カードローン110番 > 審査にまつわる体験談 > カードローン審査:更新は条件を良くするチャンス!

カードローン審査:更新は条件を良くするチャンス!

カードローンは遅れないで賢く使うと良い!

私たちの日常生活では、急にお金が必要になる場面はたくさんあります。

急に出張が決まって仮払いを出来なかった場合や、後輩が訪ねてきておごってやらないといけないなど、さまざまなシーンが生まれています。

そんな時に役に立つのがカードローンです。街中にはどこでもコンビニがあり、ローンカードを入れればすぐにお金を引き出すことが可能です。

但し、カードローンには利息を支払う必要があります。従って、金利は低ければ低いほど良いと言えます。

でも、カードローンを作った当初には金利はけっこう高い水準にあります。

しかし、早めに返済額よりも多く早く入金していくことで借入残高は早く減り、利息も安くなります。

しかも、このように賢く借入と返済を長く繰り返すことにより、金利はだんだん低くなり、融資可能枠も大きくすることができるのです。

カードローンはより使いやすいカードに育っていくのです。

カードローンの更新とは

このように賢くカードを使うことで、金利や融資可能枠を有利に変えていってくれるのがカードローンの更新です。

カードローンの申込み窓口に行くことにより契約を更新することができます。

更新とは契約を切り替えることを言います。契約を切り替えるためには再度審査を受ける必要があるのです。

しかし、すでに審査は受けているため、更新や増枠の申込みは短い時間で済みます。特にメールなどで増枠の案内を受けている場合にはすぐに切り替えることが可能です。

また、更新審査は大手消費者金融会社では定期的、自動的に行われています。
これを途上与信と言います。

現在の貸金業法では総量規制が取り入れられており、年収の1⁄3を越える融資は出来ないことになっています。

そのため、通常は3ヶ月ごとに信用情報機関から信用情報を取り寄せて、その方の全借入残高が申込時の申告にあった年収の1⁄3を越えていないかを管理する必要があるのです。

年収の1⁄3を越えている場合にはカードの出金は止められ、収入証明書の提出を求められます。

このように更新は融資条件が良くなるだけではなく、融資を止められることもあるのです。

カードローンの更新と増枠の違い

カードローンには更新と増枠がありますが、どう違うのでしょうか。

更新は既に述べましたように、現在の契約を切り替える手続きを言いますが、増枠はその際に融資可能枠を増やすことを言います。

増枠の場合には、ほとんどのケースでは金利の引き下げが伴っています。更新だけを申し出ても増枠を進められることは多いのです。

信用とは遅れないこと

カードローンにおいては、遅れないで返済を行うことは信用力が大きくなることを意味しています。

カードローン審査ではさまざまな審査項目がありますが、遅れなく返済しているという実績は最も大きな審査に影響を与える要素となるのです。

逆に言えば、返済において延滞を繰り返しているということは、それだけ信用を失っていると言えるのです。

度重なる延滞や金融事故は信用を失くす

従って、度重なる延滞や金融事故を起こしますと、信用をなくすことにより、契約解除や融資ストップの措置を受けることになり、他社にカードローンを申し込んでも断られることになってしまいます。

特に金融事故を起こしますと、他社で借りられないだけでなく、住宅ローンや車のローンも受けられなくなりますので、実生活にも大きな影響を与えます。

自己破産の場合には、官報に掲載されますので、周りの方にもわかってしまうのです。従って、極力金融事故だけは起こさないようにしてください。

カードローンは長く遅れなく使えば、大きな融資可能枠と有利な金利に

カードローンは、長く遅れなく賢く使っていることにより、どんどん融資可能枠は大きくなり、金利も下がっていきます。

それは、自動的になるのではなく、カードローンの更新申込みや増枠申込みをすることによって可能になるのです。

うまく長く使えば使うほどカードローンは使い易くなる

従って、長く使っていることにより、カードローンは有利にコストをかけずに使うことができるようになり、いざ大きな資金が必要になる場合に大きな味方になってくれるのです。

何年も遅れずに返済していることにより、金利は15%を切っていきますし、融資可能枠も極度額に近づいていきます。(極度額は現在の環境において借りられる最大額)

また、その間に勤務先での地位が上がり、年収が大きく増加すれば、極度額そのものも増加させることができるのです。

ポイントは信用情報

いずれにしても、カードローンをうまく有利に使うためのポイントは返済に遅れが無いという信用力であり、それを証明してくれるのが信用情報なのです。

信用情報は、信用情報機関にもありますが、一番重視されるのは、自社内での返済実績が一番重視されます。

カードローンの融資条件をよくするには

カードローンの融資条件、すなわち、融資可能枠を広げたり、金利を下げたりするためには、具体的にどのような条件をクリアすればよいのかを見てみます。

カードローンの更新審査では何を調べる?

