カードローン110番 > 審査にまつわる体験談 > カードローン審査:携帯料金支払状況によるスコアリング審査とは

カードローン審査:携帯料金支払状況によるスコアリング審査とは

カードローンの審査と携帯料金支払状況

携帯電話の料金支払とカードローンやクレジットカードなどの返済は一見似ているように見えます。

携帯電話の料金はたいてい毎月定期的に一定期日に銀行口座から引き落とされています。

このような携帯料金などの自動引き落としの実績を、カードローンの審査に使えないかと利用しているのが、昨年から営業を始めたジェイスコアです。

ジェイスコアは、AIスコアリングなるものによる審査を宣伝材料にしています。

カードローン審査に携帯料金の支払状況は関係ある?

しかし、一定期日に定期的に支払うという点では似ていますが、本当に携帯料金の支払実績はカードローンの審査に使えるのでしょうか。

携帯料金の支払はほとんどが銀行口座からの自動引き落としです。どちらかと言えば、カードローンよりもクレジットカードの自動引き落としと似ているとも言えます。

カードローンの場合は、銀行口座からの自動引き落としはごくわずかで、ほとんどはローンカードを使ってATMで入金するか、銀行口座からの振込みで、一部現金書留があるくらいです。

従って、支払形態から見ますと、携帯料金支払とカードローンの返済とでは違っています。

カードローンの場合には、返済方法、返済手段が非常に柔軟にできており、期日前に支払ったり、部分繰り上げ返済や、今月は苦しいので利息だけ返済しておこうと言うことができるのです。

銀行からの自動引き落としの場合には、ある意味固定的な返済方法となっており、一定期日に一定金額が引き落とされることでしか、返済や支払ができないのです。

従って、クレジットカードの返済には近いものがありますが、それをカードローン審査に利用するということには疑問が残ります。

携帯料金の支払実績を使うスコアリングに使っているのはジェイスコア

しかし、この携帯料金の支払実績によってスコアリングシステムを組み上げているのが前述のジェイスコアなのです。

ネットでの宣伝では、かっこよくAIスコアとして売り材料としています。

このAIスコアなるものは、大手消費者金融会社におけるスコアリングシステムのことですが、実質的には中身がかなり違っているのです。

ジェイスコアのAIスコアリングは、ソフトバンクの携帯料金の支払実績データを使って組み上げられています。

このジェイスコアのAIスコアリングは実際に審査システムとして機能しているのでしょうか。少し疑問なところがあります。

カードローン審査に携帯料金の支払い状況は使えるの?

カードローンの返済データと携帯料金の支払状況データは、定期的に支払うという点では似ているものの、本当にそのデータでカードローン審査に使えるのでしょうか。

携帯料金の支払実績データは、銀行口座からの自動引き落としのデータがほとんどであり、自由返済に近い消費者金融会社の返済実績とは支払形態が大きく違っています。

ソフトバンクの携帯料金は、他のドコモやAUなどの携帯キャリアと同様、クレジットカード会社から銀行口座からの自動引き落としが行われています。

従って、どちらかと言えば、クレジットカード審査であれば、なんとか審査に使えるかもしれませんが、カードローンとは返済形態や実際の返済実績にかなり違いがあるため、審査システムとして使うことはかなり難しいのです。

カードローンの審査とは

消費者金融会社などのカードローン審査は、どのように行われており、審査基準はどのようなものなのでしょうか。

消費者金融会社におけるカードローン審査は、無担保無保証人で融資しますので、返済事故になりますと、資金の回収が難しくなります。

そのため、カードローン審査に申込まれた方が返済事故を起こすかどうかの見極めをするのが重要な審査のポイントとなっています。

カードローン審査は何をする?

大手消費者金融会社においては、カードローン審査はスコアリングシステムを用いており、それによって利用者の返済事故になる確率を割り出して、その確率に応じて、融資可否、融資限度額、金利などを決めています。

従って、大手消費者金融会社においては、オペレーターが申込まれた方の借入申込書から審査項目を抜き出してスコアリングに自動入力し、それによって機械によって審査を行っているのです。

同時並行で、借入申込書の中でも重要な、本人確認、勤務先などの在籍確認、そして他社での借入残高、返済状況などを信用情報機関から取り寄せて申込書に記入された情報の正確性を確認しています。

確認内容に間違いがなければ、スコアリングシステムで出たスコア(得点)を基に、審査結果を出すのです。

中小消費者金融会社の場合には、このようなスコアリングシステムを持っていないため、店頭の店長などの人の目による経験を生かした審査になっています。

この場合も、経験的にこの人は返済事故になり易いと判断するのです。

消費者金融会社のカードローン審査はスコアリングシステム?

