カードローン110番 > プロミス徹底解説!審査、無利息、即日融資、メリットをどこよりも詳しく! > プロミスのローンカード金利:プロミスで50万円借りたら利息はどれくらい?

プロミスのローンカード金利:プロミスで50万円借りたら利息はどれくらい?

プロミスのローンカードでお金を借りたら

私たちの現代生活は、急にお金が必要になるケースが多くあります。

今夜後輩たちにおごってやらないといけなくなった、先月思わず買ってしまった高いゴルフセットの引き落としが迫っている、ケガで入院してしまったなどさまざまな出来事があり、お金が必要になります。

そのような場合に備えてプロミスのローンカードを作っておいてよかったという方も多いようです。しかし、お金を借りたら返済が待っています。

返済というのは、借りたお金に利息をつけて返すことです。プロミスなどの消費者金融会社は、この利息で儲けているわけです。

プロミスのローンカードの金利は?

では、あなたは、プロミスのローンカードの金利や利息は、いくらになっているか意識したことがありますか。

プロミスの貸付金利は、4.5%から17.8%となっていますが、かなりの方は、15~17.8%の借入金利で借りています。

15%以下の金利で借りている方は全体の3割ちょっとで、残りの方は15%超の借入金利になっており、借入額も50万円未満の方なのです。

特に、初めてプロミスを利用すると言う場合には、上限の17.8%に近いところで借りている方が多く、利用限度額も低く抑えられています。

プロミスのローンカードは、利用期間が長くなり、返済も遅れなく行うことで、金利も下がり、利用限度額も大きくなっていくような仕組みになっているのです。

プロミスのローンカードの金利は他社よりも低いの?

消費者金融会社大手の貸付金利帯は、

  • プロミス 4.5%~17.8%
  • アコム  3.0%~18.0%
  • アイフル 3.0%~18.0%

となっており、下の金利はアコム、アイフルの方が低いものの、一番高い上限金利はプロミスが若干低くなっています。

ただ、消費者金融会社では10%以下の金利で借りておられる方は5%程度です。

特に一番低い金利で借りているケースはほとんどありませんので、最低金利が高いからと言って金利が高いとは言えません。

初めて借りる場合は、たいていが上限金利で借りることになるため、若干プロミスが有利と言えます。50万円の借入ですと、02%の金利差を1ヵ月の利息に直しますと、83円程度ですから、それほど大きな差とは言えません。

ただ、それでも年間1,000円程度の差になりますから、一日の夕食代が浮きますね。

消費者金融会社大手の金利比較

では、実際のどれくらいの金利帯で借り入れている方がいるのかを各社のデータからそのウエートを見てみますと、次のようになっています。

金利帯別大手消費者金融会社比較一覧 (%)

金利帯 プロミス アコム アイフル
18%超 0.2 1.6 3.2
15%超~18% 66.9 68.9 70.8
~15% 32.9 29.5 26.0

18%超の借入金利の方は、貸金業法の改正以前から借りている方で、カードの増枠などをせずにそのまま使い続けている方です。過払金請求の権利を持たれている方と言えます。

アイフルは多そうですが、保有件数が少ないため、件数そのものはアコムと変わりません。

全体のバランスを見ますと、プロミスはやはり15%以下の方のウエートが一番高く、アイフルよりも7%程度高くなっており、アコムよりも3%以上多いです。

やはり、上限金利が0.2%低いことと、銀行の100%子会社というイメージが顧客層の高さに結びついていると思われます。

従って、プロミスの金利は安いと言ってもよいでしょう。

プロミスのローンカードの利息0円とは?

プロミスに限らず、大手消費者金融会社では、3社とも初めてローンカードを作られた場合、30日間の利息無料期間が付いています。金利も30日間0%ということです。

すなわち、この期間中に借りた場合は、借入額がどれだけ多くても利息は0円ということになります。

但し、この30日間は、カードを作った日から換算して30日間であり、最初にローンカードでお金を引き出した日から30日間ではありませんので、注意が必要です。

勘違いされて、使った日から30日と思っている方も多いようです。

プロミスのローンカードを作って、15日目にお金を引き出した場合には、無料になるのは15日間ということですので、よく認識して使ってください。

プロミスのローンカードの利息の計算方法は?

