カードローン110番 > みずほ銀行カードローンの審査は厳しい!公務員・正社員向きのカードローンです > みずほ銀行カードローンは審査結果が来ない?急いでいる人向けのカードローンじゃないって本当!?

みずほ銀行カードローンは審査結果が来ない?急いでいる人向けのカードローンじゃないって本当!?

みずほ銀行カードローンのような、低金利でお金を借りられるカードローンは「安い利息で借りたい」という方から人気です。

低金利はそれだけで魅力的ですが、カードローンに申し込む際は審査を含めた手続きにかかる時間に注意しなければいけません。

特にみずほ銀行カードローンの場合、条件や手続方法次第では融資まで1ヶ月以上かかることもあります。

「ネットで申し込んだのに審査結果がこない」
「借り入れできるまでに3週間もかかった」

実際にみずほ銀行カードローンに申し込みした人の中には、審査・融資時間に不満がある人は少なくないです。

お金が必要なときに「融資が間に合わない」事態を避けるためには、次の3点を確認しておくことです。

  • みずほ銀行口座を持っているか
  • みずほ銀行カードローンの審査時間
  • 出来るだけ早く融資を受けるコツ

急いでいるときは、別のカードローンに申込んだほうがいい場合もあります。今回は、そんなときのためにも、みずほ銀行カードローンの代わりとなるカードローンについても解説していきます。

【目 次】

みずほ銀行カードローンで早く借り入れするにはみずほ銀行口座を持っていること

みずほ銀行カードローンの金利は年2.0%~14.0%です。これは他社カードローンと比べてかなり低金利です。

少ない利息で借り入れできると、返済時の負担がかからないので利用者にとってはこの上ないメリットと言えます。

しかし、低金利である一方、他のカードローンと比べて審査・融資までに時間がかかるというデメリットに注意しなければいけません。

前提として、みずほ銀行カードローンでは即日融資できません。他の銀行カードローンも含めて融資は最短でも翌営業日となります。

また、みずほ銀行カードローンを利用するにはみずほ銀行口座を持っていないと契約できません。

まだみずほ銀行口座を持っていない場合は、カードローン申し込みと並行して口座の開設手続きすることでカードローン契約が可能です。ただし、この場合契約完了までに2週間前後、長い場合は1ヶ月以上かかります。

みずほ銀行カードローンで早く借り入れするには、みずほ銀行の口座を持っていないといけないのです。

口座開設不要で即日融資できるカードローン

もし現時点でみずほ銀行の口座を持っていないならば、急ぎで借り入れするには口座開設不要で即日融資できるカードローンへ検討することをおすすめします。

たとえば、みずほ銀行と同じメガバンクである三菱UFJ銀行カードローンバンクイックなら、口座開設不要でも素早く借り入れ可能です。

即日融資はできませんが、最短翌日に融資を受けることは可能です。テレビ窓口を設置しており、申し込み翌日にはその場でローンカードを受け取ることもできます。

もし低金利にこだわっていないのであれば、大手消費者金融のカードローンも検討してみると良いでしょう。消費者金融と言っても、銀行グループに属しているので安心してお金を借りることができます。

消費者金融 銀行グループ
プロミス SMBCグループ
SMBCモビット 三井住友銀行グループ
アコム 三菱UFJフィナンシャルグループ
レイクALSA 新生銀行グループ
アイフル なし

グレーゾーン金利撤廃に伴う過払い金返還請求で、多くの消費者金融が業績悪化し廃業に追い込まれましたが、大手消費者金融は銀行グループに入り支援を受けることで何とか立て直しに成功しています。

