SMBCモビットの無人契約機とは?

SMBCモビットとは

SMBCモビットは、2000年に設立された三井住友銀行グループの消費者金融会社ですが、業界では準大手に位置付けられています。

営業店舗を持たず、それ故に自社のATMも持っていません。

当初は三菱UFJ銀行に吸収合併された三和銀行主導でスタートしましたが、紆余曲折があり、経営がうまくいかなかったため、消費者金融事業と保証事業に会社分割されています。

その中で、当初から資本参加していたプロミスの親会社である三井住友銀行が消費者金融事業を引き取ったのです。

SMBCモビットの経営の複雑さ

また、SMBCモビットは、三井住友銀行グループの大手消費者金融会社プロミスの100%子会社となっていますが、経営的な統合は行われていません。

あくまでも三井住友銀行が経営の主導権を握り、銀行系消費者金融会社として活動しているのです。

プロミスの審査システムであるスコアリングシステムを使ってはいるものの、具体的な運営は独自で行っており、そのため、同じシステムで行っているにもかかわらず、契約の成約率はプロミスの半分ほどになっています。

プロミスの子会社であるにもかかわらず、提携ATMでは利用手数料がとられ(三井住友銀行のATMは無料)、100%子会社としての有利性を発揮できているとは言えない状態にあるのが今のSMBCモビットと言えます。

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

SMBCモビットのローンカードの申し込み方法

SMBCモビットは、店舗網を持っていませんが、ローンカードの申し込みをどのように受けられるようにしているのでしょうか。

店舗網がないということは、無人契約機(自動契約機)の展開が出来ないことになります。

大手消費者金融会社のように無人店舗を1,000店舗以上出店し、そこで無人契約機を置いてローンカードの申し込みを受け、契約からカード発行、ATMによる出金まで行なえるシステムを持っていないのです。

SMBCモビットのインターネットによる申し込み

SMBCモビットは、当初から店舗網を持たないだけに、インターネットなどによる申し込みに注力してきたのです。

特にスマートフォンが発売されてからは、よりネットからの申し込みには力を入れるようになっています。現在では、パソコン、スマートフォン、携帯電話いずれでも申し込みが可能になっています。

また、SMBCモビットは、もともとネット経由であるためにローンカードの申し込み当日の即日キャッシングができません。

インターネット経由の申し込みでその弱点をカバーしようとしています。

インターネット経由の申し込みの場合は、通常のローンカードの発行申し込みと即日キャッシングができるWEB完結申し込みという二つの方法があり、それを選択して申し込む形になっているのです。

通常のローンカード発行申し込みの場合

通常のローンカード発行の申し込みの場合は、借入申込書を入力して申し込み手続きをしますと、後から電話かメールで審査結果を伝えてきます。

そして、借入意志の確認の上、契約手続きの説明があり、SMBCモビットから契約書類が送られてきますので、必要書類と一緒にサインをして返送しますと、契約が完了し、ローンカードが送られてくるのです。

従って、申し込みをしてからローンカードが送られてくるまで1週間程度かかることになります。

早くローンカードが欲しい場合には、審査結果でOKがでますと、SMBCモビットのローン申込機か、三井住友銀行内にあるローン契約機に行けば、カードは発行されます。

しかし、契約が完了しませんと、そのカードは使えないのです。

従って、当初からこのスタイルは変わらず、申し込み当日のローンカードによる即日キャッシングはできないようになっています。

WEB完結による即日キャッシング

インターネット経由で申込む場合には、最初にWEB完結による契約を選択することができます。

これは、ローンカードは発行されずに、インターネットを通じての振込みキャッシングだけという形で契約するものです。

この場合には、審査結果が出るまでは、通常の手続きは同じですが、OKがでますと、メールで連絡がきて、借入意志の確認とキャッシング番号、暗証番号の設定を行い、それで契約は完了する形になっています。

この場合には、収入証明書や契約書の郵送はなく、その場で契約が完結するのでWEB完結と呼んでいるのです。
キャッシング番号と暗証番号がわかれば、「Myモビ」と呼ばれる会員専用ページから振込みキャッシングを使用できます。

