カードローン110番 > 自動契約機を検索 > 京都府にある即日キャッシングプロミス店舗ガイド

京都府にある即日キャッシングプロミス店舗ガイド

店舗・自動契約機・ATM情報は随時変更されるため、最新情報はプロミス公式サイトをご確認頂けます様お願い致します。 

  契約機名 住所
宇治市 宇治槇島自動契約コーナー 京都府宇治市槇島町大川原1番地の1
亀岡市 9号線亀岡自動契約コーナー 京都府亀岡市下矢田町4丁目20番7号
京都市
右京区
西院自動契約コーナー 京都府京都市右京区西院巽町40 京新ビル3F
京都市
北区
堀川北大路自動契約コーナー 京都府京都市北区紫野西御所田町64番地の2
京都市
下京区
京都お客様サービスプラザ 京都府京都市下京区烏丸通七条上ル2丁目桜木町99番地ブーケガルニビル3F
四条大宮自動契約コーナー 京都府京都市下京区大宮通四条下ル四条大宮町17三虎第3ビル2F
四条河原町南自動契約コーナー 京都府京都市下京区河原町四条下る順風町312-1河原町ビル5F
京都市
西京区
9号線上桂自動契約コーナー 京都府京都市西京区上桂三ノ宮町52-1
京都市
伏見区
六地蔵自動契約コーナー 京都府京都市伏見区桃山町西尾10-1キャッシングプラザ2F
京都南インター自動契約コーナー 京都府京都市伏見区中島前山町30
京都市
山科区
1号線山科自動契約コーナー 京都府京都市山科区東野片下リ町18-1 サンファースト山科ビル1F
城陽市 24号線城陽長池自動契約コーナー 京都府城陽市長池北清水35番地の1
福知山市 9号線福知山自動契約コーナー 京都府福知山市東羽合町119
舞鶴市 西舞鶴自動契約コーナー 京都府舞鶴市字引土小字笹浪227
向日市 171号東土川自動契約コーナー 京都府向日市森本町高田14-3
八幡市 1号線八幡自動契約コーナー 京都府八幡市八幡南山63-1、64-1
利用可能
時間
平日土日祝9:00~22:00

プロミスの詳細はコチラ >>

プロミスの契約時に収入証明書が必要となる理由と提出不要で借入する方法


プロミスでは、契約の時に収入証明書の提出をしなくてはならないことがあります。収入証明書として提出できる書類にはどのようなものがあるでしょうか?

また、どんな時に収入証明書がいるのでしょうか?

今回は、プロミスで収入証明書が必要になる理由と、提出不要でキャッシングをする方法を解説していきます。

プロミスで収入証明書が必要となるのはどんな時?

ではまず、プロミスで収入証明書が必要になる理由についてみていきましょう。

総量規制によって収入証明書の提出が義務づけられている

収入証明書は、総量規制によって一定の条件を満たした場合に提出が義務付けられています。

その条件とは次の通りです。

・貸付金額が50万円を超える場合
・他社との貸付金額の合計が100万円を超える場合

総量規制では、消費者金融などの貸金業者が、利用者に対して貸付金額を年収の3分の1に制限している制度で、賃金業法によって定められています。

収入証明書が必要になる条件についても、利用者の借り過ぎを防ぐために必要になってくるのです。

増額をするときに必要となることもある

利用限度額の増額をするときには、やはり総量規制の条件により、50万円以上となる場合や、他社との借入合計が100万円を超える場合などの時に収入証明書の提出が必要になってきます。

プロミスで提出できる収入証明書

プロミスで収入証明書が必要になる場合には、以下のいずれかの書類を提出します。

・源泉徴収票
・確定申告書
・税額通知書、課税証明書、所得証明書
・給与明細書

では、これらの収入証明書の提出にあたっての注意点を見ていきましょう。

源泉徴収票の提出時に注意すること

源泉徴収票は直近のものを提出しなければなりません。つまり基本的には前年度の源泉徴収票を提出する必要があります。

しかし、1/1~2/末日までは、まだ前年度の源泉徴収票が手元にない場合もありますので、この期間のみは前々年度の源泉徴収票の提出が認められています。

給与明細は直近2ヶ月分が必要となる

給与明細書を提出するときには、直近2ヶ月分のものが必要となります。

例えば、10月に申し込みをするのであれば、8月9月の給与明細書を提出することになります。

課税証明書は収入が記載されているものを提出

税額通知書や課税証明書については、税額のみが記載されているものでは利用できません。

収入証明書として利用できるのは、収入額や所得額が記載されているものが必要となりますので注意しましょう。

プロミスで収入証明書を提出しないで契約する方法


収入証明書については、源泉徴収票などがあればそれほど手間がかかりませんが、源泉徴収票がない場合には、直近の給与明細などを準備する必要がありますね。しかし、給与明細をすぐに廃棄してしまっている人は、市区町村役場などで所得証明書をとりに行く必要が出てきますので、少々手間がかかってしまいます。

できれば収入証明書の提出は避けたいという場合には、どのような方法があるでしょうか?

申込時に借入希望金額を50万円以下にする

まず簡単な方法は、申込時に借入金額を50万円以下にしておくことですね。

単純に50万円を超えると収入証明書が必要になるのですから、50万円を超えない金額で借入金額を希望すれば良いのです。

ただし、他社でもキャッシングやカードローンを利用している場合には借入希望額を50万円以下にしていても収入証明が必要になる場合がありますので注意が必要です。

例えば、プロミスで30万円の借入金額を希望したとしても、他社で70万円を超える金額を借り入れている場合には、合計が100万円を超えてしまうため収入証明書が必要となってしまいますね。

他社の借入残高を減らしておく

では、他社との合計が100万円を超えてしまう場合にはどうしたら良いのでしょうか?

この場合は、他社の借入残高を減らしておくことで、収入証明書の提出は不要となります。

つまり、100万円を超えないように返済をして残高を減らすのです。

例えば、プロミスで30万円借り入れをしたい場合には、他社の借入残高を70万円以下になるように返済をしておけば良いのです。

なお、他社の利用限度額は関係がありませんので、残高を減らすということを覚えておきましょう。

50万円以上の融資でも収入証明不要にする方法


プロミスで50万円の融資を受ける場合には、必ず収入証明書の提出が必要になってしまいますね。しかし、プロミスだけにこだわらなければ、50万円以上の融資でも収入証明書の提出が必要なくなります。

他社でも申し込みをする

プロミスの他に、他社のカードローンにも申し込みすれば、50万円以上の融資が可能です。

ただし、先に契約したカードローンの借り入れは、後に契約したカードローンの契約が終わってからにしましょう。

例えば、100万円の融資を必要とする場合には、プロミスで50万円の契約をしておいた後、借入をしなければ、借入残高は0円ですね。

その後、アコムなどで50万円の契約をすることで、他社との合計は100万円を超えることはありませんので、収入証明書の提出が不要となるわけです。

この時に、先に契約したプロミスでキャッシングをしてしまうと、アコムでの契約で限度額が下がってしまう可能性があるので、目標の合計限度額になるまでは、借入をしないことが大切です。

銀行カードローンを利用する

もう一つの方法は、銀行カードローンを利用することです。

銀行カードローンは、貸金業者ではないため総量規制による借入限度額や収入証明書の提出が規制されていません。

つまり、50万円を超える融資でも収入証明書の提出が不要の場合がほとんどです。

銀行カードローンは、消費者金融と比べて金利も低めになっていますので、プロミスにこだわらないのであれば、銀行カードローンの利用を検討してみると良いでしょう。

是非参考にしてみて下さい。

プロミスの詳細はコチラ >>