カードローン110番 > SMBCモビットのキャッシングは即日でできる! > SMBCモビットのローンカード:提携ATMとその手数料は?

SMBCモビットのローンカード:提携ATMとその手数料は?

SMBCモビットのローンカードは将来のチャンスを生かせる

私たちの生きている社会は、不確実性の時代であり、いつどのようなリスクが襲ってくるかわかりません。また、逆にどんなチャンスが巡ってくるかもわかりません。

このような時代に備えてテレビCMでは生命保険や損害保険の広告が盛んに行われているのです。

しかし、リスクは回避できてもチャンスをどのように生かすかは、いざという時にお金を準備できているかどうかにかかっている場合が少なくありません。

もし、独立して商売のできるチャンスが巡ってくれば、あなたはどうしますか。

そのような時に頼もしい味方になってくれるのが、SMBCモビットのローンカードなのです。簡単にその日のうちにお金を用意できるため、もし急にチャンスが巡ってきてもすぐにつかむことができます。

チャンスは二度と巡ってこないかもしれません。しっかりとチャンスをつかめるように今から準備をして、SMBCモビットのローンカードを準備しておきましょう。

SMBCモビットのローンカードでお金を借りるには

SMBCモビットのローンカードでお金を借りるには、当然、そのカードの申込みが必要です。

SMBCモビットのローンカードの申込み方法と実際にお金を借りた場合についてご説明しましょう。

SMBCモビットのローンカードの融資条件

SMBCモビットの融資条件は次のようになっています。

  • 借入限度額  800万円まで
  • 実質年率 3.0%~18.0%
  • 返済期間 最終借入後原則最長8年10ヶ月・最大1~106回
  • 返済方法 分割返済

但し、ここで表示されているのは、あくまで融資条件の範囲であり、最初から800万円の借入枠や3%の融資金利で借りられる訳ではありません。

借入限度額は、貸金業法の総量規制によって、他社も含めて年収の1/3までであり、年収が450万円の場合には、他社の借入も含めて150万円が限度です。

SMBCモビットのローンカードの申込み方法

SMBCモビットのローンカードには、いくつもの申込み方法があります。

  • ローン申込機か、三井住友銀行の店内にあるローン契約機で申込む
  • パソコンかスマホでSMBCモビットの公式ページから申込む
  • 固定電話や携帯電話の通話で申込む
  • 三井住友銀行に置かれている借入申込書に記入して郵送で申込む

という申込み方法があるのです。

それぞれの窓口で借入申込書に記入(入力)して、送信したり、スキャナーに読み込ませたりすることで申込みができるのです。

電話の場合は、通話料無料のモビットコールセンター(0120-03-5000)にかければ、相談に乗ってくれたり、申込みを受付けてくれます。

但し、あくまで将来のチャンスを捕らえるための用意としてローンカードを申込むための窓口であり、カードが使えるようになるまでは1週間程度かかります。

SMBCモビットで即日キャッシングのできる申込み方法

では、SMBCモビットでは、申込み当日にお金を用意できる即日キャッシングができないのでしょうか。

条件は限られますが、SMBCモビットでも即日キャッシングのできる方法は用意されています。それがWEB完結申込みと言われる申込方法です。

この場合には、ローンカードが発行されず、50万円以内の申込みの場合には、振込みキャッシングと言われる方法で即日キャッシングが受けられます。

その日の14時50分までに契約が完了した場合には、当日の融資が可能なのです。
自分の銀行口座にお金を振込んでもらう形の融資ですが、振込先口座は三井住友銀行かジャパンネット銀行に限られます。

ローンカードはありませんが、利用限度枠内であれば、何度でも振込みキャッシングを受けることができます。

SMBCモビットのローンカードの返済方法は

SMBDモビットのローンカードを取得し、お金を借りた場合の返済方法は、基本的には分割返済となります。

毎月、5日、15日、25日、末日の中から自分に都合の良い返済日を選んで毎月規定の返済金額を入金します。

返済手段は、提携ATM、銀行振込み、コンビニのマルチメディア端末、銀行口座からの自動引き落としのいずれかです。銀行口座からの自動引き落とし以外は特に手続きはなくても可能です。