大手消費者金融会社のカードローンの更新審査では、基本的にはこれまでの借入における返済状況と他社借入状況が調べることから始まります。

審査自体は、スコアリングシステムによって行われますが、過去に行われたスコアリング項目に新たな情報を付け足すことで新たな結果が出るのです。

すなわち、過去半年から1年くらいにおける返済の遅れ回数は当初の借入申込の際にはなかった情報であり、重要な新たな項目としてスコアリングシステムに情報が加えられるのです。

また、他社借入残高が前回審査時よりも増えていないか、他社での返済遅れが生じていないかなどの情報も更新されるのです。

特に、自社の返済における延滞回数が0であれば、スコアランクは確実に上がることになります。

他社借入は多少の増加があっても、年収の1/3に近づいていなければ、それほど問題にはなりません。

それらの結果を加味して更新審査がスコアリングシステム上で行われるのです。

消費者金融会社のカードローン更新審査は遅れなければどんどん条件は良くなる

従って、消費新金融会社のカードローンの更新審査では、遅れ回数が0であれば、更新をするたびに融資条件は良くなっていきます。

但し、融資可能額の極度額は年収の1/3ですので、それを越えて融資可能枠が広がることはありません。

極度額を広げるためには、かなりの年収の増加が必要になります。また、金利については、小刻みに下っていく形で実施されるのです。

現在の大手消費者金融会社の15%以下の件数割合は、

  • アコム  29.5%
  • プロミス 32.9%
  • アイフル 26.0%

となっており、それらの方はかなり長い期間借りている方か、余程スコアランクが高い方になります。

何故、遅れなければ条件が良くなるのか?

大手消費者金融会社ではスコアリングシステムを導入していますが、それは過去1千万件を超える融資事例を細かく顧客属性ごとに分析した結果です。

その中で、一番金融事故になりにくい項目が延滞回数なのです。

どんなに属性条件(借入申込書の記入項目)が悪くても、返済における延滞がない場合には、金融事故にはなりにくいのです。

それは、属性条件がどんなに良い人よりも延滞回数がない人の方が金融事故にはなりにくい結果になっています。

そのため、初回の借入申込時点では返済実績がないため、融資可能枠は抑えられ、金利は上限金利に近い形で審査結果が出やすいのです。

従って、その後の返済実績において延滞回数がなければ、どんどん融資条件はよくなります。融資可能額は広がり、金利は低下するのです。

消費者金融会社のカードローン審査とは

では、大手消費者金融会社のカードローン審査は、最初どんな審査が行われるのでしょうか。審査の中身を詳しく見てみることにします。

カードローンの審査は何を調べる?

審査はまず、借入申込書に記入された属性項目と言われる情報を入力することから始まります。

その際に使われる項目は、各大手消費者金融会社が独自に開発しているだけに差があります。

しかし、一般的に使われているのは、

  • 年収
  • 勤務先とその規模、業種
  • 雇用形態
  • 勤続年数
  • 居住形態・居住年数
  • 健康保険種別

などです。

各社独自にそれ以外の項目が入っている場合もありますし、上記の項目の中でも入っていない場合もあります。

これらの属性項目と、他社借入残高、返済状況の情報などがスコアリングシステムに入力されて得点化され、スコアランクが決まるのです。

そのスコアランクに応じて、融資可否、融資可能額、金利などが決められます。

項目の確認

それらのスコアリングシステムでの審査が行われている間に、勤務先に電話で在籍確認がとられ、信用情報機関から個人信用情報(他社借入残高や返済状況、他社申込状況など)の確認が行われます。

