カードローン110番 > ジェイスコアの口コミ・評判からわかる特徴やメリットを紹介! > ジェイスコアのAIスコア・レンディングの審査:在籍確認はあるの?

ジェイスコアのAIスコア・レンディングの審査:在籍確認はあるの?

ジェイスコア(j.score)のAIスコア・レンディングとは

最近、インターネット広告で目立つのはジェイスコア(j.score)です。

このジェイスコアが行っているAIスコア・レンディングは、AIスコアを使って貸付をするという意味であり、早く言えば消費者金融そのものです。

AIスコアは、大手消費者金融会社などが行っていますスコアリングシステムと基本的には同じものになります。

大手消費者金融会社はスコアリングによる審査の結果を申込まれた方に融資可否、利用可能額、貸付金利を伝える形です。

しかし、ジェイスコアのAIスコアの場合は、スコア(点数)を提示して自分自身でどの程度の利用可能枠で、どれくらいの金利で借りられるのかを判断する形になっています。

但し、ジェイスコアのスコアリングシステムは携帯電話の料金支払実績から組んでおり、個人貸付でないため自信がなく、AI(人工知能)を組み込んで実際の返済事例をスコアリングに反映させて順次修正していく形です。

大手消費者金融会社の場合は、過去の数百万件に及ぶ実際の貸付の返済実績に基づいてスコアリングを組んでいるため、信頼度が高く、システムは固定されています。

ジェイスコア(j.score)でお金を借りるには

では、実際にジェイスコア(j.score)でお金を借りるにはどうすればよいのでしょう。ジェイスコアのAIスコア・レンディングについて具体的にご説明します。

ジェイスコアのAIスコア・レンディングの申込み方法

ジェイスコアのAIスコア・レンディングは、インターネットのWEB上でパソコンかスマホでAIスコア診断を受けて、それに基づいて申込む形になります。

大手消費者金融会社の簡易審査では、正式に申込む場合には改めて最初から入力しますが、AIスコア・レンディングの場合は、AIスコア診断で入力した内容が使われますので、二重入力はせずに済みます。

ジェイスコアのAIスコア・レンディングは即日キャッシングができる?

ジェイスコアのAIスコア・レンディングでは、14時50分くらいまでに契約手続きを済ませていれば、申込み当日の即日キャッシングが可能になります。

自分の銀行口座にお金が振込まれてきます。

ジェイスコアのAIスコア・レンディングはローンカードの発行はない

ジェイスコアのAIスコア・レンディングでは、大手消費者金融会社のようにローンカードは発行されません。すべて、自分の銀行口座にお金が振込まれる形で融資が行われます。

また、返済も、ローンカードを使って直営ATMや身近なコンビニ、銀行などの提携ATMで返済することはできません。

ジェイスコアのAIスコア・レンディングは振込みキャッシング

ジェイスコアのAIスコア・レンディングでは、WEBでログインし、WEB上で振込みキャッシングを申込む形で借入を行います。

銀行口座は、親会社のみずほ銀行に限られると言うことはなく、どこの銀行口座でも可能です。
また、スマホならどこからでも申込みができます。

但し、大手消費者金融会社のローンカードのように、24時間いつでもお金を用立てると言うことは出きず、その日の14時50分くらいまでに申込みをしませんと、銀行口座に入金になるのは翌日になります。

ジェイスコアのAIスコア・レンディングの金利は安い

ジェイスコアの融資金利の上限金利は12.0%となっており、大手消費者金融会社の金利が17.8%から18.0%であるのに対してかなり低くなっています。

これは、ローンカードの発行を止め、店舗や提携ATMも無くし、ネット上での貸付に限定し、返済手段も限定したことにより、人件費、運営コストを削減して、可能になっています。

