カードローン110番 > 自動契約機を検索 > 福岡県にある即日キャッシングプロミス店舗ガイド

福岡県にある即日キャッシングプロミス店舗ガイド

契約機名 住所
朝倉市 386号甘木自動契約コーナー 朝倉市堤928-1
飯塚市 200号穂波自動契約コーナー 飯塚市弁分字門ノ町9-1
大野城市 大野城仲畑自動契約コーナー 大野城市仲畑4-31-1 メイトムラカミビル1F
大牟田市 208号大牟田不知火プラザ自動契約コーナー 大牟田市田隈933-1
小郡市 500号小郡自動契約コーナー 小郡市小郡1466-6
春日市 5号線春日自動契約コーナー 春日市若葉台西一丁目6番
糟屋郡志免町 空港通り粕屋自動契約コーナー “糟屋郡志免町別府北一丁目2番33-105号
HOT’S参番館 1F”
志免自動契約コーナー 糟屋郡志免町志免中央4-11-1
糟屋郡新宮町 3号線バイパス新宮自動契約コーナー 糟屋郡新宮町原上字須川1776-3
北九州市小倉北区 199号西港自動契約コーナー 北九州市小倉北区西港町30-18
片野自動契約コーナー 北九州市小倉北区片野1-12-20
平和通り自動契約コーナー 北九州市小倉北区魚町1-6-15 三洋小倉駅前ビル1階
北九州市小倉南区 守恒自動契約コーナー “北九州市小倉南区守恒本町1丁目1番1号
アベニュー守恒1F    ”
下曽根自動契約コーナー 北九州市小倉南区田原新町2-4-23
北九州市門司区 門司自動契約コーナー 北九州市門司区高田1-3-20 グローリー門司駅前1F
北九州市八幡西区 3号線則松自動契約コーナー 北九州市八幡西区則松1-1767-1
楠橋自動契約コーナー 北九州市八幡西区楠橋南1-117-3
黒崎駅前自動契約コーナー 北九州市八幡西区黒崎1丁目5番14号 黒崎ビル4F
本城力丸自動契約コーナー “北九州市八幡西区本城1丁目24番20号
リアルシティ本城A棟2F ”
久留米市 東合川バイパス自動契約コーナー 久留米市東合川1-8-50 森山ビル1F
久留米南バイパス自動契約コーナ 久留米市野伏間1-7-20
古賀市 古賀舞の里自動契約コーナー 古賀市舞の里四丁目1
田川市 201号田川自動契約コーナー 田川市大字川宮字茂り477-5
太宰府市 3号線太宰府高雄自動契約コーナー 太宰府市高雄1丁目3680番1
筑紫郡那珂川町 那珂川自動契約コーナー 筑紫郡那珂川町道善1-35
直方市 直方バイパス自動契約コーナー 直方市大字頓野2997-1 1F
福岡市早良区 西新自動契約コーナー 福岡市早良区西新3-2-4 ARK NISHIJIN 3F
202号線小田部自動契約コーナー 福岡市早良区小田部1-11-1
福岡市中央区 笹丘自動契約コーナー 福岡市中央区笹丘1-28-15 ピアステージ笹丘1F
日赤通り自動契約コーナー 福岡市中央区高砂1-13-3-1
天神北自動契約コーナー 福岡市中央区天神3-16-17 第一城戸ビル3F
天神昭和通り自動契約コーナー 福岡市中央区天神3-4-2 シエルブルー天神1F
天神南自動契約コーナー 福岡市中央区渡辺通5-24-30 東カン福岡第一ビル 5F 506
福岡市西区 202号今宿自動契約コーナー 福岡市西区今宿2-5-4 エムスクエア2F
姪浜南口自動契約コーナー 福岡市西区内浜1-8-5
福岡市博多区 福岡お客様サービスプラザ 福岡市博多区博多駅前1丁目2番1号 博多駅前ビル 2F
筑紫通り諸岡自動契約コーナー 福岡市博多区諸岡3-6-1
博多筑紫口自動契約コーナー 福岡市博多区博多駅東1-12-7 第13岡部ビル 2F
福岡市東区 和白自動契約コーナー 福岡市東区和白丘1-561
箱崎自動契約コーナー 福岡市東区箱崎2-41-7 メモリアル箱崎1F
香椎自動契約コーナー 福岡市東区香椎駅前1-8-14 エポックビル2F
博多バイパス松崎自動契約コーナー 福岡市東区松崎1丁目11番4号 ケイ・エービル1F
二又瀬自動契約コーナー 福岡市東区二又瀬1-25 古澤ビル1F
福岡市南区 大橋自動契約コーナー 福岡市南区大橋1-14-2 とわたビル 2F
京都郡苅田町 10号線苅田自動契約コーナー 京都郡苅田町幸町6-14 1F
宗像市 3号線宗像バイパス自動契約コーナー 宗像市野坂2648-1 ユアーズプラザ1F
柳川市 柳川自動契約コーナー 柳川市三橋町高畑204-2 SEIビル1F
八女市 3号線八女自動契約コーナー 八女市吉田字川原手129
行橋市 496号線行橋自動契約コーナー 行橋市西宮市2-19-16 チェリープラザ104号
利用可能
時間
平日土日祝9:00~22:00
※黒崎駅前自動契約コーナーは、平日土日祝9:00~21:00となります。
※福岡お客様サービスプラザは、平日土日祝日8:45~20:30
第3日曜 8:45~20:00
となります。

