SMBCモビットのローンカード:ローンの金利は安い?

サイトマップ
カードローン110番 > SMBCモビットのキャッシングは即日でできる! > SMBCモビットのローンカード:ローンの金利は安い?

SMBCモビットのローンカード:ローンの金利は安い?

急にお金が必要になる場合

いいチャンスが巡ってきて独立して自分で商売したいが、資金が足りない場合、そのチャンスをつかむか、諦めるかでこれからの人生大きく変わることがあります。

人生には、そのような場合のためにいつでも資金を用立てできるように準備しておく必要があるのです。

その意味でも、SMBCモビットのローンカードは非常に心強い味方になってくれるカードです。
銀行系の消費者金融会社ですから、安心ですね。

SMBCモビットでお金を借りられる

SMBCモビットでは、いつでもお金を引き出せるローンカードを用意しており、いざという時のへそくり代わりとして使えるローンカードです。

チャンスをものにできるかどうかは、このSMBCローンカードを持っているかどうかにかかっている場合もあるのです。

SMBCモビットでローンカードの契約の際に金利を確認したことは

でも、SMBCモビットのローンカードを申込んで手元にカードが来た時に、契約金利がいくらなのか確認していますか。

SMBCモビットのローンカードの実質年率は、宣伝を見ますと3.0%~18.0%となっていますが、ほとんどの方が最初は18.0%の金利になります。

消費者金融会社の割には高いなと感じませんか。
チャンスを生かすには、やはり金利は安い方がいいですよね。

でも、いつまでも18.0%のままの金利にしておくのではもったいないのです。
契約金利は低くすることができるのです。

チャンスに必要だからと使わずに持っているだけですと、18.0%の金利はそのまま変わりません。
しかし、少し借りては確実に早めに返すと言うことを繰り返していますと、利用可能枠の増枠のお知らせが来ます。

その際に増枠の申込みをしますと、金利も一緒に下がるのです。
いざという時のための資金枠が広がるとともに、その金利も下げることができますので、一挙両得です。

SMBCモビットのローンカードは賢く使う

このように、SMBCモビットのローンカードは賢く使えば、将来のチャンスを生かすための資金枠も金利もどんどん可能性を広げていくことができます。

でも、SMBCモビットもすべてが良いわけではありません。
大手消費者金融会社と比べた時に劣っているところもたくさんあるのです。

でも、ローンカードの特徴を良く掴んで、うまく賢く使うことにより、チャンスを生かしてくれるカードになるのです。

SMBCモビットのローンカードで確実な将来をつかもう

SMBCモビットのローンカードを持って使わないのでは、最初にカード発行時の利用可能枠と金利はそのままです。
うまく賢く使うことによって、将来的なチャンスに使える資金枠も金利も大きく広げることができます。

資金枠が広がり、金利も下がればチャンスをつかめる可能性は高まりますし、より大きなチャンスをつかむことができるのです。

SMBCモビットのローンカードの特徴

では、このSMBCモビットのローンカードは、どのような特徴があって、他の大手消費者金融会社のカードとどう違うのでしょうか。
その違いをよく認識して賢く使う必要があるのです。

なお、SMBCモビットは、三井住友銀行グループの消費者金融会社であり、消費者金融会社大手のプロミスは100%親会社です。

SMBCモビットのローンカードの借入条件は

SMBCモビットの融資条件は次のようになっています。

  • 借入限度額 800万円まで
  • 実質年率 3.0%~18.0%
  • 返済期間 最終借入後原則最長8年10ヶ月・最大1~106回
  • 返済方法 分割返済

しかし、最初から800万円の借入枠や3.0%の実質年率で借りられる訳ではありません。

借入限度額は、貸金業法の総量規制により、他社も含めて年収の1/3までとなっており、年収が300万円の場合には、他社の借入も含めて100万円が限度になります。

しかも、最初から100万円の融資可能枠になるのではなく、極度額が100万円となり、最初の利用可能枠は30万円とか50万円という形でのローンカードの発行になるのです。

金利も最初は18%の場合がほとんどで、そこから遅れずに利用することにより、利用可能枠は広がり、金利は下がっていくのです。

SMBCモビットのローンカードの金利は安い?

