カードローン110番 > ジェイスコアの口コミ・評判からわかる特徴やメリットを紹介! > ジェイスコアはCIC(信用情報)に傷がついてると審査に通らない!?嘘でごまかせば大丈夫?

ジェイスコアはCIC(信用情報)に傷がついてると審査に通らない!?嘘でごまかせば大丈夫?

ジェイスコアは個人信用情報機関である「CIC」に加盟しています。

そのため、審査の際は申し込み者の信用情報を確認するためにCICに照会します。ジェイスコアの審査はAIスコアで決まるわけではなく、CICなどに登録されている個人信用情報が物を言います。

どんなにAIスコアが高得点でもCICの信用情報に傷がついていると審査落ちしてしまうということです。

また傷がついていなくても他社借り入れが多すぎる場合も審査通過は難しいです。中には他社借り入れを嘘付く人もいますが、信用情報を確認すればすぐに嘘だとバレます。

このようにジェイスコアの審査では信用情報が非常に重要だということです。

【目 次】
  1. ジェイスコアは審査が甘いわけではない!否決になる原因
  2. ジェイスコアで嘘ついて審査通過はムリ!バレれば即審査落ち
  3. ジェイスコアは債務整理・自己破産後でも借りられる?
  4. ジェイスコア やってみた

「カードローンやキャッシングで借り入れすると信用情報に傷がついて、住宅ローンやマイカローンを組めなくなる」なんて話を聞いたことがあるという人もいるのではないでしょうか?

しかし、これは本当なのでしょうか?

もし本当ならばジェイスコアに申し込もうと考えていた人は躊躇ってしまいますね。

CICって何?

CICとは個人信用情報機関のことで、個人の信用情報を管理・保持している機関です。個人信用情報機関にはCICの他にJICCと全国銀行個人信用情報センターの3つあります。

国内の金融機関は必ず個人信用情報機関に加盟しており、ジェイスコアはCICに加盟しています。金融機関によっては複数の機関に加盟しているところが多いです。

ジェイスコアはCICとどんなやり取りをしているの?

カードローンに申込むと、「契約しても大丈夫か」判断するために信用情報機関を通して申し込み者の信用情報を照会します。ジェイスコアの場合はCICに信用情報を確認します。

またジェイスコアは契約者の申し込み・契約・借り入れ・返済状況などを信用情報機関に申告しています。

たとえば、あなたがジェイスコアに申し込むとジェイスコアはCICを通して信用情報を確認します。信用情報と申込み内容をもとに審査して、問題ないようであれば融資実行となります。

そして、ジェイスコアは申し込み、契約、借り入れ、返済状況をCICに逐一申告して保存されます。

信用情報機関同士で情報共有されている

ジェイスコアは基本的に加盟している信用情報機関であるCICしか信用情報を参照できませんが、一部の情報は信用情報機関同士で共有されています。

一部の情報とは下記のようなものです。

  • 金融事故情報
  • カードの盗難・紛失に関する情報
  • 本人からの申告情報

CICに傷がつくってどういうこと?

CICに傷がつくとは、金融事故情報が記録されることを言います。

金融事故情報の代表的なものは次の4つです。

  • 延滞
  • 債務整理
  • 代位弁済
  • 強制解約

延滞

ローンやクレジットカードの支払いを長期に渡り延滞すると信用情報に記録されます。スマホの分割払いも延滞すると信用情報に記録されます。

どれぐらいの期間延滞すると信用情報に記録されるのか、その基準は金融機関ごとに異なりますので一概には言えませんが、2~3ヶ月以上延滞すると記録されることが多いです。

延滞の記録は延滞解消から1年~5年間残ります。

債務整理

合法的に借金を整理することを債務整理と言います。

任意整理、個人再生、自己破産と種類があります。

いずれの手続きも信用情報に記録され、任意整理は最長5年間、自己破産は最長10年間残ります。

代位弁済

カードローンは保証人不要です。そのかわり保証会社が保証人の代わりをつとめます。

契約者が返済を怠った場合は、保証会社が代わりに金融機関に対して全額返済します。これが代位弁済です。代位弁済となっても契約者の債務が消滅するわけではなく、今後は保証会社に対して返済していくことになります。