アイフルは、唯一銀行の支援を受けずに立て直しています。

ここで紹介している大手消費者金融カードローンは、いずれも口座開設不要で即日融資に対応が可能です。

特にプロミスは土日祝日でも最短1時間で借り入れすることも可能なほど審査・融資ともにスピードに長けています。急いでいる方に検討してほしいカードローンです。

みずほ銀行カードローンが口座開設しないとだめな理由

みずほ銀行カードローンでは、毎月の約定返済が口座振替と決められています。しかもその口座はみずほ銀行のみ利用可能なのです。

そのため、みずほ銀行カードローンを利用するにはみずほ銀行の口座を開設する必要があるのです。

みずほ銀行カードローンの審査にかかる時間

みずほ銀行カードローンは審査にどれぐらいかかるのか、またどのような流れで審査が進められるのか解説していきます。

審査結果がでるまでの時間は3日前後

みずほ銀行カードローンの審査時間は最短翌営業日です。申込んだ次の日には審査結果がでるということですが、平均すると3日前後かかります。

大手消費者金融の審査時間が最短30分であることを考えると、みずほ銀行カードローンの審査は早くないです。

実際にみずほ銀行カードローンに申し込みした人たちの口コミを見ても翌日に審査結果がでたという人は少なく、3日前後かかることのほうが多いです。

審査結果が早い申込み方法は?

みずほ銀行カードローンは申し込み方法によって審査結果の時間が異なります。

申込み方法 審査結果にかかる時間
インターネット 平日12時までに申し込んだ場合、最短翌営業日に回答
店頭窓口 平日12時までに申し込んだ場合、最短翌営業日。午後に申し込んだ場合は2営業日後になることが多い。
郵送 最短で、申込書が到着した日の翌営業日
電話 最短3営業日。

最も早く審査結果がでるのはインターネット申し込みです。平日の12時までに申し込み完了すれば、最短翌営業日には審査結果がでます。

午後に申し込みした場合はみずほ銀行の翌営業日となります。できるだけ早く審査結果を知りたい場合は平日の午前中に申し込みしましょう。

店頭窓口で申込んでもその日のうちに結果はでません。最短で翌営業日となります。

しかも銀行窓口の営業時間は平日9時00分~15時00分と限られていますので、平日は仕事で窓口に行けない人には難しい申込み方法です。

郵送と電話の申込みだと審査結果がでるのに時間がかかります。

特に郵送の場合は、申し込み書がみずほ銀行側到達してから審査開始となるので、どうしても時間がかかってしまいます。急いでいる方は電話と郵送の申込みは選ばないようにしましょう。

土日は審査していない

みずほ銀行カードローンの審査時間は、みずほ銀行窓口の営業時間に影響されます。そのため、土日祝日は審査がお休みです。インターネット申し込みは24時間受け付けていますが、審査は平日の営業時間内でのみ行われますので注意が必要です。

