カードローン110番 > プロミス徹底解説!審査、無利息、即日融資、メリットをどこよりも詳しく! > プロミスのローンカード:千円単位で引き出し可能なところも!

プロミスのローンカード:千円単位で引き出し可能なところも!

プロミスのローンカードを手にしたら

プロミスのローンカードは、非常に便利に使えるカードであり、さらに大げさに言えば、人生における成功の鍵を握るカードとも言えます。

プロミスのローンカードはいつでもどこでもお金を用立てることができるとともに、いつでもどこでも返済が自由に行えるカードであるからです。

また、私たちの人生には、山あり谷ありで、どのようなピンチ、どのようなチャンスが待ち受けているかわかりません。

そのために、生命保険や損害保険があるわけですが、ピンチはともかく、チャンスに生命保険も損害保険も役に立つわけではありません。

ピンチでも、自分の子供が事故にあった場合は、治療費は保険ででますが、他の子どもにケガをさせた場合は保険もききません。

新しい自分でできる事業機会が見つかったとしても、お金がなければ、そのチャンスにチャレンジすることもできないのです。

このようなピンチ、チャンスの際に助けてくれるのが、プロミスのローンカードであるわけです。

そのいざという時に使えるように、ローンカードを持った際には、賢く使って将来のチャンスやピンチに備えられるようにしてください。

プロミスのローンカードでお金の引き出し

では、あなたは、プロミスのローンカードでお金を引き出す際には、そのカードでいくらまで借りられて、どこで借りられるのかご存知ですか。

当たり前だと言われる方も多いと思いますが、賢いプロミスのローンカードの使い方を本当にご存じなのでしょうか。

プロミスのローンカードはいつでもどこでも借りられる

プロミスのローンカードはいつでもどこでも借りられるのは、当然ご存知ですね。

プロミスのATMはもちろん、全国のコンビニ、郵便局、銀行などに置かれている提携ATMでお金を引き出しが可能です。

しかもプロミスやコンビニなどは24時間いつでも借りられます。

でも、提携ATMの場合には、利用手数料が取られることを意識していますか。

プロミスと親会社の三井住友銀行のATM以外は、使うごと(入金も出金も)に1万円以内108円、1万円超は216円の利用手数料を取られているのです。

コンビニの提携ATMを使ったけど、利用手数料などは要求されたことはないと言われる方がいると思います。でも、本当に利用手数料は取られているのです。

小さな利用手数料も貯まれば大きい

プロミスのローンカードでコンビニの提携ATMで2万円を引き出したとしますと、借入残高は「20,216円」になっています。

すなわち、直接的に請求されませんが、プロミスのローンカードの口座からその分が引き出された形になっているのです。

大したことはないと思うかもしれませんが、返済で60回使ったとしますと、1万円近くの利用手数料を取られていることになるのです。

これでは賢い使い方とは言えませんね。

これを毎回無料でやれば、1万円手元に残ります。借りるのも、返すのも無料でやりませんと、余分なお金がかかってしまうのです。

プロミスのローンカードはいくらまで借りられる

また、プロミスのローンカードはいくらまで借りられるのでしょうか。

ローンカードを発行してもらった時に、契約書には利用限度額50万円、極度額120万円と書かれていたとします。

これがどういうことかご存知でしょうか。

プロミスのローンカードの利用限度額とは

プロミスにおけるローンカードの現時点で借りられるお金は、利用限度額の50万円という金額です。

これは説明を受けますので、わかっていると思います。

でも極度額120万円というのは何なのでしょう。

さらに利用限度額はこの先ずっと50万円なのでしょうか。

極度額は、現時点の年収などを勘案して将来的に利用限度額を引き上げられる最大値を言います。120万円までは利用限度額は上がる可能性があるのです。

そうです、利用限度額はこのままずっと50万円というわけではないのです。遅れずに返済を続けていますと、利用限度額は増枠ができます。

しかも、その際には契約書を書き換えなくても増枠できるように、極度額が示されているのです。

プロミスのインターネットサイトの「会員サービス」を使えば、ネット上だけで増枠は完了してしまうのです。しかも、かなりの場合、金利も多少下げてくれます。

極度額も変えることはできる

極度額はたいていの場合、年収の1/3が目安になっています。(他社の借入がない場合)