代位弁済の記録は最長5年間残ります。

強制解約

長期延滞が原因で金融機関から契約を打ち切られることを強制解約と言います。

強制解約の記録は最長5年間残ります。

金融事故情報があると審査に通らない

金融事故情報の記録があるとローンやクレジットカードに次のような影響を及ぼします。

  • ローン、クレジットカードの審査に通らない
  • クレジットカードの更新不可
  • 利用中のローンやクレジットカードの限度額の減額や利用停止
  • スマホを割賦購入できなくなる

3つの信用情報機関は事故情報を共有しているため、どの金融機関も確認可能となっています。金融事故情報がある人はジェイスコアの審査には通りません。

ジェイスコアを利用してもCICなどの信用情報には傷はつかない

ジェイスコアなどのキャッシングを利用しただけでは、CICやその他の信用情報機関の信用情報に傷がつくことはありません。

ただし、カードローンやキャッシングを利用すれば、利用履歴等は信用情報に記録として残りますので、その他のローンの審査に影響はします。

ジェイスコアは住宅ローン審査に大きく影響するので注意

ジェイスコアやその他のカードローンを利用しただけでは信用情報に傷は付きません。しかし、住宅ローンのような高額なローンを組む際は審査に大きく影響しますので注意が必要です。

カードローンやキャッシングは他のローンに比べて高金利です。高い利息を払ってでもお金を借りる必要がある人なわけですから、銀行としてはそのような人には貸したくないのです。

特に貸金業者から借り入れがある人は複数借り入れしている場合が多いので、申し込み自体を断ることもあります。

ジェイスコアは審査が甘いわけではない!否決になる原因

ジェイスコアは銀行カードローンよりも審査スピードに優れており、その早さは大手消費者金融にも引けを取りません。最短即日で融資を受けることも可能です。

だからといって審査が甘いわけではありません。当然きっちり審査しますので、信用情報に問題があったり、他社借り入れが多すぎるような人は否決になります。

ここではジェイスコアの審査が否決になる原因について解説します。

仮審査で否決になる原因

ジェイスコアの審査は「仮審査」と「本審査」の2段階に分かれています。仮審査では申し込み情報から合否を決めていますが、ここで否決になるのは何が原因なのでしょうか。

仮審査で否決になる原因は主に2つです。

  • 信用ブラック
  • 他社借り入れが多すぎる

信用ブラックになっていれば仮審査否決

ローンやクレジットカードなどの利用履歴は信用情報に登録されています。返済で問題を起こすとその事実が登録され、信用ブラックになってしまいます。

次のような場合は信用ブラックになります。

  • 長期間の延滞(2~3ヶ月以上)
  • 債務整理(任意整理、個人再生、自己破産)
  • 代位弁済
  • 強制解約

他社のローンやクレジットカードで長期に渡り延滞した、債務整理で借金を減額またはチャラにした場合は信用情報に登録されます。

信用ブラックは異動情報として個人信用情報機関に5年以上保管されます。個人再生と自己破産の場合は最長10年です。個人信用情報機関に異動情報が残っているイダはジェイスコアの仮審査が否決になる可能性が高いです。

また返済で問題を起こしていなくても、短期間に複数社申し込みしていると「申込ブラック」と判断され、ジェイスコアの審査に通りにくくなってしまいますので注意してください。

申し込み履歴は半年経過すれば消えますので、心当たりがある人は半年待ってから再びジェイスコアに申し込むといいでしょう。

他社借り入れが多すぎると仮審査否決

ジェイスコアは貸金業法のもとに運営されていますので、個人に対して年収3分の1を超える貸付をしてはならないという総量規制が適用されます。

既に他の貸金業者から年収3分の1近く借りている場合はジェイスコアの審査を通過するのは難しいです。

ちなみにクレジットカードのショッピング枠は総量規制対象外ですがキャッシング枠は対象となりますので覚えておきましょう。

また借り入れ件数が多い場合も、仮審査で否決になる可能性が高いです。返済のためにジェイスコアに申し込みしてきたのかと判断されるため審査通過は難しいです。

収入証明書は準備しておく

ジェイスコアからの借り入れと他社借り入れの合計額が総量規制に抵触しなくても、他社借入額と合算して100万円を超える場合は収入証明書を提出しなければいけません。

仮に収入証明書が必要でない金額でも、他社借り入れが多い場合は収入証明書を提出することでジェイスコアからの信用を高めることもできますので、用意できるのであれば収入証明書は準備しておきましょう。

