肥後銀行カードローン審査のすべてを解説

サイトマップ
カードローン110番 > 肥後銀行カードローン徹底検証 > 肥後銀行カードローン審査のすべてを解説

肥後銀行カードローン審査のすべてを解説

熊本県最大の金融機関である肥後銀行カードローンは、熊本県のみならず、大分以外の九州全域の人を融資対象としています。

肥後銀行カードローンはどのような商品なのでしょう?

肥後銀行カードローン商品スペック


金利は以下のようになっています。

  • 100万円以下14.0%
  • 100万円超200万円以下12.5%
  • 200万円超300万円以下9.5%
  • 300万円超400万円以下7.0%
  • 400万円超500万円以下4.5%

最高金利が14.0%は銀行系カードローンの中でもかなりの低金利です。

口座があれば即日融資可能

肥後銀行の普通預金口座がある人は最短で即日融資可能となっています。毎月返済額は口座引き落としとなりますので、肥後預金口座がない人は口座作成後の利用となります。

WEB契約可能

契約手続きをインターネット上から行うことができますので、書類の記入を行う手間がなく審査通過後素早く契約可能です。

肥後銀行カードローンの審査

肥後銀行カードローンの審査はどのようにして行われるのでしょう?肥後銀行カードローン審査にかかる素朴な疑問を徹底解説します。

肥後銀行カードローンの審査結果はどのくらいの時間がかかる?遅い?

肥後銀行カードローンの審査結果はどのくらいの時間がかかるのでしょうか?

肥後銀行カードローンの審査は申込から審査結果までどのくらいの時間がかかるという表記はありません。

ただし、肥後銀行の口座利用者へは最短即日で融資を行っているため、基本的には当日中に審査の回答があることが想定されます。

地方銀行の中では即日融資に対応しているのは、審査時間が早いといえます。メガバンクや大手消費者金融のように最短30分で審査回答ということと比較すると審査時間は遅いといえます。

肥後銀行カードローンの申し込みから利用までの期間や日数は?

肥後銀行カードローンは審査通過後にインターネット上から契約手続きを完了できるWEB完結という契約サービスを行っています。

そのため、審査に通過した後は契約手続きに時間はかかりません。

また、口座を持っている人は肥後銀行の普通預金口座への振り込みですぐにキャッシングができます。

しかし、口座を持っていない人は口座開設後の利用となります。

店頭で口座は1日で作成できますので、最短で銀行営業日で1日から2日で利用できるのではないでしょうか?

カードの発行は郵送のみとなっていますので、ATMからキャッシングができるようになるには契約から2,3日に時間が必要になります。

銀行休業日を間に挟んでしまった場合にはその間は審査も契約も手続きが進みませんので、さらに時間が必要になります。

肥後銀行カードローンは主婦でも借入可能?

肥後銀行カードローンの申込基準は「満20歳以上で満65歳未満の個人の方」となっています。

収入のあるなしは、申込条件とはなっていないため、本人に収入のない専業主婦でも申込みが可能です。

また、本人にパートやアルバイト収入がある人ももちろん申し込みが可能です。

ただし、本人に収入のない専業主婦は借入限度額50万円程度が限度となるようです。

肥後銀行カードローン審査では会社に在籍確認の電話がある?


肥後銀行は、会社へ電話で在籍確認を必ず行います。

仮審査で審査落ちしてしまった人は、本審査に進むことはできませんので、在籍確認は行われません。

また、電話の内容は本人が会社にいるかどうかを確認するだけですので、会社の人にお金を借りるかどうかがばれてしまう心配は全くありません。

肥後銀行カードローンで審査落ちしないためのコツってある?

肥後銀行カードローンの審査のポイントは仮審査です。仮審査では以下の点を主に審査します。

  1. 事故情報を確認→ブラックでないかどうか
  2. 借入件数を確認→多重債務者でないかどうか
  3. 他社借入金額を確認→年収を超える借入がないかどうか
  4. 他社借入やクレジットカードの支払状況を確認→支払にルーズな人でないかどうか

ブラックの人は当該事故情報が個人信用情報から消えるまではどうしようもありません。

借入件数はすでに3本以上の借入があると審査通過は難しくなります。審査落ちしないためには、肥後銀行のカードローンでおまとめを行うための資金としてカードローンに申し込みを行うか、他社でおまとめを行ってから申し込みを行いましょう。

また、たとえ利用のないカードローンでも枠があるだけで他債務とみなされる場合もあるため、使っていないカードローンは解約をおすすめします。

すでに年収以上の借入を行っている人は残念ながら新規借入は不可能です。返済を行い利用残高が減少するまで待ちましょう。

また、審査落ちしないためには、他社借入は年収の半分以下のほうが確実です。

他社借入やクレジットカードの支払履歴をクレジットヒストリーと呼びます。

クレジットヒストリ―は過去24か月分記録されますので、できれば2年は支払履歴が完璧な状態で申し込みを行えば、審査通過の可能性は一気に高くなります。

また、勤続年数は1年以上あったほうが審査には有利になります。1年未満の人は1年を超えてから申し込みを行ったほうがよいでしょう。

肥後銀行カードローンで審査に落ちた人の特徴は?

肥後銀行カードローン審査に落ちた人の特徴は上記①~④のいずれかを悪い意味で満たしている人です。

  1. 個人信用情報にブラック情報が見つかった
  2. すでに3本以上の借入がある多重債務者である
  3. 他社借入が年収の半分以上、または年収を超えている
  4. クレジットカードや他社借入の支払状況に遅れがある

ブラックは即刻審査否決となります。

②③に関して④でクレジットヒストリーがきれいな人であれば審査に通過できることもあるようです。

肥後銀行カードローンの審査は甘い?厳しい?


では、肥後銀行カードローンの審査は甘いのでしょうか?厳しいのでしょうか?

結論的に言うと、肥後銀行カードローンの審査はカードローンの中では比較的厳しいといえるでしょう。

肥後銀行カードローンの最高金利は14.0%と銀行カードローンの中ではかなりの低金利です。

金利が低いということは、リスクの高い人への融資には消極的であるともいえます。

また、肥後銀行カードローンの金利は利用限度額ごとに金利が固定されています。

このような商品では、リスクの高い人は高い金利で審査に通し、リスクの低い人には低い金利で審査に通すというような幅が全くありません。

100万円以下14%の審査に通過できなくても15%なら審査に通過できるというような可能性は皆無です。

このため、審査に当落線上の人を高金利で拾うというような幅がありません。

この点、肥後銀行カードローン審査は他のカードローンよりも厳しいといえます。

ただし、普通にメガバンクのカードローン審査に通過できるような人や、初めてカードローンに契約してクレジットヒストリーに問題がないような人であれば審査通過は全く難しくないでしょう。

アコムの詳細はコチラ >>

プロミスの詳細はコチラ >>

SMBCモビットの詳細はコチラ >>