SMBCモビットのローンカードは基本的に分割返済方式

SMBCモビットの分割返済方式は、「借入後残高スライド元利定額返済方式」と言われるリボルビング方式の一種です。

借入残高に応じて返済額が決まっています。基本的には3年から8年くらいで返済が終わるように設計されているのです。

すなわち、次のようになります。

借入残高 返済金額 借入残高 返済金額
10万円以下 4,000円 50万円超60万円以下 16,000円
10万円超20万円以下 8,000円 60万円超70万円以下 18,000円
20万円超30万円以下 11,000円 70万円超80万円以下 21,000円
30万円超40万円以下 11,000円 80万円超90万円以下 24,000円
40万円超50万円以下 13,000円 90万円超100万円以下 26,000円

なお、100万円超の場合は、20万円増えるごとに返済金額は4,000円増えます。

但し、あくまでもこれは目安としての金額であり、早く返済するためにこれよりも多く入金することは自由です。
多く入金すれば、それだけ借入元本に充当されて、減っていくのです。

また、今月は出費がかさんでしまって家計が苦しいと言う場合には、利息金額以上を入金していれば、問題ありません。

SMBCモビットのローンカードは一括返済できる

SMBCモビットのローンカードでは、一括返済も自由にいつでもできます。

借りた日からの利息金額と借入金額を提携ATMや銀行振込みで入金すれば、完済できます。

但し、銀行口座から自動引き落としの場合は、いったんそれを解除してからになります。

SMBCモビットのローンカードで一括返済する方法と注意点

SMBCモビットのローンカードの借入金を一括返済する際には注意点があります。一つは、返済方法としては、提携ATMか銀行振込みに限られることとですが、

  • 提携ATMも銀行振込みも手数料がかかる点
  • 提携ATMでもコンビニの場合には、小銭対応ができないため、完済できない点

の二つです。

提携ATMの場合には、1万円超の返済の場合には、216円の手数料がかかるため、一括返済で完済する場合には、この手数料分を上乗せして入金しませんと、端数分として残高が残ってしまいます。

また、完済をするための一括返済の場合には、利息などに必ず1,000円以内の端数が生じます。しかし、コンビニの提携ATMの場合には、小銭対応ができず、千円札以上でないと入金できません。

従って、1,000円未満の端数の出る一括返済はコンビニではできませんので、注意してください。基本的には、小銭対応ができる銀行などの提携ATMで一括返済するか、銀行振込みで行うことになります。

SMBCモビットのローンカードの返済は自由度が高い

SMBCモビットのローンカードの返済は、銀行口座からの自動引き落としを除きますと、非常に返済における自由度は高いと言えます。

いつでもどこでもいくらでも自由に返済ができるのです。

SMBCモビットで借りるにはネットと提携ATMで

SMBCモビットでローンカードができれば、いざという時に借入ができます。では、SMBCモビットのローンカードで借入をするためにはどうすればよいのでしょう。

SMBCモビットには自前のATMはない

SMBCモビットは、店舗がなく、当然のこととして自前のATMもありません。ローン申込機はありますが、あくまでも申込み窓口であって、契約もできませんし、ATMも置かれていません。

従って、SMBCモビットで、お金を借りるためには、提携ATMでお金を引き出すか、振込みキャッシングで自分の銀行口座に振込んでもらうかになります。

SMBCモビットのローンカードで借りるには提携ATM

SMBCモビットで外出中に急にお金が必要になった場合には、コンビニや銀行を探して提携ATMで引き出すことになります。

提携ATMは、コンビニ、銀行にあります。使用できる提携先とコンビニは、

提携先 使用できるコンビニ
イーネット ファミリーマート、ミニストップ、デイリーヤマザキ、コミュニティストア、生活彩家、セーブオン、ポプラ、セイコーマート
ローソンATM ローソン
セブン銀行 セブンイレブン、イトーヨーカドー