土日祝日に即日でお金を借りたいという方は、土日祝日でも即日融資対応の他社カードローンへの申込みを検討しましょう。

すでに紹介した大手消費者金融は、土日祝日でも即日融資が可能です。土日祝日でも資金調達が可能ですので、ぜひチェックしてみてください。

みずほ銀行カードローン審査の流れ

ここでは、既にみずほ銀行の口座を持っている人の審査の流れを解説します。

みずほ銀行カードローン審査の流れは下記のとおりです。

① 申し込み
② 仮審査
③ 本審査
④ 必要書類の提出
⑤ 契約

申し込み

みずほ銀行カードローン審査への申し込み方法と受付時間は下記のとおりです。

申込み方法 受付時間
インターネット 24時間
店頭窓口 平日9時~15時
電話 平日9時~20時
郵送

インターネット申し込みは24時間受け付けていますので、時間が空いたときにサッと申し込めます。入力するだけですので簡単かつスピーディーに申し込みできます。

みずほ銀行カードローンのカードは「キャッシュカード兼用型」「カードローン専用型」の2種類ありますが、既に口座を持っている場合はキャッシュカード兼用型となります。

仮審査

みずほ銀行カードローンの審査は仮審査と本審査の2段階構成です。

仮審査 ・コンピュータによる自動審査
・みずほ銀行カードローンを利用できるかを決める
本審査 ・審査担当者による手動審査
・金利や利用限度額を決める

仮審査はコンピュータによるスコアリング審査となります。審査項目それぞれに点数を付けて、総合点数から利用の可否を自動で決めます。

仮審査の段階で信用情報の照会も行われます。信用情報に傷がついていれば審査落ちの可能性が高いです。

仮審査で落とされる原因

・借り入れ件数が多い
・収入の変動が激しい(自営業、フリーランスなど)
・勤続年数が短い(1年未満)
・長期延滞の履歴がある
・年収3分の1以上の借り入れがある
・債務整理したことがある
・強制解約されたことがある
・代位弁済をされたことがある

仮審査を通過できれば、みずほ銀行カードローンで借り入れできる可能性はかなり高いです。入力ミスやウソをついていなければ、その後の本審査も通過できるでしょう。

本審査

本審査は審査担当者による手動審査です。とは言っても、融資可能かどうかは仮審査でほぼ決まっています。本審査では申し込み者にいくら貸せるか、金利はいくらにするのかと言ったことを決定します。

「年収」「雇用形態」「勤続年数」「他社借り入れ」の項目を中心にチェックされます。これらの項目で評価が高いと限度額は多めに設定されます。

逆に評価が低いと限度額は低めになりやすく、希望限度額に満たないこともありえます。

本審査の段階で在籍確認も行われます。申込者が申告した勤務先へ電話して、本当に働いているのかを確認します。みずほ銀行カードローンでは書類による在籍確認は受け付けていません。必ず電話で確認します。

在籍確認の電話では「みずほ銀行」は名乗らず、担当者の個人名を名乗ります。在籍確認は本人がでなくても完了しますし、電話の内容自体はごくごく簡単なもので1分もかかりません。

必要書類の提出

審査が完了したら、メールで審査結果の通知がされます。メールには必要書類提出用のURLが記載されていますので、そこから必要書類を登録しましょう。

提出する書類は「本人確認書類」と「収入証明書」の2つです。

本人確認書類

いずれかの写し1点

・運転免許証
・運転経歴証明書
・パスポート(写真と住所のページ)
・各種健康保険証(被保険者および被扶養者のページ)
・印鑑証明書
・住民票
・住民基本台帳カード
・在留カード
・特別永住者証明書

収入証明書類

いずれかの写し1点

・源泉徴収票
・住民税決定通知書または課税証明書
・納税証明書(その1・その2)

契約

全ての手続が完了すると「カードローン口座開設完了」のメールが届きます。

既にみずほ銀行口座を持っている場合は、キャッシュカードにカードローン機能が付与されます。借り入れをすぐ行うことができます。

新規口座開設する場合は「普通預金口座同時申込」が便利

みずほ銀行口座を持っていない場合は、カードローン申し込みと同時に口座開設の手続きが必要です。

口座開設の手続きは「普通預金口座の同時申し込みを希望する」を選べば、カードローンと口座開設の手続きを一度に済ませられます。

先にも説明したとおり口座を持っていない場合はカードローン利用までに約2週間かかります。急いでいるのであれば即日融資対応の他社カードローンを検討するといいでしょう。

また、普通預金口座の開設には運転免許証が必要です。もし持っていない場合は、カードローン審査完了後に来店して口座開設する必要があります。

みずほ銀行カードローンの審査結果がなかなか来ないのはなぜ?

お金を借りたくてカードローンに申込んだのに、審査結果がなかなか来ない。このようなことがみずほ銀行カードローンで起こるのは決して珍しくはありません。

審査結果がでるのを何日も待たされるのは不安で仕方ないもの。みずほ銀行カードローン審査の結果がなかなか来ない理由は何なのでしょうか?

