SMBCモビットの解約はコールセンターへ電話のみ!メリットやトラブルについても検証します

サイトマップ
カードローン110番 > SMBCモビットのキャッシングは即日でできる! > SMBCモビットの解約はコールセンターへ電話のみ!メリットやトラブルについても検証します

SMBCモビットの解約はコールセンターへ電話のみ!メリットやトラブルについても検証します

SMBCモビットで借りたお金をすべて完済したら、勝手にSMBCモビットを解約していると思っていませんか?

実は、あなたからSMBCモビットの解約連絡を入れないとSMBCモビットとの関係は続いていることになっているのです。

ここでは、SMBCモビットの解約について詳細に解説していきます。

【目 次】
  1. SMBCモビットを解約するために知っておくべきこと
  2. SMBCモビットを解約するメリット
  3. SMBCモビットを解約するデメリット
  4. SMBCモビット解約の流れ
  5. SMBCモビットを解約するおすすめタイミング

SMBCモビットを解約するために知っておくべきこと

まず、SMBCモビットとの契約を解約するためにあなたが知っておくべきことについて解説していきます。

SMBCモビットでの借入を完済していること

SMBCモビットを解約する絶対条件として、SMBCモビットで借り入れた金額を利息も含めてすべて返済し終えている必要があります。

たった1円でも返済額が残っている場合には解約をすることはできませんので、解約したい場合には必ず借入額全てを返済しているかどうかを確認しておきましょう。

SMBCモビットへ完済しているかどうかを確認するには、Myモビにログインし、あなたの返済残 高を確認する方法が一番早いです。

Myモビについては、「SMBCモビット会員ページのログイン方法とできること(PC・スマホ・ケータイ)まとめ」でまとめています。

SMBCモビットコールセンターへ電話をしても、返済残高については教えてもらえますので、自分にとって便利な方法で確認してください。

完済をしても自動的に解約にはならない

SMBCモビットへ全額返済が完了したからといって、契約が自動的に解約になることはありません。

SMBCモビットへ解約の意思を連絡しないかぎりは、「自動更新」という形で契約が続けられます。

完済後、自動的にSMBCモビットとの契約が切れていると思って安心していたときに、隠していた家族にバレてしまったという話も聞きますので、解約が必要な人は必ずSMBCモビットへ連絡を入れましょう(解約方法については後述します)。

申込段階から家族バレが怖い方は、家族バレしにくいWEB完結が便利です。

SMBCモビットのWEB完結(必要書類や審査時間、申込の流れなど)を完全解説!」でまとめていますので参考にしてみてください。

解約する方法は電話連絡のみ

SMBCモビットには、他の大手消費者金融と違って店頭窓口がありませんので、解約方法はSMBCモビットコールセンターへの電話連絡のみとなります。

SMBCモビットコールセンター(フリーコール)
0120-24-7217
(営業時間9:00~21:00)

その他、メールなどの連絡では解約することが出来ませんので注意が必要です。

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

SMBCモビットを解約するメリット

わざわざ電話連絡をしないと解約できないSMBCモビットですが、SMBCモビットを解約するメリットというのはあるのでしょうか?

容易に借り入れが出来なくなる

SMBCモビットと契約したままだと、完済したのちに再度SMBCモビットから借り入れをすることが出来るようになります。

そのため、消費者金融からお金を借りることが癖になってしまい、少額でもお金がないと借入をしてしまうようになります。

消費者金融から借り入れを行うということは、かならず利息が必要になり、借入金額よりも多くの金額を返済しなければなりません。

つまり、借入をし続けるということは、確実のお金を損していることになります。

借入の癖がついてしまうと、結果本来なら不必要なお金を損してしまうことになりますので、それを防止することが出来るというのが解約のメリットかと思います。

金利を通常よりもどのくらい払っているのかが気になる方は、「SMBCモビットの金利と返済のコツを詳しくお伝えします」で解説していますので参考にしてみてください。

住宅ローンなどの他ローン審査を受けるときに有利

今後、住宅ローンや車のローンなど、金額の大きなローンをする可能性がある人は、SMBCモビットを解約することをおすすめします。

SMBCモビットで契約をし続けていると、完済していても信用情報に借入可能枠が記録され続けてしまいます。

つまり、実際に借入していなくとも、いつでもSMBCモビットで借入できる状態であることが他ローン業者にバレてしまうため、他ローンの審査で不利になってしまう可能性が高いのです。

住宅ローンなどのローンを今後組む予定がある場合には、積極的にSMBCモビットの契約を解約しておきましょう。

モビットカードの不正利用を防げる

SMBCモビットで完済をすると、存在を忘れがちなのがモビットカードです。
普段使わないようになりますから、どこに置いたか忘れてしまったり、紛失しても気づきにくかったりします。

つまり、不正利用されても気づきにくいのです。

すぐに借り入れる予定があるなら別ですが、SMBCモビットで借り入れる予定がない場合には紛失などで不正利用をされることを防ぐためにも解約しておくとよいです。

SMBCモビットカードのデメリットについては、「モビットカードの申込方法やメリット、デメリットについて詳細に解説!」で解説しています。

SMBCモビットを解約するデメリット

ここまではSMBCモビットで解約するメリットをお伝えしてきました。逆にSMBCモビットを解約してしまうデメリットはあるのでしょうか?