となっており、ほとんどの全国のコンビニのATMで出金が可能です。

コンビニ以外の提携ATM

また、SMBCモビットの提携ATMは、銀行としては、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行のほか、地銀やその他の提携先としては、以下のようなところがあります。

北海道・東北地区 北洋銀行、北海道銀行、みちのく銀行、仙台銀行
関東・甲信越地区 常陽銀行、足利銀行、栃木銀行、群馬銀行、武蔵野銀行、千葉銀行、京葉銀行、横浜銀行、第四銀行
中部・北陸地区 北陸銀行、大垣共立銀行、十六銀行、スルガ銀行、中京銀行、百五銀行、第三銀行
関西地区 京都銀行、池田泉州銀行、但馬銀行、南都銀行、紀陽銀行
中国・四国地区 トマト銀行、もみじ銀行、西京銀行、百十四銀行
九州地区 西日本シティ銀行、宮崎銀行、福岡銀行、熊本銀行、親和銀行
その他 全国の信用金庫、イオン銀行、セブン銀行
銀行以外 PatSat、VIEWALERTE、プロミス

このように、SMBCモビットの提携ATMは大手消費者金融会社よりも広い範囲での提携が行われています。
全国13万台(2017年6月現在)の提携ATMで、コンビニだけでなく、地方銀行などでも引き出すことができるのです。

SMBCモビットで無料でお金を借りるには:振込みキャッシング

また、SMBCモビットでは、振込みキャッシングによってお金を借りることができます。

振込みキャッシングは、パソコン、スマホからSMBCモビットの会員サービスである「Myモビ」から行うことができるほか、固定電話、携帯電話も可能です。

振込みキャッシングは、提携ATMのように利用手数料がいらないため、無料で借入ができます。

SMBCモビットの振込みキャッシングはネットが便利

従って、SMBCモビットでお金を借りる場合には、よほど急いでお金がいる場合を除いては、振込みキャッシングが無料ですので便利です。

自宅に居ながらにしてキャッシングをすることができます。但し、当日中に口座に振込んでもらうためには、14時55分までには手続きを済ませている必要があります。

SMBCモビットの振込みキャッシングは電話でも可能

SMBCモビットの振込みキャッシングは、固定電話や携帯電話でも無料で行うことができます。無料のモビットコールセンター(0120-03-5000)にかければ、通話料も無料で銀行口座にお金を振込んでもらえます。

SMBCモビットのローンカードで無料でお金を借りるには:三井住友銀行ATM

従って、SMBCモビットのローンカードにより無料でお金を借りるためには、三井住友銀行の提携ATMに行くか、振込みキャッシングによって口座に振込んでもらうかになります。

余程、急にお金が必要にならない限りは、三井住友銀行のATMを見つけるか、振込みキャッシングで借りるようにすれば、余分なコストがかかりません。

振込みキャッシングはスマホや携帯電話でもできますので、外出中でも可能です。やはり、ローンカードは賢く使うべきでしょう。

SMBCモビットのローンカードの返済手段

では、SMBCモビットのローンカードでお金を借りた場合の返済についてご説明します。提携ATMで借りたからと言って、その提携ATMで返済しないといけない訳ではありません。

SMBCモビットでは、いろいろな返済手段を用意していますので、コストのかからない賢い返済を考えてください。

SMBCモビットのローンカードの返済:提携ATMによる返済

まず、一番身近にあるのは、やはり、コンビニや銀行の提携ATMです。これらの提携ATMを使って返済をすることは可能です。

但し、提携ATMの場合には、三井住友銀行以外ではすべて、1万円まで108円、1万円超は216円の利用手数料がかかります。

一度急ぎで借りるだけであれば、コンビニなどの提携ATMは便利ですが、毎月何年も返済をするのにコンビニの提携ATM を使いますと、ばかにならない利用手数料になってしまいます。

