カードローン110番 > 福岡銀行カードローン徹底検証 > 福岡銀行のカードローン審査は通りにくい?

福岡銀行のカードローン審査は通りにくい?

福岡銀行とは

福岡銀行は、福岡市に本店を置く地方銀行です。ふくおかフィナンシャルグループの中核子会社になります。

グループには4つの地方銀行がありますが、各行ともにバブル崩壊の際には大量の不良債権を抱えて整理回収機構から資本注入を受けたこともあり、グループ全体が現在でも業績は良いとは言えない状況です。

福岡銀行は福岡県の老舗地銀

ふくおかフィナンシャルグループの中核となる福岡銀行は、明治時代前半に第十七銀行としてスタートした地域でも老舗の地方銀行で、預金残高も10兆円を越える比較的大きな地方銀行です。

もともと福岡県には、福岡市を中心とした福岡銀行と、北九州市を中心とした北九州銀行がありました。合併も検討されたことがあります。

しかし、福岡市を中心とした福岡銀行は、北九州銀行との合併をあきらめ、長崎の親和銀行グループや熊本の熊本ファミリー銀行との提携を進め、持ち株会社のふくおかフィナンシャルグループを立ち上げのです。

福岡銀行はバブル崩壊のダメージがあり、利益状況はよくない?

しかし、ふくおかフィナンシャルグループの各銀行は、バブル崩壊の影響が強く残り、採算の良くない状況が続いています。

福岡銀行も、総資本利益率(ROE)は0.25%と地方銀行(平均0.3~0.35%)としては低く、収益的に改善が必要な状況にあるのです。

提携している親和銀行などはインターネットを通して活発なカードローンの宣伝を行っており、福岡銀行でもカードローンへの参入による収益改善を目指しています。

福岡銀行は利益状況改善のためにカードローンに注力

これまでの金利が低く、市場金利の影響を強く受ける担保付の企業融資中心の資金運用から、金利が高く、市場金利の影響も受けにくいカードローン分野への参入によって収益構造を変えていこうとしているのです。

そのために、融資可能額は1,000万円と大きく設定して、老舗地銀としての制約の中で、融資件数を増やすことに注力しています。

福岡銀行のカードローン審査は通りにくいのか?

福岡銀行は、収益改善がカードローンの参入理由になっているだけに、銀行系カードローンとしては比較的審査は甘くなっている面があり、銀行特有の通りにくいということは少ないようです。

福岡銀行のカードローン

福岡銀行のカードローンは、基本的には一本ですが、おまとめ用のフリーローンや自行の住宅ローン借入者や高年収の方を対象とした優良顧客向けのカードローン「THE FIRST」などの商品も設けられています。

ここでは、一般向けの通常カードローンを中心にご説明します。

福岡銀行のカードローンの特徴

福岡銀行のカードローンは、窓口のほか、インターネットでの受付が可能で、口座のない方でも申込みはできます。

但し、ネットでは申込みの受付はできますが、最終的にはカードの郵送になりますし、口座のない方はWEBでの申込み完結は出来ません。

すなわち、WEB完結申込みは、福岡銀行に普通預金口座があり、かつキャッシュカードを持っている必要があるのです。

また、口座のない方は、九州、山口エリアに居住されているか、勤務先がある方に限定されています。

従って、基本的には、口座を持っている、地元の方を優先させているカードローンと言えます。

親和銀行などは全国を対象として広く窓口を解放して申込みを募っていますが、福岡銀行は地銀老舗としての立場があり、そこまでの集客政策はとっていません。

福岡銀行のおまとめローンは「ナイスカバー」

福岡銀行では、カードローンなどをたくさん持って、返済が苦しくなった方を対象としたフリーローン「ナイスカバー」を設けています。

但し、あくまでもフリーローンであり、証書貸付で契約書を交わして行なう融資です。

カードローンではありませんので、返済が進んでも、追加で資金を引き出すことは出来ませんし、銀行だけに審査も厳しくなります。

金利は5.8~12.8%で、融資限度額は500万円までとなっています。ネットでの申込も可能です。

ネット以外の申込みでは金利は、7.0%~14.0%と高くなりますので、ネットからの申込みにしませんとおまとめとしてのメリットは薄れます。

福岡銀行の優良顧客向けカードローン「THE FIRST」とは

福岡銀行では、通常の銀行系カードローンとは別に、「THE FIRST」というカードローン商品があります。

福岡銀行で住宅ローンを借りている方と年収400万円以上の方を対象としたカードローンであり、自行の優良顧客を対象として発行しているものです。

住宅ローンがある方は、自行に口座があり、住宅ローンの引き落としのほか、たいていは給与振込みやクレジットカード、公共料金などの自動引き落としも行われており、普段の生活の急変には早く察知することができます。