銀行の受付時間内の14時50分くらいまでに申し込めば、即日キャッシングとして約3分程度でお金が振り込まれてくるのです。

ただ、振込まれる口座は三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行に限られます。

審査は慎重で、成約率もさらに低くならざるを得ません。

従って、銀行口座も限定され、実際に即日キャッシングが利用できる方はかなり限られた方になります。

SMBCモビットの電話による申し込み方法

SMBCモビットでは、電話による申し込みも当初から受付けており、無料のフリーコール(0120-03-5000)に電話することで可能です。

借入申込書の項目について一つ一つ確認して行きますので、多少時間はかかりますが、申し込みが終われば、あとは、通常のネットと同じ流れになります。

SMBCモビットの無人契約機に代わるローン申込機

SMBCモビットは、無人店舗の無人契約機に代わるものとして、ローン申込機を置いています。

ただ、このローン申込機は全国に308台で、3台以下の県が16県あり、関東や大都市に集中しているため、利用できる方は限定されています。

しかも、ローン申込機には、ATMが設置されておらず、店舗としての機能はありません。

大手消費者金融会社の無人契約機が申し込みだけでなく、契約からカード発行までできるのに対して、ローン申込機は単にローンの申し込みをするだけの機械です。

ローンの申し込みは5分ほどで済み、審査前にローンカードが発行されます。
しかし、このローンカードは、審査が済み、契約手続きが完了する1週間後になって初めて使えるようになります。

ローン申込機の機能と申し込み手続き

ローン申込機では、借入申込書に記入してスキャナーに通すだけで、ローンカードが出てくるため、5分で終わります。

審査は、最短で30分ですが、通常は1時間以上かかることがよくあり、電話かメールで審査結果の連絡がきます。

審査結果がOKの場合には、借入意志の再確認と契約手続きについて説明です。そして、SMBCモビットから契約書が送られてきますので、それに記入、署名した上で、必要書類と一緒に返送します。

この書類がSMBCモビットに着き、最終の手続きが完了しますと、連絡が来てローン申込機で受け取ったローンカードが使えるようになるのです。

この間約1週間かかることになります。

SMBCモビットの三井住友銀行のローン契約機による申し込み方法

三井住友銀行に置かれているローン契約機でもSMBCモビットの申し込みができます。やり方は、ローン申込機と同じです。

従って、こちらもローンカードは5分ほどで発行されますが、実際に使えるようになるのは、4人に1人で、しかも1週間後になります。

SMBCモビットの郵送による申し込み方法

SMBCモビットの借入申込書は三井住友銀行に置かれており、その借入申込書に記入して郵送しますと、申し込みが受付けられます。

借入申込書がSMBCモビットについてからは、インターネットの審査過程と同様の流れになります。

SMBCモビットのキャッシング審査は?

SMBCモビットのキャッシング審査は、2000年の設立当初からプロミスのスコアリングシステムが導入されて使われていますが、審査に時間がかかる割に、契約の成約率はプロミスの半分程度になっています。

2000年当時の成約率はプロミスの1/3程度でした。

審査に時間がかかることと、成約率が低いことにより、集客が弱くなり、残高を大きく伸ばすことができず、17年を経過しても2千億円の残高で準大手のままです。

本来、銀行が設立した消費者金融会社で、信用度が高く、利用者の生活水準も高いはずです。

従って、本来はプロミスと同じスコアリングシステムを使用して審査している場合、プロミスよりも高い成約率になるはずです。

しかし、現在でもプロミスの半分の成約率と言うことは、審査においてスコアリングシステムを信用しておらず、いたずらに時間をかけ過ぎて、成約率を低くしていると考えられます。

プロミスとの経営統合による効果が出てくる可能性

今後、プロミスの過払い請求による経営圧迫がなくなって、SMBCモビットとの経営統合が図られますと、

  • プロミスの無人契約機とATMが無料で使えるようになる可能性
  • スコアリングシステムのより有効な使い方ノウハウによる成約率の上昇
  • 平均利用額のアップ
  • プロミスの瞬フリ、無料の銀行振込みによる返済サービスなどの共同利用
  • SMBCモビットのWEB完結やノーカード化のプロミスとの共用
  • 宣伝などの共同化によるコスト削減

などが実現してくる可能性があり、利用者としても非常に使い勝手のよい消費者金融会社になる可能性があります。期待したいですね。

SMBCモビットでは即日キャッシングはできる?

SMBCモビットでは、ローンカードによる当日の即日キャッシングはできません。

それに代わるものとして、WEB完結申し込みというカードを発行しない形の申し込み当日の即日キャッシングが可能になっていますが、利用できる方はかなり限られています。

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

SMBCモビットの無人契約機とは

SMBCモビットでは、既に述べました様に、大手消費者金融会社における無人契約機は存在していません。

元々店舗網がなく、大手消費者金融会社のように集中センターで審査をパートのオペレーターに任してしまう体制になっていないからです。

そのため、まずはローン申込機によって申し込みを受け付けた上で慎重に審査をする体制を維持しています。

SMBCモビットのローン申込機は即日キャッシングができない?