私の考えるデメリットについて紹介していきます。

再度利用したい場合(再契約)には初回同様の審査が必要

SMBCモビットを一度解約してしまうと、再度SMBCモビットで借入を行う場合には初回と同様の審査が必要になります。

一度SMBCモビットで審査に受かったからといって、必要書類が免除されたり優先的に審査を受けられたりすることは一切ありません。

他の新規申し込み者と同様の扱いとなりますので、近いうちにSMBCモビットで借り入れる予定がある人は解約するのは待った方がいいでしょう。

SMBCモビットでの実績積み上げが無くなる

SMBCモビットで何度か借入を繰り返していると、SMBCモビット側への信頼度があがり、限度額が増えたり金利が引き下げられたりすることがあります。

こういった信頼により優遇されたことが、解約した時点で一切なくなります。

先ほど説明したように、解約後再度SMBCモビットからお金を借りたい場合には新規申込み者と同様になりますので、SMBCモビットへの信頼度はリセットされてしまいます。

コンスタントにSMBCモビットで借入しており、優遇されている条件がある人は、先ほど紹介した解約するメリットと比較して解約について考えてみることをおすすめします。

急な借入が出来なくなる

SMBCモビットを解約してしまうと、当たり前ですがすぐにSMBCモビットからお金を借りられなくなります。

急な借入が必要になる状況にならないようにするのが一番ですが、もし頻繁に借り入れが必要になってしまうようであれば、SMBCモビットを解約しないままにしておくべきです。

解約をしなければ、自分の限度額に合わせた額をいつでもSMBCモビットから借りられますので、あなたの借り入れ状況によって解約するかどうかを決定しましょう。

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

SMBCモビット解約の流れ

それでは実際にどうやってSMBCモビットの解約をしていけばいいのでしょうか?
順を追って説明していきたいと思います。

①借入残高を完済する

まずはSMBCモビットで借り入れている金額をすべて返済しましょう。

ついつい忘れてしまいがちなのが利息の存在です。

消費者金融では、「30万円借りたから30万円ちょうど返せばいいや!」という形には絶対になりません。
借りていた期間分の利息がプラスされてきます。

自分がしっかりと完済できているか、MyモビやSMBCモビットコールセンターで必ず確認するようにしましょう。

SMBCモビット会員サイト「Myモビ」については、「SMBCモビット会員ページのログイン方法とできること(PC・スマホ・ケータイ)まとめ」で解説しています。

SMBCモビットコールセンター(フリーコール)
0120-24-7217
(営業時間9:00~21:00)

②SMBCモビットコールセンターへ電話連絡をする

SMBCモビットでは最初に解説したように、SMBCモビットコールセンターへの電話連絡でのみ解約を受けてうけています。

他の方法は一切ありませんので、SMBCモビットコールセンターへ解約の旨を伝えましょう。

③契約書などを返送する

これは人によって異なることがあるのですが、②のSMBCモビットコールセンターへ連絡をした際に、契約書などの書類を返送して欲しいと言われた場合に返送するようにしてください。

場合によっては、返送不要のこともありますので電話にでた担当者の指示通りにするようにしてください。

④モビットカードを処分する

書類の返送など、SMBCモビットコールで指示された内容が終了したら、モビットカードを処分しましょう。

処分する際には、必ずハサミを入れて、きれいなカードのまま捨てないようにしましょう。

これでSMBCモビットの解約は完了です。

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

SMBCモビットを解約するときにトラブルってあるの?

SMBCモビットを解約する方法は、先ほどから説明しているようにSMBCモビットコールセンターへ電話する方法のみになります。

そのため、電話が苦手な人は、「コールセンターの人に引き留められたりしないか?」など不安な点があるようです。

実際に、SMBCモビットに引き留められるようなことはなく、返済残高がしっかりと返済されていればトラブルなどなく解約手続きに進むことができます。

SMBCモビットを解約するおすすめタイミング

SMBCモビットでの借入金額が完済したからといって、すぐにSMBCモビットを解約してしまうのはあまりおすすめできません。

SMBCモビットで完済したのち、ある程度生活が安定するまではSMBCモビットとの契約は解約しない方がいいです。

SMBCモビットで完済後、完済したのがうれしくてあっという間にSMBCモビットを解約してしまったけれど、貯金もないままだったので家賃が払えず、またどこかの消費者金融に申し込まなくてはならなくなった知人を知っています。

そのため、自分の数ケ月後先まで見据えたうえで、少しでも借入する可能性があった場合にはSMBCモビットはそのままに、もう二度と借りなくても大丈夫!と思えるくらいであればSMBCモビットを解約することをおすすめします。

強制解約に注意

基本的にはSMBCモビット側から解約することはありませんが、場合によってはSMBCモビット側から強制解約という形で解約されてしまう場合があります。

どんなときかというと、SMBCモビットで遅延や延滞を繰り返している場合です。

SMBCモビット側から強制解約されたといっても、返済しきれていない借金がなくなるということではありません。

引き続きSMBCモビットから督促されるか、債権回収業者に委託されるか、どちらにしても引き続きSMBCモビットでの借金を返していく必要があります。

気をつけなければならない点として、強制解約をされると再度SMBCモビットで借入をすることができません。

今後、借入を行う際の消費者金融の候補が一つ無くなってしまうことになりますので、強制解約されないよう、計画的に借り入れ、返済を行っていくようにしましょう。

SMBCモビットの詳細はコチラ >>