カードローン110番 > 審査にまつわる体験談 > 激甘と言われるカードローン審査は?

激甘と言われるカードローン審査は?

カードローンの審査の甘いところとは?

カードローンを持たれている方は多いと思いますが、審査に通るのに苦労された方も多いようです。

また、断られてまだカードローンを持っていないという方も意外と多いようですね。

そのため、審査の甘いカードローンをインターネットなどで探している方も多く、ネットには甘い、極甘、激甘などの言葉が溢れています。

カードローンを持つには審査が必要

カードローンを持つためには審査を受けて通ることが必要です。

この審査に一度落ちてしまいますと、弱気になって甘いと評判カードローンを求めてネットを漂流している方が多いと言えます。

本来は、そのような情報を探すよりは、なぜ審査に通らなかったのかを考えることが必要です。

そもそもカードローンの審査は何のために行われるのか、どのように行われているのかを調べてどうしたらカード審査に通ることができるのか考えれば簡単に通ることができるのです。

しかし、一度審査に落ちてしまいますと、ネガティブになって安易な方法しか思いつかなくなるのが私たち人間なのかもしれません。

そのため、今日もたくさんの甘い、激甘、極甘などの言葉のついたカードローン審査の紹介記事や宣伝が溢れています。

カードローン審査が甘い、厳しいとは?

ところで、審査の甘い、厳しいというのは何を指しているのでしょう。この審査が甘い、厳しいと言う場合、見る立場によって違ってきます。

すなわち、カードローンを利用される方から見る場合と、カードローンを提供する業者として見た場合とでは評価は全く違ってくるのです。

利用者のカードローン審査が甘いとは?

利用者の方から見た甘い審査は、通る方が多い、短い時間で審査結果が出てカードローンを持てることを言います。

その点で大手消費者金融会社などは短い時間で審査結果が出て、2人に1人は審査に通るため、甘いと言われているのです。

ネット銀行などでも審査が甘いと言われているところもあります。

利用者のカードローン審査が厳しいとは?

逆に通常の店舗を構える銀行などは、審査時間が長くかかるとともに、審査に通る方も少ないため、カードローン審査は厳しいと言われています。

銀行系消費者金融会社の場合もその傾向が強いようです。審査に自信のない方は、厳しい銀行などには最初から行かないようです。

すなわち、厳しい銀行と甘い消費者金融会社というイメージができて、棲み分けが起きています。

カードローン審査が甘いところが紹介されているが?

インターネットなどでは、カードローン審査の甘い業者紹介記事が溢れています。

単に甘いというだけではなく、激甘、極甘などの表現を使って、金融事故を起こしていても借りられる、ブラックでも借りられると言うような過激な表現で誘っているサイトもたくさんあります。

ネットではカードローン審査の甘い業者が紹介されている?

それはそれだけ、甘いカードローン審査という記事を見られる方が多いことを示しています。しかし、過激な表現で紹介しているサイトほど怪しいものはありません。

審査が甘いとしているのが、ネット銀行や大手消費者金融会社というのであれば、ある程度は信頼もできます。

しかし、聞いたこともないような業者であったり、登録業者ではないところを紹介して、過激な表現で誘っている場合は注意が必要です。

カードローン審査が激甘と紹介されている業者は中小消費者金融会社?

カードローン審査が甘い、激甘として紹介されている業者のほとんどは中小消費者金融会社か未登録業者です。

そのようなサイトには第三者を装って業者が情報提供している場合もあります。

消費者金融会社を行うには貸金業法によって財務局や都道府県に登録が必要です。

財務局登録の場合は、複数の都道府県で店舗(無人店舗含む)を構えている中堅以上の業者になります。

その地域だけで展開している場合には、知事登録番号です。すべて中小消費者金融会社と言えます。

カードローンは発行せず、証書と言って逐次契約書を交わして融資をしている業者が多いのです。

彼らには大手消費者金融会社などに行って断られたり、借入が限度額に近づいた方が多く訪れていますが、意外と審査に通る方は多くなっています。

中小消費者金融会社のリスク

しかし、この中小消費者金融会社にはリスクがあるのです。

一つはいつ倒産するかわからないというリスクで、もう一つは取り立てが厳しいというリスクです。

中小消費者金融会社が倒産すれば、その業者が抱えている顧客名簿は外部流出することが多く、闇金などにも流れ、甘い誘いで迫ってきます。

それに応じてしまうととんでもない高金利と暴力的取り立てに苦しめられ、いくつかの闇金業者をたらい回しされて地獄を見ることになります。

また、中には債権そのものが闇金に流れ、いきなり暴力的な取り立てが行われることもあるので注意が必要です。

カードローン審査の甘いは厳しい取り立てに注意!