大手消費者金融会社のカードローン審査はスコアリングシステムを使って、申込まれた方の信用審査、すなわち、返済事故になる可能性を見極める審査をしています。

大手消費者金融会社は、創業から50年以上を経過しており、しかもコンピュータを導入してから35年以上を経ており、1千万件以上という大量の貸付データと返済データ、それに申込まれた方の属性データを持っています。

そして、そのデータを生かして組んだのが現在のスコアリングシステムなのです。

スコアリングシステムとは?

スコアリングは、過去に積み上げられ利用者の借入、返済データと、その利用者の借入申込書の項目として記入された属性項目を組み合わせてパターンを作成し、そのパターンごとに返済事故確率の分析を行っています。

そして、属性パターンごとに算出された返済で事故になる確率結果を使って、審査結果を出すスコアリングシステムが組まれているのです。

スコアリングシステムを組むためには

スコアリングシステムは、1千万件にものぼる膨大なデータと高度なコンピュータ分析システムによって可能になります。

従って、それはその膨大なコンピュータデータを持つ大手消費者金融会社だから可能なシステムなのです。

融資件数の少ない中小消費者金融会社などでは、データもそのデータを分析する資金力もないため、システムは構築できず、担当者の経験による審査をしているのです。

なぜ銀行はスコアリングシステムを持てない?

また、過去に個人に対する無担保無保証人の融資経験のない銀行は、資金力はあってもデータがないため、スコアリングシステムを組むこともできませんし、融資経験もないため、審査そのものができないのです。

すなわち、銀行は審査ノウハウやデータがないために、カードローン審査は非常に甘く、ほとんどを保証会社に依存しています。

その保証会社は、大手消費者金融会社やクレジットカード会社などがなっているのです。

なぜ消費者金融業界では新規参入が成功しない?

消費者金融業界における成功のノウハウは、スコアリングシステムという審査システムを持っていることが鍵であり、過去に外資が進出する場合には、そのシステムを持っている既存業者を買収という形で行っています。

GEキャピタルのレイク買収などはその例です。

過去には銀行などが消費者金融会社を作っても成功した例はなく、現在残っているSMBCモビットも、開業時にプロミスのスコアリングシステムを導入しましたが、うまく使うことができずに、一時経営が悪化しました。

従って、新規参入で消費者金融会社を設立してもスコアリングシステムがないために、成功した例がこれまでありません。

今回、ジェイスコアがネット専門とは言え、新規参入していますが、AIスコアリングの成否によって成功するかどうかの結果は数年先にわかることになるでしょう。

カードローンの審査におけるスコアリングシステム

カードローン審査において、スコアリングシステムは大手消費者金融会社の経営においてどのような役割を果たしているのでしょうか。

カードローン審査におけるスコアリングシステムの役割

現在の大手消費者金融会社は、カードローン審査にはスコアリングシステムを導入しています。

それを元に自動契約機を開発して、融資や返済遅れを集中的に処理できるコンタクトセンターという施設を設置し、それによって低コストによる多店舗化や省力化を実現しています。

それによって、膨大な過払い金返還請求という空前の嵐の中でも生き抜いてくることができたのです。

それは、大手各社にスコアリングシステムという審査の自動化システムがあったことにより、実現されていると言ってよいでしょう。

スコアリングシステムによる利用者還元

また、スコアリングシステムによって、オペレーターによる審査の自動化でコストを下げることができた故に、ネット時代に対応して顧客サービスを充実させ、利用者の利便性を向上させてくることができました。

しかも、貸金業法改正前の貸付金利の20%台後半から18%以下に金利を下げて、利用者がより使い易くすることができており、このスコアリングシステムの恩恵は利用者にも還元されていると言えます。

