カードローン110番 > 自動契約機を検索 > 兵庫県にある即日キャッシングアコム店舗ガイド

兵庫県にある即日キャッシングアコム店舗ガイド

契約機名 住所
神戸市西区 175号玉津南むじんくんコーナー 兵庫県神戸市西区持子3丁目19-1
神戸市北区 有馬街道鈴蘭台むじんくんコーナー 兵庫県神戸市北区山田町小部字広苅16番1
神戸市垂水区 垂水レバンテ2むじんくんコーナー 兵庫県神戸市垂水区日向1丁目5-1-125
レバンテ垂水2番館ビル1
神戸市東灘区 2号線住吉むじんくんコーナー 兵庫県神戸市東灘区住吉宮町6丁目14-12
六甲住吉プラザ2F
神戸市須磨区 板宿むじんくんコーナー 兵庫県神戸市須磨区平田町2丁目2-8 平井ビル2F
神戸市灘区 六甲道むじんくんコーナー 兵庫県神戸市灘区永手町3丁目2-16 有本ビル2F
神戸市中央区 三宮支店 兵庫県神戸市中央区三宮町1丁目8-1-301
サンプラザビル3F
JR三宮東口むじんくんコーナー 兵庫県神戸市中央区雲井通6丁目1-21竹下雲井ビル1F
元町むじんくんコーナー 兵庫県神戸市中央区元町通1丁目13-12
神戸プラザホテル1F
三宮センター街むじんくんコーナー 兵庫県神戸市中央区三宮町1丁目7-1 友信ビル2F
神戸駅前むじんくんコーナー 兵庫県神戸市中央区多聞通3丁目2-7湊川ビル6F
三宮むじんくんコーナー 兵庫県神戸市中央区三宮町1丁目8-1-301
サンプラザビル3F
阪急三宮むじんくんコーナー 兵庫県神戸市中央区北長狭通1丁目2-3二鶴ビルB1F
神戸市兵庫区 大開通むじんくんコーナー 兵庫県神戸市兵庫区水木通3丁目2-1
神戸市長田区 新長田むじんくんコーナー 兵庫県神戸市長田区若松町4丁目10-1アスタクエスタ北棟102号
姫路市 姫路駅前むじんくんコーナー 兵庫県姫路市駅前町222 姫路駅前第一ビル2F
広畑むじんくんコーナー 兵庫県姫路市広畑区東新町2丁目46 長久ビル1F
今宿むじんくんコーナー 兵庫県姫路市東今宿3丁目5-8
312号線野里むじんくんコーナー 兵庫県姫路市野里南河原字169-1
浜国250号大津むじんくんコーナー 兵庫県姫路市大津区天神町2丁目165
西宮市 阪神西宮むじんくんコーナー 兵庫県西宮市田中町2-6 谷村ビル2F
JR西宮駅前むじんくんコーナー 兵庫県西宮市池田町9番7-114号 フレンテ西館
今津駅前むじんくんコーナー 兵庫県西宮市津門呉羽町1-32 万グループビル2F
尼崎市 阪神尼崎むじんくんコーナー 兵庫県尼崎市神田中通2丁目28 1F
尼宝線武庫之荘むじんくんコーナー 兵庫県尼崎市南武庫之荘7丁目6-5 シティ南武庫1F
東園田むじんくんコーナー 兵庫県尼崎市東園田町2丁目91-2
塚口北むじんくんコーナー 兵庫県尼崎市塚口町1丁目2-4 昌平ビル2F
明石市 西明石むじんくんコーナー 兵庫県明石市小久保2丁目6-1 ウエストアカシビル2F
明姫幹線東二見むじんくんコーナー 兵庫県明石市二見町東二見字荒内1067-1
明石むじんくんコーナー 兵庫県明石市桜町14-19 KUKIビル8F
加古川市 加古川むじんくんコーナー 兵庫県加古川市加古川町篠原町2-13 スカイシービル1F
2号線東加古川むじんくんコーナー 兵庫県加古川市平岡町高畑207-43
明姫幹線加古川むじんくんコーナー 兵庫県加古川市加古川町備後390-1 くらにしビル1F
宝塚市 仁川むじんくんコーナー 兵庫県宝塚市鹿塩2丁目7-15
伊丹市 伊丹むじんくんコーナー 兵庫県伊丹市中央1丁目5-19 ピュア伊丹21 3F
産業道路伊丹むじんくんコーナー 兵庫県伊丹市北本町3丁目39-2
川西市 川西むじんくんコーナー 兵庫県川西市栄町10-1-201 川西東洋ビル2F
三田市 三田バイパスむじんくんコーナー 兵庫県三田市対中町22-5
高砂市 2号線高砂むじんくんコーナー 兵庫県高砂市阿弥陀町魚橋字西ノ口1045-1
たつの市 龍野むじんくんコーナー 兵庫県たつの市龍野町堂本字大フケ492-1
三木市 三木むじんくんコーナー 兵庫県三木市末広3丁目10-26 大搗ビル1F
加東市 175号線滝野社むじんくんコーナー 兵庫県加東市北野字片山658-4
豊岡市 豊岡むじんくんコーナー 兵庫県豊岡市千代田町11-27 TAMAYAビル3F
洲本市 洲本むじんくんコーナー 兵庫県洲本市栄町3丁目3-54 栄町プルミエビル2F
利用可能
時間
平日土日祝 8:00~22:00
※六甲道むじんくんコーナー、加古川むじんくんコーナーは、平日土日祝8:00~21:00となります。
※三宮支店は、平日のみ9:30~18:00となります。
※三宮センター街むじんくんコーナーは、平日土日祝9:00~22:00となります。

アコム解約の手続き方法と解約をする前に確認しておくべき注意点

アコムのカードローンで借り入れたお金をすべて返済することを「完済」と言いますが、完済をしても解約をしたことにはなりません。

完済したままの状態では、まだアコムとの契約が続いていますので、いつでも借り入れすることができます。もし、今後アコムを利用しないということであれば、解約の手続きをしましょう。

今回は、アコムの解約について解説していきます。

アコムの解約ができる条件は?