ジェイスコアのAIスコア・レンディングは分割返済

ジェイスコアのAIスコア・レンディングの返済方法は基本的には、分割返済です。

借入残高によって返済金額(元利合計)が変わってくる借入金額スライドリボルビング方式をとっており、ほぼ大手消費者金融会社と同じです。

大手消費者金融会社のように一括返済も部分繰り上げ返済も可能です。

ジェイスコアのAIスコア・レンディングの本審査へ

これらの手続きが終わりますと、ジェイスコアでは、AIスコア・レンディングの仮審査が始まります。

AIスコア診断の入力内容の確認が行われ、結果はメールで連絡があります。

但し、この段階ではまだ仮審査結果であり、その後に必要書類を提出し、本審査が始まるのです。

ジェイスコアのAIスコア・レンディングの申込みにおける必要書類

ジェイスコアのAIスコア・レンディングの申込みにおける必要書類は、

  • 本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)
  • 収入証明書(源泉徴収票、確定申告書控え、所得証明書など)

です。

収入証明書は、50万円以上の借入希望枠や他社借入と借入希望枠が100万円を超える場合に必要になります。

これらの書類はスマホのカメラで撮ったり、スキャナーで読み込んでネット上で送信する形で提出します。

ジェイスコア(j.score)のAIスコア・レンディングの審査

ジェイスコア(j.score)のAIスコア・レンディングの審査は、仮審査と本審査が行われます。

仮審査では、

  • AIスコア診断の結果の範囲内の申込みであるか(スコアの融資条件の範囲内か)
  • 年齢、収入などは貸金業法の貸付規定や総量規制の範囲内か
  • 他社借入は総量規制を超えていないか

などについて審査を行ないます。

この段階では、主に貸金業法の規制を超えた融資にならないかの確認であり、

  • 年齢は20歳以上、70歳以下であること
  • 一定の収入が定期的にあること(年金、失業手当を除く)
  • 他社借入金が年収の1/3を越えていないこと

などの確認が行われるのです。

貸金業法の貸付規定に沿って、

  • 学生、専業主婦で収入がない場合
  • 65歳以上で年金以外に収入がない場合
  • 20歳未満もしくは70歳以上である場合
  • 失業中で収入がない場合
  • 他社借入が年収の1/3を超えている場合

には断りになります。

但し、ジェイスコアの場合は、70歳までは対象にしており、今後問題が生じる可能性はありそうです。

また、他社借入と借入希望枠の合計が年収の1/3を越える場合もチェックにかかり、超えていれば、断りになる可能性は高いと言えます。

ジェイスコアのAIスコア・レンディングはAIスコアから始まる

ジェイスコアのAIスコア・レンディングの仮審査は、AIスコア診断のスコアの範囲内の申込みであるかの確認も行われます。

AIスコアによる金利と利用可能額は、次のようになっています。

AIスコア 融資金利 契約極度額
950~1000 0.9%~2.1% 10万円~1000万円
900~946 1.9%~3.7% 10万円~730万円
850~899 3.5%~5.4% 10万円~540万円
800~846 5.2%~7.0% 10万円~400万円
700~799 6.8%~9.5% 10万円~260万円
600~699 9.3%~12.0% 10万円~150万円

このAIスコアの契約極度額以内での申込みになっているかどうかの確認が行われるのです。この範囲を超えている場合には、仮審査で断りになります。

また、基本的には、AIスコア診断で600点未満の方はその時点で実質断りになっており、申し込みそのものができなくなっています。実質的には断りになっているのです。

これによって、審査そのものの件数を絞り、審査効率を高め、将来的に発表する成約率を高く見せる効果があります。

ジェイスコアの審査は実際には3段階審査

ジェイスコアの審査は、仮審査と本審査に分かれますが、本審査も二段階に分かれています。
すなわち、3段階の審査になっています。

一つは、仮審査の確認でもう一つはAIスコアの確認です。

仮審査の確認とは、仮審査ではAIスコアに入力された内容はすべて正しいということを前提に行われていますが、それを確認する作業です。

すなわち、必要書類によって

  • 本当に本人であることの確認
  • 収入の確認

が行われます

運転免許証などは番号などから偽物ではないかの確認が行われ、50万円以上の借入希望枠や他社の借入と合計して100万円以上の申込みの場合には、収入証明書によって年収の1/3を越えていないか、その確認が行われます。

