カードローン110番 > 審査にまつわる体験談 > カードローン審査に通るための裏ワザってあるの?

カードローン審査に通るための裏ワザってあるの?

カードローンの審査は通らない人もいる?

カードローンは、消費者金融会社だけでなく、銀行でも発行している便利なカードで、誰もが持ちたいカードです。

しかし、カードローンの審査に落ちたという方もたくさんいます。カードローンの審査に通らないと思っている方もいるようです。

でも、本当にそうでしょうか。

カードローンは便利だが、その前に審査に通る必要が

カードローンは、今日は財布にお金が入っていないと思ったところに久し振りに顔を合わせて飲みに行こうとなった時、すぐ近くのコンビニに行ってATMですぐにお金を引き出すことができる便利なカードです。

私たちは急に何があるかわからない不確実な社会に住んでいます。そのため、やはりローンカードを持っていると何かにつけ便利です。

また、カードローンの利用可能額を大きく残しておくことにより、会社から独立して事業を始めたり、条件の良いところに転職しようとする場合の無収入期間を過ごす際に必要な資金を用立ててくれます。

将来の夢を実現する際には大いに役立つカードなのです。

しかし、カードローンを持つためには、消費者金融会社や銀行の審査を通る必要があります。審査は、すべての方が通るというものではありません。

カードを発行する金融機関にも通りやすい、通りにくいはあるのです。

カードローン審査に通らない人とは?

カードローンの審査に通らない場合、それには原因があります。

金融事故を起こしたり、多額の借入があり、常に返済が遅れるという場合には、どこでも審査は通ることはできません。

また、一度に何ヶ所もカードローンの申込みをした場合も審査には通りません。それらを隠して申込みをしても、すぐに審査ではわかってしまうため、通らないのです。

また、それ以外でも、銀行などは収入が少なかったり、古い賃貸住宅に住んでいたり、居住年数が短い場合には審査に通りにくいと言えます。

審査時間が短く、審査に通りやすいと言われる大手消費者金融会社でも2人に1人は落ちているのです。

カードローン審査はどこも厳しい?

従って、カードローンの審査は申し込まれる方にとってはどこも厳しいのですが、その中でも比較的通りやすいところと厳しく感じるところがあります。

しかし、どこも審査に通るのは簡単ではありませんが、カードローンを持つための賢い工夫というものがあります。

カードローン審査を通る裏ワザってあるの?

裏ワザと言いますと不正をするように聞こえますが、通るための工夫と捉えればよいのです。

カードローンの審査に通るためには銀行や消費者金融会社、クレジットカード会社などで行われる審査というものをよく知って、その裏をかく工夫をすることができるのです。

カードローン審査とは?

まず、カードローン審査というものが何かを知っておきましょう。

カードローン審査は、まず借入申込書を書く、あるいは入力することから始まります。
この借入申込書に沿って審査は行われるのです。

カードローンにはいくつも種類がある

しかし、カードローン審査には、金融機関によって大きな差があります。カードローンを発行しているのは、

  • 大手、準大手消費者金融会社
  • 銀行系消費者金融会社
  • 中小消費者金融会社
  • 銀行
  • クレジットカード会社のキャッシング専用カード

などがあります。それぞれに審査の特徴があるのです。

カードローン審査の本質

本来、カードローンは無担保無保証人で個人の方に融資するものです。

不動産担保融資は、返済が遅れても、担保となる不動産を処分すれば融資金も遅れた利息も回収することができます。

クレジットカードのショッピング機能のように割賦販売の場合には、買われた商品の所有権はクレジットカード会社にあり、支払いがない場合には商品を引き取って転売すれば資金回収はできます。

借りる方は不動産や商品を取り上げられるのは生活ができなくなるために、必死に遅れないように返済しようとするのです。

そのために、延滞率や金融事故を起こす確率は低いのです。

しかし、無担保無保証人のカードローンの場合には、担保がないために遅れた時には簡単に融資金を回収することは難しいと言えます。

また、担保などもないために、お金がない場合には、返済優先順位は低くならざるを得ないのです。

そのため、カードローン審査では返済が苦しくなりにくい方、金融事故を起こしにくい人を選んで融資する必要があります。それこそがカードローン審査の本質なのです。

従って、住宅ローンやクレジットカードなどの審査に比べますと厳しくならざるを得ないのです。

カードローンは貸金業法の総量規制を受けている

カードローンは、銀行以外は貸金業法の規制を受けています。

貸金業法にはさまざまな規制があり、取り立てなどの規制もありますが、審査に関わる規制としては、

  • 個人融資の対象となる人の規制
  • 総量規制

の2つがあります。

従って、銀行を除くカードローンの場合には、この貸金業法の規制に沿った審査が行われなければなりません。

また、銀行の場合も、保証会社の保証を受ける場合には、保証会社が貸金業法の規制を受けるため、実質的にはカードローンの規制を受けることになります。

但し、銀行の優良顧客で、不動産資産や証券資産をたくさん持っている方や、大手上場企業の役職者で毎月多額の給料が振込まれてくる方の場合には、総量規制を越えた高額のカードローンを発行しています。