プロミスのローンカードの利息計算方法は、他の大手消費者金融会社と同じで、前回返済後の借入残高×借入金利×前回返済日からの日数÷365日で計算されるのです。

初めて借りた場合は、その借りた日からの日数分の利息になります。

50万円を金利17.8%で借りて、30日後に返済した場合には、利息金額は、50万円×17.8%×30日÷365日=7,315円となります。

プロミスのローンカードの返済金額はどう決まる?

プロミスのローンカードの返済金額は、「残高スライド元利定額返済方式」というリボルビング方式によって決まってきます。

すなわち、借入残高により一定の率が決まっていて、その一定率を借入残高にかけてやることにより返済金額(元利合計)が決まるのです。

一定率については、次のように決められています。

借入後残高 定率 返済回数目安
30万円以下 3.61% 36回以内
30万円超~100万円以下 2.53% 60回以内
100万円超 1.99% 80回以内

※ 1000円未満の端数は切り上げ。

従って、50万円を借りた場合には返済金額は次のようになります。

50万円×2.53%=12,650円

となり、千円未満は切り上げますので、13,000円が返済額になります。

このうち、30日後の利息金額は先ほどの計算で7,315円となっていますので、元金に充当されるのは、

13,000円-7,315円=5,685円

となり、返済後の残高は、494,315円となるのです。

但し、カード発行当日に初めて借りた場合には、30日間は利息0円になりますので、残高は487,000になります。

プロミスのローンカードで50万円の借り入れ方法

では、プロミスのローンカードで、50万円を借り入れる方法についてご説明しましょう。

50万円を借り入れる方法としては、

  • ATMからローンカードで引き出す方法
  • インターネットの会員サービスの即フリによって自分の銀行口座に振込んでもらう方法

の二つがあります。

プロミスの金利はどう決まる?

プロミスの金利は、ローンカード発行時に利用限度額とともに説明があります。

このプロミスの金利は、ローンカードの申込み審査において、申込まれた方の信用力を測り、審査システムで利用限度額と貸付金利が決まってくるのです。

但し、この金利は永遠に続く訳ではなく、遅れなく返済を続けていますと、増枠をするごとに借入金利は下げてもらえます。

15%以下の借入金利の方も最初から15%以下ではなく、遅れなく返済していき、増枠をしていくことにより、そこまで下がっているのです。

プロミスのATMと提携ATMによる借り入れ方法

プロミスのローンカードでATMからお金を引き出す場合には、プロミスの各店舗のATMから引き出す方法と、コンビニや提携銀行の提携ATMから引き出す方法があります。

プロミスの直営のATMを使う場合には、いくら入出金の利用しても無料ですが、提携ATMの場合には、親会社である三井住友銀行のATM以外は、1万円まで108円、1万円超は216円の利用手数料が必要です。

利用手数料はその分借入残高に上乗せされます。60回提携ATMを利用しますと、1万円近くになりますので、借入残高はよく注意してみておく必要があります。

借入残高は、プロミスのインターネットサイトにある「会員サービス」で見ることができますよ。

プロミスの提携ATMは?

プロミスの直営ATMは1000台程度ですが、提携ATMは10万台を越えており、いつでもどこでも引き出したり、入金したり出来ます。
提携ATMは大手コンビニにはほとんど置かれており、提携先の銀行、特にゆうちょ銀行にもありますので、利用が可能です。

但し、提携ATMでは利用手数料を取られますので、急にお金が必要になる場合以外は、極力利用手数料のかからないプロミスのATMか、三井住友銀行のATMを利用することをおすすめします。

また、プロミスのインターネットサイトの「会員サービス」からインターネットバンキングを使って無料で返済したり、お金を引き出したりすることもできます。

プロミスのインターネットによる借り入れ

プロミスのインターネットサイトの「会員サービス」から、お金を借り入れすることができます。

自分の銀行口座を指定しておき、その口座に即日でお金が振込まれるのです。

但し、銀行の閉まる15時を過ぎますとできませんので、14時までに手続きする必要があります。

また、返済もこの「会員サービス」を使って無料でできます。ローンカードを使わなくても、借り入れ、返済ができるのです。

プロミスのローンカードで50万円借りたら

プロミスのローンカードで50万円を借り入れしますと、当然、返済が必要になります。契約における義務になりますので、忘れないようにしましょう。

この返済の方法について詳しくご説明します。

プロミスで50万円の返済方法は?

