「SMBCモビットのキャッシングは即日でできる!」の記事一覧

サイトマップ
カードローン110番 > SMBCモビットのキャッシングは即日でできる!

SMBCモビットのキャッシングは即日でできる!

SMBCモビットとは

SMBCモビットは、消費者金融会社で、プロミスの100%子会社です。消費者金融業界では、準大手に位置付けられます。

このSMBCモビットは、2000年に当時の三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)が主体となり、プロミスとアプラスが出資してできた初めての本格的都市銀行系消費者金融会社モビットとしてスタートしています。

設立当初から融資金利は18%以下でスタートして注目されましたが、当時は大手消費者金融会社が最盛期を迎え、1兆円の残高をめぐってしのぎを削っていた時代であり、大きく伸びることはできませんでした。

その後、アプラスが資本撤退し、プロミスも三井住友銀行の子会社になり、三和銀行は三菱東京UFJ銀行に吸収合併されました。

そのため、モビットは三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行という二つのメガバンクの共同出資の形になったのです。

当時の出資比率では三菱東京UFJ銀行の比率が高く、三菱東京UFJ銀行系消費者金融会社と言われていました。しかし、2013年に、モビットは経営不振から消費者金融事業と銀行の保証事業に分割されたのです。

三井住友銀行グループの100%子会社からプロミスの100%子会社へ

分割の際に、本業の消費者金融会社は三井住友銀行グループのSMBCモビットになり、銀行保証会社は三菱東京UFJ銀行系列として再出発したのです。(同時にプロミスも100%子会社になっています。)

従って、SMBCモビットは三井住友銀行グループ消費者金融会社となったのです。

さらに2014年3月には、三井住友銀行の100%子会社となったプロミス(会社名はSMBCコンシューマーファイナンス)がモビットの株式すべてを所有し、プロミスの100%子会社となって現在に至っています。

2017年12月1日、三井住友銀行のグループ会社としての位置付けを明確化するために、社名を「株式会社モビット」から「株式会社SMBCモビット」へ変更しています。

SMBCモビットはプロミスの子会社

このような経過によって、SMBCモビットはプロミスの100%子会社になりましたが、営業形態や経営については、プロミスとは切り離されたままになっています。
従来の銀行系消費者金融会社としての姿勢は合併から4年近く経ちますが変わっていません。

すなわち、SMBCモビットは、現在でも店舗は持たず、自動契約機を持っていませんし、プロミスの審査とは完全に切り離され、経営そのものは三井住友銀行が握っている形になっています。

資本効率から言えば、SMBCモビットはプロミスと合併させてしまうか、営業統合をすることが望ましいはずなのですが、現在まで行われていません。

SMBCモビットは三井住友銀行グループの会社

従って、SMBCモビットはプロミスの100%子会社とは言っても、あくまでも三井住友銀行グループの系列消費者金融会社としての立場は変わっていません。

プロミスの自動契約機なども使えない形となっており、インターネットやスマホなどを通して利用者の獲得に重心を置く形になっています。

三井住友銀行グループは、2013年に経営効率のために消費者信用事業の整理を行い、クレジットカード事業は三井住友カードを、消費者金融事業はプロミスという形に統合しました。

その中で当時のモビットもプロミスの子会社化したのですが、現実的には資本系列の整理統合はされましたが、経営効率の向上のための政策は先送りになっています。

消費者金融事業の中でも、プロミスは過払い金返還が多額の負担となって利益体質の回復が遅れています。

それを嫌って過払い金返還のないSMBCモビットの三井住友銀行出身の経営陣は経営統合を嫌っているためと推測されます。

ただ、2016年には確実に過払い金返還件数は減少してきており、今後プロミスとSMBCモビットの経営統合は進み出す可能性はあると考えられます。

SMBCモビットのローンカードは即日キャッシングが可能

SMBCモビットは、店舗がなく、ネットからの申し込みが中心になっています。

また、無人のローン申込機や三井住友銀行にあるローン契約機で申込はできますが、契約まではできません。

審査結果が出る前に5分ほどでローンカードを発行し、あとで審査結果を電話やメールで連絡するのです。

それから借入の確認と入会手続きの説明をした上で、SMBCモビットとから送られてくる必要な契約書類を返送することでローンカードが使えるようになります。

そのため、ローンカード発行の場合には審査当日の即日キャッシングという訳にはいきません。

審査当日に即日キャッシングが必要な場合には、ネットで申込んでカード発行をせずに、WEB完結と言う方法で自分の銀行口座にお金を振込んでもらう形になります。

SMBCモビットはATMで即日キャッシングが可能?