これは貸金業法の総量規制に合わせているためです。

しかし、この極度額も現時点の最大値であり、転職して給料が増えた、出世して給料が大きく上がったと言う場合には、極度額そのものも上がる可能性があります。

その場合には、契約の書き換えが必要になりますが、増枠の申し込みをしてみるといいでしょう。

プロミスのローンカードはどこで借りる

プロミスのローンカードで借りられるのは、ATMだけと思っている方もいるようです。

もちろん、提携ATMを含めますと全国に10万台以上のATMがあり、その半分以上が24時間稼働していますので、いつでもどこででも借りられます。

しかし、そのほとんど10万台の提携ATMでは利用手数料を取れられますし、ATM以外でもキャッシングができるのをご存知ですか。

プロミスのローンカードにはさまざまな借り方あります。それについてご説明しましょう。

プロミスローンカード:ATMで借りる

プロミスのローンカードは、もちろん無人店などの店頭にあるATMで借りたり、返済したりできます。

しかもすべて無料でできますし、たいていは自動契約機が置いてありますので、増枠などの手続きもすることができます。

従って、直営ATMでは無料で利用できるということをよく認識して、それほど遠いところでなければ、すぐ近くにあるコンビニではなく、プロミスの店に行くようにしましょう。

プロミスのローンカード:コンビニの提携ATMで借りる

もちろん、プロミスのローンカードはコンビニ、郵便局、銀行などの提携ATMでもお金を引き出すことはできます。

急にお金が必要になり、どうしても今すぐお金を引き出さないといけないと言う場合がありますね。

その際には、やはり近くのコンビニや郵便局は便利です。但し、返済まで同じその提携ATMで行う必要はありません。

返済は今すぐという訳ではありませんから、会社や自宅の近くにある無料ATMなどで返済すればよいのです。

近くになければ、自宅に居ながら無料で銀行振込みにより返済できるインターネットサイトの「会員サービス」があります。これを利用すれば、いつでも無料で返済が可能です。

銀行の窓口などから銀行振込みをしますと、700円を超える場合もありますし、ATMを利用しても400円かかる場合もあります。

その場合には、60回返済しますと、2~4万円の利用手数料を取られてしまいます。

しかも、それらは残高に加算されていきますので、利息まで生じさせてしまうことになるのです。

これでは、賢いローンカードの使い方とは言えませんね。

プロミスのローンカード:銀行の提携ATMで借りる

プロミスのローンカードは、提携している銀行のATMでも出金や入金ができます。

ゆうちょ銀行などは、全国の郵便局に2.8万台のATMが置かれていますので、どこでも利用が可能です。

但し、銀行の提携ATMは、それぞれの提携先の銀行のATMの稼働時間が違うため、24時間利用という訳にはいきません。

しかし、銀行ATMはかなりの機種では小銭対応が効きますので、一括返済や最終返済の場合には便利に使えます。

ただ、銀行の提携ATMも三井住友銀行を除けば、利用手数料がかかることはよく認識しておいてください。

プロミスのローンカード:会員サービスのネットキャッシングで借りる

プロミスでは、インターネットサイトの「会員サービス」からネットキャッシングができます。

「会員サービス」にアクセスして、銀行振込みでのキャッシングを選択し、振込先の自分の銀行口座を入力し(事前登録はできます)、欲しい金額を入力すれば、その口座にお金が振り込まれてくるのです。

