プロミスの返済:限度額内で10万円借りたら返済額や利息は?

サイトマップ
カードローン110番 > プロミス徹底解説!審査、無利息、即日融資、メリットをどこよりも詳しく! > プロミスの返済:限度額内で10万円借りたら返済額や利息は?

プロミスの返済:限度額内で10万円借りたら返済額や利息は?

プロミスのローンカードでお金を借りたら

現代社会は、さまざまな繫がりがあり、いろいろな局面でお金が必要になることがあります。

「実家が古くなり、家の建て替えにお金を出してくれと言っている」、「新しい事業に投資したいがお金が足りない」など、お金が必要になる場合は急に訪れます。

そのような場合に、プロミスのローンカードの利用限度額が大きくあると、非常に便利ですね。

ちょっとした金額なら、コンビニなどでカードローンとしてお金を引き出して用立てることができます。

しかし、お金を借りたら、当然返済をしなければなりません。しかも、利息をつけて返すのです。

利息を返す際にコンビニで返済しますと、さらに利用手数料までかかります。

賢くローンカードを利用しなければ、次々にコストがかかり、また急なお金が必要な時に用立てることができません。

プロミスのローンカードで借りるメリットとデメリット?

プロミスのローンカードは、借り入れにも返済にもとても便利に使えるメリットがあります。

しかし、半面、便利過ぎて無駄遣いをしてしまい、いつの間にか限度額いっぱい借りていて、返済そのものが苦しくなるというデメリットになる場合もあります。

限度額がいっぱいになり、返済が苦しくなると他社で新しいローンカードを作るようになり、いつの間にか多重債務に陥る方もいるのです。

従って、プロミスのローンカードは賢く使わなければ、デメリットが出ることもあるのです。

プロミスのローンカードのメリットを最大に生かしながら、無駄な出費を避け、余剰なお金を極力返済に回して、利用可能枠をより広くとれるように生活する必要があります。

プロミスのローンカードで限度額とは何?

ところで、プロミスのローンカードの限度額はどういうものか、考えたことはありますか。

限度額というのは、現時点でプロミスのローンカードで引き出せるお金の上限のことを言っています。

この限度額が大きければ大きいほど、将来的にお金が急に必要なった時の備えがしっかりできていると言えます。

しかし、あくまでも限度額は現時点でのものです。将来もこの限度額が続く訳ではありません。

うまく利用して、遅れなく使っていますと、増枠と言って「限度額を広げられますよ」と言うお知らせがメールなどで来ます。

これに申込みますと、限度額が大きくなるとともに、金利も下げてくれることが多いのです。ぜひ、将来に対する備えとして、限度額を広げるように努力してください。

プロミスのローンカードで限度額いっぱいに借りたらどうなるの?

しかし、限度額を広げると言っても、その限度いっぱいまで借りるということをおすすめしているわけではありません。

限度額が広がったからと言って、無駄遣いをして、どんどんお金を引き出してしまう方もいらっしゃいます。

しかし、あくまでも広がった限度額は、将来的に急なお金の必要性が出た時のために、とっておくのが賢いローンカードの使い方なのです。

では、限度額いっぱいまで借りてしまった場合にどうなるのでしょうか。

すぐに問題が生じることはありませんが、普段ちょっとしたことでお金を引き出していたものが、引き出せなくなることと、返済金額が大きくなり、家計を圧迫し始めるという影響が出てきます。

そこに急にまたお金が必要になった時に、プロミスのローンカードで引き出すことができなければ、いざという時のために、カードを作った意味がないのです。

そのような場合に、すぐに他社のローンカートを申込むことはできます。

しかし、プロミスですでに限度枠いっぱいに借りている場合、他社ではその分を考慮されて資金枠が小さくなってしまうことが多いのです。

そのため、さらに返済が苦しくなるということの繰り返しになってしまう可能性があるのです。

銀行カードローンなどを利用して、年収に関係なく大きな利用可能枠を取得することもできますが、とんでもない金額に借入が増えてしまい、結局破綻される方が今増えています。

従って、限度額いっぱいまで借りてしまった場合には、まず、返済をより多く行って、なるべく元本充当額を増やして、引き出せる利用可能枠を回復させる努力をするのが一番です。

急にお金が必要になった場合を除いては、常に利用限度枠を減らさないように注意してください。

プロミスのローンカードの限度額はどう決められる?