本審査で否決になる原因

ジェイスコアの仮審査を通過すると、申し込み者の返済能力は認められたということになり、高確率で本審査に通過する可能性が高いです。

それでも本審査で否決になるのには何が原因なのでしょうか?本審査で否決になる原因は次の2つです。

  • 嘘をついて申し込みした
  • 在籍確認に問題があった

嘘をついて申し込みした

申し込み内容を虚偽申告した場合は、即審査落ちとなります。

虚偽申告はほとんどの場合、審査の時点でバレますが、仮に審査通過できてもジェイスコアの心証は悪くなります。

契約後に嘘が発覚した場合は解約となり、借入残高の一括返済の請求、信用ブラックなど様々なリスクが待ち受けています。

在籍確認に問題があった

ジェイスコアでは勤務先へ電話して申し込み者がその会社に在席しているか確認を取ります。在籍確認ができなければ取れなければ審査落ちになります。

本当に在席していたとしても、電話応対した従業員が申し込み者のことを知らず「そのような者はおりません」と言われてしまうと、在籍確認は不承認となり審査落ちになってしまうこともあります。

特に大企業に勤めている場合はこのケースが考えられますので、電話応対してくれる人にあらかじめ「クレジットカードの在籍確認がある」などと伝えておくのがいいでしょう。

中には無職なのに働いていると偽るアリバイ偽装会社を利用される方もいますが、犯罪行為ですので止めてください。

ジェイスコアで嘘ついて審査通過はムリ!バレれば即審査落ち

「審査通過するためにちょっとだけ嘘ついちゃおうかな・・・」
「他で借りてるけど借りてないことにしたほうが有利になりそう」

嘘をついてジェイスコアに申し込もうとしている人もいるかもしれませんが、そんな人にお伝えしたいことは1つ。

ジェイスコアの審査で嘘ついてもメリットなんて1つもないということです。

ここでは申し込みで嘘をついた場合の審査状況や借り入れはどうなるのか詳しく見ていきましょう。

虚偽申告になる!?重大な違反パターンとは

ジェイスコアの申込み内容は難しいものではありませんので、きちんと調べず曖昧に申告してしまう方は少なくないです。

このことはジェイスコアや他のカードローン会社でも想定内ですので、大きく間違えない限り問題になることはないです。

しかし、明らかに事実と異なる情報を申告した場合は、今後ローンを組む際に困ることになる場合もあるので、申し込み内容は正確に申告することをおすすめします。

どんな理由で嘘がバレてしまうのか

重度の嘘を付いていたことが判明すると、ジェイスコアのデータベースに虚偽申告者として登録されます。社内ではブラック扱いとなりますので、今後ジェイスコアに申し込みしても一切融資を受け付けてくれない可能性が高いです。

