福井銀行カードローン審査のすべてを解説

サイトマップ
カードローン110番 > 福井銀行カードローン徹底検証 > 福井銀行カードローン審査のすべてを解説

福井銀行カードローン審査のすべてを解説


福井県の第一地方銀行である福井銀行カードローン銀行系カードローンの特徴を多く持っているカードローンです。

福井銀行カードローンの商品性や特徴や審査はどのようなものなのでしょうか?徹底解説します。

福井銀行カードローンの特徴

福井銀行カードローンには以下の5つの特徴があります。

融資金額500万円まで

福井銀行カードローンの融資金額は500万円までとなっています。

銀行系カードローンの中には融資限度額が1,000万円以上という商品もありますので、福井銀行カードローンの利用限度額は他のカードローンと比較すると少なめといえます。

しかし、使い道が完全に自由なため、少額の生活費の補てんやおまとめなどの高額利用にも使用することができます。

金利5.9~14.6%

福井銀行カードローンの金利は以下のようになっています。

  • 10万円以上50万円以下:14.6%
  • 50万円超100万円以下:12.0%
  • 100万円超200万円以下:10.0%
  • 200万円超300万円以下:8.0%
  • 300万円超400万円以下:7.0%
  • 400万円超500万円以下:5.9%

最高金利14.6%は銀行系カードローンの中では平均的で、高くも低くもない金利です。

特徴としては、金額ごとに金利の幅がないため、申込者がカードローンの申込前に自分が借り入れしたい金額の金利を事前に知ることができるという点です。

また、50万円以下と50万円超で金利が分かれているため、100万円借りたい人には低金利で、50万円以下の人には高めの金利が適用され、50万円を超える数十万円の借入でも損をしないような金利設定になっています。

審査時間は原則即日回答

福井銀行のカードローンは地方銀行ですので、メガバンクや大手消費者金融のように、審査システムが充実していません。

そのため、審査時間は最短○○分というように決まっているわけではなく、最短で即日回答となっています。

地方銀行の中には、審査時間が数日間かかってしまうカードローンも少なくありませんので、福井銀行カードローンの審査時間は地方銀行の中では比較的短いほうであるといえます。

なお、申込が多く、繁忙期には審査時間は数日かかってしまうこともあります。

専業主婦利用可能

福井銀行カードローンはパート・アルバイトの他、本人に収入がなく配偶者に収入のある専業主婦でも申込が可能です。

大手消費者金融は法律の関係上、専業主婦への貸し付けを行っておらず、銀行系カードローンでもすべてのローンが専業主婦への貸し付けを行っているわけではありません。

この点は福井銀行カードローンのメリットであるといえます。

返済金額は毎月2,000円から

福井銀行カードローンの最低返済額は毎月2,000円、100万円の借り入れでも毎月20,000円の返済となっています。

少ない返済額で、必要な資金を借りることができます。

毎月返済額はカードローンの利用残高に応じて比例します。

福井銀行カードローンのメリット

福井銀行カードローンには他の銀行系カードローンと比較して以下の4点がメリットです。

口座がなくても利用可能

福井銀行カードローンは申し込み時から契約に至るまで福井銀行の銀行口座がなくても利用できます。

借入も返済も発行されるローンカードから福井銀行ATMの他コンビニATMなどの提携ATMから行うことができます。

普段福井銀行を利用しない人でもカードローンだけの利用が可能となっています。

300万円以下収入証明書不要

福井銀行カードローンは300万円以下の借入は収入証明書の提出が不要です。

運転免許証などの本人確認書類だけで契約を行うことができるため、気軽に契約を行うことができます。

現在、メガバンクやネット銀行では収入証明書の提出基準が50万円超からと消費者金融並みになってきていますので、福井銀行カードローンが300万円以内は収入証明書不要というのは大きなメリットです。

窓口でのカード発行も可能

福井銀行カードローンのローンカードは店頭窓口でも発行が可能です。

通常、自動契約機を持たない地方銀行ではカードの発行は郵送というのが一般的ですが、郵送の場合はカードの到着までに時間がかかってしまいます。

その点福井銀行カードローンはカードを窓口で受けとることができるため、郵送の時間が節約できるとうメリットがあります。

このサービスが福井銀行カードローンの最も大きな特徴です。

ATMと口座引落で返済可能

福井銀行カードローンの返済は

  1. 発行されたローンカードでATMから返済
  2. 福井銀行の預金口座利用者は口座からの引き落しによる返済

の2つから選択することができます。

地方銀行などの小規模の金融機関のカードローンの返済方法は上記2つのどちらか一方という場合が多いのですが、福井銀行カードローンでは返済方法がどちらでも都合のよい方から選択することができます。

福井銀行カードローンのデメリット

福井銀行カードローンには以下の2点のデメリットがあります。

300万円超の借入は来店が必要

福井銀行カードローンは、300万円以内は来店不要で契約が可能ですが、300万円超の借入になると窓口に来店して契約を行わなければならない場合があります。

来店不要が今や当たり前のカードローンとしては、この点は大きなデメリットです。

基本的に即日融資不可で審査結果も遅く日数が必要な場合も

福井銀行カードローンはローンカード到着後の福井銀行やセブン銀行はじめとしたコンビニATMなどの提携ATMでキャッシングを行う方法しかお金を借りる方法がありません。

そのため、基本的にカード到着前の即日には融資が不可能という点もデメリットです。

福井銀行カードローンの審査

福井銀行カードローンの審査はどのようになっているのでしょうか?

仮審査は甘い?厳しい?審査落ちは仮審査が最も多い

福井銀行カードローン審査は保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンスの審査です。

個人信用情報や勤務先や年収や勤続年数などの項目を点数化するスコアリング審査が行われます。

福井銀行カードローンには金額内での金利の幅がありません。このため、審査通過基準点を少しでも割ったら審査には通過できません。

属性良好な人は審査に簡単に通過できますが、同じ金額でも高い金利で審査に通過させるという幅がないため、属性に問題がある人は審査に通過できないようです。

審査に落ちた人は信用情報が問題かも

カードローン審査の99%は仮審査で決定し、仮審査の多くを占めるのが個人信用情報です。

ここで、

  • 金融事故が発見される
  • すでに年収を超える借入がある
  • 借入本数が3本以上ある
  • 借入金やクレジットカードに遅れが多い

などの人は審査に通過することが困難になります。

なお、個人信用情報に問題がなければ他の項目に多少の問題があっても審査に通過できる可能性が高くなります。

仮審査期間は最短当日

メガバンクや大手消費者金融は審査システムが充実していますが、地方銀行である福井銀行の審査はそれほど早くありません。

最短当日回答で、忙しいときには3営業日程度かかることもあります。

300万円超は収入も重要

福井銀行カードローンは300万円超の借入から収入証明書の提出が必要になります。

上記のスコアリング審査に加えて、300万円超の借入からは収入証明書と比較して「融資金額が収入に見合ったものか」という審査も加わります。

本審査は電話での在籍確認

仮審査通過後に本審査でおこなわれることは在籍確認です。

申込時に申告した勤務先に本当に勤務しているかどうかを、審査担当者が勤務先に電話をかけて確認します。

確認完了次第審査通過となります。

審査結果は電話で

本審査の結果は必ず電話で行われます。

福井銀行カードローンはEメールなどでの確認は行っていません。


アコムの詳細はコチラ >>

プロミスの詳細はコチラ >>

SMBCモビットの詳細はコチラ >>