では、SMBCモビットの貸付金利は他の大手に比べて安いのでしょうか。
表面的な貸付金利帯を比較しますと、

  • SMBCモビット 3.0%~18.0%
  • プロミス 4.5%~17.8%
  • アコム  3.0%~18.0%
  • アイフル 3.0%~18.0%

となっており、必ずしも低いとは言えません。
アコム、アイフルと同じです。
逆に上限金利については、同じ三井住友銀行グループの親会社プロミスの方が17.8%とわずかですが、低くなっています。

大手消費者金融会社の金利帯別構成比の違い

では、細かい金利帯別の構成比はどうなっているのかを見てみましょう。
SMBCモビットについては、データが公開されていません。

ただ、親会社のプロミスについては、金利帯別の粗いデータはあります。
SMBCモビットは、開業当初から審査のスコアリングシステムはプロミスのものを使っており、プロミスを見ればある程度予測がつきます。

そこで、大手3社の金利帯別構成比を2017年度で比較してみますと、次のようになっています。

金利帯別大手消費者金融会社比較一覧

金利帯 プロミス アコム アイフル
18%超 0.2 1.6 3.2
15%超~18% 66.9 68.9 70.8
~15% 32.9 29.5 26.0

※ 18%超の借入金利の方は、貸金業法の改正以前から借りている方で、カードの増枠などをせずにそのまま使い続けている方です。

プロミスの15%以下の利用者構成比は一番低くなっています。

これは、貸金業法改正以前でも、プロミスの貸付金利は一番低かったためです。ただ、それでも他の2社との差は2~3%で、その差が現在も続いていると考えられます。

プロミスのデータから見たSMBCモビットの金利水準

その当時のプロミスの上限金利は25%になったところでした。

しかし、モビットの場合は、開業当初から上限金利は18%で行っており、既に開業から17年以上経過しているため、増枠などで低い金利帯に移行している方はかなり多く、恐らく15%未満の金利帯は大手3社よりもかなり高くなっていることが想定されます。

それは、平均利回りで見た場合、

  • プロミス単体無担保貸付平均利回り  15.58%
  • プロミス連結無担保貸付平均利回り  14.85%

となっていることからもそれはわかります。

プロミスの連結利回りは、SMBCモビットを含んでいるため、0.73%ほど低くなっているのです。連結残高におけるプロミスとSMBCモビットの割合は7対3です。

従って、逆算しますと、SMBCモビットの金利は13.15%程度になります。すなわち、SMBCモビットの貸付金利は、プロミスよりも2.4%程度低いことになるのです。

従って、平均金利で見た時にはSMBCモビットの金利は、大手3社で一番低いプロミスよりも2.4%程度低く、低い方が多いと言えます。

SMBCモビットのローンカードの融資限度額は高い?

SMBCモビットの利用限度枠はわかりませんが、平均的な利用額で見ますと、次のようになります。

  • SMBCモビット 595千円
  • プロミス 574千円
  • アコム 559千円%
  • アイフル 25千円

となっています。

従って、大手3社に比べても平均利用額は大きいことから、融資限度額は高いと言えるのです。ただ、アコム、プロミスとは5%程度の差であり、それほど大きな差とは言えません。

SMBCモビットは即日キャッシングはできる?