カードローン審査スコアリングシステムと携帯料金支払データ

このようなカードローン審査におけるスコアリングシステムを携帯料金の支払実績データによって組むことができるのかについて見てみることにします。

カードローン審査において携帯料金の支払実績は返済実績として使えるか

まず、カードローン審査において、携帯料金の支払実績が融資の返済実績と一緒にすることができるのかが問題になります。

携帯料金の支払は、主にクレジットカード会社が請求して銀行口座から自動引き落としをしており、支払形態としてはクレジットカードに似た形態です。

従って、クレジットカード会社の審査システムとして組むのであれば、ある程度機能すると考えられます。

しかし、カードローンとクレジットカードでは返済形態に大きな差があるとともに、クレジットカードのショッピング債権には物件が担保になっています。

そのために、ショッピング債権の返済事故率はキャッシングに比べますと、非常に低いのです。

携帯料金支払とカードローン返済の違い

携帯料金であれば、支払わなければ、携帯電話が使えなくなるという意識が働くため、支払の遅延は少なくなるのです。

そのため、携帯料金の支払実績は、カードローンの支払実績に比べますと、ショッピング債権の実績に近いと考えられ、返済事故率においてかなり差が出ている可能性があります。

従って、携帯料金の支払実績データを使ってカードローンのスコアリングシステムを組むことは、かなり返済事故率において甘くなる可能性があるのです。

カードローン審査で携帯料金は1つの返済要素として見ることは出来るが

従って、カードローン審査において携帯料金の支払実績は1つの要素として使うことは可能ですが、それをスコアリングシステムに入れるには大きな問題があります。

すなわち、スコアリングシステムは、過去の利用者の属性項目を組み合わせて、膨大なパターンを作り、それらの返済事故確率を出しています。

しかし、カードローン実績と連動した携帯料金に関してのデータがなく、属性項目に取り組むことはできないのです。

従って、現在のところは携帯料金の支払状況を審査項目として使うことは難しいと言えます。

カードローン審査において携帯料金支払を全体としては見ることはできない

カードローンの返済事故の生じるケースはいろいろなパターンがあり、携帯料金の支払状況だけで返済事故の確率を見ようとすることは非常に危険です。

いろいろな属性項目との組み合わせによって判断する必要があるのです。

従って、現在のカードローン審査において携帯料金支払実績だけで全体の返済事故可能性を審査することは無理があります。

携帯料金支払実績がスコアリングに仕えない具体的な要因

では、具体的に携帯料金支払実績データがスコアリングに仕えない要因について、さらに詳しく見てみることにします。

心理的背景でクレジットカードのショッピングは遅れにくい

クレジットカードのショッピングの返済は、カードローンなどに比べますと、事故率は低くなっていました。

ショッピングの場合は、購入した物品の所有権は最終的には支払が終わるまでは、クレジットカード会社にあるためです。

そのために、利用者の信用度の違いもありますが、心理的にクレジットカードの場合には遅れにくいのです。

従って、より心理的抑制力が高い携帯料金の支払実績データでカードローン審査のスコアリングを組むのは、利用者の返済事故確率を低く見せる可能性があり、危険と言えます。

遅れれば携帯が使えなくなる実害の認識

携帯料金の場合は、支払が遅れた時には、携帯電話やスマートフォンが使えなくなるということが利用者にはわかっています。

そのために、生活に実害が生じてくる認識が高いため、携帯料金の支払意識はかなり高いと言えるのです。

携帯料金とカードローン返済の心理的な違い?

従って、携帯料金の支払意識は、クレジットカードのショッピング以上の高い意識になっていることが考えられます。

カードローンの場合は、現在の貸金業法上では無理な督促行為は禁じられているため、普段の生活の支障は少なく、それ故に返済事故は起こり易いのです。

このように携帯料金とカードローンでは支払に対する心理的な違いは大きく、携帯料金支払情報でスコアリングを組むことはかなり甘い審査結果になる可能性が高く、将来的に返済事故が多発する可能性が出てきます。

携帯料金で掴める項目と借入申込書の項目の違い

また、携帯電話やスマートフォンを購入するときに、携帯電話会社に残る購入者の属性項目と、消費者金融会社などの申込みの際の借入申込書の属性項目には大きな差があります。

すなわち、携帯電話キャリアに残る情報としては、基本的に本人確認に必要な氏名、住所、年齢程度まではありますが、それ以外の情報はありません。

従って、カードローン審査に必要な項目である

  • 住居情報(形態、年数)
  • 勤務先情報(会社規模、勤続年数、職種など)
  • 他社借入情報
  • 保険証種別

などはないのです。

返済事故を起こすパターンを分類するための属性項目が大きく不足しているのです。もう少し、この点を詳しく見てみましょう。

携帯料金情報には個人信用情報はない

携帯料金に関する個人信用情報は、回収に当たるクレジットカード会社であれば、その業界の信用情報機関であるCICから得ることはできます。

しかし、CICの個人信用情報は非常に少なく、また、信用情報機関の情報を審査目的と回収目的以外に使用することは加盟各社には禁じられており、携帯電話キャリアに来る情報は回収ができなかったということだけです。