その場合には、子会社の保証会社に保証をさせているのです。

銀行のカードローン審査は甘いが厳しい

銀行のカードローン審査は、申し込まれる方にとって一番厳しいと言われています。

その原因には、銀行がこれまで無担保無保証人の個人融資をしてこなかったため、カードローン審査のノウハウを持っていないことにあります。

そのために慎重に審査を行うためです。それでも自分の審査に自信がなく、最終的には保証会社に依存しているのが現状です。

すなわち、カードローン審査の本質から言いますと、非常に甘い審査と言えます。申込まれる方の返済に遅れない確率を見極められないのです。

利用者から見ますと、非常に時間がかかる割に審査に通る方が少ないため、厳しいように見えますが、実際には甘いのです。

銀行自身の審査は、収入が多いか、借入は多くないか、住居は良いところに長く住んでいるかなどによって、減点法により選別し、在籍確認をした上で、あとは保証会社の保証審査に任せています。

大手消費者金融会社のカードローン審査はスコアリング審査

大手消費者金融会社のカードローン審査は、スコアリングシステムによる機械審査が行われています。

審査時間は非常に短く、通る方も多いことから、申し込まれる方にとっては甘い審査と思われています。

スコアリングシステムは、大手消費者金融会社が、過去のコンピュータの蓄積された融資顧客の返済データと借入申込書に記載された項目の中から返済に影響を与えるデータを組み合わせて、返済確率を求めるものです。

それらのデータから膨大なパターンを作り、それぞれのパターンの金融事故に至る確率を算出して、それをスコア(得点)化して融資可否、融資可能額、金利などを出すシステムです。

無担保無保証人の融資における返済可能性を数値化したもので、非常に高度な審査システムと言えます。

このシステムに盤石の信頼を置くことにより、コンタクトセンターという集中センターでオペレーターが審査を担当することが可能になっています。

それによって千店を超える多店舗化や自動契約機も可能になり、低コスト化が可能になり、ますます利用者を増やすことができているのです。

中小消費者金融会社のカードローン審査は経験による審査

中小消費者金融会社には、大手や準大手のようなデータも資金もないためにスコアリングシステムを導入することはできておらず、窓口の担当者の経験による目による審査が行われています。

基本的には大手消費者金融会社で断られたり、利用可能額に近づいたことから来られる方が多いと言えます。

その割には、金融事故や総量規制を越える借入のある方を除きますと、断られる方は少なくなっています。審査には通りやすいと言えます。

クレジットカード会社のキャッシング審査は厳しい

クレジットカード会社は、基本的にはクレジットカードの発行を中心に事業を行ってきたために、事故率は低く、非常に甘い審査をしてきました。

クレジットカードの中心であるショッピングの延滞率はキャッシングの延滞率の半分以下であり、事故率は低いためです。

また、遅れた場合の回収も割賦の対象となる商品を回収して転売することで、回収は可能なのです。

しかし、キャッシングカードの場合には、それほど融資事例がなく、審査ノウハウが積み上がっているとは言えず、しかもスコアリングシステムも開発していません。

申込まれた方の事故に至る確率を見極められないのです。しかも、無担保無保証人のため、回収も難しいと言えます。

従って、銀行よりは経験はありますが、性悪説による慎重な審査をしますので、時間もかかり、厳しいように感じられます。

しかし、実際には、甘い審査をしているのです。

一番通りやすいのはクレジットカードのキャッシング枠

カードローンではありませんが、キャッシングのできるカードとしてクレジットカードがあるのはご存知ですね。

クレジットカードにはたいていはキャッシング枠が設けられており、ショッピング枠よりは小さいものの、お金を引き出すことができます。

返済方法が固定的であるため、カードローンに比べますと使いにくいカードですが、審査は一番通りやすいと言えるのです。

もともと、クレジットカードの事故率は低いために審査も甘くなっており、大手消費者金融会社よりも成約率は高く、持ちやすいカードと言えます。

カードローン審査のポイントは借入申込書の書き方・裏ワザ

このようにカードローンを発行する会社ではさまざまな審査が行われています。基本的には借入申込書を中心に審査、確認が行われています。

従って、この借入申込書の書き方が審査に通るポイントとなるのです。この借入申込書の書き方に裏ワザも潜んでいます。

カードローンを規制する貸金業法と総量規制

既に述べましたように、銀行を除くカードローンには貸金業法の規制がかかります。
そのため、規制に沿ったところでの審査が行われ、規制から外れた方は落ちることになります。

