キャッシングの在籍確認は怖くない?回避する方法も

サイトマップ
カードローン110番 > キャッシングお役立ち情報 > キャッシングの在籍確認は怖くない?回避する方法も

キャッシングの在籍確認は怖くない?回避する方法も

キャッシングの審査で多くの方が不安に思っているのが、勤務先への在籍確認です。

在籍確認の方法は、主に電話です。

金融機関が申込者の勤務先に電話をかけて、申込人がきちんと勤務しているか確認します。

キャッシングの申込は自己申告ですから、収入証明書なしの審査では、申込人が嘘を付いて申込んでしまう可能性があります。

しかし、会社に所属していることが確認できれば、その会社の規模や本人の役職などから、大体の年収を推定することができます。自己申告の年収と推定年収にそれほど差がなければ、虚偽申告の可能性は低く、安心して審査することができます。

特に消費者金融は、貸金業法により無収入者には貸付できないことになっているので(専業主婦は条件付で貸付OK)、収入源(勤務先)があること、つまり在籍確認をきちんと行えることが、審査において非常に重要になるのです。

プロミスの詳細はコチラ >>

在籍確認が心配要らない理由とは?

そうは言っても、職場にキャッシングの電話がかかってくるのは不安なものです。

「消費者金融を利用することがバレたら、なんて思われるだろう」との思いから、キャッシングを躊躇(ためら)う方もいるでしょう。しかし、消費者金融が電話をかける時は、会社名ではなく担当者の個人名で電話をかけます。

銀行はともかく、消費者金融はその会社名を名乗るだけで「借金をする」ということが分かってしまいますので、プライバシーの観点から、基本的に社名は伏せて電話をかけます。

ですので、申込人以外が電話に出ても、キャッシングの審査であるとは分かりません。

たとえば、「○○という者ですが、××様はおいででしょうか?」と伝え、「おります」と言われれば電話を繋いでもらいますし、「本日は不在です」「現在外に出ております」などの返事であれば、普段は在籍しているものと見なして、在籍確認は終了します。

「どのようなご用件でしょうか?」と聞かれた場合は、「ご本人様にお伝えしたいことがありまして」と応じて、用件を話すことはありません。

「私用の電話はお断りしております」と断られれば、「それでは結構でございます。

失礼いたしました」と、自然な形で電話を切ります。アルバイト先でも同様です。

ただし、金融会社によっては本人が取り次がなくてはならない場合もあります。特に銀行カードローンは慎重に審査を行います。

銀行の場合、個人名ではなく会社名を名乗るケースが多いですが、銀行は社会的地位が高いですし、自動車ローンの審査などでよく電話がかかってきますので、職場の人に知られてもあまり気にされないと思われます。

もちろん、契約内容を第三者に教えることはありませんので、カードローンの審査であるとは分かりません。

電話を引き継ぎした人物によっては、本人もキャッシングを利用した経験がある等の理由で、(今の電話はキャッシングかも)と推測される可能性はありますが、あくまで推測に過ぎません。

人前で「キャッシング?」などと聞いてくる無神経な人はいませんし、いたとしても否定すれば済むだけですから、それほど不安に思う必要はないでしょう。

アコムの詳細はコチラ >>

事前に打ち合わせできる

キャッシングの審査は、一般的に仮審査、本人確認、在籍確認、本審査という流れになります。

本人確認の際に在籍確認の許可を取ってから、勤務先に電話をかけることが一般的ですので、在籍確認に不安がある方は、その際に相談してみましょう。

消費者金融によっては、申込人の希望に沿った人物の名前を名乗ることもできます(社会通念上好ましい行為ではありませんので、断られる場合もあります)。

可能な場合は、家族や取引先の担当者の名前を名乗るように依頼するのもありでしょう。

金融会社が希望に応えてくれるか分からない場合は、コールセンターに電話をかけて、最初に在籍確認の不安を伝えましょう。

金融会社が要望に応えられるという場合は、そのまま審査を行います。

要望に応えられない金融会社の場合、申し込んだ後でキャンセルすることもできますが、その場合は申込履歴が付いてしまいます。

申込履歴が多くなると、他のキャッシングの審査を受ける時に不利になる可能性がありますので、コールセンターに確認する方が無難です。

返済が遅れた場合職場に電話する?

貸金業法では、取り立ての際に、第三者に借入に関する事実を明らかにしてはならないと定めていますので、返済に遅れたからといってすぐに職場に電話することはありません。

電話したとしても、最初は個人名で取り次ぎを依頼することとなります。

本人とどうしても連絡が付かない場合などは、止むを得ず職場に事情を話すことはありますが、あくまで例外です。

特に大手消費者金融はプライバシー保護に厳しいですので、契約者が金融機関ときちんとコミュニケーションを取っている限りは、職場に連絡が行くことはありません。

プロミスの詳細はコチラ >>

在籍確認自体が無いカードローンは?

カードローンによっては、勤務先には一切電話をかけないというスタイルもあります。

たとえば、SMBCモビットの「WEB完結」です。WEB完結は、三菱東京UFJ銀行または三井住友銀行の口座を指定口座にできる方で、社会保険証(組合保険証)と収入証明書類の提出が必要となります。

自宅にも会社にも電話がかかってこないので、身バレの心配が一切なくて安心です。WEB完結ではカードレスを選択でき、郵送物もありません。

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

アコムでは性別等を相談できる

WEB完結の条件に合致しない方は、アコムのカードローンを利用するとよいでしょう。

アコムは在籍確認を電話で行いますが、本人確認の後で行われるので、在籍確認の日時を指定するなど、打ち合わせすることができます。

勤務先の電話番号が複数あるという場合は、自分の繋がりやすい方を指定することができます。

自分の希望する会社名を名乗ってもらうことはできず、アコムの所属している三菱UFJフィナンシャル・グループの名前を名乗ることもできませんが、担当者の個人名で電話をかけることができますし、本人不在でも問題ありません。

担当者の性別を指定することは可能ですので、異性から電話がかかってくると誤解される可能性があるという方は、同性の方にお願いしましょう。


プロミスの詳細はコチラ >>

アコムの詳細はコチラ >>

SMBCモビットの詳細はコチラ >>