但し、WEB完結申込みの場合には、ローンカードの発行がありませんので、提携ATMによる返済はできません。

SMBCモビットのローンカードの返済:銀行振込みによる返済

SMBCモビットのローンカードの返済は、銀行振込みによっても可能です。使用している銀行の口座からSMBCモビットの指定の銀行口座に振込みをします。

但し、銀行口座からの返済は、必ず送金手数料が必要になります。

窓口であれば、400円~700円、ATMでも200円~400円程度が必要になりますので、提携ATMで返済するよりも高い手数料が必要です。

これを毎月続けていますと、とんでもない手数料を払い続けることになります。余り賢い返済とは言えません。

但し、SMBCモビットの振込先口座が三菱東京UFJ銀行の場合には、同行間の振込みは無料です。三井住友銀行の場合も無料にはなりませんが、手数料は安くなります。

SMBCモビットのローンカードの返済:コンビニマルチメディア端末による返済

SMBCモビットのローンカードの返済として、コンビニのマルチメディア端末による返済が無料でできます。これもWEB完結申込みの場合はできません。

マルチメディア端末の置かれているコンビニは、

  • Loppi    ローソン、ミニストップ
  • Famiポート ファミリーマート

となっています。

それぞれのコンビニに設置されたマルチメディア端末にローンカードをかざして手続きをし、出てきたレシートを持ってコンビニの店頭で返済額を払い込むことができるのです。

無料で返済できますので、コンビニの提携ATMで返済をするよりコストは圧倒的に安くできます。
ただ、コンビニの店員と対面での支払いになりますので、女性などは敬遠されることが多いようです。

ただ、ローンカードの賢い使い方を考えるのであれば、全国に3万台以上あり、三井住友銀行の支店ATMのない地域の方はぜひ考えていただきたい返済手段です。

SMBCモビットのローンカードの返済:銀行口座自動引き落としによる返済

SMBCモビットのローンカードの返済では、銀行口座からの自動引き落としの場合は無料です。

但し、自動引き落としが可能な銀行は限られています。自動引き落としができる銀行は、「三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行」に口座がある場合に限られます。

返済の自由度は低下しますが、毎月確実に返済したいと言う場合には口座を作ってもぜひ使ってみたい返済方法です。

会員サービスである「Myモビ」から途中からでも自動引き落としに変更を申込めます。

SMBCモビットのローンカードの返済を無料で行うには

SMBCモビットのローンカードの返済を無料で行うための方法としては、

  • 三井住友銀行の提携ATMから返済する
  • コンビニのマルチメディア端末を利用して窓口で返済する
  • 銀行口座からの自動引き落とし
  • 返済先口座が三菱東京UFJ銀行の場合には、三菱東京UFJ銀行の口座からの銀行振込みは無料で返済できる

の4つの方法があります。

返済は一時のものではなく、毎月長期間続けることになりますので、ぜひ無料の返済方法で賢くSMBCモビットのローンカードを使うようにしてください。

SMBCモビットのローンカードの提携先ATM

SMBCモビットのローンカードが使える提携ATMは、コンビニ、銀行などで13万台と大手消費者金融会社よりも多くの使えるATMがあります。

但し、無料で使える提携ATMは三井住友銀行だけであり、残りはすべて利用手数料がかかってきます。

SMBCモビットのローンカードの提携ATMの手数料は?

SMBCモビットのローンカードの提携ATMの利用手数料は、コンビニでも銀行でもすべて、

  • 1万円以内 108円
  • 1万円超  216円

がかかってきます。

100%親会社になるプロミスの提携ATMでも同じようにかかってきます。

いずれにしても、便利に使える提携ATMですが、ちょっと必要になったからと1万円を引き出した場合、108円の手数料がかかり、その返済でも108円がかかると言うことは、216円の手数料になるのです。