みずほ銀行カードローン審査結果はメールでくることが多い

みずほ銀行カードローンの審査結果はメールまたは郵送で来ることが多いです。

この通知方法により、審査の可否がわかるようになっています。

  • メール:審査通過
  • 郵送:審査落ち

上記のように審査通過した場合はメールで通知がくることが多く、逆に審査落ちした場合は郵送で通知がくることが多いです。

ただし、希望した額よりも低い限度額で契約になる場合は郵送で審査結果の通知がくることもあります。郵送できたから審査落ちと決めつけずに、必ず内容を確認しましょう。

メールで審査結果が届くときにありがちなのが「迷惑メールフォルダ」に振り分けられていて気づかなかったというケースです。

審査結果がなかなか来ないという場合は、一度迷惑メールフォルダに届いていないか確認することをおすすめします。

審査結果がなかなか来ない理由

みずほ銀行カードローンの審査は3営業日程度かかることが多いです。もし3営業日経っても審査結果が来ない場合は特に長引いていると考えたほうが良いでしょう。

審査結果がでるのに時間がかかる理由は、返済能力を疑われている可能性が高いです。

カードローン審査は、申込者が貸したお金をきちんと返してくれるかどうかを見極めるわけですが、合格ラインギリギリにいるような人は審査結果の判断に時間がかかります。

返済能力が疑われる理由は主に4つあります。

  • 申込み内容の不備
  • 希望限度額と年収が釣り合っていない
  • 収入の安定性が疑わしい
  • 信用情報の傷

申し込み内容の不備

カードローンの審査は申込み内容をもとに行われますので、入力項目に不正確な情報があると審査が長引いてしまいます。

場合によっては、申込者に電話で確認を取る手間も発生しますので、その分結果がでるのに時間がかかります。

調査の結果、虚偽申告だと判断されれば審査落ちになります。散々待たされた挙げ句、審査落ちなんてケースは決して珍しい話ではありません。入力ミスには十分気をつけましょう。

希望限度額と年収が釣り合っていない

年収に対して希望限度額があまりに不釣り合いな場合、本当に返済できるのだろうかと疑問に思われ審査が長引きます。限度額は多くても年収の3分の1までにしておくのが良いです。

また利用目的に対して限度額が多すぎる場合も審査が長引くことがあります。たとえば、生活費目的で何百万円もの希望限度額を申告していれば疑われます。

収入の安定性が疑わしい

カードローン審査を通過するには安定収入が必須です。同年代の平均年収よりも明らかに低かったり、勤続年数が1年未満だと収入の安定性が疑われます。

信用情報の傷

ローンやクレジットカードの利用履歴はすべて個人信用情報機関に登録・管理されています。

みずほ銀行カードローンの審査では、個人信用情報機関を通じて申し込み者の信用情報を必ず確認し、信用情報に問題があれば審査には通しません。

ブラックと呼ばれる金融事故情報の登録があると一発審査落ちになります。「3ヶ月以上の長期延滞」「債務整理」「強制解約」「代位弁済」これらはすべてブラックリスト入りとなります。

しかし、ブラックリスト入りするほどではない返済トラブルの場合は、審査が長引くことがあります。

たとえば、短期の延滞は延滞した事実こそ記録されるものの金融事故情報の登録まではされません。返済遅れがあったものの後からきちんと返済していることから、審査結果の判断に迷ってしまうのです。