カードローンにおける貸金業法の融資対象者規制

貸金業法でカードローンの融資対象になる方は、

  • 一定の安定した収入のある人
  • 年齢制限として、20歳以上,70歳未満の人

という2つの規制があります。

すなわち、専業主婦の方や失業中の方は融資対象にならず、申し込んでも本審査に入る前に断られてしまうのです。

また、アルバイトやパート、ニートなどの方の場合も、収入が安定していなかったり、収入金額が少ないという理由で断られることもあります。

また、70歳を越えている高齢者や20歳未満の学生の場合にはアルバイトをして収入があっても断られることになります。

カードローンにおける貸金業法の総量規制

貸金業法にはもう一つ、年収の1/3を越える融資は出来ないという総量規制があります。

カードローンなどで年収の1/3を越える借入をしている場合には、既存の借入先で融資が止められるとともにどこに行っても新たなカードローンは発行してもらえないのです。

カードローンの審査の際には、50万円以上の借入希望額や、50万円より低くても他社借入を含んで100万円を超える場合には収入証明書が必要になります。

このように、カードローンの申込みにおいては貸金業法の総量規制によって審査に通らないこともあるのです。

貸金業法の融資対象者をクリアする裏ワザ?

貸金業法の融資対象者は、一定の安定した収入がある方になりますので、内職やパートで収入が少ない場合には、審査には通らないと言えます。

そのため、パートや内職の場合には、借入申込書に正直に年収30万円などと書いてしまいますと、審査には通りません。

しかし、他社借入がなく、50万円以内の借入希望額の場合には、収入証明書は要求されません。

すなわち、年収を90万円と書きますと、特に大手消費者金融会社などの審査の場合には、確認はされませんので、利用可能額は小さいですが、カードローンの審査に通ることができるのです。

これなどは裏ワザとして使えます。

但し、年齢については、本人確認が行われますので、生年月日はごまかすことはできません。

高齢者の方の場合には、規制対象外の銀行などで、不動産を担保としたり、リバースモーゲージの形(亡くなった時担保不動産で精算するローン)でカードローンを発行してもらうことはできます。

貸金業法の総量規制をクリアする裏ワザはない

貸金業法の総量規制をクリアする裏ワザはありません。

信用情報機関からの他社借入情報はとることができるため、他社借入額は明らかになりますし、他社借入がある場合には、収入証明書も要求されますので、年収の1/3を越えている場合にはすぐにわかってしまいます。

総量規制の対象から外れている銀行の場合も、保証会社が総量規制の対象となるため、銀行の優良顧客で高額カードローンの対象になる方以外は審査には通りません。

銀行での借入だけの場合には、総量規制逃れも可能

但し、現在銀行のカードローンで総量規制以上の借入がある場合には、消費者金融会社に直接行けば、銀行の借入状況はわかりませんので、審査に通ることができる場合があります。

銀行の信用情報機関であるKSCは、消費者金融業界の信用情報機関JICCやクレジットカード業界の信用情報機関CICとは交流がないため、消費者金融会社やクレジット会社では銀行からの借入はわからないのです。

但し、銀行からの借入の保証会社になっている消費者金融会社やクレジットカード会社ではわかってしまいますので、それ以外のカードローン業者に行く必要があります。

ただ、本来、年収の1/3を越えて借入がある場合には、その返済はかなりきついはずです。

その返済のきつさを緩和するためにカードローンを申込みますと、それは多重債務への道を進むことになります。

基本的には、銀行などでも年収の1/3を越える借入をした場合には、生活費を切り詰めてそれを減らすことを考えられることをおすすめします。

大手消費者金融会社でカードローン審査を通りやすくする裏ワザ

大手消費者金融会社や準大手では、カードローン審査はスコアリングシステムが使われており、借入申込書の項目の中のいくつかの項目と、借入状況が入力されることにより、審査結果が出ています。