では、プロミスのローンカードの限度額はどのように決められているのでしょう。

プロミスでは、無人店舗の自動契約機などで借入申込みをされた方については、さまざまな審査が行われます。

収入や他社借入はもちろん、自宅の所有方法(持ち家か賃貸か)、居住年数、勤め先、勤務年数、保険種別などを借入申込書にさまざま書き入れますが、それを元にその方の信用力を測って、貸付限度額と貸付金利を決めているのです。

もちろん、勤務先に在籍確認も行われます。審査での信用力の評価が高い人ほど、限度額は大きくなり、金利も低くなるのです。

プロミスのローンカードの限度額が10万円になる場合?

従って、ローンカードの限度額が小さくしか取れなかった場合は、自身の金融機関に対する信用力が低いことを表しているのです。

限度額が10万円の場合、かなり信用力を小さく見られていることになります。

特に、希望借入枠を50万円と大きく申込んだにも拘わらず、10万円となる場合には、信用力がかなり欠如していると見られていることになります。

しかし、この限度額はあくまでも現時点での信用力の評価であることを認識してください。

信用力は引き上げることができ、限度額を増枠することはできるのです。

プロミスで限度額の増枠をするためには

初めて、プロミスにローンカードの申込みをされた場合、欠けている情報があります。それは、これまでプロミスで借りて返済をしていないということです。

返済実績がない方の場合には、同じ借入申込書でも信用力は大きく変わってきます。

すなわち、ローンカードを賢く利用して、一定期間、毎回遅れなく、かつ既定の返済額よりもたくさん入金している場合には、信用力は大きく上がります。

それはすなわち、限度額が大きく広げられる材料になりますし、金利も下げてもらえることになるのです。一定期間は半年以上が普通です。

それに対して、返済が短期間の遅ればかりの場合、信用力は低下してしまいます。
増枠の申込みをしても断られ、極端な場合には限度額を下げられる場合もあり得るのです。

このように、限度額が取り敢えず10万円で出たとしても、それで落胆する必要はありません。その10万円の限度額をうまく使って、利用可能額を広げることは充分にできるのです。

プロミスのローンカードを賢く使うには?

プロミスのローンカードをうまく賢く使うためには、無駄にお金を引き出さず、借りた場合には、早く返済をしてしまうことです。

それにより、常に利用限度枠を大きくとることができますし、金利や返済コストをミニマムにすることができます。

利用限度枠を大きく取れることによって、将来的に大きなチャンスができた時に、資金を用立てすることができるのです。

これがローンカードをうまく賢く使うということなのです。

プロミスのローンカードで10万円借りたら利息や返済額は?

では、プロミスのローンカードで10万円を借りた場合における利息金額や返済金額について見てみることにしましょう。

基本的に、プロミスのローンカードの返済は分割返済になっていますが、実際には一括返済も、部分返済も可能であり、出し入れ自由のフリーローンと言えます。

プロミスのローンカードの返済金額とは

プロミスの返済方式は、「残高スライド元利定額返済方式」というリボルビング方式で行われる前提になっています。

返済金額(元利合計)は、借入残高に一定率を掛けることによって決まってきます。

借入後残高 定率 返済回数目安
30万円以下 3.61% 36回以内
30万円超~100万円以下 2.53% 60回以内
100万円超 1.99% 80回以内

※ 1000円未満の端数は切り上げます。

プロミスのローンカードで10万円借りたら返済額は

従って、プロミスのローンカードで10万円を借りた場合には、最初の返済金額は、100,000円×3.61%=3,610円から、1,000円未満を切り上げますから、4,000円になります。

但し、この4,000円にこだわる必要はなく、財布にお金がたくさん入っていれば、10,000円を入金してもよいのです。

プロミスのローンカードの利息の計算方法

では、プロミスのローンカードで10万円を借りた場合の、利息はどのように計算されるのでしょうか。

利息金額は、「前回返済時借入残高×借入金利×前回返済時からの日数÷365日」となります。初めて借入をした場合には、前回返済時は借入日になります。

これは、プロミスに限らず、消費者金融会社の利息金額の計算においてはすべてこの形になっているのです。

クレジットカードなどの場合は、締め日と支払日が決められており、締め日までの日数に基づいて計算された利息を支払日に引き落としされることになります。

従って、支払日には未払いの利息があることになるのです。

プロミスのローンカードで10万円借りたら利息は

従って、プロミスのローンカードで10万円を借りた場合の利息は、金利17.8%で借りた日からの経過日数が30日間であれば、100,000円×17.8%×30日÷365日=1,463円となります。