大手3社は、無人店舗の自動契約機をもっており、申込み当日の即日キャッシングは開店時間中(22時くらいまで)であれば、そのままキャッシングが可能です。

しかし、SMBCモビットの場合には、自動契約機はなく、申込みのみができるローン申込機しかないため、店舗での即日キャッシングはできません。

但し、パソコン、スマホからの申込みの場合には、WEB完結申込みというものがあり、この場合は、ローンカードの発行はありませんが、即日キャッシングが可能になります。

審査に通れば、すぐにWEB上で契約ができ、同じWEB上の「Myモビ」という会員サービスにより振込みキャッシングで即日キャッシングができるのです。

問題は、50万円までの融資枠に限られ、しかも振込先の銀行口座は三井住友銀行かジャパンネット銀行に限られています。

さらに、当日の14時50分くらいまでに契約を完了していませんと、銀行振込みは翌日になってしまうのです。

従って、大手3社に比べますと、即日キャッシングという点ではかなり見劣りがすると言わざるをえません。
将来に備えたローンカードを手に入れると考えれば、その点は我慢できます。

SMBCモビットのローンカードの審査は厳しい

SMBCモビットのローンカードの審査は、大手3社に比べますと厳しいと言えます。大手3社の契約成約率は、45~50%程度ですが、SMBCモビットの契約成約率は20%台と大手3社の半分程度です。

審査に通るのは、4人に1人程度なのです。SMBCモビットは、プロミスのスコアリングシステムを使っているにもかかわらず、成約率は半分程度になっています。

SMBCモビットのローンカードの審査が厳しい理由

SMBCモビットのローンカードの審査が厳しい理由としては、プロミスのスコアリングシステムを完全に信頼していないと言えます。

スコアリングシステムで融資可能と出ても、銀行系らしく慎重審査をして何らかの理由をつけて断っているのです。

本来は、元々が消費者金融会社であり、世間の信頼度が高く、来られる利用者も信用度の高い方が多いはずで、それにも拘わらず、成約率が半分になっているというのは、相当に慎重審査をしていると言えます。

SMBCモビットのローンカードのWEBサービスは?

SMBCモビットはもともと店舗がないところからスタートしており、店舗以外のパソコンや電話でも申込みを中心に展開していました。

特に、最近ではスマホが普及しており、パソコンを含めたWEBでの申込みウエートは大手3社に比べて圧倒的に高くなっています。

ローン申込機はありますが、すぐに使えるローンカードは発行できません。そのため、ローンカードに代わるWEBでのサービスは「Myモビ」やそのスマホ版など充実しています。

しかし、最近では大手3社もWEB上でのサービスには力を入れるようになって、SMBCモビットが一概に進んでいるとは言えなくなっています。

特に、返済面などでは無料での銀行送金ができないなど、遅れている面も出ているのです。

SMBCモビットのローンカードの返済は自由度が高い

SMBCモビットのローンカードは、発行が即日で行われないなど、遅れた面はありますが、返済そのものの自由度は大手3社同様にかなり自由度が高いものになっています。手数料面を考えなければ、非常に使い易いと言えます。

SMBCモビットのローンカードの金利は本当に安い?

では、SMBCモビットのローンカードの金利は本当に安いのでしょうか。
それを検証してみましょう。

SMBCモビットのローンカードの金利は大手消費者金融会社より安い?

SMBCモビットのローンカードの利用者全体で比較しますと、融資金利は既に述べましたように確かに大手消費者金融会社よりも2~3%は低くなっています。

但し、それは利用者全体での話で、これから借りようとした場合、本当に大手消費者金融会社よりも低いと言うことにはならないのです。

SMBCモビットのローンカードの金利は最初から18%以下

まず、SMBCモビットの平均的な金利が低くなっている原因があります。

すなわち、SMBCモビットは2000年の開業当初から上限金利は18%でスタートしています。

それに対して、大手消費者金融会社の場合は、貸金業法改正の際、すべての利用者を一気に18%に貸付金利を引き下げたのではなく、契約切り替えによって順次引き下げているのです。

そのために、今も18%を越える金利の方はおられるのです。

しかも、一度18%に引き下げてから、そこから増枠などの際に少しずつ引き下げていく形を取りました。
従って、貸金業法改正前から18%以下で融資していたSMBCモビットに比べますと、平均金利が高くなるのは当たり前なのです。