即日でお金が欲しい場合は、最悪14時50分までに手続きをしませんと、翌日回しになる場合があります。

利用は無料であり、受付は24時間いつでもできます。夜間に手続きを済ませますと、翌日の9時過ぎには口座にお金が入っているのです。

プロミスのローンカード:会員サービスの瞬フリで借りる

プロミスのインターネットサイトの「会員サービス」には、瞬フリという、ネットキャッシングを進化させたサービスが存在します。

すなわち、24時間いつでも手続きをしたとたんに、10秒以内に銀行口座にお金が振り込まれているサービスです。しかも無料で行えます。

今日はクレジットカードの引き落とし日だが口座にお金がないと言う場合でも、自宅で14時59分までに手続きすれば、引き落としに間に合います。

但し、振込先銀行口座は三井住友銀行かジャパンネット銀行に限られます。

しかし、この2つの銀行は「会員サービス」から無料で返済の銀行振込みがインターネットバンキングを通じてできますので、借りるのも返すのも無料でできます。

手数も簡単で、ATM感覚でキャッシングができますので、非常に便利ですし、自宅に居ながらにしてキャッシングが可能ないのがいいですね。

下手にローンカードを持ち歩いて、コンビニなどで手数料を払って使うより、より賢く使うことができるのです。

プロミスのローンカード:プロミスコール(電話)してキャッシングで借りる

瞬フリにはなりませんが、電話のプロミスコールからキャッシングによる借入ができます。

「会員サービス」のネットキャッシングと同じ要領で、本人確認をした後、送金先の銀行口座と必要なお金を言えば、振込んでもらえるのです。

振込先口座は登録しておくことができますので、割と簡単にできます。

ただ、本人確認の際に会員番号などを聞かれますので、手元にローンカードを置いておく必要があります。

電話番号は、0120-24-0365で、フリーコールになりますので、通話料も無料です。

プロミスのローンカードの引き出せる単位は?

プロミスのローンカードの引き出せる単位は、基本的には1万円単位になっています。但し、プロミスのATMなどの場合には、千円単位で引き出すことも可能です。

しかも、この千円単位で引き出せるところは、すべて無料で引き出しが可能なので、賢く使うことができます。

千円単位の引き出しは賢くプロミスのローンカードを使うコツ

ATMを使って無料で千円単位のお金を引き出せるのは、非常に便利であり、しかも賢く使うコツでもあるのです。

すなわち、今すぐお金を5,000円が必要だと言う場合、1万円単位でしか引き出せない場合には、借入残高は5,000円余分に増えることになりますし、コンビニなどの場合には、10,108円の借入になってしまいます。

しかも、1万円借りてしまいますと、必要な5,000円以外でも財布に入れたままになり、いつの間にかその5,000円も消えてしまうのです。

このように1万円単位でしかも利用手数料もとられてお金を引き出すことは無駄につながっています。

千円単位を無料で引き出すことができれば、このような無駄はなくなり、しかも残高も低く抑えることができるのです。まさに賢い使い方と言えるでしょう。

プロミスのローンカード:プロミスのATMは千円単位でおろせる

プロミスのATMは、無料で千円単位にて引き出しができますから、無駄に借りることもありませんし、コストもかからず、賢い使い方ができるのです。

プロミスのATMは1000台程度ありますので、都市部であれば、比較的近くに見つけることができます。しかも、24時間利用可能ですので、非常に便利で安上がりです。

賢くローンカードは使ってください。

プロミスのローンカード:プロミス以外の提携ATM

プロミス以外の提携ATMでは、三井住友銀行も無料でしかも千円単位で借りることができます。

三井住友銀行グループの支店数は925店舗あり、しかも各支店には数台以上のATMがありますので、プロミス以上に便利に使うことができます。

しかも、消費者金融会社で借りていることも周囲からわからないため、利用される方は多いようです。

しかし、三井住友銀行のATM以外は、すべて利用手数料のいるATMになります。さらに出金は1万円単位になりますので、無駄に借りてしまうケースも出てきます。

利用手数料は返済も利用していれば、どんどん残高に加算されていってしまうのです。

確かに提携ATM台数そのものは、10.6万台以上ありますが、そのうち10万台は利用手数料のいる、1万円単位での引き出しになりますので、賢い使い方とは言えません。

プロミスのローンカード:会員サービスの瞬フリは千円単位でおろせる

プロミスのインターネットサイトの「会員サービス」で使える瞬フリの場合にも、無料で千円単位での利用が可能です。

三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座に限られますが、メインに使う銀行にしておけば、こんなに便利な口座はありません。

インターネットバンキングも使えますので、いつでも残高確認、履歴確認もできますし、借りるのも返済するのも無料でできるのです。

給料の振込口座にしておけば、帰ってからその日のうちに無料で返済をすることもできます。

クレジットカードや公共料金などの引き落とし口座にしておけば、残高不足も瞬間的に補充できますので、便利に賢く使うことができるのです。

プロミスのローンカード:銀行口座へのネットキャッシングは1万円単位

プロミスの通常の「会員サービス」によるネットキャッシングの場合には、振込みは無料ですが、1万円単位での引き出ししかできません。

引き落としが4,800円と言う場合でも1万円を引き出さないと口座に補充はできませんので、5,200円の無駄が生じ、残高も増えますので、利息も余分にかかってきます。

瞬フリであれば、5,000円の引き出しができますので、無駄は200円で済みます。できれば、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を作っておくようにしてください。

プロミスの銀行振込みによる返済を見ますと、かなりの方が三井住友銀行かジャパンネット銀行を利用しています。賢く使われている方も多いと言えるでしょう。

プロミスのローンカード:千円単位で引き出せるのは?