返済金額は4,000円ですので、元本に充当されるのは、4,000円-1,463円=2,537円となるのです。

借入残高は、100,000円-2,537円=97,463円となります。

利息金額は当日までの利息ですので、この時点で、1万円入金しても、10万円入金しても利息金額そのものには差は出ません。

但し、1万円を入金しますと、借入金残高は、91,463円となりますので、次回の利息金額に差が出ます。

すなわち、次回の利息金額は、

  • 4,000円入金の場合 97,463円×17.8%×30日÷365日=1,425円
  • 10,000円入金の場合 91,463円×17.8%×30日÷365日=1,338円

となり、87円の差がでます。

プロミスのローンカードで10万円借りたら返済日は

プロミスのローンカードで10万円を借りた場合、返済期日は、ローンカードの契約した際に、5日、10日、15日、20日、25日、末日の中から自分の都合のいい日に設定することになります。

なお、三井住友銀行とジャパンネット銀行以外から銀行振込みをする場合には、5日に限定されます。

但し、ここでもプロミスのローンカードはその返済期日よりも早く入金することも自由にできます。22日後に給料が入るので、その日に返済しようというのも可能です。

その場合には、利息は、100,000円×17.8%×22日÷365日=1,072円となりますから、4,000円の入金であれば、4,000円-1,072円=2,928円が元本充当されることになります。

利息差の353円は元本に充当されるため、借入残高はその分早く減ることができるのです。

このように、プロミスのローンカードは非常に自由に柔軟に返済ができるようになっています。

プロミスのローンカードで10万円借りたら返済方法は

では、プロミスのローンカードで10万円を借りた場合の返済方法をもう少し詳しく見てみます。

プロミスのローンカードの10万円の返済方法

プロミスのローンカードで10万円を借りた場合の返済方法は、原則としては分割返済で「残高スライド元利定額返済方式」によって決まってくる一定率を借入残高に掛けた返済金額を毎月支払っていくことになります。

すなわち、10万円を借り入れた場合の毎月の返済金額は、残高によって変わってきます。
目安としては次のようになります。

借入残高 返済金額
84,000円まで 4,000円
55,000円まで 3,000円
28,000円まで 2,000円
28,000円未満 1,000円

但し、先ほども述べましたが、あくまでも返済金額は原則値であり、この金額にこだわる必要はありません。毎月1万円を入金すれば、11ヵ月後には完済ができます。

逆に、今月は出費が多かったと言う場合には、利息金額以上を入金すれば、問題ありません。
初月度であれば、1,463円の利息になりますので、2,000円を入金すれば、返済遅れとはなりません。

プロミスのローンカードで10万円は一括返済できる

プロミスのローンカードで10万円を借りた場合、当然いつでも一括返済をすることができます。

22日後の給料日に一括返済する場合には、利息金額は1,072円ですので、501,072円を入金すれば、一括完済になるのです。

プロミスのローンカードで10万円はボーナスで部分返済は?

プロミスのローンカードで10万円借りた場合、半分の5万円を2か月後のボーナスで返そうということはできます。

但し、2か月後まで入金しないという訳にはいきません。プロミスの場合、毎月の返済期日には利息金額以上の入金が不可欠です。2か月後に利息と5万円を一緒に返すというわけにはいきません。

毎月きちんと返済した上で、ボーナスで5万円を入金するようにしてください。

プロミスのローンカードの10万円の返済手段は?