従って、SMBCモビットのローン申込機では、申し込み当日の即日キャッシングができないばかりか、実際にローンカードが使えるまでに1週間近くかかってしまうのです。

SMBCモビットには無人契約機はない

SMBCモビットは、ローン申込機と三井住友銀行内にあるローン契約機によって代替させていますが、本来の無人契約機のように契約まで至ることはできません。

それは、プロミスのスコアリングシステムを信用していないため、審査をオペレーターに任せてしまうという消費者金融会社におけるノウハウがなく、慎重審査をせざるを得なくなっています。

本来、カード発行機能は備わっていますので、オペレーターが審査をする体制を整えれば、現在のローン申込機でも審査完了から契約まで行けるはずなのです。

従って、今現在のところはSMBCモビットには無人契約機はないのです。

将来的には、プロミスと経営統合されれば、同じようにローン申込機を無人契約機に転換させることができるでしょう。

SMBCモビットには自前の店舗がない

問題は、もう一つあり、それはローン申込機にATMがないことです。ローン申込機を無人契約機に転換させていくには、同じ店にATMがなければなりません。

無人契約機で契約からローンカードを発行した上で、ATMでお金を引き出せて初めて即日キャッシングのできる店と言えるのです。

従って、ローン申込機には店舗としての機能が欠けているのです。従って、ローン契約機は全国に308台ありますが、基本的には店舗とは言えないのです。

SMBCモビットのローン契約機のカード発行まで

SMBCモビットでは、三井住友銀行内にあるローン契約機でもローンカードの申し込みができますが、基本的な構造はローン申込機と一緒です。

恐らく、ローン申込機を作る際に、三井住友銀行と共同で作っているためと思われます。

集中センターのように経営の効率化を徹底して行う発想がないため、あくまで契約を申込むことに限定した機械の開発になってしまっているのです。

そのため、使えるローンカードの発行まで1週間かかることについても17年間改善されずに来ていると言えます。

SMBCモビットのローン申込機とローン契約機のローンカードが使えるまで

SMBCモビットのローン申込機やローン契約機では、審査結果が出てから、契約書を郵送して返送させるという方法をとっています。

そして、返送されてきて初めて手続きが完了して使えるローンカードを発送しています。

これでは、消費者金融会社を利用される方のニーズである即日キャッシングからはかなりかけ離れていると言わざるを得ません。

SMBCモビットのローンローンカードが使えるのは1週間後?

実際にローンカードが使えるまでに1週間かかると言うことは、消費者金融会社としては致命的な欠陥となっています。

現在の利息制限法内での低い金利での貸付においては、利用者が一番欲しい機能は即日キャッシングであり、それが出来ない場合には、競争上で大きなハンデを抱えていることになります。

即日キャッシングを生かすための工夫を大手消費者金融会社は行っていますが、その点でSMBCモビットはかなり遅れていると言わざるを得ないのです。

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

SMBCモビットはなぜプロミスの無人契約機が使えないの?

SMBCモビットはプロミスの100%子会社となっていますが、あくまでも三井住友銀行グループ内における資本系列がそうなっているだけで、経営統合はほとんど行われておらず、経営権は三井住友銀行が握っています。

そのため、提携ATMなども三井住友銀行は無料ですが、プロミスでは利用手数料がかかるようになっているのです。

審査ノウハウもプロミスのスコアリングシステムを使ってはいるものの、それを完全に信頼していないため、実際の使えるローンカード発行まで長い時間をかけてしまっています。

従って、プロミスの無人契約機についての運営ノウハウは、集中センターに関する部分が一番のキーポイントであり、そこを取り込めていないため、ローン申込機のままになっているのです。

現在はプロミスの良い点を生かすことができていない

SMBCモビットでは、ゆうちょ銀行や地銀などの提携ATMの明細書は貸金業法の規定に沿っていないため、それらの利用者については明細書を自宅に送付しています。

プロミスでは、地銀などとは折衝して明細書を送らなくても良い形に変更させたり、ゆうちょ銀行などについてはネットのサービスで送らなくてもよいようにしています。

基本的には、キャッシングに対する考え方が消費者金融会社にはなっておらず、それが貸金業法の改正によって、大きなチャンスが舞い込みながら、残高を伸ばせなかった原因と言えます。

このような顧客サービスという点で、遅れをとっているのが現状で、プロミスのノウハウを生かすという発想には現在のところは至っていないのです。

SMBCモビットはなぜ審査に時間がかかる?