従って、SMBCモビットの場合には、ネットの場合にはローンカードの発行までには数日以上期間が必要ですので審査当日の即日キャッシングはできません。

また、ローン申込機もローンカードは発行されますが、利用できるのは契約書類を送付して手続き完了後になるため、即日キャッシングはできません。

契約手続きが完了してしまえば、その時点から即日キャッシングができるようになるのです。

しかも、SMBCモビットには、自前のATMはなく、すべて提携ATMからの入出金になりますので、それらにはほとんどで利用手数料がかかってきます。

SMBCモビットは振込みで即日キャッシングが可能

本当の意味で、SMBCモビットで申込み当日の即日キャッシングは、パソコン、スマートフォン、携帯電話からWEB完結と言う方法でネット申込みをすることによって可能になります。

SMBCモビットから自分の銀行口座にお金が振り込まれてくる形になります。

但し、この場合も、銀行口座にお金が振り込まれる形になりますので、銀行口座の入金は15時までですので、すべての手続きを14時50分くらいまでに終わっている必要があります。

しかも、WEB完結での申込みの場合は、対象の銀行口座は三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に限られています。

審査は最短で30分となっていますが、1時間以上かかることも多く、出来れば、昼までに申し込みをする必要があります。

手続きを完了すれば、3分ほどで送金がされます。

SMBCモビットは審査結果が出る前にカードを発行、電話・メールで結果連絡

ローン申込機や三井住友銀行のローン契約機で申込みをする場合には、まず申し込み手続きが終わってすぐにローンカードが発行されます。

但し、このローンカードはすぐに使うことはできせん。

最短で30分、通常は1時間以上かかって審査結果の連絡が電話で来ます。

その際に借入意志の確認が行われ、入会手続きの案内が行われます。

そして、SMBCモビットから契約書類が送られてきますので、それと必要書類を返送した後に手続きが完了し、ローンカードは使えるようになるのです。

たいていは1週間くらいの期間がかかります。

また、ローンカードそのものは、ネット経由でWEB完結をしない場合は、審査結果が出れば、近くのローン申込機や三井住友銀行のローン契約機に行けばカードは発行されます。

但し、そのローンカード使えるのは、やはり契約が完了する1週間後以降になります。

従って、早くお金が欲しい場合には、パソコンやスマホからWEB完結で申し込みをすることになります。

SMBCモビットは提携ATMで

SMBCモビットのローンカードは、契約手続きが完了しますと、他の消費者金融会社と同様、提携ATMでお金の入出金を行うことができます。

SMBCモビットには直営ATMはない

但し、SMBCモビットには他の大手消費者金融会社のように、店舗網がないため、直営のATMは存在していません。
従って、ローンカードのすべての入出金は提携ATMで行うことになります。

SMBCモビットの提携ATMはすべて利用手数料がかかる

しかし、SMBCモビットの提携ATMは、ほとんどの入出金におけて利用手数料がかかってきます。

三井住友銀行のATMだけが無料になっています。100%親会社のプロミスのATMも利用手数料がかかるのです。

1万円以下の場合は、108円、1万円超の場合は216円の利用手数料がかかります。

従って、一度出金し、60回で返済するとしますと、利用手数料だけで1万円程度がかかってくることになります。

大手消費者金融会社などの場合には、直営ATMが千台程度あり、都市部であれば、少し探せば無料で返済ができますが、SMBCモビットの場合にはそれはできません。

また、ゆうちょ銀行を含め、かなりの銀行系ATMでは、利用明細書が自宅に送付されることになっており、家族に内緒で利用する場合には注意する必要があります。

SMBCモビットの申し込み方法

SMBCモビットのキャッシングの申し込み方法を簡単にご説明します。

SMBCモビットは自動契約機ではなく、ローン申込機

すでにご説明しましたように、SMBCモビットのローン申込機や三井住友銀行のローン契約機は、あくまでも申し込みをするための機械です。

大手消費者金融会社の無人店における自動契約機のように、申し込みから契約完了してカード発行まで行うと言う形になっていません。

申し込み手続きそのものは借入申込書を書いてスキャナーに通すだけですので、5分ほどでローンカードが出てきます。

しかし、そのローンカードは審査に通り、契約手続きが完了しませんと使えませんので、ぬか喜びはしないでください。

カードが出てきたからすぐに使えると誤解される方もいますが、SMBCモビットの契約成約率は20%台であり、カードが使えるようになる方は4人に1人くらいなのです。

SMBCモビットの申し込み:パソコンで

SMBCモビットでは、パソコンでインターネットサイトから申し込みができます。

この場合も、まず、借入申込書の各項目に入力をして、送信するだけになります。

その際にはカード発行か、WEB完結かを選択します。WEB完結の場合には、送金先の自分の銀行口座を記入します。

その場合、銀行口座は三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に限られますので、注意してください。