プロミスのローンカードで10万円を借りた場合の返済手段は、

  • プロミスのATMに入金する方法
  • 提携ATMに入金する方法
  • 銀行振込みをする方法
  • 現金書留で送金する方法
  • 銀行口座からの自動引き落とし(口座振替)による方法
  • コンビニのマルチメディア端末を使って入金する方法
  • プロミスのスタッフのいる店舗で入金する方法

があります。

コンビニのマルチメディア端末を使って入金する場合は、無料でできます。まず、マルチメディア端末で入金額などの情報を入力してから、明細書が出ますので、それをコンビニの窓口に持っていって支払う形です。

マルチメディア端末は、ローソン、ファミリーマート、サークルケイにあります。

また、プロミスのスタッフのいる店舗は、全国で18店舗しかありませんので、大都市などの一部の方しか利用はできません。

プロミスの返済では、ATMによる入金と銀行振込みが大半を占めますので、この二つについて詳しくご説明します。

10万円の返済はATMでできる

プロミスのローンカードで10万円を借りた場合の返済は、通常はATMで行うことができます。

プロミスの店舗にあるATMに、ローンカードを入れて、あとは機械の指示に従ってお金を返済ボックスに入れるだけです。

するとしばらく計算してから明細書とカードが戻ってきます。プロミスのATMは、24時間いつでも出金、入金ともに利用可能です。

利用手数料もかかりませんし、会社か自宅の近くにあれば、楽に返済できます。

プロミスの提携ATMの種類

プロミスには、自社のATM以外に提携先のATMが使えるようになっています。プロミスの提携先は、親会社の三井住友銀行以外に、

三菱UFJ銀行、西日本シティ銀行、セブン銀行、イオン銀行、横浜銀行、東京スター銀行、第三銀行、福岡銀行、ゆうちょ銀行、親和銀行、広島銀行、八十二銀行

の銀行があり、それぞれの銀行のATMが使えます。

ゆうちょ銀行だけで2.8万台のATMがあるので便利に使えるのです。ATMの使える時間帯は、それぞれの銀行のATMの開いている時間帯になります。

また、大手のコンビニに置かれているATMも使えます。

セブンイレブン(セブン銀行)、ローソン(ローソンATMなど)、ファミリーマート(イーネットなど)、サークルケイなどの主要コンビニには提携ATMがあり、借り入れ、返済ともに利用可能です。

プロミスのローンカードで使えるコンビニの提携ATMは6万台近くあります。
コンビニの提携ATMは、現状ほとんどが24時間利用可能です。

提携ATM全体では105千台以上ありますので、まさにいつでもどこでも利用が可能になります。

プロミスの提携ATMの手数料

但し、三井住友銀行以外の提携ATMは、利用手数料が次の表のようにかかってきます。

利用金額 利用手数料
1万円以下 108円
1万円超 216円

従って、賢くローンカードを使うためには、急なお金が必要になる場合は別にして、返済などは無料のプロミスATMか三井住友銀行のATMを利用するようにしてください。

提携ATMで60回返済した場合には1万円近くの利用手数料が必要になります。
これでは賢いローンカードの使い方とは言えません。

返済などは、今ここでやらなければならないということはありませんので、職場や自宅近くの無料ATMを探して入金するようにすれば良いでしょう。

ATMの使える時間帯

プロミスのローンカードの使えるATMの稼働時間帯をまとめてみますと、

利用時間帯 使用可能ATM
24時間 プロミスATMと
コンビニ提携ATM
それぞれの個別の時間帯 銀行の提携ATM

となります。

但し、月曜日の0時から7時までは、プロミスのシステムのメンテナンスが入りますので、使用はできません。

ATMで端数処理のできる提携先は

プロミスのローンカードで10万円を借りた場合、一括返済や最終返済の場合には、1,000円未満の端数を一緒に入れる必要があります。

コンビニの提携ATMの場合には、小銭対応ができておらず、1,000円未満の端数を入金することはできません。

千円単位に切り上げて入金しなければならないため、一括返済の場合、入金し過ぎた端数の金額が出てしまいます。

これを取り戻そうとしましても、送金手数料は負担しないといけないので、戻ってくる金額は極めて小さくなりますし、逆に送金手数料の方が多いため、結局送金してもらえないことになりかねないのです。

それに対して、プロミスの提携先では、銀行ATMはほとんどが小銭対応になっています。
従って、一括返済や最終返済の場合には、直営のATMか銀行のATMで行う必要があるのです。