アコムを解約するには、残金をすべて返済していなければなりません。しかし、コンビニATMなどを利用した返済では1,000円単位でしか返済ができません。

そのため、残金に1,000円未満の端数が残っている場合があります。もし、残金に端数があったとしても、その端数は「無利息残金」となるため利息がかかることはありません。

しかし端数でも残金が残っているということは、完済したことにはなりません。

残金に端数が残っていると解約できないので注意!

残金に1,000円未満の端数が残っていると、完済したことにはならないため解約ができません。つまり、その端数もすべて支払いをする必要があります。

しかし、先にもお伝えしたように、多くのATMでは小銭が利用できない場合もあるため、端数の支払いができません。

では、端数はどんな方法で支払いをしたら良いのでしょうか?

端数の返済方法は?

端数を支払うためには、銀行振込を利用する、もしくはアコムの店頭窓口を利用するという方法があります。また、小銭を取り扱っている銀行のATMであれば端数の支払いも可能です。

ただし、三井住友銀行ATM以外の銀行ATMや、銀行振込を利用して支払いをする場合には手数料がかかりますので、手数料を節約したいのであれば、アコムの店頭窓口で端数の支払いをするのが良いでしょう。

アコムの詳細はコチラ >>

アコムを解約する方法は2通り

端数まで返済ができれば完済したことになりますので、解約手続きができるようになります。アコムの解約をする方法は2通りあります。

  • アコムの店頭窓口での手続きする
  • アコム総合カードローンデスクへ連絡して手続きをする

では、それぞれの解約手続きの方法を確認していきましょう。

解約に必要となる書類

まず、解約手続きに必要となる書類は次の通りです。

  • 本人確認書類
  • アコムのローンカード

この2点は、店頭窓口で解約手続きをする場合に必要となります。

電話での解約手続きをする場合には、書類で本人確認ができませんので、利用者の生年月日や会員番号などで本人確認がされることになります。

会員番号など答えられるよう電話をする前にローンカードを準備しておきましょう。

店頭窓口での解約方法

店頭窓口で解約する流れは次のようになります。

①店頭窓口で解約の申し出をする
②本人確認書類で利用者本人であることを確認してもらう
③借入残高などがないかの確認される
④ローンカードの返却
⑤必要な場合は「解約証明書」を発行してもらう

解約手続きのときには、特に書類などを記入する必要がありませんので、とても簡単に手続きが完了します。

電話での解約方法

では、電話で解約する流れを確認していきましょう。

①アコム総合カードローンデスクへ電話をする
②オペレーターに解約の申し出をする
③本人確認のため、会員番号や生年月日などの質問がされる
④借入残高の確認がされる
⑤ローンカードを返却するか廃棄するか選択する
⑥必要な場合は「解約証明書」を郵送してもらう

電話での解約手続きでは、ローンカードがその場で返却できないため、返却する場合には郵送などで行うことになりますが、カードにハサミを入れて廃棄した方が簡単です。

<アコム総合カードローンデスク>

  • 電話番号:0120-629-215
  • 受付時間:平日9:00~18:00

解約証明書は発行してもらった方がいいの?

解約証明書は、アコムのカードローンを解約したという証明書ですので、特に必要なければ発行してもらわなくても大丈夫です。

しかし、おまとめローンなどを利用する場合に必要となることがありますので、その場合には忘れず発行をしてもらいましょう。

アコムの詳細はコチラ >>

解約前にチェック!こんなデメリットがある

アコムの解約をすると、信用情報に完済の情報が載りますので、住宅ローンなどの大きなローンを組む時の審査に支障が出なくなるなどのメリットがあります。

しかし、デメリットもあります。

本当に解約していいのかどうか、解約前にしっかりと確認しておきましょう。

再度アコムを利用するときには審査を受ける必要がある

アコムを解約してしまうと、その時点でアコムの利用ができなくなります。もし、アコムを利用したいという時には、再度申し込みをして審査を受けなければなりません。

その時の状況によっては、審査に通らない可能性もありますので注意が必要です。

現在の限度額や引き下げになった金利などの実績が消える

アコムでの利用状況が良い場合には、利用限度額がアップしたり、金利が引き下げになったりしますね。しかし、解約をした時点でその実績は何も残りません。

つまり、再度申し込みをしたときに、その限度額や引き下げられた金利で利用できるわけではないということです。

いざという時の備えがなくなる

アコムの解約をしてしまうと、その時点でアコムの利用はできなくなりますので、いざという時に融資を受けることができなくなります。

収入が安定していて貯蓄もあるなどの備えがされているのであれば、解約をしても問題はありませんが、まだ利用する可能性があるのであれば、解約は見直した方が良いかもしれません。

アコムの詳細はコチラ >>

まとめ

アコムの解約をするためには、端数まですべて完済する必要がありますので、解約手続きをする前に、支払いを忘れず行いましょう。

また、アコムの解約はとても簡単ですが、デメリットもあります。解約前にしっかりと検討してから手続きすることをオススメします。

アコムの詳細はコチラ >>