それから30分から1時間以上かけて審査が行われ、メールか電話で審査結果の連絡が来ます。
WEB完結の場合はメールでの連絡です。

審査でOKがでれば、借入意志の確認が行われ、入会手続きの説明が行われます。

WEB完結の場合は、それで手続きは完了し、入会完了メールが来れば、「Myモビ」から振込みキャッシングを選べば、14時50分までであれば、当日にお金が振り込まれます。

ローンカード発行の場合

カード発行を希望した場合には、SMBCモビットから契約書類と必要書類の連絡が送られてきますので、契約書類にサインをして、必要書類(運転免許証や源泉徴収票など)と一緒に返送してください。

必要書類がSMBCモビットに着きますと、手続きが完了し、ローンカードが送られてきます。

早くローンカードが欲しい場合は、ローン申込機か三井住友銀行のローン契約機に行けば、発行してもらえます。

但し、いずれにしても契約手続きが完了していなければ、ローンカードは使えません。
この辺はいかにも銀行系の消費者金融会社という感じですね。

SMBCモビットの申し込み:スマートフォン・携帯電話で

SMBCモビットのスマホ、携帯電話の申し込みもパソコンと同じ手続きになります。

ローンカードを発行しないWEB完結の場合は、電話連絡や必要書類を郵送すると言うこともありません。

但し、収入証明書を郵送しないため、カードの利用限度額は50万円以内になります。

他社での借入と希望借入枠が合わせて100万円を越える場合には、ほぼ断わりになると考えてください。

SMBCモビットの申し込み:WEBですべて完結できる

このように、WEB完結の申し込みの場合は書類のやり取りもなく、簡単にネット上でキャッシングを行えるようになります。

しかし、簡単なように感じますが、審査はより厳しくなります。従って、通常よりも契約の成約率は低くなってしまうのです。

SMBCモビットの申し込み:電話で

SMBCモビットの申し込みはフリーコール(0120-03-5000)に電話で可能です。

借入申込書の項目について聞かれていきますので、少し時間はかかります。(フリーコールなので通話料は無料)

後の流れは、ネットと変わりません。

但し、電話での申し込みの場合は、WEB完結はできませんので、申込日における即日キャッシングはできません。

SMBCモビットの申し込み:三井住友銀行内ローン契約機で

三井住友銀行内にあるローン契約機は、SMBCモビットのローン申込機と同じ手続きになります。

これもWEB完結はできませんので、申込み当日の即日キャッシングはできません。

SMBCモビットの申し込み:郵送で

SMBCモビットでは、三井住友銀行などに借入申込書を置いていますので、それに記入して郵送で申し込むことができます。

この場合も、送ってから着くまでに時間はかかりますが、審査結果が出てからの手続きは他の方法と同じになります。

この場合も、カード発行のみで、WEB完結はできません。

SMBCモビットの審査時間はどれくらい?

SMBCモビットに借入を申込んでから審査が行われますが、ホームページなどの記載を見ますと最短30分としか書かれていません。

大手消費者金融会社の場合には、30分から1時間以内には使えるカード発行まで可能ですが、SMBCモビットの場合には、審査はもっとかかると考えた方が良いでしょう。

大手消費者金融会社よりも銀行系消費者金融会社であるだけに、利用者層のレベル高いはずですが、成約率は大手の半分くらいであり、かなり慎重な審査姿勢と言えます。

従って、結果がでるまでは1時間を越えると考えておいた方が良いでしょう。逆に早く結果がくれば、断わりの場合が多いと言えます。

SMBCモビットの申込みで必要書類は?

基本的には、SMBCモビットも銀行ではなく、消費者金融会社になります。

従って貸金業法上の規定により、50万円を越える希望借入枠や他社借入と希望借入枠の合計が100万円を越える場合には、源泉徴収票などの収入証明書が必要になります。

WEB完結の場合必要書類がいらないのは、50万円以下の借入に限定しているためです。

そのWEB完結でも本来は、本人確認で運転免許証そのものは必要になりますが、免許証番号などで済ませていると考えられます。

いずれにしても、ローンカード発行の場合には、運転免許証のコピーや50万円を越える利用可能額の場合には、源泉徴収票などが必要書類として送る必要があります。

SMBCモビットの申し込みで即日キャッシングが可能なのは

従って、SMBCモビットで申込日の即日キャッシングが可能になるのは、50万円以内のWEB完結の場合に限られ、それも14時50分までに借入手続きが完了していることが条件になります。