50万円の返済方法は、基本的には分割が基本になっており、返済金額は既にご説明しましたように、「残高スライド元利定額返済方式」というリボルビング方式によって決まってきます。

但し、ここでの返済金額は、必ずしもその金額にこだわる必要はなく、それよりも多く返済することもできますし、利息金額を上回って入金されていれば、問題はありません。

プロミスで50万円は分割返済できる?

プロミスのローンカードの返済は原則、分割返済であり、一括返済をする必要はありません。

しかも、非常に柔軟性の高い返済方法になっており、利息金額以上であれば、いくら入金しても問題なく、利息を越える部分については、すべて元本に充当されます。

その意味で、健全な賢いローンカードの使い方としては、より多く入金して、早く借入残高を減らして、急な出費に備えられるように利用可能枠を空けておくことが理想です。

プロミスの分割返済の返済期日は

プロミスのローンカードの分割返済をする場合、返済期日は自分で選べます。但し、期日としては、5日、15日、25日、末日から選ぶことになります。

また、三井住友銀行とジャパンネット銀行以外から銀行振込みで返済する場合には、5日に限られます。

恐らく、プロミスのインターネットサイトの「会員サービス」からインタネットバンクキングを利用して三井住友銀行とジャパンネット銀行から銀行振込みをする方がかなりのウエートを占めているためと考えられます。

「会員サービス」からの返済であれば、銀行振込み時点ですでに返済される方の会員番号が特定できているため、システム上負担は少ないのです。

しかし、それ以外の場合、会員番号を特定する必要があり、一日で集中的に行なわないと効率が悪いからと思われます。

50万円の場合の返済金額は

50万円の返済金額は、既に見ましたように、最初は13,000円からになります。利息を除いた金額については、元本に充当されますので、多く入金すればするほど、借入残高は小さくなります。

プロミスのローンカードの返済は、分割返済で返済金額が決められているとは言っても、実質的には利息金額以上での自由返済方式と変わりません。

部分返済の利息計算例

ボーナスが出たので、半分の25万円を取り敢えず返してしまおうという部分返済をすることもできるのです。

1回目の返済で25万円を返済してしまえば、利息0円が生きて、残元金は(借入残高)は25万円となり、そこから分割返済が始まるのと同じになります。

25万円の返済金額は、25万円×3.61%=9,025円となり、端数切り上げにより10,000円からの返済になります。

利息金額は、25万円×17.8%×30日÷365日=3,657円になりますので、元金充当額は、10,000円-3,657円=6,343円になります。

50万円を借りたつもりで、毎月13,000円返済していけば、2年以内に完済になるのです。

プロミスのローンカードを賢く借りるためには、急な出費に備えて、なるべく利用可能枠を大きくとっておくことです。

そのためには、なるべく返済金額は大きく入れて、借入残高を減らし、利用可能枠を早く大きくしていくことが必要になります。

今後の利息金額一覧はシミュレーションできるの?

プロミスの今後の利息金額については、一覧にはなりませんが、シミュレーションはインターネットサイトの「会員サービス」で行うことができます。

今月の支払うべき利息金額もわかりますし、今後の利息金額を返済金額によってシミュレートすることができるので便利です。ぜひ、うまく使って賢くローンカードを生かしてください。

プロミスの最低返済額とは?