SMBCモビットには、もともと即日キャッシングという発想に乏しく、クレジットカードのように発行に時間がかかっても仕方がないという考え方があるため、審査も慎重に時間をかけるようになっています。

それがプロミスのノウハウを生かせない原因でもあるのです。

SMBCモビットは自前のATMもない?

SMBCモビットには、もともと自前の店舗がなく、大手消費者金融会社の無人契約機の普及の中で仕方なく、ローン申込機を導入しています。

しかし、あくまでもコストを極力抑えるための申し込みの受付という発想だけで、審査の迅速化やそこでお金を引き出してもらうためのATMを設置するという発想がないのです。

SMBCモビットのATMの使える提携先は

SMBCモビットは、自前のATMがなく、店舗網もないことから、提携ATMは他の大手消費者金融会社と同様、多くの提携先を持っています。

但し、三井住友銀行のATMを除きますと、すべて利用手数料が必要になります。

しかも、ここでもコスト削減が優先して、地銀などのATMで発行する明細書は貸金業法上の明細書の要件を満たしておらず、それらの利用者には自宅に明細書を発行する形をとっているのです。

従って、ここでも利用者にとっては非常に使いにくい提携ATMとなっているのです。

SMBCモビットはネットを中心に営業展開をしている

SMBCモビットは、店舗も無人契約機もないために、それに代わるものとして当初からネットによる集客に力を入れてきました。

会員専用サービスとして「Myモビ」やスマートフォン向けのSMBCモビットアプリなどを開発し、ローンカードに頼らない営業展開を目指しているのです。

従って、現状で、SMBCモビットには、無人契約機という考え方がないのです。

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

SMBCモビットの無人契約機に代わるネット展開手法

では、SMBCモビットの無人契約機などに代わるネット展開手法について詳しく見てみましょう。

本来、店舗網を持つと言うことは、大きな設備投資が必要で、さらに運営コストがかかるために、当初方針として、集客にコストがかからないネットでの営業展開を目指したと言えます。

それが現在も継続しているのです。但し、それがすべて店舗網に代わって顧客サービスを提供できているかは別問題です。

無人契約機に代わるSMBCモビットのWEB完結申込による即日キャッシング

まず、SMBCモビットでは、消費者金融会社としての存在意義にも通じる即日キャッシングについては、WEB完結申込というローンカードを発行しない形での、申し込みができるようにしています。

これによって、当日の14時50分までにWEB完結申込を完了させれば、当日中に銀行口座にお金を振込んでもらえるのです。

しかし、現実的には振込先口座が三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかに限られ、成約率も通常よりも低いとなりますので、実際に使える人はほんのわずかです。

とても市場のニーズに対応した即日キャッシングとは言いがたいものとなってしまっています。

SMBCモビットの会員専用サービス「Myモビ」

SMBCモビットの会員専用サービスである「Myモビ」は、ローンカードにかかわるサービスについては、すべてできるようになっています。
「Myモビ」の機能としては、

  • 増枠の審査の申し込み
  • 振込みキャッシング
  • 返済シミュレーション
  • 取引履歴や残高の照会
  • 契約内容の照会
  • 各種届け出書類の提出(源泉徴収票、運転免許証など)
  • 届け出内容の変更、カードの紛失盗難の連絡

などになっています。

ただ、プロミスのように、無料で銀行振込みによる返済をインターネットバンキングから行うことはできません。手数料は当たり前という発想になっています。

SMBCモビットアプリという「Myモビ」のスマートフォン版

また、SMBCモビットは、最近のスマートフォンの普及に伴って、「Myモビ」がスマホ版アプリとして提供しており、パソコン版でできることはすべてできるようになっています。

そして、さらにパソコン版の「Myモビ」にはできない機能も加わっているのです。

SMBCモビットは無人契約機とローンカードがなくてもキャッシングができる

SMBCモビットでは、セブン銀行の提携ATM(セブンイレブン、イトーヨーカ堂などに設置)では、スマートフォンの赤外線通信機能を使って、ローンカードを入れなくても、ATMで入出金ができる仕組みを取り入れています。