また、中小消費者金融会社で知事登録の場合には、都道府県の検査が甘く、業法違反の取り立てが行われていることも珍しくありません。

検査が甘いため、違法な取り立ての記録が残らず、確認もされないのです。

従って、返済が、遅れた場合には、夜遅くに取り立てに来たり、会社に訪ねて来たり、暴言を吐くことも珍しくありません。

従って、中小消費者金融会社でカードローン審査を受ける場合にはそのようなリスクも覚悟が必要です。

カードローン審査の激甘とは?

ネット上でカードローン審査について激甘などと言われている場合に目立つのは、

  • ブラックでも借りられる
  • 金融事故を起こしていても借りられる
  • 総量規制を超える借入があってもて借りられる
  • 専業主婦でも借りられる

などの謳い文句があります。

これらのケースでは、正式な貸金業法に沿った業者であればあり得ないことです。ですから激甘と言っているのですが、まともな業者ではありません。

また、これらの激甘審査と言われる業者に取り込まれる方は、借入残高が膨らみ、返済が苦しくなった方がほとんどです。

その場合には、その後に地獄を見ることにもなりますので、極力手を出さないようにする必要があります。

カードローンを規制する貸金業法と総量規制

カードローンを発行する業者のうち、銀行を除けばすべて貸金業法の規制を受けます。貸金業法の個人のカードローン融資では、審査に関する規定としては、

  • 融資の出来る対象者の規制
  • 総量規制による融資可能額についての規制

の2つがあります。

カードローンにおける貸金業法の融資対象者規制

貸金業法における個人融資、すなわちカードローンの対象者は、

  • 一定の定期的な収入があること
  • 年齢が20歳以上70歳未満

に限定されています。

従って、専業主婦や失業中の方は対象外になります。失業手当は支給期間の制限があるため収入とはみなされません

また、高齢者の年金も収入とはみなされません。

しかし、ネットで激甘などと言われている業者の紹介では高齢者や専業主婦でも借りられるとなっている場合が多いのです。

しかし、対象から外されているのは、過去に盛んに融資を行った結果、多くの多重債務者や夫婦間の揉め事になり、社会問題化したためです。

従って、まともな業者では融資はできませんので、甘い誘いに乗って申込むことのないようにしましょう。

カードローンにおける貸金業法の総量規制

個人のカードローン審査にはもう一つ総量規制という融資可能額の上限規定があります。

借入金の合計が年収の1/3を超えてはならないという規定です。

もともと貸金業法の改正が行われた背景には、グレー金利問題(貸金業法と利息制限法で上限金利が違っており、貸金業者は貸金業法の高い金利で融資を行っていた問題)ともう一つ、多重債務問題がありました。

多重債務とは、多くの業者から多額の融資を受け、返済ができなくなることです。

それまでの業界では借入件数の規制を業者自身が行っていました。

しかし、当時、大手消費者金融会社などは何百万円という融資を1人の方にするようになっており、借入件数が少なくても返済に行き詰まる方も多く出ていました。

そのため、借入件数ではなく、借入金額による規制が取り入れられ、年収の1/3を越える融資は出来ないことになったのです。
それが総量規制です。

消費者金融会社の途上与信の必要性

そのために、消費者金融会社などは常に利用者が総量規制の規制融資を越えていないかを確認する必要があり、信用情報機関から情報を取り寄せて定期的に途上与信という仮審査を実施しています。

また、借入希望額が50万円を越えていたり、他社借入を合わせて100万円を越えている場合には、収入証明書の提供を受けることを義務付けています。

従って、総量規制を越えて融資を行うことは業法違反であり、それを前提としての融資はまともな業者にはできないのです。

従って、総量規制を越えるような融資を宣伝している場合には、登録外業者と考える必要があります。

カードローン審査には通してはいけない人がある

2006年の貸金業法の改正では、それまでの多重債務問題、グレー金利問題などの課題を解消して業界の融資が正常化することと目的として行われており、本来融資をしては行けない人も多く生まれました。

