レイクキャッシング完全ガイド

サイトマップ

レイクキャッシング完全ガイド

4月以降新生銀行レイクは新規の申込を停止しています。
※3月31日時点の最新情報です。

今回は、レイクの概要から融資を受けるための方法、気になる審査のあれこれや自動契約機の使い方までレイクの全てをご説明します。

レイクの概要

まずレイクの概要をご説明します。

CMのイメージで「レイク」というと消費者金融だと思っている人も多いのですが、実は銀行が運営するカードローンなのです。

新生銀行の傘下の銀行カードローン

かつてレイクは大手消費者金融だったのですが、2011年に新生銀行の傘下に入りました。

今のレイクは「消費者金融カードローン」ではなく、「銀行カードローン」の一つに当たります。

新生銀行カードローンになったことで安心感をアピールしています。fしn

限度額・利率・借入条件など

まず、レイクのカードローンの概要を把握するために限度額や利率、借入可能な対象者などをまとめてみました。

限度額日 1万~500万円
実質年率 4.5~18.0%
申込条件 20~70歳の国内在住者
返済方式 残高スライドリボルビング方式・元利定額リボルビング方式

口コミ・評判は?

レイクについては「便利」「敷居が低い」という口コミ・評判が多い印象があります。

ただ、審査に通るかどうかは結局人次第。

審査に通過した理由や落ちた理由は教えてもらえませんし、詳しく審査基準が公表されているわけでもありません。

あまり「甘い」「厳しい」という口コミや評判に踊らされない方がよいでしょう。

一般的な審査基準については後述していますので、参考にしてください。

レイクのメリット

レイクのメリットを簡単にご説明します。

2つの無利息サービス

レイクの特徴として2種類の無利息サービスがあります。

上の表にあるとおり、一般的には4.5~18.0%の利息が付くのですが、初回利用者のみ一定期間に限り無利息期間となるサービスを行っています。

一つ目は借入全額が契約日翌日から30日間無利息となるサービスです。

その間の返済金は全額元金の返済に充てられることになります。

二つ目は、借入額のうち5万円までは契約日翌日から180日間無利息となるサービスです。

5万円を超える分は通常の金利が適用されます。

提携ATM手数料無料

借入や返済の際の手数料が無料となる提携ATMがあります。時間外手数料もかかりませんので、時間を気にせず利用できます。

コンビニ 銀行
セブン銀行(セブンイレブン)ローソンイオン銀行(ミニストップなど)イーネット セブン銀行イオン銀行ゆうちょ銀行

パート・アルバイトでも申込OK!

年収の低いパートやアルバイトでも、安定した収入さえあれば借入を申し込むことが可能です。

勤続年数が長いなどの好材料があればなおよいでしょう。

ただし、借入限度額が低くなることは覚悟する必要があります。

申込方法が多様

申込方法が

  • パソコン
  • スマホ
  • タブレット
  • 電話
  • 自動契約機

と多様に設けられています。

特にパソコンやスマホ、タブレットから申し込めば、家から出ることなく手続きを進めることさえ可能です。

自動契約機の使用方法については後述します。

 