しかし、使われる項目の確認はすべて行われているわけではありません。

従って、この借入申込書の書き方によっては、審査が通りやすくなる場合があり、裏ワザをご紹介します。

大手消費者金融会社で確認される項目に裏ワザはない

まず、大手消費者金融会社の審査において、借入申込書で確認される項目を知っておく必要があります。

確認が行われるのは、他社借入残高、勤務先及び職場、それに借入希望額の多い場合の年収です。

在籍確認、信用情報機関の借入情報、それに年収証明書で、借入申込書に書かれた内容が正しいのかは確認できます。

従って、これらの項目については、正確に書きませんと、逆に審査における致命傷となってしまいます。これらの項目は、正確に書く以外裏ワザはないのです。

申込金額が小さければ収入欄は裏ワザがある

借入申込書の借入希望欄の申込み金額が小さい場合には、大手消費者金融会社ではさまざまな記入の裏ワザが通用します。

すなわち、他社借入がなく、借入希望額が50万円未満の場合には、収入証明書は要求されませんので、収入欄では多めに記入することができます。

他社借入がある場合には、その審査の際に申告した年収額がありますので、多めに記入することはできません。

パート、アルバイトなどで100万円未満の場合でも、150万円と書くことにより、20万円から30万円の融資可能額であれば、充分に審査に通ることができます。
アルバイトなどの場合でも同様です。

居住年数、金属年数の書き方

大手消費者金融会社のスコアリング審査では、居住年数や勤続年数は1年未満の場合には、スコアが低く出る傾向があります。

しかし、居住年数や勤続年数については、確認が行われません。オペレーターが記入された通りの数字を打ち込みます。

そのため、居住年数や勤続年数を長めに記入したとしてもわからないのです。

在籍確認の際に勤続年数を尋ねることはありません。
従って、居住年数や勤続年数を1年未満であっても、3年程度と記入しても問題なく、スコアが高くなることで、審査に通る可能性は高まります。

但し、対面となる中小消費者金融会社などの場合は、経験から嘘の記入を見破るのが得意ですので、逆に疑われて、審査に通らなくなる場合がありますので、非対面の場合に限る方が良いでしょう。

また、地方銀行などは、普段から地域の担当地域を廻っていますので、居住年数はあまりかけ離れた数字を入れますと嘘がわかってしまいますので、注意が必要です。

その他の申込書の書き方・裏ワザ

大手消費者金融会社のスコアリング審査では、勤務先、借入残高、収入以外については、調べませんので、多少見栄を張って実際よりも印象良く書くことが審査に通るコツになります。

すなわち、スコアリング審査は一つの項目だけで、審査に落ちることは少なく、いくつかの項目のトータルのスコアで融資可否が決まってきます。

また、スコアリングの前提となる項目には、ある程度の見栄が含まれていることを容認していますので、逆に不利な材料を正直に書きますとスコアは低く出てしまうのです。

従って、確認される項目以外については、見栄を張って記入することが裏ワザと言えるのです。

カードローン審査を通る裏ワザ

大手消費者金融会社以外でもカードローン審査を通るためのコツをご紹介してみましょう。裏ワザとは言えないかもしれませんが、審査に通る確率が上がればよいのです。

カードローンの申込み先を考える

一つは、カードローンを発行している会社はさまざまあり、自分に合った申込み先を考えることです。

上場会社に勤めていて、ある程度勤続年数もあると言う場合には、銀行などに申込みをするのはよいですが、規模の小さい会社で居住年数も短いと言う場合には、銀行や銀行系消費者金融会社では通りにくいと言えます。

自分の信用度を考えながら、申込みをする会社を選べば、金融事故や延滞を何回も起こしていない限りは、通る可能性は高いのです。

他社借入残高、勤務先は正確に記入する

銀行や中小消費者金融会社、銀行系消費者金融会社のように記入された項目を細かく確認する審査では、他社借入残高はなるべく正確に記入することにより、信頼性が高まり、通る可能性が高まります。

但し、他社借入残高が多過ぎる場合には、やはり通るのは難しいと言えます。

電話番号の書き方

電話番号は、最近では携帯電話やスマートフォンを持っており、自宅の電話番号などは任意なので書かない場合が多いようです。

しかし、融資する側から見ますと、自宅と携帯番号の両方が記入されている方が何かあった時に連絡が付けやすいため、信頼性が高まります。

大手消費者金融会社のように機械審査では通用しませんが、銀行や中小消費者金融会社、銀行系消費者金融会社の場合にはなるべく両方とも書いて、信用性を高める努力が必要です。

審査を短期間にいくつも受けて通らなかった場合

1ヵ月に4社も5社も申込みをしている場合には、審査に落ちる可能性が高くなります。

消費者金融業界の信用情報機関であるJICCには、申込みの記録も登録されるため、他社で何件も申込んでいる事実は掴めるのです。

従って、そのような場合には、1年以上間を空けて申込むようにする必要があります。

たくさん申込んだ時期から短い期間しか経過していない場合には、やはり審査に落ちる結果になります。

収入がなくなる前に申込む

結婚されて専業主婦になられる方は今ではあまりいませんが、子供ができた場合には専業主婦になる方はたくさんいます。託児所、保育所が充分に用意されていないだけに余計です。