しかし、それは本来当たり前のことだったものが行われていなかったことを示しています。

本来、収入のない人に融資したり、既に多重債務に陥っている人に融資するということはあってはならないことです。

融資をしたその時には一瞬楽になりますが、すぐにさらに酷い状況に陥ることは予見できるからです。

その意味でカードローン審査を通しては行けないことは、その方自身のためにもなることなのです。

カードローン審査とは

では、カードローン審査とは何なのでしょうか。
審査に断られるということの本質を見てみたいと思います

カードローン審査の本質

カードローン審査の本質は、無担保無保証人の中で、遅れなく返済を続けることのできる人を選別することです。

返済が遅れたり、事故が生じるのが明らかな方に融資することは、消費者金融会社としては本来恥なのです。断るのも誠意と言えます。

甘いと言われても厳しい大手消費者金融会社のカードローン審査

その意味で最も進んだカードローンの審査ノウハウを持っているのは大手、準大手消費者金融会社です。

すなわち、過去の膨大な融資データを使ってコンピュータで返済事故を起こす確率を属性の組み合わせごとに算出し、スコア(得点)化して、それによって融資可否、融資可能額を、金利を決めているのです。

そして、それによってオペレーターの審査を可能にし、無人店舗の自動契約機による短時間で審査結果が出る効率的な運営が可能になっています。

現在のカードローン業界としては一番高度な審査ノウハウと言えます。

従って、大手消費者金融会社によるカードローン審査は利用者から見ますと甘いと思われていますが、審査としては一番厳しく行われていると言えるのです。

厳しいと言われても甘い銀行のカードローン審査

銀行は、無担保無保証人のカードローン審査は過去に行なったことがありません。

担保がなく、回収の難しい個人融資に対する審査ノウハウはほとんどなく、それだけに時間をかけて慎重に審査しようとしているのです。

預金量、所有不動産、収入、他社借入金残高などの確認を慎重に行い、居住年数や勤続年数の短い方などを保証会社に行く前にある程度選別しています。

それはあくまでも感覚による調査であり、基準がきちんと決まっているわけではなく、非常に甘い審査です。

そして、それらを通った方はさらに保証会社で審査にかけられ、それに通った方にカードローンを発行しています。従って、審査の根幹になるところは保証会社に任せているのです。

保証会社には、大手消費者金融会社やクレジットカード会社がなっています。

しかし、クレジットカード会社はそれほど審査ノウハウがある訳ではありませんので、慎重審査が行われます。

従って、銀行のカードローン審査は、慎重審査と言われ、時間がかかり、通る方も少なく、特にクレジットカード会社が保証会社になっている場合には、かなり成約に至る人は少ないため、厳しいと言われているのです。

貸金業法の規制対象にならない銀行カードローン

一方で、銀行カードローンの場合には、貸金業法の対象にはなっていません。

そのため、自行の優良顧客、すなわち、優良な不動産を持っている方、金融資産のたくさんある方、上場企業の役職者で年収が多い方の場合には、総量規制を越えた高額のカードローンを発行しています。

この場合には、ほとんど審査を行わず、自行の子会社の保証会社に保証をさせて、高額カードローンを発行しているのです。

いずれにしても、銀行は融資をする側から見た場合には、非常に甘い審査と言えます。

確実に通るカードローン審査はない

いずれにしても、通りやすいと言われる大手消費者金融会社のカードローン審査でも、2人に1人は通りません。

確実に通るカードローン審査というものは、本来はあり得ないのです。

従って、激甘、極甘と言われるカードローン審査は、まともな審査とは言えないのです。

甘い審査は危険

激甘、極甘と言われる甘い審査は、まともに行っている業者ではあり得ませんので、あとで非常に危険な状況に陥る場合が多いのです。

まず、借入の際には高額の金利を要求するケースがあります。

本来、激甘な審査は業法に沿っているとは言えませんので、当然金利も法定上限金利を越えている場合があります。

また、返済が遅れますと、非常に厳しい取り立てにあったり、遅れていなくてもある日突然融資元が倒産して、怪しい業者が取り立てに来ると言う場合もあるのです。

激甘審査のカードローンは多重債務への道

激甘審査のカードローン審査を選ばなければならない方は、かなり借入が膨らんで返済が苦しくなっている場合が多いと言えます。

そのような状態を一時的に緩和するために、激甘の審査を選ぶことになりますので、これまでよりもさらに返済は苦しくなり、さらに別の業者を探すと言うことになりがちです。

それは、すなわち、多重債務への道をひた走っていることになります。

多重債務者とは

激甘な審査をする業者は、そのような方であることは百も承知で貸付を行います。

より苦しくなれば、別の業者に行くだろう、そのうち破綻するだろうということはわかっているため、それだけより高い金利を求めて、短期で資金を回収しようとするのです。

多重債務者とは、返済のための借入を繰り返してついには借入先が無くなって破綻される方のことです。

かってのサラ金と呼ばれた時代の大手消費者金融会社にもその傾向があり、金利が50%台以上の時代には2年持てば資金回収はできるということで、非常に甘い審査をしていました。