これらは入力内容が正しいかどうかを判断するものです。

収入金額が違っているということは、他の入力内容にも意識的な良く見せようとする嘘の記述がある可能性があり、断りにつながります。

最終的な第3段階の審査

ジェイスコアの第2段階までの審査を通った場合には、さらに

  • 信用情報機関による他社借入の金額確認と返済状況確認
  • 勤務先に対する在籍確認
  • AIスコア入力に矛盾がないかの確認

が行われます。

信用情報機関の個人情報の確認

まず、信用情報機関の個人借入情報は消費者金融会社だけでなく、クレジットカード会社についても、

  • 借入金額の確認
  • それらの返済で事故になっていないかどうか
  • 事故になっていなくても返済の遅れが何度も発生してないか

という確認が行われます。

また、返済については、借入金だけでなくクレジットカードのショッピングの支払い状況も確認対象です。

他社借入金額がAIスコア診断の際の入力内容と異なっていて、年収の1/3を超えている場合には即断りになります。

また、年収の1/3を越えていなくても、その差が大きい場合には、入力内容全体に疑問が持たれますので、断りの可能性が高くなるのです。

特に、過払い金返還を受けている場合には、それ自体では問題にしませんが、入力内容が違っている場合には、断りになり易いと言えます。

また、他社の返済で事故が生じている場合も即断りになります。

事故になっていなくても、何回も返済遅れが生じている場合には、スコアランクを下げたり、特に回数が多い場合には断りです。

この場合も、過払い金返還を受けている場合には断りにつながりやすくなります。

在籍確認

また、勤務先に対して在籍確認を行い、入力内容に間違いがないかを確認します。

この場合も、AIスコア診断の入力内容に誤りがある場合には、入力内容全体に対して疑問が持たれますので、スコアを下げられたり、それによって断りになったりします。

AIスコア診断の際の入力の信頼性の確認

ここまでの確認において、入力内容にかなりの誤りがある場合には、入力内容そのものに正確性がないと判断され、断りにつながります。

また、勤務先での勤務年数が長くなっているにもかかわらず、居住年数が小さい、居住形態が持ち家になっているにもかかわらず、若いのに住宅ローンなどがないなど、入力内容に矛盾がないかも確認されるのです。

入力内容に疑問がもたれた場合には、スコアランクを下げて評価されますので、断りにつながることもあります。

ジェイスコアのスコアリング審査は申込み時点では終わっている

大手消費者金融会社の無人店舗の自動契約機の場合には、全て検証した結果で確定した審査結果が告げられるため、すぐに契約できます。

しかし、ジェイスコアのAIスコア・レンディングの場合には、AIスコアによるスコアリング審査は申込み時点ですでに終わっており、仮審査は基本的には入力内容が正しいことを前提として行われるのです。

そのため、仮審査でOKが出ても、それで本審査が通るわけではなく、断られたり、スコアランクを下げた契約になる可能性もあります。

ジェイスコアのAIスコア診断を正確に入力していると早い

従って、ジェイスコアのAIスコア診断は事前診断と言うことで、いい加減に入力していた場合、実際に申込みをしても断られる可能性があります。

逆に言えば、AIスコア診断の段階で正確に入力していれば、一つ一つの確認作業は早く行われ、結果も早く申込み通りに出ると言えるのです。

基本的に本来、消費者金融事業は、申込みをされる方が正直であるという性善説に立った審査が行われ、スコアリングポイントも加点法で行われます。

しかし、銀行系消費者金融会社の場合には、銀行の審査が性悪説に立っており、それに沿った審査になるため、減点法式でスコアリングが組まれる傾向があります。

そのため、特に入力内容などの誤りについてはシビアです。

ジェイスコアの場合も、経営陣はみずほ銀行出身者であり、そこに柔軟姿勢のソフトバンクのノウハウがどれだけ入り込んでいるのかによって審査時間と成約率は変わってきます。