SMBCモビットのローンカードの金利は下がっていく

しかも、SMBCモビットは、プロミスのスコアリングシステムを使用していますので、貸金業改正以前から、増枠などで金利が低下した人はかなりいました。そのために、現在でも平均貸付金利は大手3社よりも低くなっているのです。

しかし、既に述べましたように、大手消費者金融会社の貸付システムは、返済で遅れがなければ、増枠などで金利は下がっていく方式をとっています。

現在では、大手3社も上限金利を引き下げてから12年を経過し、かなり18%よりも低い金利の方は増えています。

しかも、成約率45~50%とSMBCモビットの成約率よりも高い水準で利用者が増えていますので、金利が低くなる予備軍は多いと言えるのです。

SMBCモビットのローンカードの消費者金融会社のプライド

SMBCモビットは、消費者金融会としてのプライドが邪魔して、慎重審査を維持しており、成約率は低いまま推移しています。

そのために、カードローンの実質的な発行は1週間もかかることになっているのです。

かといって、貸倒率などはその慎重審査によって低くなっているとは言えません。
それは、新たな利用者数が増えないために、貸付残高の成長が低く、貸倒率は低くならないのです。

SMBCモビットのローンカードの金利水準は低いか?

SMBCモビットのローンカードの金利水準は、この点から考えますと、これから借入申込をされる方で言いますと、必ずしも低いとは言えないのです。

それは、現在の上限金利は18%と差がなく、一番最初に申込んだ時点での金利にはほとんど差は見られないと言えるからです。

しかも、SMBCモビットがプロミスのスコアリングシステムを使用しながら、成約率は半分となっていると言うことは、増枠の審査の際にも同様のことが起こっている可能性が高いと言えます。

すなわち、金利の低下する方の割合は、プロミスよりも小さくなっている可能性があるのです。

と言うことは、同じ方がプロミスとSMBCモビットのローンカードを申込んだ場合には、将来的にはかなりプロミスで申込んだ方の方が金利は低くなっている可能性あるのです。

従って、SMBCモビットで借りられる金利は必ずしも低くないと考えた方が良いでしょう。

SMBCモビットのローンカードの金利水準は低くて当たり前?

また、SMBCモビットは消費者金融会社であるだけに、ローンカードを申込まれる方は信用度が高い人の割合が高いと言えます。

従って、本来のスコアリングから言えば、より高い成約率で、より低く金利水準が出るのが当たり前なのです。

消費者金融業の考え方としては、信用度の高い人にはより低い金利でより多く貸すことが原則です。

しかし、SMBCモビットの場合には、実際には慎重審査の結果、成約率は低くなり、金利も変わらないと言うことになってしまっています。原則から外れていると言わざるを得ないのです。

しかし、それだけにSMBCモビットのローンカードを手に入れた人は、信用度の高い人と言えます。

SMBCモビットのローンカードの返済コストは高い

また、SMBCモビットのローンカードの場合、無料で返済を行なうことのできる機会が非常に限られています。

すなわち、自前のATMがありませんので、ローンカードで返済する場合には、提携ATMに限られ、当然利用手数料がかかってくるのです。無料になるのは、三井住友銀行のATMだけです。

三井住友銀行は都市部の中心街に限られる場合がほとんどで、使えない方が多いのです。

銀行振込みも無料にはならない

さらに、銀行振込みによる返済でも、大手消費者金融会社の場合には、会員サービスなどでインターネットバンキングを使用した銀行振込みの場合には無料で返済ができます。

しかし、SMBCモビットの場合には、WEBの「Myモビ」に無料の銀行振込みサービスはありません。従って、SMBCモビットの場合には、毎回の返済において手数料がかかることになります。

20万円の借入の場合、1年で提携ATMから完済しようとしますと、毎月216円の利用手数料がかかりますので、金利換算しますと2.59%に該当しているのです。

18%で借りたつもりが、実質的には20.59%になっていたことになっているのです。これが、銀行振込みの場合には、さらに高いことになります。

平均1回あたり500円としますと、6%相当の金利になります。実質、24%の借入金利となっているのです。

もちろん、借りる金額、返す期間によって変わってきますが、他の大手消費者金融会社比べますと、無料返済の機会が少ないことで、実質の金利が高くなっているのは事実なのです。

SMBCモビットのローンカードの金利は返済コストをカバーできるか?