しかも、WEB完結の場合は、振込み先口座が三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に限られていますので、即日キャッシングが可能とは言っても、かなり限られた方になります。

この辺りは、三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行が出資者であった当時から変わっていないのでしょう。

申し込みは13時までに行わなければ、難しい場合もあります。

SMBCモビットのキャッシング番号とはモビットカード番号

SMBCモビットのキャッシング番号は、モビットカードにある会員番号のことになります。

次にご説明します、ネットでの「Myモビ」などで振込みキャッシングを行なうなど、さまざまな手続きをする場合には必要になります。

SMBCモビットの会員専用サービス「Myモビ」とは

SMBCモビットは、店舗網がなく、提携ATMがほとんどであるため、ネットでのキャッシングやそれに伴う手続きなどを充実させています。

それが会員専用サービスである「Myモビ」なのです。「Myモビ」には、カードローンのキャッシング番号と暗証番号によってアクセスすることができます。

SMBCモビットの会員専用サービス「Myモビ」でできること

SMBCモビットの会員専用サービス「Myモビ」では、カードローンに必要な機能や、必要になる手続き、うまくカードローンを使うための機能がすべて実現されています。

それらの機能についてご説明します。

SMBCモビットの「Myモビ」:増枠審査申込み

SMBCモビットも他の消費者金融会社と同様、遅れなく返済していた場合、信用度が高まり、利用限度枠が高くなります。

定期的に信用情報機関から個人情報を取得し、返済実績を加味して再審査をしており、利用限度枠が広がる場合には、メールなどで増枠の紹介があります。

そのような場合には、「Myモビ」で増枠の審査申込みができます。

但し、50万円を越えて増枠をする場合には、収入証明書として源泉徴収票などが必要になりますが、それもこの「Myモビ」を使って写真を送信することができます。

SMBCモビットの「Myモビ」:振込みキャッシング

SMBCモビットの「Myモビ」では、必要な時にはいつでも振込みキャッシングをすることができます。

登録しておいた銀行口座にお金が振り込まれてきます。手数料は無料です。

手数料をかけて提携ATMで引き出す必要はないのです。但し、当日に振込んでもらうためには、14時50分までに申し込みを完了させる必要があります。

SMBCモビットの「Myモビ」:取引履歴紹介

SMBCモビットの「Myモビ」では、これまでの借入と返済の履歴を見ることができます。

ローンカードを賢く使うためには、借入残高などを常に把握して、極力残高を早く減らせられるように意識していく必要があります。

ローンカードはあくまでもいざどうしても必要という時のために、極力借入可能枠をたくさん残しておくのが賢い使い方です。

SMBCモビットの「Myモビ」:支払予定日の登録・変更

SMBCモビットの「Myモビ」では、実際に借入をした場合の、支払予定日を登録したり、変更したりすることができます。

但し、基本的には支払予定日は実際の支払日が先に延びるような変更は極力行わないようにしてください。

それによって延滞そのものは防ぐことはできますが、SMBCモビットに対する心証は悪くなり、以降の増枠の申込などにおいて不利に働くことがありますので、注意してください。

SMBCモビットの「Myモビ」:契約内容紹介

SMBCモビットの「Myモビ」では、現在のローンカードの契約内容、すなわち、利用限度額、極度額、借入金利などを確認できます。

増枠をしている場合には、契約書の書き換えをしませんので、基本的に現在の借入内容がわからない場合もあるのです。そのような時には便利に使えます。

SMBCモビットの「Myモビ」:各種届け出内容の変更

SMBCモビットでは、借入時に借入申込書に記入した項目などが届け出内容として登録されていますが、「Myモビ」では、それらの内容の変更が可能になります。

転職したとか、転居をした場合には、登録の変更が必要です。

これらを怠りますと、信用を失い、増枠などで不利になることが出てきます。

早めに「Myモビ」で登録内容の変更をしておいてください。

SMBCモビットの「Myモビ」:各種書類の提出

SMBCモビットの「Myモビ」では、増枠などの際に本人確認のための運転免許証や、収入証明書としての源泉徴収票を写真に撮って送信することができます。

簡単に取り込むことができるようになっており、セキュリティも高いため、メールなどよりも有効に利用できます。

SMBCモビットの「Myモビ」:返済シミュレーション

SMBCモビットの「Myモビ」では、今後の利息や返済金額についてのシミュレーションができるようになっており、どれくらい支払えば、いつまでに完済できるかなどを知ることができます。