プロミスの詳細はコチラ >>

プロミスの遅延損害金はどれくらいかかる?計算方法とシミュレーション

プロミスでは、返済期日から1日でも遅れると遅延損害金が発生します。遅延損害金は利率が20.0%となっており、通常の支払いにプラスして遅延損害金を支払わなければならないというデメリットがあります。

つまり、返済が返済日から遅れれば遅れるほど、返済額は大きく増えていくことになってしまうのです。

今回は、この遅延損害金がどれくらいの金額になるのか、その計算方法とシミュレーションで確認をしていきたいと思います。

プロミスの遅延損害金計算方法

プロミスの返済が遅れた場合の遅延損害金を計算する方法は、次の計算式となります。「借入残高×遅延損害金利率20%÷365日×延滞日数=遅延損害金」
※うるう年の場合には366日で計算をします。この計算式のとおり、延滞日数が長くなればなるほど、遅延損害金は大きく増えてしまうことが分かりますね。では、実際にはどれくらいの金額になるのかを見ていきましょう。

遅延損害金はどれくらいになるの?

ここからは、借入残高に対しての遅延損害金がいくらになるのかを計算してシミュレーションしていきます。

借入残高10万円の遅延損害金

では、借入残高が10万円の場合で見ていきましょう。まずは1日分の遅延損害金を計算してみます。

10万円×20%÷365日×1日=54.79円

つまり1日で約54円の遅延損害金が発生することになります。

では、1週間、30日間、60日間ではどうでしょうか?

  • 1週間:10万円×20%÷365日×7日=約383円
  • 30日間:10万円×20%÷365日×30日=約1,643円
  • 60日間:10万円×20%÷365日×60日=約3,287円

1日あたり54円であっても、1カ月もすると1,643円、2カ月になると3,287円とどんどん増えていきます。元金+利息+遅延損害金となるため、返済額はもっと増えていくことが分かりますね。

借入残高20万円の遅延損害金

借入残高20万円の場合の遅延損害金は、次のようになります。

  • 1日あたり:20万円×20%÷365日×1日=約109円
  • 1週間:20万円×20%÷365日×7日=約767円
  • 30日間:20万円×20%÷365日×30日=約3,287円
  • 60日間:20万円×20%÷365日×60日=約6,574円

借入残高30万円の遅延損害金

借入残高が30万円の遅延損害金は、次のようになります。

  • 1日あたり:30万円×20%÷365日×1日=約164円
  • 1週間:30万円×20%÷365日×7日=約1,150円
  • 30日間:30万円×20%÷365日×30日=約4,931円
  • 60日間:30万円×20%÷365日×60日=約9,863円

30万円ともなると、30日間の延滞で遅延損害金だけで約5,000円もの金額がプラスされてしまいますね。

借入残高40万円の遅延損害金

借入残高が40万円の遅延損害金は、次のようになります。

  • 1日あたり:40万円×20%÷365日×1日=約217円
  • 1週間:40万円×20%÷365日×7日=約1,537円
  • 30日間:40万円×20%÷365日×30日=約6575円
  • 60日間:40万円×20%÷365日×60日=約13,150円

借入残高50万円の遅延損害金

借入残高が50万円の遅延損害金は、次のようになります。

  • 1日あたり:50万円×20%÷365日×1日=約273円
  • 1週間:50万円×20%÷365日×7日=約1,917円
  • 30日間:50万円×20%÷365日×30日=約8,219円
  • 60日間:50万円×20%÷365日×60日=約16,438円

50万円の借入残高の場合には、1カ月で8,000円を超える遅延損害金です。

何度も繰り返しますが、これに加えて日々の利息もかかることになるので、かなり大きな負担となってきてしまいます。

返済が遅れそうな時にはすぐにプロミスへ相談をしよう

返済が遅れそうだと事前に分かった時には、すぐにプロミスへ電話をして相談をしましょう。返済期日が遅れたことに気付いた時点でも遅くはありません。返済をする意思があることを伝えることが大切です。

返済が難しいという場合には、相談をすることもできます。

プロミスからも電話連絡が入りますので、きちんと対応するようにしましょう。

連絡が取れない状態が続くと、最悪の場合には一括での返済を求められることもあるのです。このような事態は自らの首を絞めることになってしまいます。誠実な対応が大切です。

また、相談によって返済を遅らせることができたとしても、返済が遅れることによる遅延損害金は必ず発生してしまいます。

ここまで見てきたように、返済が遅れれば遅れるほど、遅延損害金は多額となって、返済額の負担は大きくなってしまいます。

何よりも大切なことは、できるだけ早く返済を行うことです。

遅延損害金を発生しない唯一の方法は?

遅延損害金を発生させないためにできることは、他社への借り換えでしょう。返済遅延を起こす前であれば、信用情報にブラックリストが載っていませんので、借り換えできる可能性もあります。

無利息期間があるカードローンを利用すれば、1カ月は無利息で借り入れも可能ですね。

まとめ

借り換えを紹介しましたが、この方法が必ずしも良いというわけではありません。何よりも大切なのは、滞納しないようにきちんと返済をすることです。

そのためには、借入時に返済計画をしっかりと立てて、無理のない借入をすることが何よりも大切です。

プロミスの公式サイトでは、返済シミュレーションができますので、上手に利用をしていきましょう。

プロミスの詳細はコチラ >>