勤務先への電話は個人名で行われ、借入申込をしていることはわからないようになっています。

借入希望額が50万円を越えていたり、他社借入と合わせて100万円を越える場合には、収入証明書を提出してもらい、借入申込書と一致しているかを確認します。

これらの項目については、その場で確認ができるため、虚偽申告をしている場合には、差が大きければ審査には通りません。

また、スコアリングシステムの情報訂正をする必要がある場合には、スコアランクが変わり、融資条件が悪くなることもよくあります。

スコアランクが下がれば、融資条件も悪くなるのです。

そして、それらの確認結果が借入申込書と矛盾していなければ、30分から1時間以内で審査結果が出て、ローンカードが発行されるのです。

大手消費者金融会社のカードローン審査はスコアリング審査

大手消費者金融会社のカードローン審査は全てスコアリング審査によって行われています。

スコアリングシステムに情報を入力することによって審査結果が出てくるのです。

スコアリング審査は、コンタクトセンターと呼ばれる集中センターで、全国の無人店の利用者情報を集めてオペレーターが審査を行います。

融資責任者はその結果を点検し、審査は完了するのです。

それによって、無人店舗化が可能になり、人件費、店舗経費などが大幅にコストダウンが可能になっているのです。

それはあくまでもスコアリングシステムを絶対的に信頼していることによって可能になっています。

そのため、オペレーターは銀行などのように審査項目の詳細な確認は行いません。確認は在籍確認、信用情報確認、収入確認に限られます。

そのため、それらの記入情報に虚偽申告が判明した場合には、他にも虚偽申告があるとされて審査においては通らない場合が多いのです。

銀行系消費者金融会社のカードローン審査

銀行系消費者金融会社は、現在ではあまり残っていませんが、現在でも三井住友銀行グループのSMBCモビットや最近発足したみずほ銀行系のジェイスコアがあります。

これらの銀行系消費者金融会社のカードローン審査は、プロミスのスコアリングシステムを使ったり、新たに携帯電話料金の支払実績を基にしたスコアリングシステムを構築しています。

しかし、そのスコアリング結果を信頼している訳ではありません。

すなわち、さらに借入申込書などの記入内容を詳細に確認して結論を出しているのです。銀行などと同様、慎重審査をしており、審査には時間がかかっています。

SMBCモビットなどはローンカードが使えるまでに1週間近くかかるようになっています。

従って、大手消費者金融会社のようにコンタクトセンターによる多店舗化もできませんし、自動契約機も持っていません。申込み当日の即日キャッシングもできないのです。

銀行のカードローン審査

銀行のカードローン審査は、もともと無担保無保証人の融資を行っておらず、審査ノウハウ自体を持っていません。

従って、カードローンは保証会社の保証によって発行しており、審査も保証会社に依存しています。

保証会社は、消費者金融会社やクレジットカード会社がなっており、銀行は彼らの審査ノウハウを利用してカードローンを発行しているのです。

また、優良な不動産を多く持っている場合や、大手上場会社の役職者で高い安定的な収入がある場合には、子会社の保証会社を利用して、ほとんど審査なしで高額のカードローンを発行しています。

消費者金融会社のカードローンの自動更新審査(途上与信)とは

以上のような審査の中で、大手消費者金融会社は、カードローンの定期的な自動更新審査、すなわち、途上与信と呼ばれる審査を行っています。

これらは、貸金業法の総量規制に基づく審査になっています。

すなわち、貸金業法では、総量規制により個人に対しては年収の1/3以上の融資は禁じられており、その確認は逐次していく必要があるのです。

大手消費者金融会社では、3ヵ月に1度、信用情報機関から情報をとり、更新審査をコンピュータ上で行っています。

但し、借入頻度や増枠審査などもあり、それによって更新審査のタイミングは細かく決められており、必ずしも3ヵ月とはなっていない場合もあります。

早い場合には、1か月後であったり、3か月後、6カ月後などに分かれています。

年収の1/3を越えて借入をしている場合には、返済が苦しくなり、金融事故に結びつくことが多いのです。そのため、消費者金融会社では貸倒を減らすためにも途上与信は必要になっています。