ローンカードを賢く使うためには、常に借入残高を確認するとともに、いくらくらい返せば、早く借入残高を減らすことができるのかを意識して、毎月の返済を行う必要があります。

そのためにも、「Myモビ」をうまく使うようにしてください。

SMBCモビットの「Myモビ」:カードの紛失・盗難の連絡

SMBCモビットの「Myモビ」では、ローンカードを紛失したり、盗まれた場合に、発行済カードの停止のための連絡を入れることができます。

気が付いた段階で「Myモビ」で連絡をすることにより、他の人に使われるリスクを減らすことができるのです。

SMBCモビットアプリとは

SMBCモビットには、パソコン版の「Myモビ」をさらにスマホでも使い易くしたSMBCモビットアプリがあります。さすがに店舗網がないだけに、ネットでの使い勝手を工夫しています。

SMBCモビットアプリは「Myモビ」のスマートフォン版

SMBCモビットアプリは、「Myモビ」のスマホ版ですが、パソコンよりもその機能はさらにバージョンアップしています。それはスマホをローンカードの代わりに使うことができる点です。

SMBCモビットアプリは「Myモビ」の機能はすべてできる

SMBCモビットアプリは、もともと「Myモビ」でできる機能はすべて織り込まれており、自宅だけでなく、外出先や出張先でも利用することができるので、非常に便利になっています。

出張先で、今日はクレジットカードの引き落とし日だが、お金を入れるのを忘れていたと言う場合には、スマホのアプリから振込みキャッシングをして銀行にお金を入れることができるのです。

SMBCモビットアプリはセブン銀行ATMでカードなしで入出金ができる

スマホのSMBCモビットアプリは、セブンイレブンやイトーヨーカ堂などに置かれているセブン銀行のATMの場合には、ローンカードを入れなくても入出金が出来るという大きなメリットがあります。

これはパソコンでは出来ないSMBCモビットアプリだけの機能であり、非常に使い勝手の良い機能と言えます。

セブンイレブンは、全国に2万店以上の店があり、全国どこに行ってもありますので、ローンカードを持ち歩く必要がないのです。

SMBCモビットは店舗を持たないだけにネットの依存度が高い

これまでご説明してきましたように、SMBCモビットは店舗を持っていない弱点を逆にネットを利用することにより、強みに変えようとしています。

そのため、ネットの依存度は高くなっているのです。

ただ、せっかくプロミスの100%子会社になっていながら、自動契約機も使えませんし、ATMも利用手数料を取られており、さらに審査においても充分にプロミスのノウハウが生かされているとは言えません。

非常にもったいないことであり、SMBCモビットのネットでの強みをプロミスに生かしたり、プロミスの瞬フリなどの機能を両方で使えるようにすれば、利用者の利便性はさらに高まり、利用者の拡大につながるはずです。

過払い金返還件数が減ってくれば、これらの点は検討されていくはずであり、使い勝手はさらに上がってくると思われます。

SMBCモビットの返済が遅れた場合は?

SMBCモビットの返済が遅れた場合は、プロミスと同様に2週間以上越えて延滞した場合には契約が解除されて、一括返済が求められます。

さらに、遅延損害金として20.0%(実質年率)が請求されますので、極力返済は遅れないようにしてください。

なお、2週間を越えて延滞がなければ、通常通り使えます。但し、何回も短期の遅れがある場合には、増枠などで不利な扱いを受けますので、注意してください。

SMBCモビットのキャッシングにおける注意点

SMBCモビットに限らず、消費者金融会社のローンカードは非常に便利で、自由度が高いカードです。

ただ、それだけに安易に借りてしまうことが多く、知らない間に借入残高が利用可能枠いっぱいまで来てしまったと言う場合も多く見られます。

その場合には、返済そのものが苦しくなり、多重債務への入り口となってしまいます。

ローンカードは、極力いざという時に強い味方としてお金が使えるように、賢く使っていくことが必要です。

まとめ

SMBCモビットのキャッシングについて、即日キャッシングが可能な方法を含めてご説明しました。

SMBCモビットは、店舗網がないだけに、ローンカードが使えるようになるまでは時間がかかりますが、それを回避するためにWEB完結という即日キャッシングが可能な方法を用意しています。

また、提携ATMはありますが、三井住友銀行以外のATMは手数料がかかるようになっています。

そのような店舗網のなさをカバーするためにネットによる機能代替を進めており、ローンカードがなくても振込みキャッシングで即日にて借りられるようにしているのです。

ただ、せっかくプロミスの100%子会社としてのうまみをほとんど享受できているとは言い難く、今後経営統合が進むことにより、使い勝手が上がっていくことが予想できます。