プロミスのローンカードの最低返済額は、表面上は月々の返済金額のことを言っています。

しかし、実際には、月々の返済金額よりも少なくても、利息金額を上回って返済していれば、遅れとはなりません。

すなわち、50万円であれば、返済期日まで30日の場合には、利息金額は7,315円ですので、切り上げて8,000円を入金すれば、遅れにはなりません。

貸金業法では、一定期間に返済が終わるように返済を行われるように設定することが消費者金融会社に求めており、返済金額はそのための措置で、返済遅れとは別の考え方になっています。

これは、昔からの消費者金融会社の基本的なスタンスであり、月々の返済設定額は各社で差がありますが、実質な運用としては以前と変わっていません。

従って、最低返済額は、利息金額以上と考えておけばよいのです。今月は、出費が多くて、家計がピンチというのであれば、利息金額だけを入れておけばよいわけです。

但し、プロミスのローンカードを賢く使うためには、極力利用可能枠を大きくとれるようにしておくことが必要です。

そのためには、なるべく返済金額よりも多く入金して、借入残高を少しでも広げる努力が必要になります。
それによって、支払う利息金額も総額では小さくできます。

ボーナスでたくさん返してもいい?

プロミスでは、既に見たように、50万円借りて、ボーナスの余裕資金をたくさん入金することは可能です。できれば、一括返済できれば一番良いと思います。

但し、クレジットカードのボーナスでの一括返済のように、支払はボーナス月だけということはできません。あくまでも、月々の返済は利息金額以上を入金した上で、残元金をボーナスで返済するイメージになります。

ボーナスで返済するから、月々の返済をしなくていいやと思っていますと、督促が来て、返済事故扱いで、ボーナスよりも前に一括返済を求められることになってしまいます。

プロミスのローンカードで50万円借り入れた時の利息金額は?

プロミスのローンカードで50万円を借り入れた場合の利息金額を具体的に見ておきましょう。利息金額は、「残元金×借入金利×前回返済日からの日数÷365日」で計算されます。

初回の返済の時の利息金額

プロミスのローンカードで、6月1日で50万円を借入金利18%で借り入れした場合を見てみます。50万円ですから、返済金額は13,000円に設定されています。

なお、利息0円の期間は適用できないものとしての試算です。

返済期日を25日の給料日に設定した場合には、25日の利息金額は、500,000円×17.8%×24日÷365日=5,852円となります。

従って、元本充当額は、13,000円-5,852円=7,148円になり、返済後の借入残高は、492,852円となります。

2回目以降の返済の時の利息

次に、2回目以降の返済時の利息金額についても見ておきます。2回目の返済日は7月25日になりますので、その間の日数は30日になります。

従って、利息金額は、残元金492,852円×17.8%×30日÷365日=7,210円となります。日数が多いので、利息金額は6月よりも多くなっているのです。

返済金額は、残元金492,852円×2.53%=12,469円ですので、やはり13,000円になります。

従って、元金充当額は、13,000円-7,210円=5,790円となり、返済後の借入残高は、487,062となります。

この計算が最終返済まで続くことになります。

但し、一定率は30万円を切りますと、2.53%が3.61%に上がる点には注意してください。また、返済金額もいつまでも13,000円ではなく、474,308円を切りますと、12,000に下がります。

従って、返済金額は残高が小さくなるにつれて小さくなりますが、枠をどんどん広げていくためには、13,000円以上を毎月入れるようにするようにしてください。

プロミスの利息金額の確認方法は?

プロミスの毎月の支払日における利息金額の確認は、インターネットサイトの「会員サービス」から見ることができます。

利息金額や借入残高を確認することは、プロミスのローンカードを賢く使うためには、ぜひやっていただく必要があります。
今、どれだけの利用可能枠があるのか、どれだけ利息を払っているのかを知ることは、節約意識を高めてくれますので、ぜひ行ってください。

一括返済の時の利息金額

プロミスのローンカードでは、一括返済でも初回の分割返済でも、利息金額は7,315円で同じになります。

但し、ボーナスが6月10日に出たため、10日に一括返済する場合には、
利息金額 500,000円×17.8%×9日÷365日=2,194円
で済みます。
すなわち、利用料無料の直営ATMで返済する場合には、502,194円を入金すれば、完済になるのです。

但し、ゆうちょ銀行などの銀行の提携ATMの場合には、利用手数料216円を上乗せして、502,410円を入金する必要がありますので、注意してください。
完済したと思っていても、実際には216円の残高が残っている場合があります。

また、一括返済や最終返済の際には、コンビニのATMは使わないようにしてください。
コンビニのATMは、小銭対応ができないために、千円単位での入金しかできないためです。

返金で送金してもらう場合には、送金手数料が必要になるため、端数返金額が少なくなったり、逆にマイナスになるため、送ってもらえないということになります。

従って、一括返済と最終返済の場合には、直営ATMか、三井住友銀行の提携ATMを使うか、インターネットの「会員サービス」から無料の銀行振込みによって行うようにしてください。

プロミスで50万円借りて最終的に総利息金額と返済総額はどれくらい?

