カードローン110番 > 自動契約機を検索 > 京都府にある即日キャッシングSMBCモビット店舗ガイド

京都府にある即日キャッシングSMBCモビット店舗ガイド

京都市
下京区
四条大宮コーナー 京都府京都市下京区四条大宮町2-2 1F
堀川警察前コーナー 京都府京都市下京区橘町25
四条河原町通コーナー 京都府京都市下京区市之町247
京都市
伏見区
京都南インターコーナー 京都府京都市伏見区中島前山町34
京都市
西京区
9号上桂コーナー 京都府京都市西京区上桂三ノ宮町52-1
福知山市 9号福知山コーナー 京都府福知山市東羽合町119
八幡市 1号八幡コーナー 京都府八幡市八幡南山61-2
利用可能
時間
平日土日祝8:00~21:00

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

SMBCモビットの解約方法と解約前に確認しておくべき注意点

SMBCモビットの返済が終わりましたか?しかし、完済をしてもまだ解約とはなっていません。

解約をするには、手続きをする必要があるのです。今回は、SMBCモビットの解約方法について解説するとともに、解約する前に気を付けなければならない注意点を確認していきましょう。

完済後に解約しないとどうなるの?

SMBCモビットを完済しても、解約とはなっていません。

では、そのまま解約をしないと何か不都合があるのでしょうか?

まずは、解約をしないとどうなるのかについて確認しましょう。

手数料無料で契約が継続される

完済した状態で解約手続きをしていない場合には、SMBCモビットとの契約は継続されています。

借入残高があるわけではないので、利息がかかることもありませんし、特に手数料が必要になることもありません。

解約をしてしまうと、新規の申し込みをすることになり、再度審査を受ける必要がありますが、その時に審査に通ることができるという保障はありません。

しかし、解約をしないことで契約は継続されていますので、急に融資が必要になった時には審査の必要もなく借り入れをすることが可能ですので安心ですね。

住宅ローンや自動車ローン利用時の影響

もし住宅ローンや自動車ローンなどを利用したいと考えている場合には、解約をしないとその審査に影響を与えることもあります。

特に住宅ローンの審査では、総返済負担率による基準というものがあり、これを超える住宅ローンの融資を受けたい場合には、その審査に通らない可能性があります。

総返済負担率の計算では、カードローンなどを含めた他の借入額も含めて計算されます。

この時にSMBCモビットの借入を行っていない場合でも、その利用限度額分の借入をしているとみなされて、総返済負担率の計算に含められてしまいます。

つまり、負担率が高くなってしまうこととなり、住宅ローンの審査に通らない可能性があるということです。

同じように、自動車ロ―ンや他のローンの場合でも、その審査に不都合が生じてしまう可能性があります。

住宅ローンや自動車ローンを組む予定があるのであれば、利用していないSMBCモビットのカードローンは、解約をしておいた方が良いでしょう。

必要がないのに借りてしまう可能性がある

カードローンの契約が継続している状態は、いつでも借りられる状況にありますので、気持ち的に大きくなってしまい、必要以上に借入を行ってしまう可能性があります。

便利ではありますが、借入は借金ですので返済の見込みがないのであれば、利用はできるだけ避けたいですね。こうしたリスクを避けたいのであれば、解約をした方が安心です。

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

SMBCモビットを解約するには?

では、解約をする方法について確認していきましょう。

解約については簡単な手続きで行うことができますが、注意しなければならない点もあります。

端数残高もすべて完済する

解約をする前には、利用額を完済する必要があります。

しかし、返済したと思っていても端数の残高が残っていることがあります。

実は、千円未満の端数が残っていても利息がつくことが無いため、返済をすることを忘れてしまうことがあるのです。

解約をするためには、残っている端数まで返済をしなければなりません。

そのためには、ATMなどの利用では小銭が利用できないため、銀行振込やネットバンキングを利用して返済するなどの方法で完済をしましょう。

また、ATMで多めに支払っておいて、解約の時に申し出ることで後に差額をかえしてもらうようにすることも可能です。

解約はSMBCモビットコールセンターへ電話をする

解約手続きをするためには、まずSMBCモビットコールセンターへ電話をします。

SMBCモビットコールセンター

フリーダイヤル:0120-24-7217
営業時間:9:00~21:00

営業時間外は自動音声対応となっていますが、解約手続きはできないため、営業時間内に電話をかけるようにしましょう。

解約の申し出をすると、ローンカードに記載されている会員番号を確認されますので、事前に準備しておくようにしてください。

解約時の書類について

契約書は返還される

解約時には、契約書が返還されてしまいます。

しかし自宅へ書類の郵送をしてほしくないという場合には、解約の電話時に返還をしないように伝えておきましょう。

完済証明書の発行方法

住宅ローンなどを組む際には、完済証明書が必要になることがあります。

もし住宅ローンの予定があるのであれば、解約申し出の際に、完済証明書を発行してもらうようにしましょう。

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

解約する前に確認しておくこと

解約の手続きは、簡単に済ますことができますが、解約をする前にもう一度確認しておきたいことをみておきましょう。

解約の取り消しはできない

SMBCモビットに解約を申し出した後は、その取り消しをすることはできません。

また、SMBCモビットを利用したくなった時には、再度新規で申し込みをする必要あります。

もちろん審査も行われます。

再度申し込みをするときは審査が厳しい可能性がある

SMBCモビットでは、解約をした後で再度申し込みをする場合には、その審査が厳しくなる可能性があります。

また融資が必要になる可能性があるのであれば、解約をすることを見直すことも大切です。

まとめ

SMBCモビットの解約方法は、SMBCモビットコールセンターへ電話をして解約の申し出をします。

その前に、借入残高は端数まですべて返済を行いましょう。

また、解約をする前には、そのメリットやデメリットをしっかりと確認した上で、本当に必要がない状態になってから手続きをすることも大切ですね。


SMBCモビットの詳細はコチラ >>