現在、既にSMBCモビットを借りておられる方で金利が低くなっている場合も、返済コストの負担があることで、実質的に低くなっているとは言えない場合も多いのです。

2.59%の返済コストがかかると言うことは、15.41%で借りていても、実質的には18%の金利負担になります。
しかも、そこまで下がるまでかなりの期間がかかっていますから、とても返済コストをカバーできているとは言えないのです。

大手消費者金融会社が25%以上の金利で貸付をしていた時代には、まだ金利差は大きく、返済コストをカバーできていると言えました。

しかし、現在のように、上限金利が変わらない状態になりますと、とても返済コストをカバーしているとは言えないのです。

従って、SMBCモビットで借りる場合には、無料で返済する工夫が必要なのです。

いたずらに提携ATMを利用せずに、極力振込みキャッシングを利用するとともに、返済は無料の銀行自動引き落としにするか、三井住友銀行のATMを見つけておいて、そこで返済するようしてください。

SMBCモビットのローンカードのサービス品質はよいか

SMBCモビットのローンカードは、その特徴をよく理解して、賢く返済をして、将来に備えることが必要です。では、実際にカードが発行された後のサービス品質は大手よりも良いのかを見てみましょう。

SMBCモビットのローンカードの返済手段

SMBCモビットのローンカードの返済手段については、次のようになっています。

  • 銀行口座からの自動引き落とし(三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行のみ)
  • 提携ATM(三井住友銀行以外は利用手数料必要)
  • 銀行振込み(無料の銀行振込み手段はなし)

となっています。

従って、現金書留などは認められていません。

大手消費者金融会社などでは、現金書留が可能ですし、コンビニにあるマルチメディア端末を使って無料で返済ができると言うこともありません。

大手消費者金融会社の場合には、自動引き落としはほとんどの金融機関が可能ですし、自社ATMも1000台程度あります。

また、会員サービスとしてインターネットバンキングを利用した無料の銀行振込みによる返済もありますが、SMBCモビットの場合にはそれもありません。

従って、返済手段において、無料にできるケースはごく限られているのです。

SMBCモビットのローンカードの返済の自由度は

SMBCモビットのローンカードの返済は、返済方法の自由度については、ほぼ大手消費者金融会社と変わりはありません。

基本は分割返済ですが、期日前の入金、部分繰り上げ返済、一括返済、金利以上の支払であれば、どのようにでも返済できます。

ただ、返済日は、5日、15日、25日、末日となっており、プロミスよりも選択範囲は少なくなっています。

また、銀行口座からの自動引き落としは、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行に限られますので、大手3社よりも選択余地は少ないと言えます。

口座がない場合には、新たに作って返済するようにした方が良いでしょう。
その場合には、返済の自由度は奪われますが、賢く使うためには仕方がありません。

SMBCモビットは店舗を持っていない

SMBCモビットにはローン申込機はありますが、実質的なATMを備えた店舗はありません。
従って、ローンカードを使って返済する場合には、提携ATMしか選択肢はありません。

SMBCモビットは提携ATMを利用

SMBCモビットの提携ATMは、自前のATMがないだけに、コンビニや銀行などの提携ATMはかなり多いと言えます。
10万台を越えていますが、三井住友銀行以外は利用手数料がかかってしまいます。

プロミスの場合には、ポイントサービスを行っており、ポイントを貯めることでATMの利用手数料が無料になるサービスがありますが、それもSMBCモビットの場合にはありません。

