アコムとプロミスの違いを徹底解説!金利や審査基準の違いとは

サイトマップ
カードローン110番 > プロミス徹底解説!審査、無利息、即日融資、メリットをどこよりも詳しく! > アコムとプロミスの違いを徹底解説!金利や審査基準の違いとは

アコムとプロミスの違いを徹底解説!金利や審査基準の違いとは

TVCMでも見かけることの多いプロミスとアコムですが、お互い即日融資に対応しており、30日間の無利息サービスを設けているなど同じようなサービスのように感じますよね。

金利やサービスも似ているからどっちがいいかわからない!という方も少なくありません。

しかしながら両社のサービスにはいくつかの違いがあり、審査通過率や在籍確認の対応等に差があります。

ここではアコムとプロミスの違いについてわかりやすく説明しているので、ぜひ参考にしてください。

アコムとプロミスのスペック比較

  アコム プロミス
実質年率 3.0-18.0% 4.5-17.8%
借入限度額 800万円 500万円
審査時間 最短30分 最短30分
融資までの時間 最短即日融資 最短1時間融資
無利息期間 契約日から30日間 初回借入日から30日間
延滞損害金 20.0% 20.0%(実質年率)
保証人・担保 不要 不要
アルバイト・パート
専業主婦 × ×

借り入れまでの時間を比較

急な冠婚葬祭でお金が足りない!

今日中にお金を工面したい!という方にとってアコムやプロミスといった消費者金融は魅力的なサービスと言えるでしょう。

審査時間も短く、申し込んだその日のうちに借りられるサービスは多くの方から支持されています。

加えて自動契約機を利用すれば土日に融資を受けられるので、休みの日に出費が重なった時も安心です。両社の融資スピードについて比較していきましょう。

審査時間はお互い最短30分

カードローンでお金を借りるまでの流れは「申し込み→審査→契約→借り入れ」となっています。

アコム、プロミスの両社では申し込みから審査完了まで最短30分としており、21時までなら即日で回答可能です(※審査の混雑具合や審査状況によっては審査回答が翌日以降になる場合もあります)。

審査結果の連絡は「メール」か「電話」から選べるので、ご自身の希望にあった方法を選びましょう。

審査に無事通過すれば契約手続きとなります。

自動契約機or郵送にて契約ができるので、今日中に利用したい方は契約機での受け取りを選択してくださいね。

カードが発行されれば、その場で現金を引き出せますし、契約機内に設置してあるATMならATM手数料無料で使えます。

ただしコンビニATMを使う場合はATM手数料がかかるので、気になる方は契約機に設置してあるATMを活用しましょう。

融資までの時間を明記しているのはプロミスだけ

申し込みから借り入れまでの時間を明記しているのはプロミスだけです。最短1時間融資というスピードは魅力的ですよね。

最短1時間でお金を借りるためにはWEB申し込み(フル入力でお申し込み)→WEB契約→振込融資という手順を踏まないといけません。

自動契約機を使った契約の場合はアコムもプロミスも大差がないので、融資速度という観点で考えれば同じくらいのスピードと考えて問題ないと言えるでしょう。

振込融資を希望する際は平日の14時までに申し込む必要があるので、時間に余裕を持って準備してくださいね。

プロミスの詳細はコチラ >>

毎月の利息を比較

続いてカードローンの金利を比較していきます。金利はアコムが「3.0-18.0%」、プロミスが「4.5-17.8%」です。

カードローンの金利は下限金利ではなく上限金利で比較する方が良いでのプロミスの方が若干ではありますが、お得となります。

なぜ上限金利で比較するのかというと最初のうちから高額融資を受けられる可能性が低いからです。

特にアコムやプロミスといった消費者金融の場合は初回から50万円の融資を超えることはほとんどありません。

利息制限法によって100万円を超えれば上限金利が15.0%に引き下がりますが、それ以下の場合は18.0%が上限となります。

そのため上限金利付近が適用されやすくなっているのです。カードローンの金利を比較する際は上限金利で比較するようにしてくださいね。

無利息期間の大きな違い

アコムもプロミスも初めて利用する方を対象に無利息期間を設けています。

プロミスの場合は「初回借り入れ日から30日間無利息」、アコムの場合は「契約日から30日間無利息」です。

同じ30日間無利息ですが、スタートする日が初回借り入れ日と契約日のため多少の誤差が考えられます。

例えばカード発行を郵送にした場合、契約が終わってからカードを受け取るのに3日間かかれば無利息期間が3日間終わってしまうということです。

そのため無利息期間で見ればプロミスの方が優遇されていると言えるでしょう。

しかしながらアコムの無人契約機は全国各地に設置されており、契約日と借入日が異なるケースはほとんどありません。

事前に申し込みを済ませておきたいという方にはプロミスがオススメですが、カードが出来たらすぐに借りたい!という方は気にしなくても大丈夫です。

無利息サービスを受けるためには両社手続きが必要

アコムの無利息サービスは返済方式を35日ごとにする必要があります。それ以外の方式を選ぶと適用されないので注意してください。

プロミスの場合はメールアドレスの登録とWeb明細の利用により無利息期間が適用されます。

プロミスはWeb明細を利用しないとプロミスATM以外の提携ATMを利用した場合、自宅に郵便物が届くので家族にカードローンの利用がばれてしまうかもしれません。

入出金金額や利用残高等が記載された明細書が送られてくるので、ごまかすことは難しいでしょう。内緒でキャッシングしたいという方はWeb明細の利用もしくはアコムの利用をおすすめします。