また嘘の申告をしてしまうと信用面で評価が下がり審査落ちします。

どこまでが重度な嘘と判断されるのか

申込み内容でどこまでが重度な嘘を判断されるのか、項目ごとに見ていきましょう。

  • 年齢
  • 年収
  • 勤務先情報
  • 他社借り入れ件数
  • 居住形態

年齢

本当は24歳なのに25歳と申告した場合は誤差として判断され問題視されることはありません。本人確認の際に訂正を求められることもあります。

しかし、33歳など間違えようのない内容だと嘘をついているとなりますので、そのような場合は他の項目でも嘘をついているケースがほとんどです。

年齢の嘘は本人確認書類ですぐにバレます。1歳程度の違いであれば誤差として判断されますが、大きく異なると審査落ちの可能性が高くなりますので注意してください。

年収

年収の嘘は特に多いです。たとえば、年収280万円のところ300万円と申告するのは許容範囲ですが、400万円や500万円などと申告すれば話は変わってきます。

会社の規模、勤続年数、雇用形態などからある程度の年収は予測できてしまいますので、明らかにサバを読む申告は止めましょう。

ジェイスコアなどの貸金業者は総量規制の兼ね合いで年収を確認することがあります。その場合、申し込み者は自分の収入を証明できる書類を提出しなければいけません。

収入証明書を見れば年収を嘘ついていることはすぐバレてしまいます。その結果、審査落ちしてしまいます。

もし本当ならばジェイスコアに申し込もうと考えていた人は躊躇ってしまいますね。

年収は高くないと審査に通らないわけではない

年収が低いからサバ読み申告する方は意外と多いですが、カードローンは毎月コツコツと返済できれば問題ありません。

収入が多くなくても、無理なく返済できるだけの収入を貰えていれば審査通過の可能性は大いにあります。

勤務先情報

勤務先の虚偽申告は間違いなくばれると思っていいでしょう。ジェイスコアの審査では在籍確認のために職場に電話連絡します。

そこで電話応対した従業員に「そんな人はいません」と言われれば、嘘をついている可能性が高いと判断され審査落ちしてしまいます。

中には雇用形態を嘘付く人もいますが、年収額などから嘘ということは判明しますので、この場合も悪質な虚偽申告と判断され審査落ちします。

他社借り入れ状況

他社借り入れ状況は、個人信用情報機関に照会することですぐに嘘だということがバレます。

他社借り入れがあれば毎月返済しているはずですから、金額や件数を把握していないと無計画な人と判断されてしまいます。

たとえば、借入金額50万円のところ45万円と進行した場合は誤差の範囲と判断される可能性が高いですが、これを10万円などと申告すれば明らかな嘘だと思われます。

不安な場合は自分の信用情報を開示して確認してから申し込むようにしましょう。

居住形態

居住形態は自己所有の持ち家が高属性です。そのため、本当はアパートだけで自己所有の持ち家と嘘をつく人も少なくないです。

しかし、持ち家があるということは住宅ローンを組んでいるはずですので、個人信用情報機関に住宅ローンを組んだ履歴がなければ嘘をついているかもしれないと疑うようになります。

審査担当者は他にも嘘をついているかもしれないと判断し、収入証明書で返済能力を確認するケースもあります。

記入ミスでも嘘だと思われる恐れがある

嘘をつく気がなくても申し込み内容を間違って申告した場合もジェイスコアからすれば虚偽申告です。

特に数字関連は記入ミスする人が多いので注意しましょう。

記入し終わったらすぐ提出せず、必ず一と申し込み内容を確認しましょう。

ジェイスコアは債務整理・自己破産後でも借りられる?

債務整理・自己破産後でも個人信用情報機関から金融事故情報が消えていればジェイスコアで借り入れすることは可能です。

具体的にどのぐらいの期間が経過すると、金融事故情報は消えるのかは債務整理の種類と個人信用情報機関によって異なります。

任意整理の場合

任意整理は金融事故情報として登録されるのはJICCのみです。

個人信用情報機関 登録の有無 登録期間
JICC 登録される 債務整理する旨の通知から5年間
CIC 任意整理の登録なし
※3ヶ月以上の延滞をしていた場合は「異動」が登録される
完済から5年間
全銀協 任意整理の登録なし
・保証会社が代位弁済した場合はその事実が登録される
代位弁済した日から5年間

CICと全国銀行個人信用情報センターでは任意整理の事実は登録されません。

ただし、任意整理する前に2~3ヶ月以上延滞した場合は長期延滞が原因の金融事故情報が登録されます。この場合、完済してから5年経過しないと事故情報は消えません。

逆に言えば、長期延滞せず債務整理した場合は金融事故情報は登録されないケースもあります。この場合は、5年待つ必要なくジェイスコアに申し込んで借り入れできる可能性があります。

全銀協の場合は、銀行カードローンの保証会社が代位弁済した場合はその事実が登録されます。代位弁済も最長5年間登録が残ります。

自己破産の場合

自己破産は任意整理と違ってどの個人信用情報機関にもその事実が登録されます。

個人信用情報機関 登録の有無 登録期間
JICC 登録される 免責決定から5年間
CIC 登録される 免責決定から5年間
全銀協 登録される 10年間

JICCとCICは5年間、全国銀行個人信用情報センターのみ10年間登録が残ります。

事故情報消滅後は実績を作ってからジェイスコアに申込むこと

個人信用情報機関から金融事故情報が消えればまた新たにカードローンを利用できるようになります。

しかし、審査に通るかどうかは別であり、事故情報消滅後は通常よりも審査に通りにくい状態だということは覚えておいてください。

事故情報が消滅すると、これまでのローンやクレジットカードなどの利用履歴もすべて消えるため信用情報は真っ白な状態となります。

30代以降でローンやクレジットカードの利用履歴がないということは「過去に返済で問題を起こしたのかもしれない」と疑いの目で見られてしまいます。

信用情報に何も記録がない状態では審査通過は難しいです。

債務整理・自己破産後すぐにジェイスコアに申し込むのではなく、まずはきちんと実績を積んで信用情報に記録されることを優先しましょう。

スマホの分割払いや審査通過が高めの大手消費者金融のカードローンへの申し込みを検討してみましょう。

必ず自分の信用情報を開示請求すること

債務整理してから5年経過したら、すぐにジェイスコアに申し込みせず、まずは自分の信用情報から金融事故情報が消えているかどうか確認しましょう。

稀に5年経過しても金融事故情報が消えていないこともありますので、自分で開示請求してみてください。

ジェイスコア やってみた

ジェイスコアのAIスコア・レンディングは「本審査申し込み前に限度額と金利の目安値がわかること」がメリットです。住所や勤務先などの個人情報を申告する必要がありません。