消費者金融業界の信用情報機関であるJICCから対象になる利用者の信用情報をコンピュータで送ってもらい、実施します。この自動更新審査について見てみることにします。

信用情報の更新:他社借入残高、返済状況

自動更新審査において最も重視されるのが、他社の借入残高と返済状況です。

総量規制の検証になりますので、他社と自社の借入が年収の1/3を越えていないかが常に監視の対象になります。

また、延滞回数、日数については、スコアランクが変化する要素になります。

信用情報の更新:他社借入申込状況

信用情報機関からの情報の中には、他社借入申込状況が入っています。更新審査には直接的には使われませんが、更新や増枠の審査には使われます。

すなわち、次回の更新審査までの間に、増枠の申込みや更新の申込みがあった場合には、新たに信用情報機関から情報を取らずに、これらの更新情報を使って審査を行っているのです。

当然、信用情報機関から情報を取りますとコストがかかりますので、コスト削減の観点でも途上与信のデータを活かすようにしているのです。

他社での借入申込が1ヵ月に複数回まとめて行っている場合には、増枠審査では断られることもあります。

自社の返済状況

他社の返済状況を確認するとともに、自社の返済状況、すなわち、延滞回数や延滞日数の確認も行われます。

それによって、増枠対象になったり、貸付がストップするということもあるのです。

勤務年数や居住年数の更新

勤続年数や居住年数が1年未満の場合には、スコアランクが低く出やすくなる傾向があります。

しかし、カードローンを発行して期間が経過することにより、1年を過ぎる場合が出てくるのです。

そのような場合には、大手消費者金融会社によっては途上与信や更新審査で、自動的に勤続年数や居住年数が更新されて、スコアランクが上がる場合も出てきます。

登録内容の変更確認

現在では、会員ページなどから簡単に利用者の登録内容が変更できるようになっており、住居の変更、勤務先の変更やそれに伴う年収の変更などが行われます。

それらの変更結果は自動更新の際に取り込まれるようになっているところもあるのです。

住居の変更や勤務先の変更は、居住年数や勤続年数が少なくなり、不利に働くこともあります。

しかし、年収の増加はプラスに働くため、一定期間を過ぎますと、かなりの増枠対象となるだけでなく、極度額の書き換えのチャンスにもなります。

自動更新審査でスコアランクが上がった場合

自動更新審査でスコアランクが上がった場合には、メールなどで増枠の連絡が行くことになります。但し、契約時にメールによる増枠などの連絡を了承している場合に限られます。

していない場合には、自分で判断するしかありませんが、半年延滞がない状態であれば、更新できる場合が多いのです。

自動更新審査でスコアランクが下がった場合

自動更新審査でスコアランクが下がった場合はどうなるのでしょうか。自動更新審査でスコアランクが下がった場合、融資可能額が縮小されることがあります。

この場合には、その縮小された融資可能枠よりも実際の借入額が多い場合には、ローンカードによる出金がストップされます。

縮小された融資可能枠よりも実際の借入額が少ない場合には、融資可能額の変更が自動的に行われるだけです。

自動更新審査で借入総残高が年収の1/3を越えた場合

自動更新審査で、利用者の全体の借入総残高が年収1/3を越えている場合には、融資可能枠に余裕があっても、出金はストップされます。

遅れがない場合でも、出金はストップされますので注意が必要です。但し、金融事故になっていなければ、契約解除にはなりません。

従って、出金がストップされることにより、全体の借入残高が低下し、年収の1/3以内になった場合には、融資可能枠に余地があれば、出金ができるようになります。

カードローンの増枠審査と更新審査とは

大手消費者金融会社のカードローンでは、増枠審査や更新審査の申込みが受付けてもらえます。その際の審査はどのように行われるのか見てみます。

ローンカードの更新期限は実質的にはない

クレジットカードの場合は5年ほどで更新審査が行われ、新しいクレジットカードが送られてきます。

しかし、消費者金融会社のローンカードの場合には、カード期限は自動更新され、実質的な期間はないと言えます。

クレジットカードの場合には、

  • カードそのものにIC機能などが入っており、その劣化の可能性があること
  • クレジットカードの限度額などは固定になっており、実質的な更新審査が必要なこと
  • クレジットカードには偽装問題があり、防犯対策上必要なこと