また、住宅ローンは担保付きであり、物件処分によって住宅ローン融資金だけでなく、その他の融資金の回収もできることから、審査は甘くなっています。

そのため、子会社のふくぎん保証を使って、総量規制にとらわれずに高額のカードローンを発行しているのです。

また、年収400万円以上の方は、福岡銀行の優良顧客候補として取り込むことが目的ですが、SMBCコンシューマーファイナイス、すなわちプロミスの保証によって総量規制枠内での融資が中心になっています。

但し、福岡銀行に口座を持っていない方も将来の優良顧客候補と認められれば、カードローンの発行が可能になります。

福岡銀行カードローンの融資条件

福岡銀行のカードローンの対象者は、基本的には居住地か勤務先が九州、山口の方で、自行の口座がある方です。

パート、アルバイトの方や年金受給者も申込みを可能になっていますが、保証会社の保証を受けられる方が対象ですので、100万円近くの収入がある方に限られます。

  • 融資限度額 10万円以上1,000万円以内(10万円単位)
  • 融資金利  3.0%~14.5%(固定金利)
  • 保証会社  SMBCコンシューマーファイナイス
  • 申込資格  20歳以上70歳未満で収入があり、預金口座があること
  • 必要書類  本人確認書類、年収確認書類

融資可能額は1,000万円と高くなっていますが、保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス一本になっており、貸金業法の総量規制の範囲に限られます。

実質的に3千万円以上の年収がなければ、1千万円のカードローンは発行できませんので、実質的には表示だけとも言えるでしょう。

福岡銀行カードローン 「THE FIRST」の融資条件

福岡銀行の住宅ローンを借入中か、年収400万円以上の方に限定した、自行の優良顧客限定のカードローン商品です。

  • 融資限度額 50万円以上1,000万円以内(10万円単位)
  • 融資金利  3.0%~8.0%
  • 保証会社  ふくぎん保証またはSMBCコンシューマーファイナイス
  • 申込資格  20歳以上60歳以下で年収400万円以上または自行住宅ローン借入中
  • 必要書類  本人確認書類、年収確認書類

通常カードローンに比べますと、金利的に優遇されており、ふくぎん保証を使って、年収の50%まで可能と総量規制を越えた融資も可能です。(総量規制は年収の1/3まで)

福岡銀行カードローンは口座+キャッシュカードでWEB申込み完結可能

福岡銀行のカードローンは、普通口座を持っており、かつキャッシュカードのある方については、インターネットサイトでのWEB申込み完結での申込みが可能です。

運転免許証などの本人確認書類や源泉徴収票などの収入証明書もWEB上で取り込んで送ることができます。

ここでも自行の顧客が優先されています。

福岡銀行カードローンは九州・山口限定で、口座のある方優遇?

基本的に福岡銀行のカードローンの対象者としては、九州と山口の方を対象としており、自行の支店のある範囲に地域を限定しています。

ネットでの申込みは、全国が対象になっていますが、自行の口座があることが条件になっており、実質的には対象者はかなり少ないと言えるのです。

インターネットでのWEB完結申込みもこの地域で、口座のある方に限定されています。
なお、借入希望額が50万円超になる場合は、地域内でもWEB完結申込みは利用できません。

福岡銀行カードローン審査は通りにくい?

福岡銀行カードローンは、主力の融資件数を伸ばすための通常カードローンと、優良顧客の囲い込みを狙ったカードローン「THE FIRST」があります。

ここでは主力である通常カードローンの審査を中心に見ていきます。

福岡銀行カードローンは利益状況が悪いので比較的審査は銀行としては甘い?