従って、信用情報としては遅れ情報があるということだけであり、何回遅れて、返済事故になったかどうか、自己破産などがあったかどうかなどは掴めませんので、実質携帯料金情報には個人情報はないのと同じなのです。

CIC情報とJICC情報の差

消費者金融業界の信用情報機関JICCとクレジットカード業界のCICでは、かなりの情報量の差があります。

CICの場合には、カードの返済事故や遅れ情報などに限られ、利用者のさまざまな延滞情報、履歴情報については非常に少なくないのです。

それに対して、JICCの場合には、個人の方の遅れ情報、返済事故情報などは細かく回数、期間、理由などが入っており、消費者金融会社が審査、回収に必要な情報はほとんどが含まれています。

また、CICとJICCは情報の交換を行っていますが、クレジットカードのショッピング情報は融資ではないため、キャッシング情報に限られます。

かって、大手消費者金融会社は、クレジットカード機能付きのカードを発行して、CICに加盟していましたが、CICから得られる情報量は少なく、さらにJICCで事故になっていてもCICでは事故になっていない例が多くありました。

逆にJICCで事故になっておらず、CICで事故になっている例は少なかったのです。

そのために、アイフルやプロミスなどは既にクレジットカード付きのカードの発行はブランド価値が低下したこともあり、止めています。(アコムのみ現在も発行中)

従って、CICのみの情報だけでスコアリングを組むことは難しいのです。

携帯料金情報には在籍確認情報はない?

携帯電話やスマートフォンの申込みには、勤務先などの情報は必要とされません。

従って、携帯料金情報の場合には、勤務先の規模、業種、勤務年数などがわからないため、それらを属性項目として利用することができません。

この勤務先の規模、業種などはスコアリングにおいては重要な要素となっており、それ故に在籍確認が重要になっているのです。

携帯料金情報を元にスコアリングを組んでも重要な情報が欠けていることになります。

携帯料金情報には居住状況データはない

携帯電話などを申込む場合、住所は記入しますが、自宅が持ち家なのか賃貸なのか、居住年数がどれくらいあるのかなどは必要ありません。

しかし、この自宅の所有状況や居住年数は、スコアリングの属性項目においては重要なファクターとなっていることが多いのです。

従って、携帯料金情報を元にスコアリングを組んでも、これらの重要な属性情報が欠けており、スコアリングの信頼性は低くなってしまいます。

携帯料金支払状況でスコアリングシステムは組めない

以上見てきましたように、携帯料金の支払状況データでスコアリングを組むことは、申込まれた方の返済事故確率を低く見てしまう可能性があるとともに、スコアリングを構成する属性情報も少なくなります。

従って、かなりの情報不足の中でスコアリングシステムを組むことになり、審査システムとして機能できるのかどうかには大きな疑問があるのです。

携帯料金の支払実績のみでスコアリングを組んだ場合には、スコアリングシステムに組み込まれていない属性項目まで慎重に検討せざるを得なくなる可能性が高く、審査システムとしてはかなり無理があると言えます。

ジェイスコアの携帯料金スコアリングの試みと試行錯誤

みずほ銀行とソフトバンクの合弁会社であるジェイスコアは、それでも携帯料金の支払実績データを使ってAIスコアリングシステムを組み、それを売り材料として利用しています。

しかし、ジェイスコアの本審査ではかなりの時間がかかっており、実質的にAIスコアリングシステムは機能しているか疑問があります。

ジェイスコアのATスコアは携帯料金スコアリング

ジェイスコアは、AIスコア診断として申込む前に自分がいくらどれくらいの金利で借りられるのかを見た上で、それを元に融資の申込みをするシステムになっています。

いくらくらいの金額がどれくらいの金利で借りられるのかがわかるように、スコア得点ごとの極度額(最高に借りられる金額)と金利の表を発表して、目新しさを演出しています。

しかし、本来であれば、既にAIスコア診断の際に情報は入力していますので、通常の大手消費者金融会社であれば、申込んでから遅くても1時間以内にカード発行まで行なっています。