という要因があり、一定の期間での更新審査とカードの再発行が必要になります。

しかし、カードローンの場合には総量規制の自動更新が短期間で行われていることから、カード期限による実質的な更新審査はないのです。

一定期間遅れなければ条件更新のための申込み

一定期間、遅れなく返済し、他社での借入も増えておらず、そちらも遅れがないと言う場合には、メールでの増枠のお知らせが無くても、金利などの融資条件を更新するために、更新審査を申込みすることが可能です。

無人店舗の自動契約機に行けば、更新審査をしてもらえます。

但し、前回の借入申込から半年以上は経過していませんと、延滞回数の算出基準に達していないため、申込みをしても条件が変わらない場合が多いと言えます。

また、更新審査の申込みの際は、新しく信用情報機関の情報を取ることもなく、他の条件も変わっていなければ、すぐに審査結果は出ます。

一定期間遅れなければ増枠のための申込み

また、メールで増枠のお知らせが来た場合や、長期間遅れなく返済している場合には、増枠の申込みができます。

増枠の申込みも無人店舗でできますし、たいがいの方は会員ページから申込むこともできます。

増枠審査も新たに情報を取ることがありませんので、初回のように時間がかからず、すぐに審査結果は出ます。

条件更新のための申込み条件

基本的には、延滞をしていなければ、前回の審査から半年以上経過していれば、申込みは可能です。

また、転職をして年収が大きく増加した場合には、極度額そのものを増加してもらえます。

但し、すぐに更新に行きますと、勤続年数が1年未満でマイナス要素も出てしまいますので、転職から1年経過してから申込みますと、利用可能額の増枠も可能になります。

また、転職して年収が上がった時点で、会員ページなどから登録情報の変更をしておくことも大切です。更新が可能になる期間を短縮することができます。

増枠のための申込み条件

増枠の場合も前回審査から少なくとも半年は経過している必要があります。

延滞回数は半年以内で何回という見方になっているため、それ以前ではカウントされませんので、返済実績が反映されません。

メールでのお知らせを許可している場合には、増枠のお知らせが送られてきますので、それを待ってから申込むようにするのが良いでしょう。

登録内容に移動があった時は必ず変更する

カードローンを申込んだ時点から、転居、転職、携帯電話番号の変更などがあった場合には、必ず、会員ページから登録内容の変更処理をしておく必要があります。

特に、転職などによって年収が上がる場合には、極度額の契約変更が可能になりますので、登録の変更は必ずするようにしてください。

携帯電話の番号変更などもしませんと、連絡がつかなくなり、業者側に不安を与えます。

増枠や更新の申込みで不利になる可能性がありますので、必ず変更するようにしましょう。

また、増枠申込みをした際に、住所が変わっていたり、勤務先が変わっているのが判明した場合には、信頼度が落ちる可能性もありますので、早めに登録変更してください。

カードローンはうまく使えば未来は明るい

カードローンは、遅れなく返済を繰り返していますと、増枠や更新によって融資条件はどんどん良くなっていきます。

融資可能額は極度額まで広がりますし、金利も更新のたびに下がることができます。

カードローンは遅れなく長期間使用すれば低利で大きな融資可能枠で未来が開ける

カードローンの増枠、更新審査を繰り返すことで、融資可能枠が大きく広がり、金利も安くなります。

それはすなわち、将来的に独立して事業を起こしたり、有利な転職が可能になった際に必要になる資金を用立てることが可能になることを意味します。

すなわち、自分の未来の可能性が大きく開ける可能性が出てくるのです。うまく賢くカードローンを利用して、将来に羽ばたきましょう。

まとめ

カードローン審査において、更新、増枠によって融資条件を良くする可能性についてご説明しました。

カードローンを一定期間以上遅れなく返済していますと、更新申込みや増枠申込みによって融資条件、すなわち、利用可能枠や借入金利などがどんどん下げていくことが可能になります。

最低半年は期間を置く必要がありますが、遅れがなく、他社でも延滞がなければ、大手消費者金融会社では確実に融資条件はよくなっていきます。

また、大手消費者金融会社では定期的に自動更新審査という途上与信を実施しており、貸金業法の総量規制の範囲内での利用になっているかを監視しています。

その際に、スコアランクがアップして、契約条件を良くできる場合には、メールでお知らせをもらうこともできます。

うまく賢く返済して、どんどん融資条件をよくして、将来の可能性を広げましょう。