ジェイスコアの審査はAIを使ったスコアリングシステムの確認作業

従って、ジェイスコアの審査は、AIスコア診断の入力内容を慎重に確認する作業と言うこともできます。

誤ったAIスコア診断の入力をしていくらスコアが良くなったとしても、その誤りが明らかになれば、スコア通りの結果は出ず、断りになってしまいます。

ジェイスコアの審査は大手消費者金融会社とどう違う?

ジェイスコアの審査は、基本的には大手消費者金融会社の場合と順番は別にして、表面的にはほぼ同じ審査内容で行われます。

仮審査における確認は、大手消費者金融会社の場合も同じです。

但し、大手消費者金融会社の場合、第2段階の審査として、申込みをされた方の記入内容、入力内容をスコアリングシステムにかけますが、それと並行して入力内容の確認も行われます。

その結果はすぐに伝えられ、30分から1時間以内で契約締結、ローンカード発行まで行われます。

それに対して、ジェイスコアの審査は、最短で30分とされており、一般的にはその日のうちに結果が出るとしているのです。

これは既にAIスコア診断というスコアリングシステム審査を終えている段階からの審査としては、大手消費者金融会社よりかなり時間がかかっていると言えます。

ジェイスコアの審査はかなり慎重審査になっている可能性

基本的にはSMBCモビットと同様の時間のかけ方になっており、表面には出ないところでかなり慎重審査が行われている可能性があります。

本来、必要書類の確認や信用情報機関の個人情報の確認はほとんど時間をかけずにできるはずです。

在籍確認に時間を要しているのか、あるいは、かなりの入力内容の確認に時間をかける慎重審査になっている可能性はあります。

本来、スコアが600点未満の方は実質的に事前断りになっており、スコアリングシステム審査は終わっているはずですから、本来であれば、成約率は80%から90%程度になっていてもおかしくありません。

時間も15分もあれば確認が可能なはずです。

基本的には、AIスコアシステムそのものにまだ自信がないというところでしょう。
成約率の発表はされていませんが、実際には50%以下になっている可能性もあると思われます。

ジェイスコアの審査は在籍確認を行う

既に述べましたように、ジェイスコアの審査では在籍確認は行われています。

第3段階の審査として実施されており、勤務先の記入に誤りがある場合には、断りになる可能性や、スコアランクが下がる可能性があります。

ジェイスコア(j.score)のAIスコア・レンディングの在籍確認

ジェイスコア(j.score)のAIスコア・レンディングの在籍確認においては、何を確認して、融資に対してどのような影響がでるのでしょうか。この点について、ご説明します。

ジェイスコアのAIスコア・レンディングの在籍確認は何をするの?

基本的に、ジェイスコアの在籍確認は大手消費者金融会社が行っているように、担当者が個人名で勤務先に電話をかけて、実際にその職場に在籍しているかどうかの確認を行います。