プロミスのローンカードで50万円を金利17.8%で毎月13,000円を返済する場合には、57回の返済で利息総額はなんと240,337円になります。

実際の返済金額で返した場合には、さらに大きな金額になるのです。

しかし、毎月2万円の返済の場合には、31回の返済で126,912円と半分近くまで利息金額は減り、2年以上前に利用可能額は50万円に戻ります。

たくさん入金をすることにより、プロミスのローンカードを賢く使うことができるのです。

プロミスのローンカードで分割返済の時は何カ月で返すの?

プロミスのローンカードの分割返済の約定返済額では、30万円以下の場合は36回以内、100万円以下は60回以内、100万円超の場合は80回以内で返済することになります。

但し、実質は自由返済方式ですから、返済金額よりも多く入れれば、それだけ返済回数は少なくて済みます。

プロミスのローンカードで50万円借りて遅れた時の金利は

プロミスのローンカードで50万円を借りて、返済が遅れた場合の金利は、遅れ日数により変わってきます。

プロミスに限らず、消費者金融会社の場合には、一定期日を過ぎても返済が行われない場合には、ローンカードの契約は解約され、一括での返済を求められます。

すなわち、ローンカードは使えなくなり、その期日を境として借入金利は、遅延利率として20.0%(実質年率)を請求されることになるのです。

プロミスは一定期日について明らかにしていませんが、サイトの応答集を見ますと、返済期日よりも14日以内での入金遅れには寛容な姿勢を示しています。すなわち、14日を越えた場合には、一定期日を過ぎ、解約になるということです。

従って、返済期日より14日以内の返済が行われた場合には正常な状態に戻れます。ローンカードによる出金も従来通りの金利でできます。

但し、この14日以内の遅れを繰り返しますと、増枠の申込みや他社での借入申込において、希望枠がもらえず、金利も下げてくれないなど、不利な扱いを受けることがありますので、注意してください。

14日を越えて返済が遅れた場合

また、14日を越えて返済を行いませんと、事故扱いとして信用情報機関に登録され、他社でもカードによる出金が止められますし、新たな申込みは断られます。

金利はその日以降については遅延利率として20.0%(実質年率)になり、一括返済を求められます。

さらに、自動車ローンや住宅ローンも断られることになりますので、極力14日以内には返済をするようにしてください。

もし、事情がある場合には、プロミスコールに電話をかけて状況を話し、期日の延長や返済方法の変更などを相談してみてください。

プロミスコールの電話番号は、0120-24-0365です。フリーコールで通話料は無料ですから、多少長く待っても大丈夫です。

プロミスのローンカードを賢く使うには

プロミスのローンカードを賢く使うためには、既に述べましたように、極力利用可能枠を大きく確保しておき、極力借入コストを下げることです。

急に大きな資金が必要になり、50万円を借りたとしても、なるべく毎月の返済額を多く入れて、早く利用可能枠を回復させるようにしてください。

遅れにならないからと言って、利息金額分だけの入金を繰り返していますと、利用可能枠はないままで、いざお金が必要と言う場合に、借り入れすることができない状況になってしまいます。

人生のチャンスはどこに転がっているかわかりません。そのチャンスをものにするためには、いつでも使える資金枠を持っておくことが一番重要です。

まとめ

プロミスのローンカードの金利と、それに伴う利息金額、返済について50万円の借り入れのケースでご説明しました。

プロミスのローンカードの金利帯は、大手他社のアコムやアイフルに比べますと、若干低くなっています。
上限金利も0.2%と僅かですが、低くなっており、有利なローンカードと言えるでしょう。

但し、お金を借りるということは返済義務があるということであり、なるべく、多めに返済をして、利用可能枠を空けて、賢く使うようにしてください。