スマートフォンは持ち歩かない訳にはいきませんが、いつ使うかわからないローンカードは持ち歩く必要がなくなるのです。

セブンイレブンは全国に2万店舗以上あり、全国どこに行ってもあります。設置されたATMにスマートフォンを向けるだけで、ATMでローンカードと同じようにお金を引き出したり、入れたりできるのです。

非常に便利ですが、やはり利用手数料はかかります。

SMBCモビットはローンカードに依存しない使い方ができる

従って、SMBCモビットはローンカードに依存しないキャッシングの形態を模索していると言えます。

しかし、SMBCモビットは、もう一つそこに大きな落とし穴があります。

すなわち、SMBCモビットは、直営のATMがなく、ほとんどがネットか提携ATMに依存した利用になるにもかかわらず、無料で利用できる手段が少ないことです。

すなわち、出金に関しては、ネットから振込みキャッシングでやれば、無料ですが、提携ATMでは、三井住友銀行以外ではすべて利用手数料がかかります。

また、返済においては、利用手数料は提携ATMを使えば、60回で返済したとしますと、1万円程度の利用手数料がかかります。

プロミスなどの大手消費者金融会社は、自前のATMが1千台近くあるのです。

さらに、大手消費者金融会社では、ネットの会員サービスとして、無料での銀行口座からのインターネットバンキングを使った返済ができるようになっています。

従って、賢く無料で出金も返済もできる方法が用意されているのです。

SMBCモビットの改善余地

それに対して、SMBCモビットの場合には、自前のATMはなく、しかも銀行振込みも無料でできる方法がありません。

銀行送金の場合、60回返済しますと、3~4万円の送金手数料がかかってしまうのです。

これらの点も含めてSMBCモビットは、今後プロミスとの経営統合によって今後さまざまなサービス向上が図れる余地が大きいと言えます。

SMBCモビットは店舗を持たないだけにWEBの依存度が高くせざるを得ない

ただ、現状のSMBCモビットは、経営方針として、店舗網がないだけに、現在のようにネット、すなわち、WEBに対する依存度を高くせざるを得なくなっていると言えます。

現在のコストをかけない経営方針は銀行主導で行われており、消費者金融会社の資金の重点配備による資金効率の向上という方向にはなっていないのです。

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

SMBCモビットの今後の方向は?

SMBCモビットは、これまで柔軟な発想による消費者金融会社の運営ができていませんでした。

しかし、貸金業法の改正から既に12年が経過し、過払い金返還請求をされる方は大幅に低下してきており、親会社になっているプロミスの経営状況は今後大きく改善してくる可能性が高いと言えます。

これまでは、過払い金返還のないSMBCモビットは、過払い金返還で採算性の低くなっているプロミスと統合するメリットはなく、自分たちのやり方を押し通すことができました。

しかし、今後、過払い金返還が一気に低下してくることによりプロミスの採算性は大きく改善してくる可能性が高いと言えます。

そうなりますと、三井住友銀行としても全体の経営効率からみて、プロミスの手法、ノウハウをSMBCモビットに統合させる可能性が高くなると考えられます。

プロミスの強みとSMBCモビットの持つネットの強みを統合すれば、さらに顧客サービスが充実する可能性が高く、特にそれはSMBCモビット側にそれは大きいと言えるのです。

経営統合からさらに進んで組織そのものの統合の可能性もあると言えます。

まとめ

SMBCモビットの無人契約機に対する考え方に見られる顧客サービスの不足点を中心にご説明しました。

SMBCモビットは、プロミスの100%子会社となっていますが、実態としては、未だ三井住友銀行が経営の主導権を握っており、消費者金融会社としては、顧客サービスという点でかなり、大手消費者金融会社に見劣りがします。

無人契約機がなく、ローン申込機になっていることもその一つの現われです。

その他にも、かなり利用者の利便性、ニーズに対して応えきれていないことが、大きく伸ばすことができず、準大手にとどまっている要因となっています。

その原因として、これまでプロミスが過払い金返還の負担により、採算性が悪く、経営統合しても採算性で寄与できる点がなかったことがあります。

しかし、過払い金返還の申請件数は貸金業法の改正から12年を経過して、ここ2年ほどで大きく低下しており、プロミスの利益性は大きく改善してくることが予想されます。

そのため、今後、SMBCモビットはプロミスとの経営統合に進み出し、利用者に対するサービス提供は大きく改善してくる余地が大きいと言えます。

SMBCモビットの詳細はコチラ >>