しかし、貸金業法の改正によって現在ではそのような考え方では商売は成り立たなくなっており、それ故にスコアリングシステムというものが開発され、低コストの体制を組むようになったのです。

しかし、ソフト闇金と呼ばれるアウトローの未登録業者や闇金では、現在でもそのような考え方がまかり通っています。

多重債務者の末路

多重債務をされた方は最後には、どこも貸してくれなくなります。

貸してくれるとすれば、闇金だけであり、いくつもの闇金の間で暴力的取り立てと高金利に振り回されることになってしまうのです。

闇金の場合には、法律は通用しませんので、弁護士事務所でも対応が難しく、警察に行って保護してもらい、破産をするしか手はなくなります。

それさえできなくて、夜逃げをすることになり、ホームレスになる方も多いのです。そのような事態にはならないように、早めに債務整理をすることが必要です。

激甘と称されるカードローン審査

ネットなどには激甘と称されるカードローン審査がたくさん紹介されています。

しかし、それらを鵜呑みにして手を出すことは、既に述べましたように、多重債務への道に足を踏み込むことに他なりません。

どのような誘いの手口があるのか見てみましょう。

ブラックリストに載っていても借りられる激甘審査?

激甘審査と言われるサイトを見てみますと、よく謳われているのがブラックリストに載っていても借りられるという文句です。

ブラックリストには、二つの意味があり、信用情報機関に金融事故や多くの延滞回数がある方と、各消費者金融会社内部で以前にトラブルになって要注意人物となっている方のことです。

特定の会社のブラックリストに載っているだけの場合は、他の業者に行けば借りることができますが、信用情報機関に金融事故や複数の延滞事案が登録されている場合には、どこでも審査に通ることができません。

従って、このようにブラックでも通ると誘いをかけているのは、金融事故で借りられなくなった方を呼び込もうとしているのです。

アウトロー業者の論理

普通の考え方で言えば、焦げ付くことが予想できるのに融資をするのは馬鹿げていると思われがちですが、アウトローの業者にとっては良い鴨と写ります。

すなわち、違法な高金利で貸付ができるからです。

通常の業者のように貸金業法の取り立て規制は無視して、暴力的に取り立て、他で借りさせて高い利息を手に入れることができるのです。

他の借入先も同様にアウトロー業者になります。彼らはつるんでいて、同じ顧客を何度も利用するのです。

そして、その借入のたびに借入金額は大きくなっていくことになります。従って、ブラックでも借りられるというのは、特に注意してください。

金融事故を起こしていても借りられる激甘審査?

金融事故を起こしていても借りられるという激甘審査は、ブラックでも借りられると同じ意味と考えても良いでしょう。

金融事故で貸してくれるまともな業者はこの国にはありません。

どこでも審査に通らなかったが借りられる?

どこでも審査に通らなかったが借りられたと言う場合には、どこでも通らない理由があるはずです。

銀行でカードローン審査に通らなかっただけの場合であれば、大手消費者金融会社やネット銀行などで借りることが可能ですが、どこも貸してくれなかった場合には、その理由があります。