審査が長引くことによる影響

審査が長引いた結果、限度額が少なく設定される可能性が高いです。返済能力に不安がありつつも審査通過した場合、高額な貸し付けが行われることはまずありません。

限度額は一気に全額借りてもギリギリ返済できる金額に設定されるので、そもそも返済能力が低いと判断されてしまうと、その分借りられる金額は少なくなるのです。

審査結果が来ないその他の理由

みずほ銀行カードローンの審査結果が来ない理由は他にもあります。

  • 審査が混み合っている
  • 連絡先を間違えている
  • 在籍確認が取れない

みずほ銀行カードローンは土日祝日は審査を行なっていません。そのため、休日中に申込んだ分は休み明けに審査するため混み合い審査結果が遅れてしまいます。

土日祝日やゴールデンウィークなどの大型連休前後は申込みが混み合いますので注意が必要です。

初歩的なミスですが、連絡先を間違えて申告してしまうと審査結果が来ません。電話番号やメールアドレスの誤入力は審査結果が来ない原因となります。

もし間違えて申告してしまった場合は、自分からみずほ銀行に問い合わせてみると良いでしょう。

在籍確認が取れず審査結果が遅れることもあります。みずほ銀行カードローンの在籍確認は、職場へ電話する形を取っています。

電話してもつながらなかったり、応対した従業員に「そんな人はいません」と答えられてしまい在籍確認が取れないと、その分審査は長引いてしまいます。

審査結果が来ないときの対処法

みずほ銀行カードローンの審査結果がなかなか来ない時の対処法は2つです。まずは審査結果のメールが迷惑メールフォルダに振り分けられていないか確認しましょう。

PCメールは迷惑メールフォルダに自動で振り分けられる可能性が高いので、もしかしたらみずほ銀行からのメールが迷惑メールフォルダに届いているかもしれません。

迷惑メールフォルダに審査結果のメールがない場合は、みずほ銀行カードローン専用ダイヤルに電話して確認してみましょう。

みずほ銀行カードローン専用ダイヤル

電話番号:0120-324-555
受付時間:月曜日~金曜日9時00分~20時00分

みずほ銀行カードローンの審査は3営業日程度かかることが多いです。3営業日以上経過していないのであれば、ただ単に審査が終わっていない可能性もありますので、その場合は焦らずに待ちましょう。

審査結果が来ないからと言って他社カードローンに申し込まない

審査結果が来ないからと言って、焦って他社カードローンに申し込むのは止めましょう。

カードローンへの申込情報は個人信用情報機関に登録されます。

もし、短期間に複数社に申し込むと「お金に困っている」「借りるだけ借りて返さないつもりかもしれない」など歌以外の目で見られてしまい審査にマイナスの影響を与えてしまう可能性が高いです。

カードローン審査は1社ずつ確実に受けることが大切です。みずほ銀行カードローンの審査結果がでるまでは他社カードローンに申し込むのは控えましょう。

みずほ銀行カードローンは審査以外で電話はかかってくるの?

みずほ銀行カードローンへ申し込む際、気になるのが電話連絡ではないでしょうか?

できれば電話連絡なしで利用したいという方が多いかもしれませんが、みずほ銀行カードローンでは電話連絡が必ずあります。

また、場合によっては審査以外のときにも電話がかかってくることがあります。

在籍確認は職場への電話連絡

みずほ銀行カードローンの在籍確認は職場への電話連絡となります。申し込みした日から3営業日ぐらいのタイミングで職場へ電話がかかってきます。

みずほ銀行カードローンでは、職場への電話連絡は避けられません。

ただ、電話がかかってくると言っても担当者の個人名を名乗りますし、カードローンの在籍確認であることを本人以外に明かすことはしません。基本的に職場バレすることはないので安心してください。

審査結果の連絡が電話で来ることもある

みずほ銀行カードローンは審査結果の通知方法は次の通りです。

  • インターネット申し込みの場合:メール
  • インターネット以外の申込みの場合:電話
  • 審査落ちの場合:郵送

電話連絡を避けたいのであればインターネットで申し込むのがいいでしょう。

返済が遅れると電話がかかってくる

みずほ銀行カードローンの返済が遅れると担当者から督促の電話がかかってきます。

電話がかかってくるタイミングは返済日の翌日もしくは翌々日です。

みずほ銀行カードローンの返済方法は返済用口座による口座振替です。口座の資金を潤沢にしておけば返済遅れを防げます。

もし返済が遅れそうな場合は、早めにみずほ銀行に連絡すれば督促の電話がかかってくることはありません。