SMBCモビットのローンカードの提携ATM利用手数料は

SMBCモビットの提携ATMの利用手数料は、どこで使っても1万円以内108円、1万円超216円と同じです。

但し、注意すべきは、銀行の提携ATMの場合、貸金業法の利用明細の要件を満たしておらず、そのATMを使用するたびに自宅に利用明細が送られるという点です。

大手消費者金融会社の場合には、たいていは銀行の明細プログラムを交渉して変更していますが、SMBCモビットの場合には、それはできていないのです。

ゆうちょ銀行はプログラム修正に応じていないため、プロミスはゆうちょ銀行の提携ATMを使用した際はWEBで明細を取れるようにして、自宅に明細書を送らなくても良いようにしています。

SMBCモビットの場合はこれらの措置もとられていませんので、提携ATMを利用する場合には、自宅に利用明細書が送られることは覚悟してください。
手数料も考えますと、振込みキャッシングで無料で借りる方法が一番良いでしょう。

SMBCモビットのローンカードを無料で使える方法は

従って、SMBCモビットの場合、ローンカードを無料で使えるのは、三井住友銀行だけであり、その他の返済方法も有料になってしまいます。

その意味で、SMBCモビットの返済手段面におけるサービスは大手消費者金融会社に比べますと、かなり劣っていると言わざるを得ません。

その意味で、SMBCモビットのローンカードは、工夫して返済する必要があるのです。

SMBCモビットのローンカードのWEBサービス品質は

SMBCモビットのWEBサービス「Myモビ」の品質は、返済面を除けば、ほぼ大手消費者金融会社と変わらない水準と言えます。

特に、最近ではイオン銀行の提携ATMでは、スマホの赤外線通信機能を利用して、カードを使わずに、入出金のできるサービスを提供しているのです。

これらは大手消費者金融会社にはないサービスと言えますが、やはり手数料はかかってしまいます。

SMBCモビットのローンカードの返済が遅れた場合は?

SMBCモビットのローンカードが遅れた場合については、その遅れ期間によって差があります。14日以内であれば遅れても返済はでき、普通にローンカードは使うことはできます。

一方、14日を越えて遅れた場合には、ローンカードの契約は解除され、一括返済を求められるのです。

それ以降の金利は遅延損害金として20.0%(実質年率)と高くなり、信用情報機関にも事故登録がされますので、他社の借入もストップしたり、新たな借入もできなくなります。

SMBCモビットを賢く使うためには

以上見てきましたように、SMBCモビットのローンカードは、大手消費者金融会社と比べますと、かなりサービスが劣った面が見受けられます。特に返済面でのサービスは遅れていると言えます。

その割に、成約率は低いですし、金利も安いとは言えません。

しかし、SMBCモビットは消費者金融会社であり、その意味で安心感はあります。賢く工夫して使えば、サービスの劣った面はカバーできます。

将来のチャンスを逃がさないために、いつでも資金を用意できるローンカードを保有して、常にその利用可能枠を多くする、そして金利を低くする努力をすることによって、大きな将来の可能性が開けてくるのです。

また、SMBCモビットはプロミスの100%子会社となっており、今後、サービス面でもかなり改善されていく可能性が高いと言えます。

SMBCモビットのローンカードを用意して、将来の自分の可能性、チャンスを実現してください。

まとめ

SMBCモビットのローンの金利を中心に、大手消費者金融会社との比較などで、そのサービスをご説明しました。

SMBCモビットは、まだまだ大手消費者金融会社と比較しますと、サービスで不足している面があり、しかも、実質的な金利も安いとは言えません。

しかし、消費者金融会社としての信頼性は高く、工夫すれば、大手消費者金融会社と変わらずに賢く使うことのできるローンカードと言えます。

将来の自分の可能性を広げるために、ぜひSMBCローンカードを賢く利用してください。