結論としてまとめますと、プロミスのローンカードで千円単位からしかも無料でお金を引き出すことができるのは、

  • プロミスと三井住友銀行のATM
  • 三井住友銀行とジャパンネット銀行の口座への瞬フリ

に限られています。

限られてはいますが、これらを使うことにより、利用手数料も発生せず、無駄な借入も生じない賢いローンカードの使い方ができるのです。

利用手数料は60回返済しますと、1万円以上かかりますし、利息もかかってきます。

5,000円の利息は毎回利用手数料が上乗せされた場合には、年間1,000円程度がかかってくるのです。

5年間ですと、5,000円以上の無駄が生じ、残高がその分増えていることになります。

最低借入単位とは?

最低借入単位と言いますのは、1回のお金の引き出しの際の引き出せる単位を言います。

すなわち、三井住友銀行以外の提携ATMでは1万円が最低借入単位になりますし、プロミス、三井住友銀行、ジャパンネット銀行の場合は千円単位になります。

但し、これはあくまでも引き出したお金の単位であり、実際の借入額とは違っているのをご存知ですか。

すなわち、三井住友銀行を除いた提携ATMでは利用手数料がかかるため、実際の借入額は108円ないしは216円の端数が借入額に含まれてくることになるのです。

プロミスの提携ATMでは引き出し額と借入額が違う

従って、10万円を借りて、10万円と利息金額を入金して完済したつもりでいても、実際には利用手数料分が残高として残っていることもなるのです。

その意味で、インターネットサイトの「会員サービス」で残高の確認を常にしておくことは重要な意味を持ちます。

残高の意識を高めるとともに、無駄についても認識ができますので、普段から無料の借入、返済を意識してできるようになります。

千円単位で引き出せるのはなぜ?

では、プロミスと三井住友銀行以外のATMではなぜ1万円単位での引き出ししかできないのでしょうか。

それはATMの構造上の問題にあります。

現代のATMは還流式になっており、入金されたお札はそのまま出金用のボックスに行くようになっています。

しかし、コンビニや一部の銀行などのATMの場合には、1万円札しか還流していないため、千円札は入金ボックスに回収されたままになっているのです。

そのため、コンビニなどのATMでは千円の出金が増えますと、すぐに千円札のボックスに不足が出てしまいますので、最初から1万円単位での引き出ししかできなくしてあるのです。

不足が出ますと、警備保障会社から資金の補充の出動があり、多額のコストがかかりますし、ATMそのものが使えない時間が生じてしまいます。

千円単位で引き出せても利用手数料がかかっては利用が少ない

ただ、イオン銀行(セブンイレブン)の提携ATMだけは千円単位での還流ができるようになっています。

そのため、アコムは、自社ATMとイオン銀行のATMだけ千円単位での出金ができるようにしています。
しかし、イオン銀行のATMでは千円単位の出金をした場合にも利用手数料がかかるため、利息よりも手数料が高くなり、かえってコスト高になるため、利用は少なくないのです。

そのため、プロミスではイオン銀行の提携ATMでも1万円としています。

プロミスの返済の入金は千円単位

コンビニなどのATMは、千円単位での入金はできるようになっており、プロミスのローンカードの返済ではどこでも千円単位での返済が可能となっています。

但し、コンビニの提携ATMは、小銭対応ができていません。

そのため、最終的に千円未満の端数の出る一括返済や最終返済の際にはコンビニでは完済処理はできないのです。

プロミスの提携ATMの利用手数料は

プロミスの提携ATMは既に述べたように、三井住友銀行以外のATMは利用手数料がとられます。

その利用手数料はプロミスの借入口座から引き出されているため、2万円を返済のために入金したとしても、実際に残高が減るのは、216円の利用手数料が引かれるため、19,784円になっています。