個人名で、友達のような口ぶりでかけますので、借入の在籍確認と言うことは周りの方にわかりません。

例えば、「友人の○○ですが、急ぎの用があって連絡を取りたいのですが、△△君は現在いますでしょうか?」というような感じで電話をするのです。

その結果、「現在は出かけており、ここにはいません。」という形の返事であればOKです。

しかし、「△△さんは、既に退職しています。」とか「△△というものはおりませんが・・・」という返事が返ってきた場合には、嘘の勤務先として判断され、断りになります。

ジェイスコアの在籍確認の理由

ジェイスコアの審査に限りませんが、スコアリングシステムにおいて、勤務先の業種、社員数などはスコアリングポイント(スコア)に大きな影響力があります。

一部上場企業や公務員などの場合には、かなり高い得点になりますが、小規模な会社の場合にはスコアはかなり低く出てしまいます。

企業規模や会社の業種は、スコアの重要なポイントになっているのです。

また、会社規模や業種だけでなく、実際の勤務している職種もスコアに影響を与える場合があります。

入力では経理部勤務となっているにもかかわらず、「△△は、営業部に異動になりました。」という返事が返ってきた場合には、やはりスコア得点に影響が出てしまいます。

職種としては内勤などの場合の方が外勤よりも点数が高く出る傾向にあるからです。

初めて審査を受ける場合には、増枠などの場合に比べますと、返済実績がないため、入力された内容に重きを置かざるを得ないのです。

そのために、勤務先や職種の入力が正確であるかどうかはスコアの得点に大きく影響しており、在籍確認は非常に重要な確認作業になっています。

正確性に欠けることは、他の入力でも誤りがある可能性があると判断されます。

ジェイスコアの在籍確認は電話で行う

ジェイスコアの在籍確認は、大手消費者金融会社と同様電話での確認になっています。

大手消費者金融会社などでは、電話での在籍確認用のマニュアルを用意し、勤務先に在籍確認であることがわからないように工夫しています。ジェイスコアの場合も同様にマニュアルが用意されていると考えられます。

ジェイスコアはSMBCモビットのように電話連絡なしにできる?

SMBCモビットでは、WEB完結の申込みの場合に限り、電話連絡なしにすることができます。

しかし、ジェイスコアの場合は、電話連絡なしにすることは困難です。

ジェイスコアのAIスコア診断は正確に

従って、ジェイスコアの場合、AIスコア診断は予備審査だから試しによく見せれるように入力しておこうとした場合には、実際に申込みをした段階においては、断られる可能性が高くなります。

ジェイスコアの本審査では、かなり慎重審査が行われている可能性があり、審査に時間をかけて矛盾点を確認しているようです。

勤務先、職種などは在籍確認で明らかになりますし、他社借入は信用情報機関の個人情報で、また、収入は収入証明書で明らかになってしまいます。

一つでも誤りがあれば、他の入力でも誤りがある可能性があると判断されてしまうのです。

入力が正しくなければ、スコアそのものが正確を欠くことになります。従って、慎重審査の場合には、断りになる可能性が高くなります。

慎重審査では入力の誤りは致命傷

大手消費者金融会社の場合には、過去の経験から、入力そのものは見栄が反映して正しく書かれていない可能性もスコアリングに織り込んでいます。

そのため、あくまでも性善説に立って、スコアリングポイントを最優先して早く結果を出すことができるのです。

しかし、銀行系消費者金融会社の場合、それらはマイナスポイントとしてすぐに断りに結びつくことが多くなります。

その意味で、AIスコア診断では極力正確に入力するようにしてください。

ジェイスコア(j.score)のAIスコア・レンディングの借入・返済留意点

では、最後にジェイスコア(j.score)のAIスコア・レンディングの借入と返済における留意点をご説明します。

ジェイスコアのAIスコア・レンディングはWEBのログインから

ジェイスコアのAIスコア・レンディングの借入は、WEBで会員番号と暗証番号でログインすれば申込むことができます。

自分の銀行口座は事前に登録するようになっており、申込みの際に入力する必要はありません。
金額を入力すれば、14時50分までであれば、10分もかからず口座に入金になります。