アコムの詳細はコチラ >>

貸金業者はお金を融資することで利益を得ています。その一方で不払いや債務整理等が行われれば回収できないお金となってしまうのです。

確実に返済してくれるというユーザーはもちろんですが、派遣社員やアルバイトなど非正規雇用の方にも積極的に融資しているので、審査が不安という方に是非お勧めしたいカードローンといえますね。

保証業務を行っているので取り扱っているデータは膨大

ちなみにアコムやプロミスは大手銀行の保証業務も行っており、貸金業に関わる多くの会社と提携しています。

大手でピックアップすればアコムは三菱東京UFJ銀行カードローンの保証会社、SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)は三井住友銀行カードローンの保証会社を務めているといった具合です。

遅延損害金による収益化もありますが、データ収集という観点からも価値のある業務といえるでしょう。

消費者金融が管理しているデータも膨大ですので、自社で融資を行う際は独自のデータをもとに貸し倒れしにくいユーザーに対して融資を行っています。

審査に必ず落ちる人の特徴

アコムやプロミスは消費者金融なので総量規制の影響を受けます。

総量規制とは年収の1/3以上の融資を行ってはいけないという借り入れ制限です。

銀行カードローンや住宅ローンなどの金融商品は総量規制対象外ですが、クレジットカードのキャッシング枠や消費者金融からの借り入れは対象となります。

この総量規制に到達している方は審査に落ちるので自分自身の借入残高に注意しておきましょう。

借りすぎは金融機関にとっても利用者にとってもデメリットしかありません。借りすぎや自己破産を防ぐためにも大切な規制なんですよ。

ちなみにアコムの借り換え専用ローンやプロミスのおまとめローンは総量規制の例外扱いになるので年収の1/3以上でも借りられる可能性があります。

これらは返済専用となっており、定められた返済期間で毎月同じ金額を返済していくという方式を採用しています。

金融事故の経験者や借入件数が多い方も審査に落ちる

この他にも過去に金融事故(長期延滞、不払い、債務整理、任意整理、自己破産等)の経験がある方は審査に落ちます。

金融機関にとって貸したお金を回収できないことが一番のリスクなので、過去にそのような経験がある方は信用できないというわけですね。

また借入件数が5件以上ある方も審査に落ちる可能性が高いです。

借入額が高額でも借入件数が少なければ審査に通る可能性がありますが、借入件数が多い方は審査に通りにくくなっています。

在籍確認に関しては柔軟に対応してくれる

カードローンの審査において在籍確認は必須項目です。電話連絡なしで借りられるのは専業主婦の方くらいでしょう。

在籍確認が行われるのは申込者が本当に勤めているかどうかがポイントとなります。そのためカードローンによっては在籍が証明できる書類を提出すれば対応してくれるというわけです。

アコムは社会保険証や給料明細書、源泉徴収票等が提出できれば問題ありません。

一方プロミスは書類による対応可能という返答はなく、申込者に合わせて柔軟に対応となっています。

在籍確認自体は職場にばれない配慮をしてくれますが、少人数のオフィスで働く方や個人宛に電話がかかってこない職場で働いている場合は気付かれる可能性がないとは言えません。

誰にも気づかれないようにキャッシングしたい方は申込完了後にコールセンターへ相談してみることをおすすめします。

ちなみに派遣社員の方は派遣先に在籍確認が行われるので、派遣先の担当者に「在籍確認の連絡があるかもしれません」と伝えておけば大丈夫です。

クレジットカードを作った等の理由を伝えておけば怪しまれることはないでしょう。

在籍確認のオペレーターは女性がいい!という方やその他の要望に関しても両社なら柔軟に対応してくれます。休暇で電話に出られなくても問題ありません。

ただ長期休暇や育児休暇のように実際に勤めているわけではない時は審査に落ちるので注意してくださいね。

アコムとプロミスどっちがいいの?

アコムもプロミスも多くの魅力があり、2社の違いは無利息期間や上限金利、審査通過率等の違いです。

審査時間や融資までの時間は大差ないので、あとは好みの問題となります。

先ほど説明した「必ず審査に落ちる人」に該当しなければアコムを選んだ方が融資を受けられる可能性が高くなります。

即日融資に対応しており、最短1時間程度で借りられるので上手に活用してお金のやりくりに役立ててくださいね。

プロミスの詳細はコチラ >>