2週間後に一括返済した場合の利息は、18%としますと、69円です。すなわち、利息の3倍以上の手数料を支払っていることになります。

現状、貸金業法ではATMの利用手数料は必要経費と認定されて、実質利息に含まれていませんが、金利換算するととんでもない金利になることもあるのです。

SMBCモビットのローンカードの提携先は

SMBCモビットのローンカードの提携先は既に述べましたが、コンビニや銀行が大半で、その提携ATMの台数は13万台になります。

しかし、大手消費者金融会社の場合には、無料で使える自社ATMが全国に1千台前後あり、無人店舗には必ずあります。三井住友銀行のように主要都市に限られることもなく、全国で使用可能なのです。

SMBCモビットのローンカードの提携先コンビニ

SMBCモビットのコンビニの提携ATMは、全国に6万台以上あり、そのほとんどが24時間営業であり、夜中でもお金を引き出すことができます。

友達と遅くまで飲みに行って、お金が足りなくなったという時には、コンビニに飛び込んでお金を引き出すということもできるので、非常に便利です。

但し、既に述べましたように、少額でお金を引き出しますと、利用手数料は非常に高くつきます。

しかも、返済のように毎月入金をコンビニの提携ATMで繰り返していますと、それだけで、年に最大2,592円の手数料がかかることになります。

SMBCモビットのローンカードの提携先銀行

SMBCモビットのローンカードの提携先銀行は、大手消費者金融会社よりも圧倒的に多く、しかも、ゆうちょ銀行のATMが使えるのは、親会社のプロミスだけです。

ゆうちょ銀行は、日本全国に28,000台余りのATMがあり、全国どこにでも使えますので、非常に便利です。

しかも、銀行ATMは、コンビニとは違って小銭対応の効くATMが多いので、一括返済や最終返済でも使うことができます。

但し、銀行ATMの場合は、コンビニのように24時間営業しているところはありませんので、時間的には限られてしまいます。

SMBCモビットのローンカードの銀行ATMの注意点(明細書)

SMBCモビットのローンカードの銀行提携ATMでもう一つ問題があります。

ローンカードについては、通常ご家族に知られずに使っている方が多く、ATMなどで使った場合の明細書が家に来ることは避ける方も多いのです。

しかし、SMBCモビットの提携先の銀行ATMでお金を引き出したり、帰りした場合には、自宅に明細書が送られる場合があるのです。

貸金業法には利用明細書の記載要件というものがあり、それに沿っていないATMでの取引については自宅に明細書を送付しなければなりません。

大手消費者金融会社の場合には、ほとんどの提携ATMでは、プログラム改修にお金を出してして対応してもらっていますが、SMBCモビットの場合にはそれが行われていません。

従って、次の銀行については、使用ごとに明細書が自宅に送られてしまいます。

  • ゆうちょ銀行
  • 地銀のうち、第三銀行、福岡銀行、親和銀行、熊本銀行を除く銀行
  • 信用金庫
  • PatSat、VIEWALTTE

については、利用明細書が送られますので、ご家族に内緒で作る方は、注意してください。

ほとんどの地銀やすべての信用金庫は明細書送付の対象になりますので、ご家族に内緒で作った場合は、実質的に使える提携ATMは半分程度しかありません。

SMBCモビットのローンカードの提携ATMの利用可能時間帯

SMBCモビットの提携ATMの利用可能時間帯は、プロミスとコンビニの場合は24時間利用が可能です。

ホストコンピュータのメンテナンスのため、月曜日の0時から7時までは使えませんが、ほぼいつでも使える提携ATMになります。

しかし、銀行の提携ATMは、それぞれの銀行でATMの利用可能時間が決められており、21時くらいにはたいてい使えなくなります。

また、振込みキャッシングで入金してもらった場合も、銀行によっては、ATMの利用時間に制限があるため、早い時間に下ろしませんとそのお金を当日中に使えません。

コンビニなどでも銀行の提携ATMは、時間が過ぎますと使えなくなることもあります。せっかく即日キャッシングで入金してもらったものの、使えないと言う場合があるので注意が必要です。