このように利用手数料は三井住友銀行以外の提携ATMを利用するたびにかかってきますので、ばかにならないのです。

プロミスのローンカードを賢く使うためには、無料で借入も返済もできる直営ATMか三井住友銀行のATMを使うようにしてください。

或いは、「会員サービス」からネットバンキングを利用した無料の銀行振込みを利用する必要があるのです。

コンビニ提携ATMの影響

このように、プロミスをはじめ、大手消費者金融会社は提携によってコンビニなどのATMを利用できるようにして、入出金の窓口を拡大していますが、それだけにサービス面での犠牲も多くあるのです。

出金は1万円単位に限られ、入金も小銭を入れられないため、一括返済や最終返済では使えないことになっています。

利用手数料も現在の大手消費者金融会社と提携会社(セブン銀行、ローソンATM、イーネットなど)との力関係は、提携会社側が強気になっており、手数料が下げられる可能性は小さいと言えます。

大手消費者金融会社にとっては、利用窓口であるATM台数を増やすことは、競争上不可欠であるからです。

コンビニ提携ATMの功罪

コンビニの提携ATMは、いつでもどこでも利用できる利便性を提供するというサービスを行う上では不可欠であり、利用者が利用手数料を支払っても利用されることが多いことも事実です。

しかし、コンビニの提携ATMで利用手数料を支払い、引き出せる単位も1万円単位となっていることにより、それを利用することはローンカードを賢く使う上では非常に無駄が多くなっていると言えます。

しかも、いつでもどこでも使用できることから、安易にお金を引き出してしまい、いつの間にか利用限度額いっぱいまで借りてしまい、返済に苦労されている方もおられるのです。
その先には多重債務による返済事故が待っています。

従って、賢くローンカードを使うためには、極力コンビニなどの提携ATMを使うことは避け、無料で使える直営や三井住友銀行のATMを使うか、「会員サービス」を利用して無料の入出金を行うことが必要なのです。

ATMで端数処理のできる提携先は

一括返済や最終返済でコンビニの提携ATMを利用しようとした場合には、小銭を入れられないため、千円単位に切り上げて余分に入金する必要があります。

一括返済や最終返済では、利息金額を円単位まで計算して入金する必要がありますし、利用手数料などで残高も端数が生じている場合がありますので、必ず端数清算しませんと完済にはならないのです。

コンビニの提携ATMで余分に入金して端数を払い過ぎている場合、プロミスコールに電話を入れて、端数を返金してもらう必要があります。

しかし、送金手数料は自分持ちとなるため、戻ってくる金額は小さくなるケースや、逆に不足して戻してもらえない場合もあるのです。

従って、一括返済や最終返済の場合には、小銭対応の効く銀行の提携ATMか、直営ATMで行う必要があります。

但し、銀行の提携ATMの場合は、三井住友銀行を除けば、すべて利用手数料が必要になりますので、その分を上乗せして入金する必要があります。

プロミスの無料銀行振込みによる一括返済

もう一つの賢い一括返済や最終返済をする方法は、プロミスの「会員サービス」からインターネットバンキングを利用して銀行振込みで行う方法です。

この場合には、手数料は無料ですし、端数も送金できますので、一番便利です。自宅に居ながら一括返済が無料でできます。

プロミスローンカードの注意点

プロミスのローンカードは、賢く使えば、これほど頼もしいものはありません。

しかし、逆に便利だから何回も利用したり、利息さえ返せばいいという姿勢の場合には、いつの間にか利用限度額いっぱいまで借りてしまい、返済が苦しくなってしまいます。

常に「会員サービス」で借入残高を確認し、利息金額を減らせられる方法をシミュレートするなどして、借入意識を高く維持して、いざお金が必要という時のために利用限度枠を大きく維持するようにしてください。

まとめ

プロミスのローンカードの利用における最小借入単位について、千円単位を無料で使える場合を中心にご説明しました。

プロミスのローンカードは、いざお金が必要になるチャンスやピンチにおいて大きな力になってくれる非常にありがたいカードです。

そのためには、節約意識を高く持ち、引き出す際は無料にて千円単位で借り、返済はより多く返済して、常に利用可能枠を大きくとっていく必要があります。

賢く使って、人生のチャンスに備えてください。