SMBCモビットの借り入れ方法は?1,000円単位でも借り入れできる?

サイトマップ
カードローン110番 > SMBCモビットのキャッシングは即日でできる! > SMBCモビットの借り入れ方法は?1,000円単位でも借り入れできる?

SMBCモビットの借り入れ方法は?1,000円単位でも借り入れできる?


SMBCモビットを上手に活用するために、ここで借り入れ方法を整理しておきましょう。また、急な金欠にも対応できるように、少額借り入れも可能かどうかもチェックしておきましょう!

SMBCモビットの借り入れ方法

SMBCモビットの借り入れ方法には、「振込みキャッシング」と「提携ATMのキャッシング」の2種類あります。両方の借り入れ方法を把握しておくことで、便利にSMBCモビットを活用することができますよ!

振込みキャッシングによる借り入れ

振込みキャッシングとは、SMBCモビットから指定口座にお金を振り込んでもらう方法です。ネットや電話から手続きができるから、手間がかかりません。

引落し日に備えて口座にお金を置いておきたい場合や、提携ATMに行くことができない場合に振込みキャッシングは便利ですよ!

ただし、即日融資を希望するなら平日14時50分までに手続きをすることが必須です。

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

注意!SMBCモビットでは土日祝の即日振込みキャッシングはできない

SMBCモビットでは、金融機関が休業日となる土日祝の即日振込キャッシングはできません。手続きを行うことはできますが、何時に手続きをしても振り込みは翌営業日以降となる点に注意です。

土日祝に即日振込キャッシングをしたいなら

金融機関が休業日の土日祝日の振込みキャッシングは諦めるしかない…!?実はそんなことはありません!

アコムとプロミスであれば土日祝日でも即座に振込みキャッシングが可能!下記口座を持っている方はぜひアコムやプロミスを選びましょう。

消費者金融会社 土日祝対応金融機関 振込み実施にかかる時間目安
アコム 楽天銀行 手続きからわずか1分程度
プロミス 三井住友銀行
ジャパンネット銀行
手続きからわずか10秒程度

土日祝日でもこのように即座に振込みがされるのは便利ですよね!

SMBCモビットで融資を決めている方も、土日祝日の急な物入りに備えてアコムかプロミスを契約しておくと安心ですよ。

プロミスの詳細はコチラ >>

アコムの詳細はコチラ >>

提携ATMキャッシングによる借り入れ

SMBCモビットと提携するATMを使ってその場で現金を受け取る方法です。SMBCモビットの提携先は全国約130,000台もあるため、カードさえあればとても便利!すぐに現金を受け取りたい場合や、振込みでは間に合わない場合に重宝します。

注意!SMBCモビットでは借り入れに手数料がかかる

全国に多数提携ATMがあるSMBCモビットですが、実は手数料無料で使えるのは三井住友銀行ATMのみ。他の大手・地方銀行ATMやコンビニATMを使うと、下記の通り手数料がかかるため注意です。

利用金額 手数料
1万円以下 入金・出金ともに108円
1万円超 入金・出金ともに216円

借りるのにも返すのにも手数料がかかってしまうのなら、三井住友銀行口座がなければSMBCモビットを使っても損になると言えますね。

一括返済した場合の手数料などについては「SMBCモビットの一括返済について徹底解説!利息やATM、コンビニ手数料、解約との関係も紹介します。」で解説しています。

無駄に手数料を支払いたくないなら、すべて無料で使える自社ATMが充実しているアコムやプロミスがおすすめです!

プロミスの詳細はコチラ >>

アコムの詳細はコチラ >>

注意!ゆうちょ銀行や地方銀行ATMを使うと後日明細が郵送される!