基本的には、福岡銀行は収益状況が悪く、そのために収益構造を変えていく必要があり、そのためにカードローンは件数を伸ばしていく必要があります。

ただ、かっての国立銀行であり、地域の老舗地銀だけに、第二地銀出身の親和銀行のようになりふり構わず、カードローンを獲得していく体制にはできません。

そのために、地域を絞り、自行顧客を優遇するようなカードローン政策をとっているのです。

しかし、その中でも収益構造の改善を図るために極力カードローン発行を増加させる必要があります。

そのために、銀行自身の審査は甘くして、保証会社に審査通過率の高い大手消費者金融会社のプロミスを採用して件数を増やそうとしています。

福岡銀行のカードローン審査はノウハウがない?

もともと、銀行業界は無担保無保証人のカードローンの審査ノウハウは持っていません。
銀行は、企業相手の担保付融資を明治時代以来続けており、融資金の滞納が出た場合には担保処分によって融資金の回収を図ってきました。

カードローンには、無担保無保証人のため、返済に遅れが出ても簡単には融資金の回収ができませんので、進出してこなかったのです。
銀行法によって、銀行は確実な資金運用が求められており、リスクの大きい融資は出来なかったためです。

しかし、バブル崩壊後の大量の不良債権を抱え、採算が悪化した銀行業界は破綻、統廃合を繰り返して、大幅に銀行数を減らしてきましたが、長引くデフレ景気によって銀行収益の改善は図れていません。

そのため、銀行は、保証会社に保証してもらうことによりリスクを下げて、収益率の良いカードローン事業に参入しているのです。

従って、福岡銀行もカードローン審査のノウハウはもともと持っていません。

但し、収入や勤務先による選別、信用情報調査、在籍確認、資産調査などは一応銀行段階で行ってから、保証会社に審査を依頼しているのです。

福岡銀行カードローンは保証会社に依存している

福岡銀行のカードローンも基本的には保証会社は、SMBCコンシューマーファイナイスであり、大手消費者金融会社のトップであるプロミスのことです。

従って、銀行の行なう調査は最小限にして、プロミスに審査を依存することで、カードローンの件数を増やすようにしているのです。

福岡銀行は貸金業法や総量規制の規制を受けない

また、銀行は、カードローンを規制している貸金業法の対象者規制や総量規制といった規制を受けません。

そのために、福岡銀行もカードローン「THE FIRST」では、子会社の保証会社であるふくぎん保証を使って、貸金業法の総量規制を超えた融資をしているのです。

福岡銀行カードローンの審査期間は長い?

福岡銀行のカードローン審査は、通常1週間程度はかかり、長い場合は3週間程度かかる場合もあります。

さらに口座のある方は、口座への振込みキャッシングで審査結果が出た段階で融資は可能ですが、口座のない方については、カードが郵送になるため、実際に使えるようになるまでは10日程度は見ておく必要があります。

従って、福岡銀行のカードローンは、申込み当日の即日キャッシングはできません。
急ぎの場合は、大手消費者金融系カードローンに申込みされることをお勧めします。

金利は3%程度高くはなりますが、30分から1時間程度でカード発行まで可能ですので、急ぎの場合には最適です。

審査も銀行などに比べますと、審査通過率が高くなっており、通りやすくなっています。

福岡銀行カードローン審査は信用情報調査は厳しい

福岡銀行のカードローンに限りませんが、銀行の信用情報調査は審査の中でも厳しくなっています。信用情報調査は、指定信用情報機関の個人信用情報を取得することで行います。

その指定信用情報機関は、貸金業者の業界ごとに設けられており、

  • 消費者金融業界はJICC(日本信用情報機構)、
  • 銀行業界はKSC(日本銀行信用情報センター)、
  • クレジットカード業界はCIC(CREDET INFORMATION CENNTER)

となっており、JICCとCICは、互いのキャッシング情報の交換を行なっているのです。

JICCは、消費者金融業者だけでなく、銀行やクレジットカード会社なども加盟が可能になっており、ほとんどの銀行は加盟しています。

また、かなりの銀行はクレジットカードを発行しており、CICにも加盟しています。

すなわち、銀行は全ての指定信用情報機関に加盟しており、全ての申込者の借入金、クレジットカードの個人信用情報、すなわち、延滞や金融事故情報を見ることができるのです。