そのような場合には、勤めている間にカードローンを作っておくことです。

事前に職場を辞めることがわかっている場合には、勤めている間にカードローンを作っておくようにしましょう。

辞める前であれば、カードローンを申込むことは充分に可能です。専業主婦になってしまいますと、カードローンはほぼ通りません。

失業などの場合も同様で、勤めている間にカードを作っておけば、失業中の資金不足に備えることができます。

銀行系カードローン審査に通りやすくする裏ワザ

銀行系カードローンの場合は、非常に細かく借入申込書の項目の確認を行うため、なかなか審査に通る裏ワザは難しいと言えます。

ただ、1人暮らしや住居環境が問題である場合には、住民票を実家に移して申込みをしてみることも一つの手です。

但し、あくまでも近くに実家がある場合か、ネットなどでのエリア外での申込みに限られます。

クレジットカードのキャッシング枠で信用をつける

キャッシングが出来るカードで一番審査に通りやすいのは、既に述べましたように、クレジットカードです。

クレジットカードの審査は非常に甘く、金融事故や延滞回数が多い場合を除けば、かなりの確率で審査に通ることができます。

このクレジットカードには、最初それほど利用額は大きくはありませんが、キャッシング枠がついており、それを使って信用を付けることも一つの裏ワザとなります。

すなわち、クレジットカードのキャッシングは消費者金融業界のJICCでもその借入実績がとれるため、遅れなく返済していれば、信用が高まるのです。

1年以上遅れなく返済している場合には、消費者金融会社のカードローンでも審査に通ることが可能になりますよ。

中小消費者金融会社は通りやすいがリスクがある

中小消費者金融会社は、大手消費者金融会社に落ちても通る方がたくさんいます。その意味では、通りやすい消費者金融会社と言えますが、その代わり、リスクも付いてきます。

一つは、地方自治体の登録の場合には、検査が緩く、返済が遅れた場合の取り立ては大手に比べますと厳しいのが実情です。

また、中小消費者金融会社は規模も小さく、何かあればすぐに倒産する可能性があります。

倒産した場合には、顧客名簿が闇金に流れて、誘いの電話がかかってきたり、ひどい時には債権そのものが闇金に流れることもあるのです。そのような場合には、暴力的な取り立てに合う可能性もあります。

また、中小消費者金融会社の中には、未登録のソフト闇金と呼ばれる業者もあり、高い金利と業法を無視した取り立てが行われます。

このように中小消費者金融会社は、審査は通りやすい反面、非常にリスクが高いことを認識してよく業者を選んで申込むようにする必要があります。

金融事故を起こしても発行してもらえるデビットカード

金融事故を起こしている場合、基本的には信用情報機関に5年間は記録が残るため、その間はどこに申込んでも審査に通ることはありません。

そのような場合、どうしてもキャッシュレスの生活がしたいというのであれば、デビットカートを銀行で発行してもらうことができます。預金の範囲内であれば、クレジットカードと同様に使うことができるのです。

カードローンのようにお金を引き出すことはできませんが、クレジットカードのようにお店でカード決済ができるので、便利に使えます。

口座のある銀行に行けば、ほとんどの銀行では本人確認書類さえあれば、無審査でデビットカードを発行してくれます。

無理にカードローンを作る必要があるのか考えよう

最後にカードローンそのものの必要性について考えてみる必要があります。

カードローンは本当に必要なのか?

審査に落ちると言うことは、信用性が不足していると言うことです。すなわち、背伸びしたいがためにカードローンを求めていないのか、自問自答してみる必要があります。

安易にカードローンを作って、安易に借りて、最後には借金漬けになったという方もいます。

将来の独立や転職に備えていつでも使えるカードローンを持っておきたいなどと言う場合には、非常にありがたいカードですが、一歩自分を見誤りますと、痛い目に合うのもこのカードなのです。

よく、カードローンの必要性を考えて申込みをするようにしてください。

まとめ

カードローンは、さまざまな金融機関から発行されていますが、審査に通らない方もたくさんいます。そのような時に、カードローン審査に通るためのコツ、裏ワザについてご説明しました。

それぞれの金融機関の審査に通るためのコツがあり、金融事故や多くの返済遅れを生じている場合は無理ですが、それ以外の方であれば、通ることは可能なのです。