また、銀行の提携ATMの場合には、三井住友銀行を除いては利用手数料が必要になりますので、その分を上乗せして入金する必要がありますので、注意してください。

完済したつもりが、手数料分の残高が残っていたということもあり得ます。

10万円は銀行振込みで返済できる

プロミスのローンカードで10万円を借りた場合、銀行からの振込みでも返済はできます。
但し、銀行からの振込みの場合の送金手数料は自分持ちになります。

しかも、銀行の窓口などからの送金であれば、700円以上しますし、ATMで送金しても200円~400円程度の送金手数料が必要になります。

毎回銀行からの振込みをしますと、60回返済の場合、4万円を越える送金手数料になってしまうこともあり得るのです。

これでは賢いローンカードの使い方にはなっていませんね。

銀行振込みを無料でできる方法

但し、無料で銀行振込みによる返済のできる方法があります。

プロミスのインターネットサイトの「会員サービス」からインターネットバンキングを使って送金する方法です。

プロミスのインターネットサイトの「会員サービス」のメニューから銀行振込みを選び、振込み金額を入力し、利用銀行を選択すれば、それぞれの銀行のインターネットバンキングサイトに飛んでくれます。

そこで金額と口座を確認して、暗証番号を入れれば、銀行振込みは完了です。送金先の銀行を入力したりする手間もありませんし、自宅に居ながら返済することが可能なのです。

従って、プロミスのローンカードで10万円を借りた場合、一番のおすすめの返済方法は、この無料の「会員サービス」を利用した返済になります。

プロミスの銀行振込み返済が無料になる金融機関

このプロミスのインターネットサイトの「会員サービス」からインターネットバンキングを利用できる銀行は、

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、楽天銀行

に限られています。
プロミスの利用者では、三井住友銀行とジャパンネット銀行の利用者が多いようです。

もし、インターネットバンキングを利用していなければ、口座開設して申込をすればよいでしょう。口座開設とインターネットバンキングの利用は無料でできます。

10万円の返済は銀行口座から自動引き落としが可能

プロミスでは、銀行口座からの自動引き落とし(口座振替)による返済ができます。

銀行口座からの自動引き落とし(口座振替)は、途中からでもプロミスのインターネットサイトの「会員サービス」から申込みができるのです。

従って、10万円をプロミスのローンカードで借りた場合も自動引き落としは可能になります。

プロミスのローンカードの返済は自由度が高い

これまで、見てきましたように、プロミスのローンカードを借りた場合の返済は、非常に自由度が高いことがわかります。

自分の日常生活のリズムに合わせて、返済することができ、しかも、手数料のかからない方法もあるのです。

なるべく、多めに無料で返済して、利用可能枠をなるべく空けておくようにするのが、賢いローンカードの使い方です。

プロミスで10万円の返済が遅れた場合は?

プロミスのローンカードで10万円を借りた場合の返済で、入金が遅れた場合には、

  • 初期の遅れ(14日以内)であれば、利息以上を入金すれば、問題はない。
  • 14日を越えて遅れた場合には、ローンカードの契約が解約され、一括の返済を求められるとともに、それ以降の金利は遅延損害金として20%を要求される。

となります。

但し、初期遅れは、何回も続けますと、増枠の申込みができなくなったり、他社の借入で不利な扱いを受ける場合があります。

また、14日を越える延滞の場合には、信用情報機関に返済事故として登録されますので、他社での借入はできなくなりますし、自動車ローンや住宅ローンなども借りられなくなります。

従って、返済の遅れは極力されないように注意してください。

プロミスの返済における注意点

プロミスのローンカードの返済方法は非常に自由度が高く、柔軟です。

しかし、それだけに「利息さえ払えばいいや」となってしまう可能性があり、いつの間にか、利用可能額いっぱいまで借入が増えて、返済が苦しくなる場合も見受けられます。

それは多重債務への入り口であり、坂道を転げ落ちるように借入残高が膨らんでいってしまう可能性もあるのです。

従って、基本的に毎月の返済は、返済金額より多く入れるようにして、常に利用可能枠を大きく残しておくようにしてください。

それが、人生のチャンスに困らない方法であり、賢いローンカードの使い方です。

まとめ

プロミスのローンカードで10万円を借りた場合について、さまざまな角度からご説明しました。

プロミスの利用限度額は最初小さくても、きちんと返済することにより、信用力が高まり、増枠していくことが可能です。同時に金利も下がっていきます。

また、プロミスの返済においては、非常に多くの返済手段があるとともに、柔軟な自由に返済のできる仕組みになっています。それは、10万円の返済でも、100万円の返済でも同じです。

無料で返済のできる方法もありますので、賢く利用してください。