どこも貸してくれないということは、金融事故、多額の借入残高、収入がない、短い期間に何社も審査を受けたなどの理由があるはずです。

それらの場合に、登録業者では融資は難しいと言えます。それでも借りられるということは、登録業者ではない可能性が高いのです。

激甘と言われる業者の正体

従って、激甘審査と言われる場合の業者の正体は基本的にはまともな登録業者ではないと考えた方がよいでしょう。

単に審査が甘いという場合と、激甘審査という場合では、中身に大きな差がある場合が多いのです。

中小消費者金融会社には甘くてもリスクがある

激甘までは行かなくても、審査が甘いと宣伝している中小消費者金融会社があります。

確かに中小消費者金融会社の場合は、大手消費者金融会社が貸さなかった方でも融資する場合はあるのです。

但し、既に述べましたように、彼らにはそれ相応のリスクがあることは覚悟する必要があります。

厳しい取り立てで、激甘審査の業者に行くことになる可能性もあるのです。

それよりも、やはり生活態度を変えて、節約生活でしばらく我慢することを考えた方が先々に苦しい思いをすることがないと言えます。

中にはソフト闇金や闇金も

激甘審査と言われる業者の場合には、アウトローのソフト闇金や闇金が潜んでいます。

表面的には非常優しそうな審査ですが、実際に契約しようとすると高い金利を要求されることが多いのです。

必ず、貸金業登録番号があるか、固定電話があるかなどを確認して申込むようにしてください。

ソフト闇金の存在

ソフト闇金は、2006年の貸金業法の際に、貸金業者登録の更新をせずに、旧来の金利を踏襲して、取り立ても業法に従わずに行っている業者のことです。

闇金のように異常な高金利とまではいきませんが、30%程度の金利を要求することで、生き残っている業者が存在しています。

ネットなどで甘い審査で宣伝している場合には、貸金業登録があるかを必ず確認してください。

ソフト闇金は貸金業法の規制を無視

ソフト闇金は、反社会的勢力につながる闇金とは違い、返済に遅れがなければ、金利を除けば通常の中小消費者金融会社と変わりません。

しかし、取り立ては全く貸金業法の取り立て規制には従いませんので、返済が遅れた場合には危険です。

闇金のように暴力までは振るいませんが、昔のサラ金と呼ばれた消費者金融会社のように夜討ち朝駆けの回収や会社への回収、自宅周辺の方にわざと目立つように大声を出すなど、常識外れの行動に出る業者もいます。

従って、極力手を出さないようにしましょう。

規制対象者への融資をする貸金業者には注意

極甘審査と言われる業者の紹介や宣伝では、貸金業法の規制対象者でも借りられるような表現が見られます。

専業主婦でも借りられるとか、未成年の学生でも借りられる、年金担保で借りられるなどと誘ってきます。

しかし、これらの方は基本的には貸金業法の対象外なのです。年金を担保にすることも禁じられています。

貸金業法の登録業者であれば、融資はできません。銀行も保証会社が保証しませんので、実際にはカードローンを発行できないのです。

従って、融資規制対象者への融資を謳い文句にしている貸金業者もアウトローである場合が多いと言えます。

特に、専業主婦や未成年の学生の場合には、未登録業者にとってはよい鴨となってしまいますので、手を出さないようにしてください。

激甘審査のカードローンなら生活を正す方が先

基本的に、激甘審査などと言われる業者に手を出す方の場合には、どこからも融資してもらえない状況、すなわち、金融事故を起こしていたり、多額の借入残高がある場合が多いと言えます。

そのような場合には、考え方を変えて、今の生活を守るよりも、まず生活を見直して、節約生活を続けて、借入残高を極力減らして、返済金額そのものを減らしていくことを考えるべきです。

また、現在の貸金業者は昔のように無理な取り立てはしませんので、毎月の返済額の減額には応じてくれます。

利息を減免して、元本そのものをカットして毎月定期的な低い返済額を行う交渉にも応じてくれるのです。

借入先が少なければ、弁護士に債務整理を依頼しなくても自分でも交渉は可能です。

それさえもできないのであれば、最終的には債務整理、すなわち自己破産という手が残っています。

弁護士事務所、儲け主義ではない事務所に行けば、自己破産の手続きをしてくれます。

自己破産をする場合には、保証金を入れる必要があり、昔はその資金を業者から借りるということをする人もいましたが、国でその保証金を代わりに支払ってくれる制度もありますので、借金を増やすことはありません。

激甘業者に行くのは返済に困った時?

従って、借入残高が膨らみ、返済ができなくなった時には、激甘審査と言われる業者にいくよりも自分自身の生活再建をすることを考えてください。

そうすることにより、みじめな生活から抜け出して、明るい未来を見ることもできるのです。

カードローンは賢く使ってこそ未来の可能性が広がる

もともと、カードローンは、生活費の足しに使うものではなく、利用可能枠を大きくして、金利も下げておいて、いざ独立、転職などで自分の未来の人生を大きく羽ばたかせるために利用するものです。

着実に利用して遅れなく返済していれば、利用可能枠を広げることができますし、金利も下げることができるのです。

まとめ

激甘と言われるカードローン審査についてご説明しました。

基本的には、甘いカードローン審査というものはありますが、極甘と言われる審査はあり得ません。

そこには、ソフト闇金や闇金が潜んでいますし、中小消費者金融会社の場合には危険なリスクが付いて回ります。

激甘審査と言われる業者に頼る場合には、既にかなり借入金額が膨らみ、多重債務になりかけている場合が多いと言えます。

しかし、そのような激甘審査と言われる業者に一歩足を踏み込んでしまいますと、それは多重債務への道を走ることになってしまうのです。

それよりは、現在の生活を見直して、節約生活で借入残高を減らしていくことを考えることをおすすめします。