従って、保証会社になる大手消費者金融会社のプロミスは、JICCとCICのキャッシングの延滞情報しか取れませんが、福岡銀行は全ての延滞情報を取得することができるのです。

延滞があれば通らない

また、プロミスなどは、延滞情報に関しては、延滞日数、延滞回数、延滞理由などが考慮され、短期延滞では必ずしも審査に落ちるわけではありません。

しかし、福岡銀行では、各情報に1度でも延滞があれば、審査には通らないという厳しい結果になります。

これが、銀行の審査が厳しくなっている原因の一つにもなっているのです。

福岡銀行カードローン審査は在籍確認をする

福岡銀行カードローン審査は、信用情報調査の他に、在籍確認も行います。収入が安定してあるかについて勤務先の確認をしているのです。

在籍確認は、福岡銀行の担当者が直接勤務先に電話をすることで確認をします。確認できなければ審査には通りません。

但し、勤務先への電話は、個人名で融資の申込みをしているとはわからないようにかけますので、職場の同僚にはわかりません。

福岡銀行のカードローン審査は保証会社頼み

福岡銀行のカードローン審査は、既に述べましたように、基本的に保証会社に依存しています。

無担保無保証人のカードローン審査の本質は、申込まれた方の返済能力判定にあり、そのノウハウが福岡銀行にはないからです。

福岡銀行カードローンの保証会社はプロミス

福岡銀行のカードローンの保証会社は、既に述べましたように、プロミスが行っています。

プロミスは大手消費者金融会社の中で現在トップ企業であり、三井住友銀行グループの100%子会社です。

プロミスのカードローン審査は、高度な統計的手法によるスコアリングシステムを使った機械審査で、短時間で審査結果を出すことができます。

スコアリングシステムは、過去の膨大な融資データの属性情報から組み合わせパターンを作り、それぞれの事故に至る比率を算出して、スコア(得点)化しています。

それによって融資可否、融資可能額、利率などを自動算出しているのです。

福岡銀行カードローンの保証審査においても、このスコアリングシステムが使われ、短時間で結果が出るようになっています。

但し、福岡銀行自身の審査に時間がかかるために、審査時間は1週間程度かかる結果になっているのです。

プロミスのカードローン保証審査は通りやすい?

プロミスなどの大手消費者金融会社の審査通過率は45~50%くらいで、2人に1人は通ります。
銀行の場合には、5~6人に1人程度の審査通過率ですので、かなり通りやすいと言えます。

従って、福岡銀行自身のカードローン審査がかなり甘くなっているため、銀行系カードローンとしては、かなり審査は通りやすくなっていると言えるのです。

福岡銀行のカードローンは取り立ても保証会社頼み

福岡銀行のカードローンは、審査を保証会社に依存しているだけでなく、延滞が生じた場合の取り立て回収も保証会社に依存しています。

もともと、無担保無保証人の融資の回収経験は銀行にはなく、1ヵ月延滞が続いた場合には、保証会社が融資残高と未収になっている利息を買い取る契約になっているのです。

従って、延滞を起こした場合でも、福岡銀行からの督促はありません。

1ヵ月立った時点で保証会社であるプロミスから債権移譲の通知があって、取り立て行為が始まります。

ただ、プロミスも、貸金業法で取り立て行為は厳しく制約され、財務局の監視がありますので、厳しい取り立てはできません。

まとめ

福岡銀行のカードローンの紹介とその審査についてご説明しました。

福岡銀行カードローンには、通常カードローンと自行の住宅ローンを借入中の方や年収が400万円以上の方を対象にしたカードローン「THE FIRST」の二つがあります。

カードローン「THE FIRST」は優良顧客向けの商品であり、通常のカードを対象にご説明しました。

福岡銀行の収益状況は悪く、カードローン分野の拡張によって収益構造を変えていく必要があるため、基本的に銀行独自の審査としてはかなり甘くなっています。

但し、もともと福岡の老舗地銀としてのメンツがあり、地域を限定したり、口座を持っている方が優遇される結果となっているのです。

しかし、保証会社も通りやすい大手消費者金融会社のプロミスを使って、極力カードローンを増やそうとしており、銀行系カードローンとしては審査時間がかかりますが、通りやすくなっていると言えます。