女性のための「レディースレイク」

女性利用者のために、女性のスタッフが電話や自動契約機の会話に対応する「レディースレイク」。

金利やサービス内容が一般的なカードローンと変わるわけではありませんが、女性が応対してくれると安心できるという人もいます。

そういった方はレディースレイクの利用をおすすめします。

レイクのデメリット

もちろんいいことずくめではありません。

きっちりデメリットも理解し、公平な目でカードローンを選べるようになりましょう。

銀行カードローンの中では金利が高め

銀行カードローンというと、消費者金融カードローンよりも比較的金利が低めであるというのが売りになっていたりします。

しかし、レイクはもとが消費者金融であるためか、金利は消費者金融並み。

借入額が100万円未満の場合は15.0~18.0%に設定されますので、他の銀行カードローンよりは若干高いと言えるでしょう。

収入がないと利用不可

安定した収入がないと利用できません。

レイクでキャッシングしてもらう方法

レイクでお金を借りるためには、準備と手続きの流れを知って効率的に動くことが重要です。

実際に借りる前に、こちらの説明を読んでいってください。

必要書類を準備

手続きに入ってから慌てないよう、あらかじめ必要書類をコピーないし撮影し、すぐ提出できるようにしておきましょう。

レイクの場合、本人確認書類は借入額にかかわらず必要です。

運転免許証、ないのであればパスポートか健康保険証などがあれば問題ありません。

会社勤めの場合は源泉徴収票、給与明細書、勤めていない場合は住民税決定通知書や納税通知書、所得証明書など収入額を証明できる書類を手元に用意してください。

ホームページの借入診断でチェック

実際に申し込む前に、レイクのホームページの借入診断を受けておくと、審査に通過しそうかどうか見通しをつけることができます。

レイク公式サイトにアクセスし、年収や借入額を記入すれば、簡単に借入ができるかどうかチェックすることができます。

返済シミュレーションでチェック

お金を借りるときは考える余裕がなくなりがちですが、できればあらかじめ返済の見通しをつけておきたいものです。

そこでおすすめしたいのが、レイクのホームページにある返済シミュレーション機能。

借入診断と同じように、レイク公式ページから必要情報を入力することで返済プランを知ることができますよ。

おすすめ申込方法はネット

前述の通り、申込方法は多様なのですが、キャッシングを受けたいのであればパソコン・スマホ・タブレットで申し込むのが最も手軽です。

申し込むときに人と話す必要がないというのは、気持ちが全く変わってきます。

なお、融資の方法は振り込んでもらうかローンカードをATMで利用することで引き出すか、どちらかを選ぶことができます。

振込融資の場合は、銀行の営業時間を見越して余裕をもった振込手続きをしておいた方がよいでしょう。

ローンカードの場合は、自動契約機の営業時間が長いですが、極力早い時間に申し込んだに越したことはありません。

審査を受ける

レイクでお金を借りる場合は、必ず審査が行われます。

申込の際に必要情報を正しく入力すると、審査時間の目安がすぐに画面に表示されるのでとても便利です。

また、それ以外に職場に所属していることを確認するために「在籍確認」の電話が入ります。

レイクの名前を出さず、個人名で電話をかけるので職場の人にカードローンの利用を知られてしまうリスクはほとんどないと言ってよいでしょう。

振込かローンカードでお金を借りる

前述の通り、融資の方法は

  • 銀行口座への振込
  • ローンカード(ATM)

のどちらかを選ぶことができます。

振込ですと家から出ずにお金を借りることができる一方、曜日や時間の制約が厳しいです。

ローンカードの場合は、逆に曜日や時間の制約が緩い一方、必ず自動契約機や窓口に赴いて契約手続きをしなければいけません。

返済方法をチェック!

前述の通り返済シミュレーションを確認することができますが、それ以外にも返済方法を選択する必要があります。

インターネットバンキングを利用して

  • Web返済
  • レイクや提携ATMの利用
  • 自動引き落とし
  • 銀行振込

のいずれかが選択可能です。

どれか自分に合った方法を選ぶとよいでしょう。

審査に落ちる原因とは?

キャッシングの手続きの中でも、審査については説明を追加する必要があるでしょう。

できれば問題なく審査に通過したいものですが、実際には落ちてしまう人が申込者の半数ほどいます。

審査に落ちる原因はいくつか考えられますが、ここではよくある2つのパターンをご紹介します。

信用情報に問題がある

ローンやクレジットカード、リボ払いなどの返済を滞納した経験や債務整理などの経験があると、信用情報に記録されるため審査には不利になってしまいます。

こうした情報は消えるのを待つしかないので、一度落ちた場合は最低でも半年は借入の申込を我慢しましょう。

審査落ちを複数重ねると、やはり信用情報に記録されますます不利になります。

年収が少ない・勤務形態が安定しない

借入額によりますが、収入に対して多すぎる金額を借りてしまうと審査に落ちたり限度額が大きく減らされたりします。

やはり年収の3分の1を超えると、かなりシビアであると言えるでしょう。

また、勤続年数が短かったり、正社員ではなくアルバイト・パートですと多額の借入は難しいと考えてください。

勤務形態が不安定ですと審査には不利に働く可能性があります。

レイクの自動契約機の使い方

最後に、レイクの自動契約機の使い方をご説明しましょう。

スマートに手続きを済ませて、早く立ち去りましょう。

営業時間と設置場所

自動契約機の営業時間は以下の通りです。

土日や祝日でも利用可能です。

ただし、初回利用者のみ21:00に融資受付が終わってしまいます。

平日・土曜日 08:45~24:00
日曜日・祝日 08:45~22:00
第3日曜日 08:45~19:00

また、設置場所は全国各地。

こちらのページ(https://lake.jp/shop/shop0001.asp)からお近くの自動契約機を検索してください。

申込と契約が可能!

自動契約機では、申込と契約が可能です。

自動契約機は外から見えないようになっていますし、タッチパネル方式で操作も難しくありません。

オペレーターの指示を受けることもできるので、慌てずに落ち着いて手続きを進めましょう。

ネット申込→自動契約機でカード受取がおすすめ!

平日の夜(一般的な会社の勤務時間終了後)など、大都市圏の自動契約機は混み合うこともあります。

したがって、申込は朝のうちにネットで済ませておき、終業後に契約だけ自動契約機で行うのがスマートと言えます。