ATMでキャッシングをすれば家族バレしなくて済むということではありません。

実は、ゆうちょ銀行や地方銀行のATMを使うと、後日利用明細書と領収書が自宅に送られてきます。そのため、家族に内緒で借り入れしたい方にはおすすめできません。

郵便物を一切ナシにしたいなら、アコムやプロミスで検討してみましょう。アコムやプロミスなら、WEB明細登録をしておくことで書類送付を回避することができるので安心です。

どうしてもSMBCモビットがよいという方は、「SMBCモビットのWEB完結(必要書類や審査時間、申込の流れなど)を完全解説!」を参考にしてみてください。

SMBCモビットではどのくらいの期間で借り入れできる?即日可能?

SMBCモビットでは、最短即日での融資が可能です。そのため、お金が欲しいと思った当日すぐに現金を手にしたい方にはSMBCモビットはおすすめです。ただし、即日で借り入れをするための方法は以下2点のみ。しっかりとチェックしておきましょう!

  • カードを使って提携ATMから借り入れをする
  • 平日14時50分までに振込み手続きをする

いつでも即日キャッシングをしたいならカード発行しておこう

振込みキャッシングの場合は時間や曜日によっては翌日以降の融資となりますが、カードローンカードがあればいつでも提携ATMからキャッシングできるから便利です。

急な金欠に備えるためにも、できればSMBCモビットのカードを発行しておくようにしましょう。

SMBCモビット公式サイトの「カード申込」から手続きするか、ローン申込機で手続することで、審査申込みとカード発行をすることができます。

ちなみに、公式サイト上には「WEB完結申込」という方法もありますが、こちらを選ぶとカード発行はされず、振込みキャッシングのみとなるため注意です。

SMBCモビットカードについては、「モビットカードの申込方法やメリット、デメリットについて詳細に解説!」で解説しています。

プロミスの詳細はコチラ >>

アコムの詳細はコチラ >>

1,000円単位で借り入れできる?

SMBCモビットでは、1,000円単位からの借り入れが可能です!だから、「今夜の飲み会費用をなんとかしたい」「給料日までの生活費を少しだけ補てんしたい」というようなときにとても助かりますよ。

少額単位の借り入れなら、返済に困る可能性も低いから気がラクですよね。SMBCモビットは限度額いっぱいの大口融資を検討する利用者に人気ですが、少額借り入れを希望する人にも便利です。

SMBCモビットのメリットデメリットについては、「SMBCモビットのメリット・デメリットを徹底検証!」にまとめてあります。

注意!少額単位のやり取りには手数料に気をつけよう

少額で借りられるのは嬉しいですが、やはり注意点として把握しておいてほしいのはATM手数料です。SMBCモビットは無料で使える自社ATMがないため、借入も返済も手数料が発生します。(※三井住友銀行ATMなら無料)

たとえば100万円借りるために手数料がかかるなら何となく納得できるかもしれませんが、極端な話、たった1,000円借りるために毎回108円かかってしまうのはとても損だと思いませんか?

数千円程度の少額を借りたい人にとっては、わずか108円でも無駄にしたくないはず…。

少しだけお金を借りたいなら、わざわざ手数料がかかるSMBCモビットを選ぶよりも、手数料無料の自社ATMがあるアコムやプロミスで検討した方が賢いと言えるでしょう。

プロミスの詳細はコチラ >>

アコムの詳細はコチラ >>

注意!SMBCモビットに無利息期間はありません

SMBCモビットには、アコムやプロミスにあるような無利息期間はありません。そのため、初回利用分からすべて金利が上乗せされてしまいます。もちろん数千円単位の借り入れであってもです。

大口融資を受けて長期返済を検討しているなら話は別ですが、短期で少額を借りたい方にとっては、あまりSMBCモビットを利用するのはおすすめできません。

アコムやプロミスであれば30日間完全無利息なので、無駄なお金を支払うことなく、本当に借りたい分だけ借りることが可能です。

消費者金融を利用するなら、借り入れ情報をしっかり把握した上で、正しく無駄なく利用しましょう!


プロミスの詳細はコチラ >>

アコムの詳細はコチラ >>

SMBCモビットの詳細はコチラ >>