カードローン110番 > SMBCモビットのキャッシングは即日でできる! > SMBCモビットでできること・場所・使い方は?

SMBCモビットでできること・場所・使い方は?

【目 次】
  1. SMBCモビットのATMとは?
  2. SMBCモビットの提携ATMの場所と使い方は?
  3. ATM以外の利用法はどんなものがある?
  4. SMBCモビットのATMまとめ

SMBCモビットを利用する際、ATMでできることをご説明します。

消費者金融でやることは「申込「契約」「借入」「返済」の主に四種類ですが、それぞれ複数の方法があるため混同してしまうことがあります。

混同してしまう人は、申込と契約はSMBCモビットのローン申込機、借入と返済は提携ATMと決めてしまうとすっきりします。

今回は、ATMでどういったことができるのか、やり方はどうすればよいのか、初めてSMBCモビットを利用する人が気になる点についてお伝えします。

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

SMBCモビットのATMとは?

SMBCモビットにおけるATM利用の概要についてご説明します。

そもそもSMBCモビット自体にはATMはなく、「SMBCモビットのATM=モビットカードの使える金融機関のATM」である点には注意しましょう。

SMBCモビットの使える「提携ATM」

プロミスやアコムなどは自社ATMを持っていますが、SMBCモビットは自社の専用ATMを持っていません。

しかし、全国約13万台(2017年6月時点)もモビットカードを使用できる提携ATMがあります。銀行ATMやコンビニATMです。

したがって、少なくとも日本国内であれば「モビットカードが使えない土地に来てしまった!」ということはほとんどないはずです。

ATMで借入と返済ができます

銀行のキャッシュカードをATMに入れると、自分の銀行口座から入出金や振込などの手続きを行うことができます。モビットカードでも、できることはほぼ同じです。

自分の銀行口座ではなく、SMBCモビットで作った借入用のアカウントではありますが、お金の借入や返済などの各種手続きが可能です。

ただATMを使っているだけですから、傍目にはお金を借りているようには見えません。知り合いに見られたとしても、SMBCモビットを利用しているとは知られないはずです。周りの目を気にしなくてよいというのはいいですよね。

返済の詳細については、「SMBCモビットの返済について徹底検証!返済方法や返済額、返済日に悩む前に必読です」で解説しています。

注意!SMBCモビットの使える銀行・使えない銀行・コンビニ

日本中にあるすべてのATMでSMBCモビットが使えるわけではありません。

モビットカードの使用できるATMがどこなのか知りたければ、以下のページにアクセスしてチェックしてください。

参考:SMBCモビットの提携ATM一覧

三井住友銀行や三菱UFJ銀行といったメガバンクをはじめ、コンビニやゆうちょ銀行、各地域の地銀など多くのATMでモビットカードを使えることが分かります。

ただし、みずほ銀行やりそな銀行のような全国規模の銀行でも、モビットカードを使えないところはありますので注意しましょう。

三井住友銀行とセブン銀行は特別!

モビットカードを利用できる銀行の中でも、三井住友銀行とセブン銀行は特に便利に使えることは知っておきましょう。

まず三井住友銀行ですが、ATMの利用手数料が必ず無料になります。

はっきり言って、三井住友銀行の普通預金口座を持っている人が消費者金融からお金を借りるのであれば、ATMを無料で利用できるという一点だけでSMBCモビットに決めてもよいくらいのメリットです。

また、SMBCモビットが三井住友銀行グループの会社に属することもあって、三井住友銀行店舗内のローン申込機でSMBCモビットの新規申込やカード発行などの手続きをできるのもありがたいですね。

特に、近くにSMBCモビットがないという人にとっては重宝するかもしれません。

次にセブン銀行ですが、スマホのアプリから入出金を予約し、セブン銀行ATMで実際の手続きをすることができます。モビットカードがなくても借入・返済ができるということです。

別にセブン銀行の口座がなくても、セブン銀行(セブンイレブン)のATMが使えればこの機能は使えますよ。

セブン銀行の取引はSMBCモビットアプリでも可能です。詳細については、「SMBCモビット公式アプリを活用!ダウンロード方法、必要書類の提出方法をお教えします」でまとめています。

カード受け取りはATMではありません

SMBCモビットにはATMはありませんが、ローン契約機というのがあります。

その名の通り、申込から契約までできる機械なのですが、モビットカードの受け取りはこちらのローン契約機で行います。

ローン契約機は(外見はATMのようですが)お金の借り入れや返済はできません。モビットカードの受け取りはできます。

ATMでは、モビットカードの受け取りはできません。お金の借り入れや返済はできます。

初めて消費者金融を利用する人がうっかりしがちなところなので、一応ご注意ください。

SMBCモビットカードについては、「モビットカードの申込方法やメリット、デメリットについて詳細に解説!」で詳細に解説しています。

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

SMBCモビットの提携ATMの場所と使い方は?