しかし、ジェイスコアの場合、本審査にはまる1日以上かかっているのが現実です。これは携帯料金スコアリングシステムであるAIスコアが機能していないことを示しています。

ジェイスコアの審査の遅さは携帯料金スコアリングを信用していない証拠

このジェイスコアの審査の遅さの背景には、AIスコアリングシステムを信頼していない証拠と言えます。

すなわち、AIスコアリングシステムを信頼していれば、在籍確認や借入情報などを確認すれば、すぐに審査結果が出るはずです。

しかし、実際には1日以上慎重に審査をしていると言うことは、

  • AIスコアリングシステムを信頼していないため、その結果を生かしていない
  • 入力された項目を細かく確認しているために時間がかかっている

と言えるのです。

ジェイスコアの審査の遅い背景

ジェイスコアの審査が遅い原因としては、

  • 携帯料金スコアリングでは使える項目が少なく、信頼性に欠ける
  • みずほ銀行出身者が審査を行っており、確認は慎重に行っている
  • 金利を他社よりも大きく下げているため、コスト削減のため審査人員が不足している

などが考えられます。

SMBCモビットもプロミスのスコアリングシステムを信頼せずに、有効な利用ができていないのと同じ構造がジェイスコアにも伺えます。

しかも、ATスコアリングシステムで使える項目が少ないため、ジェイスコア自身が信頼性が欠けていることを認識していると言えます。

なぜスコアリングシステムにAIを組み込んだのか

ジェイスコアがスコアリングシステムにAIを組み込んだ理由は容易に想像がつきます。

すなわち、項目的に不足していること、携帯電話料金の支払実績で事故になる確率が低いことなどがわかっており、信頼性に欠けることを認識しているからです。

そのために、利用者の情報がどんどんと積み上げられていく仕組みとしてAIを組み込み、スコアリングシステムを新しい情報でどんどん修正できるようにしたと言えるのです。

そのためには、非常な膨大な利用者情報が必要になりますので、大量のネットによる宣伝を繰り広げていると言えます。

しかし、返済事故が多発し始めるのは、1年半後くらいであり、それまでにどれだけの利用者情報を積み上げられ、スコアリングシステムを修正できるかが課題になると言えるでしょう。

属性伝説と実際のスコアリングの違い

スコアリングシステムについては、大手消費者金融会社各社で使っている項目やその項目の重要度には差があります。ただ、携帯料金データを使っているところはありません。

一般に職業などでは、一部上場会社、公務員、医師、弁護士などの社会的地位が高く、収入なども多く、安定した職業であることから、スコアリング上高いポイントがでるというようなことが書かれています。

しかし、実際にそれらの職業が高いスコア(得点)になるとは限らないのです。

本来、このような社会的地位が高く、収入も多い方の場合は、まず銀行などから低利で借りることができ、消費新金融からの借入は必要のない方です。

内緒で借りたいか、或いは銀行などで多額の借入があり、首が回らなくなっている可能性があります。従って、社会的な地位が高いというだけで、必ずしもスコア得点が高くなるとは限らないのです。

属性神話を鵜呑みにするのは危険

属性項目にはいくつかの項目があり、トータルとしてスコア得点が出てくるため、特定の項目が良いからと言ってスコアリング上有利とは言えない場合もあります。

この属性はスコアリング上高くなるというような属性伝説とも言えるような情報もありますが、実際のスコアリング審査の結果にその通り出てくるかはわからないのです。

従って、属性神話を鵜呑みにして審査を受けるのは危険が大きいと言えます。

まとめ

カードローンの審査において、携帯料金の支払い状況がどのように扱われ、それによってスコアリングのような審査システムを組めるのかについてご説明しました。

基本的には、携帯料金の支払実績とカードローンの返済実績には、心理的な影響も含めて差があり、さらに携帯料金と利用者の属性データが結びつかないため、スコアリングシステムに組み込むことは難しいと言えます。

また、携帯料金実績データには、スコアリング審査に必要な属性データが非常に少なく、それだけで審査システムを組むことは難しいと言えるのです。

ジェイスコアは、携帯料金を元にスコアリングシステムを組んでいるようですが、実際には使えていないため、審査時間は長くかかっています。

その精度に信頼性がないために、スコアリングシステムにAIを組み込んで信頼性を高めていこうとしているのです。