SMBCモビットのローンカードで無料返済をするには

SMBCモビットのローンカードでお金を借りて、無料で返済するには、既に述べましたようにいくつかの方法があります。

但し、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行が近くにある方は限られますし、銀行口座からの自動引き落としも、銀行が限られ、しかも返済の自由度がかなり制限されてしまいます。

従って、これらは無料でできる方はかなり限られてしまうのです。この方法をとるために対象銀行に口座を作るやり方もあります。

しかし、一番窓口が多く、返済の自由度も限られない無料返済の方法としては、コンビニにあるマルチメディア端末を使う方法です。

店員と対面で支払うため、借金をしているのがわかってしまうという方もいらっしゃいますが、全国に3万台以上あり、賢く使うためには一番良い方法と言えるのです。

SMBCモビットのローンカードで無料で一括返済、最終返済をするには

SMBCモビットのローンカードで、一括返済や最終返済を無料で行うためには、かなり限られた方になります。

銀行の提携ATMは小銭対応ができますので、一括返済や最終返済で端数が出ても利用が可能ですが、利用手数料が三井住友銀行以外はかかってしまいます。

可能なのは三井住友銀行のATMか、送金先口座が三菱東京UFJ銀行になっている場合の銀行振込みに限られるのです。

銀行口座からの自動引き落としは、最終返済は可能ですが、いきなりの一括返済はできません。また、コンビニのマルチメディア端末も最終返済は可能ですが、イレギュラーな一括返済には対応できません。

従って、一括返済の場合には、三井住友銀行が近くにない場合は、多少手数料はかかりますが、近くの提携銀行のATMを使うようにしてください。

SMBCモビットのローンカードのATM手数料のコスト負担

SMBCモビットの提携ATMでかかる利用手数料のコスト負担について、詳しくご説明します。

SMBCモビットの提携ATMの利用手数料を金利換算すると

例えば、10万円をコンビニの提携ATMで下ろして、60回で返済したとします。その場合の利用手数料を金利換算してみます。(金利は18%とします。)

  • 利用手数料 108円×60回=6,480円
  • 平均残高5万円
  • 金利換算 (6,480円÷5年)÷50,000円=2.592%

となります。
従って、実質的には20.592%で借りているのと同じです。

また、毎月給料日前の15日にお金が足らなくなってコンビニで2万円を借り、給料日に返していた場合には、次のようになります。

  • 利用手数料 216円×2回(借入・返済)=432円
  • 金利換算  (432円÷2万円)÷(10日÷365日)=78.84%

ととんでもない金利相当額になります。
すなわち、実質的には78.84%+18%で96.84%と40年前のサラ金の金利と変わらないことになるのです。

とても賢くローンカードを使っているとは言えませんね。

SMBCモビットの提携ATMでは高くつく

従って、SMBCモビットのローンカードでコンビニなどの提携ATMで短期の借入と返済を繰り返した場合には、とんでもない実質金利を支払っていることになってしまいます。

いずれにしても、手数料のかかる返済を繰り返していますと、実質的には高い金利を払っているのと同じになってしまうのです。

SMBCモビットのローンカードを賢く使うためには

SMBDモビットのローンカードを賢く使うためには、振込みキャッシングで手数料無料の融資を受け、無料の返済方法で支払うようにする必要があります。そうでないと、高いコストを払うことになり、賢く使うことができません。

三井住友銀行が近くになかったり、振込先口座が三菱東京UFJ銀行でない場合には、コンビニのマルチメディア端末を利用して無料で返済をするようにしてください。

まとめ

SMBCモビットのローンカードでお金を借りる場合の、借り方、返済方法と提携ATMとその手数料についてご説明しました。

SMBCモビットはいざという時に非常に心強い味方ですが、使い方や返済の仕方によっては、かなり高いコストがかかり、賢く使うことができない場合があります。

賢く使うためには、無料の振込みキャッシングを利用したり、三井住友銀行の提携ATM、コンビニのマルチメディア端末を利用して無料で返済を行うなど、工夫をすることが必要です。