気になる提携ATMの場所や使い方についてご説明します。

提携ATMの探し方

提携ATMは、前述の通り全国に約13万台(2017年6月時点)も設置されています。

コンビニさえあれば、日本のどこでも借入や返済ができてしまうのですが、具体的な場所は以下のページから検索できます。

参考:SMBCモビットの提携ATM一覧

こちらのページから、いずれかロゴをクリックして店舗を検索します。

モビットカードを入れて利用

提携ATMについたら、必ずモビットカードを入れてくださいね! 自分の銀行口座のキャッシュカードを入れても、お金を借りることはできません。

操作方法は銀行ATMとほぼ一緒

操作方法は、他の銀行とほとんど同じです。

銀行のキャッシュカードでお金を引き出したことのある人なら、画面の指示に従うだけで難なく取引できるでしょう。

初めての人でも、暗証番号さえ覚えておけば(あるいはメモしておけば)問題なく使えます。

使ったことがなくても、心配しなくて大丈夫ですよ。

手数料がかかるので注意

ほとんどのATMでは、ATM利用手数料がかかります。1万円以下の取引だと100円+税、1万円超で200円+税です。

一回当たりの金額は小さいように思えても、何度も利用していると手数料が膨らんできます。手数料を抑えるためにも、あまり少額のお金をこまめに引き出すような使い方は避けた方がよいかもしれません。

詳細については、「SMBCモビットの借り入れ方法は?1,000円単位でも借り入れできる?」で解説しています。

利用手数料無料になるATMの使い方

利用手数料が無料になるのは、三井住友銀行のATMです。

SMBCモビットが三井住友銀行グループの会社なのもあって、無料で使えます。

他にも、コンビニに設置されているマルチメディア端末を利用するのもよいでしょう。

厳密にはATMではないのですが、入金(返済)だけ操作可能です。

レジで精算するための申込券を使って、レジで支払いを行うと手数料無料で返済できる仕組みです。

SMBCモビットで利用可能なのは、ローソン・ミニストップの「Loppi」とファミリーマートの「Famiポート」です。24時間利用可能となっています。

こちらは、あくまで返済だけの利用です。また、返済のときに他人と話をしたくないということであれば、マルチメディア端末以外の方法で返済してください。

利用明細書・領収書の発行方法に注意!

利用明細書や領収書の発行タイミングについては注意しましょう。

提携ATMで取引を行うと、必ず利用明細書(ご利用明細)および領収書が発行されます。

メガバンクやコンビニ、一部地銀のATMでは、その場でそれらの紙を受け取れるのですが、ゆうちょ銀行や地銀のATMを利用すると、後日利用明細書や領収書が自宅へ郵送されます。

SMBCモビットの書類を絶対自宅へ郵送してほしくない! そんな方は、以下のページを参考に利用する金融機関を選んでください。

参考:利用明細が郵送されるATM・されないATM

ATM以外の利用法はどんなものがある?

ATMでできることとできないことを、もう少し詳しくご紹介します。また、ATM以外の利用方法についてもお伝えします。

申込はATMではできません

ATMは、あくまで借入と返済の二つを行うための機械です。申込はできません。

申込方法は以下の五つです。

  • インターネット(パソコン・スマホ・ケータイ)
  • SMBCモビットのローン申込機 ※自動契約機とも呼びます
  • 三井住友銀行のローン契約機
  • 電話
  • 郵送

ATMは含まれません。

契約もATMではできません

当然、契約もATMではできません。あくまで、ATMはお金のやり取りをする場所なんですね。契約も、申込と同じく五つの方法があります。

ATM以外の借入方法とは?

提携ATMでモビットカードを使って借入をする以外に、振込キャッシングという方法もあります。

これは、SMBCモビットに依頼して、自分の銀行口座にお金を振り込んでもらうやり方です。

SMBCモビットの会員専用サービス(マイページ)Myモビか、電話で依頼することができます。

「カードローン」と言いつつ、SMBCモビットではカードを使わずにお金を借りる方法もあるということです。

ATM以外の返済方法とは?

返済方法については、提携ATM以外にも口座振替・銀行振込があります。

口座振替は、事前に指定しておいた自分の銀行口座から、返済日に返済額を引き落としてもらう方法です。

自分で返済しなくてよいので、絶対に返済を忘れることがありません。その代わり、自分のペースで返せるときにたくさん返しておくことができないのはネックです。

銀行振込は、SMBCモビットの指定する預金口座へ返済額を振り込む方法です。

あまり提携ATMを使ったときと変わらないやり方ですが、銀行振込の場合はネットバンキングを利用した返済が可能。SMBCモビットではインターネット返済ができないので、ネットで返済したい人は銀行振込を選ぶとよいでしょう。

返済方法についての詳細は、「SMBCモビットの返済方法・返済日・返済額・遅れたときの対応まとめ」でまとめています。

SMBCモビットのATMまとめ

SMBCモビットの詳細はコチラ >>