もちろん、この時点で個人信用情報機関に照会されることもありません。

とりあえず現状でどれぐらい借りられるのか金利何%で借りられるのか結果を見てみたいという場合にも、デメリットなくスコアを出すことができます。

というわけで筆者も実際にジェイスコアをやってみました。

ジェイスコアはチャット形式で質問に答えていくだけ

スコアレンディングをやるにはアカウントが必要になります。まずはAIスコア・レンディングのアカウントを作成します。

アカウント作成は画面とメールの指示にしたがって手続きすればいいだけなので簡単です。

アカウントを作りログインすると「AIスコア診断」が開始されます。

チャット形式で質問に答えていく形となります。

質問は内容は下記のとおりです。

  • ニックネーム
  • 生年月日
  • 性別
  • 最終学歴
  • 勤務形態
  • 仕事の業種
  • 現在の職種
  • 企業規模
  • 入社開始年月
  • 昨年度の年収
  • 結婚の有無
  • 子供の有無
  • 同居している家族の有無
  • 自宅郵便番号(最初の3桁のみ)
  • お住まいの住居タイプ
  • 住んでいる年数
  • 「住宅ローン」「教育ローン」「自動車ローン」以外の借り入れ有無

一般的なカードローンだと、申し込みの入力項目は30個以上ありますので、それを考えると非常にシンプルです。

質問に全て回答すると現在のスコアが表示されます。

本審査に申込可能なスコアは「600点以上」なので、筆者の場合は現状を入力するだけでAIスコア・レンディングを利用することができるということになります。

これだけでも審査申し込みに進むことはできますが、性格やライフスタイル、趣味嗜好などの質問が用意されており、それらに回答することでスコアアップすることができます。

またみずほ銀行やソフトバンクと情報連携すればスコアアップの可能性もあります。スコアが600点以下でも後から様々な質問に答えていくことで点数がアップし、審査申し込みできるようになることもあります。

このように600点以上だと、貸付利率と契約極度額が表示されます。

スコア入力後の借入れ申し込みと審査

質問に答えて出された金利と契約極度額は、あくまでも問題なく審査通過できた場合の数値です。審査では個人信用情報機関へ照会しローンやクレジットカードを滞納していないかなどチェックが入ります。

おのため、スコア600点以上でも審査で落とされることもあります。中にはAIスコア診断で嘘の回答をして600点以上獲得しようとする人もいますが、審査で嘘ということは見抜かれますので、嘘で600点以上とっても何の意味もありません。

「お申込み・審査状況確認」から申し込みできます。

申し込み~契約までの流れ

① 申し込み
② 仮審査
③ 仮審査結果の通知(メール)
④ 必要書類の提出
⑤ 本審査(在籍確認)
⑥ 本審査結果の通知(メール)
⑦ WEB上で契約手続き
⑧ ホームページ上で借入れ手続きする

仮審査はコンピューターによる自動審査、本審査は人の手によって最終確認が行われます。本審査では勤務先へ在籍確認の電話が行われます。

仮審査の結果は最短30分ででます。

必要書類は簡単なもの

審査に必要な書類は本人確認書類と収入証明書の2点です。

本人確認書類

下記の内いずれか1点を用意する。

・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
・マイナンバーカード
・在留カード
・特別永住者証明書

※学生は学生証も必要です

収入証明書

下記の内いずれか1点を用意する。

・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・納税証明書
・所得証明書

ジェイスコアでは他のカードローンに比べて契約極度額が大きくなりやすいので、収入証明書が必要になる可能性が高いです。

ジェイスコアは振込でしか借りられない!手続きの時間に注意

ジェイスコアではローン専用カードの発行はありません。借り入れは銀行振込みのみとなります。

銀行振込みで注意しなければいけないのが、振込の反映時間です。

振込が反映されるのは銀行の営業時間内となります。ジェイスコアでは平日14時45分までに振り込み依頼を済ませることで当日中に口座に入金されます。