従って、会員番号と暗証番号は大切なものであり、忘れないようにメモしておいてください。

ジェイスコアのAIスコア・レンディングは極度額契約

ジェイスコアのAIスコア・レンディングの借入契約は、極度額契約になっており、基本的には利用可能枠=極度額となっているようです。

従って、自身の環境に変化がない場合には、増枠をしようと再びAIスコア診断を受けても増枠にはならない可能性が高いと言えます。

但し、ジェイスコアのAIスコアシステムは、AIによって実際に借りた方の返済実績が影響するように作られており、条件が変わらなくても変わる可能性はあるのです。

その場合、逆にスコアが下がる場合も考えられます。

なお、金利については、みずほ銀行やソフトバンクの携帯情報を利用することで年0.2%程度下がるそうです。

ジェイスコアのAIスコア・レンディングの返済手段

ジェイスコアのAIスコア・レンディングの返済手段は、3つの方法に限られています。
すなわち、

  • 銀行の自動引き落とし
  • Pay-easy(ペイジー)による銀行振込み
  • 通常の銀行振込み

の3つです。

銀行からの自動引き落としは、一括返済、期日前返済、部分繰り上げ返済などの返済の自由度がなくなります。ペイジーの詳細については、「https://www.pay-easy.jp/」を参照してください。

大手消費者金融会社の場合には、ローンカードによる直営ATM、提携ATMによる返済、現金書留による返済、コンビニのマルチメディア端末による無料返済、会員サービスからのインターネットバンキングを利用した無料の銀行振込みなどがあります。

ジェイスコアにはそれらの多様な有料・無料の返済手段はなく、かなり返済においてはサービスを制限しているのです。

そのサービスを制限してコストを下げることにより、金利を安くしていると言えます。

ジェイスコアのAIスコア・レンディングの無料返済方法

従って、ジェイスコアでは、返済の自由度がなくなる銀行口座からの自動引き落としを除きますと、無料での返済方法はペイジーによる返済に限られることになります。

大手消費者金融会社の場合には、ペイジーはありませんが、会員サービスからのインターネットバンキングを利用した無料の銀行振込み、コンビニのマルチメディア端末による無料返済、自社ATMによる無料返済などがあります。

自社ATMは大手消費者金融会社は千台以上ありますし、プロミスでは三井住友銀行のATMは無料ですので、かなりの方が無料で返済が可能です。

コンビニのマルチメディア端末も主要コンビニではセブンイレブン以外には設置されており、全国に3万店以上あり、無料で返済ができます。

このようにジェイコムの場合、返済におけるサービスという点では大手消費者金融会社に比べて劣っている面があります。

ジェイスコアのAIスコア・レンディングの注意点

ジェイスコアのAIスコア・レンディングは、パソコンやスマホでいつでも申込むことができますが、

  • 返済手段、特に無料返済手段については限られている
  • 借入は、当日の即日キャッシングは14時50分までに申込まないとできない

といった弱みもあります。

さらに、大手消費者金融会社の会員サービスのように、残高確認、履歴確認などができませんので、いつの間にか、利用限度枠いっぱいまで借りていたと言うことになりかねません。

借入についてはかなり慎重に行い、返済においては、必ずペイジーが使える銀行口座を作って賢く返済できるようにする必要があります。

ジェイスコアのAIスコア・レンディングの返済が遅れた場合は?

ジェイスコアのAIスコア・レンディングについては、まだ始まったばかりであり、返済遅れの実績が少なく、どのような対応がとられるのかは明確になっていません。

大手消費者金融会社の場合には、返済期日から一定の日数(2~3週間)に入金がない場合には、契約は解約になり、一括返済が求められ、その日以降は遅延損害金が発生します。

恐らく、ジェイスコア内には既にその取り決めが決まっていると思われますが、それを外部に対しては明確にしていません。

ただ、大手消費者金融会社の場合と似たような遅れ回収になると思われます。

まとめ

ジェイスコアのAIスコア・レンディングの審査と在籍確認を中心にご説明しました。

ジェイスコアの審査は、申込み前にスコア基準を明確にして、申込件数を絞り込む方法がとられ、また、申込みにおける二重入力も省いていますが、その割に審査時間は短くなっていません。

かなり慎重審査になっている可能性があります。在籍確認も電話での確認が行われており、審査は厳しいと考えた方が良いようです。

金利は安いですが、ローンカードはなく、返済手段も限られるなどサービスの削減につながっています。