これではプロミスのローンカードを賢く使っていることにはなりません。

手数料をかけて返済をすると

ここで、追加をせずに60回返済をした場合の手数料(消費税込み)がどれくらいになるのかを見ておきましょう。

コンビニや三井住友銀行以外の銀行の提携ATMを利用した場合には、216円×60回=12,960円がかかります。

銀行の窓口から銀行振込みをした場合には、45,360円です。

銀行のATMから銀行振込みをしたとしますと、324円×60回=19,440になります。現金書留で毎月2万円60送金しますと、30,720円がかかります。

実際のローンカードの利用では追加借入が生じるケースがほとんどであり、実際にはこれを越えて支払うことになっているのです。

無料のプロミスや三井住友銀行のATMや、「会員サービス」からインターネットバンキングを利用した銀行送金、それにコンビニのマルチメディア端末を使って入金する方法を使えば、これらの手数料は一切かからないのです。

プロミスのローンカードは賢く借入も返済もしよう

プロミスのローンカードを賢く使うためには、借入も返済も無料でお金の出し入れをできる方法を選択することが必要です。

それにより、無駄なお金を使うことがなくなります。

また、常にプロミスの「会員サービス」から借入残高や利息金額のシミュレーションをしておきましょう。

いかに利息を安くするか、そしていざという時のために利用可能額を極力多くしておくように努力をするかが賢くローンカードを利用することにつながるのです。

プロミスのローンカード利用における注意点

プロミスのローンカードを利用するにおいては、まず、利息0円を含めて、無料で利用できる方法を確認しておきましょう。

「会員サービス」を最大限に利用して、ポイントを貯めることも考えておきましょう。

プロミスのローンカードは、非常に便利なカードですが、それだけに油断していますと、いつの間にか利用限度いっぱいまで借入残高が膨らんでいると言うこともよくあることです。

普段からよく「会員サービス」で残高を確認することで、無駄な借入を避ける意識も生まれ、借り過ぎもなくなりますし、無料の借入・返済をすることで無駄なコストもなくなります。

まとめ

プロミスのローンカードの利用において、手数料が無料で利用できる借入・返済の方法についてご説明しました。

意識せずに手数料のかかる返済方法をとっていますと、最大で利息以外に4万5千円以上の送金手数料がかかっている場合もあります。

利息0で借りたつもりが利息よりも多くの手数料を払っていたケースもあるのです。

プロミスのローンカードは非常に便利なカードですが、それだけに意識しませんと、知らない間に多くの無駄なコストを支払うことになりますので、普段から無料で使える方法を意識してとるようにしてください。