カードローン110番 > 審査にまつわる体験談 > カードローンの審査が通りやすいのは消費者金融会社?

カードローンの審査が通りやすいのは消費者金融会社?

カードローンは何に使える

カードローンは、手軽にATMでお金を引き出したり、返済の入金が出来たりできるので、非常に便利に使えます。

急に田舎から友達が訪ねてきて今夜食事に連れていくことになったが、財布にお金が入っていないという時には、気軽にATMからお金を引き出すことができるのです。

ほとんどのカードローンは、コンビニなどの提携ATMを利用できるようになっています。

また、キャッシング利用枠を大きく空けておけば、独立の機会、転職の機会などの人生のステップアップにおいて躊躇しなくても良いように、お金を用立てることもできます。

子供が事故を起こして取り敢えず、入院費を払わないといけないという時にも使うことができます。保険で戻ってくれば、返済すれば、利息は少しで済むのです。

このように、カードローンは、保険と同じで、いざという時に助けてくれる心強い味方なのです。

カードローンの種類

このカードローンには、いろいろな種類があります。

銀行が発行しているカードローン、クレジットカード会社のキャッシングカード、それに消費者金融会社のカードなどがあるのです。

銀行が発行しているカードローンは、貸金業法の総量規制の対象外であるため、年収の1/3を超えた融資限度額の大きいカードになっています。

クレジットカード会社のキャッシングカードは、通常のクレジットカードに付随するキャッシング枠として使えるものとは別に、キャッシング専用のカードです。

消費者金融会社のカードローンは、貸金業法の総量規制の制約を受けるため、銀行カードローンのように数百万円の利用枠などは難しいですが、借入・返済ともに非常の利便性の高いカードです。

いつでもどこでも引き出しも入金もできるのが特徴です。

使い易いカードローンとは

使い易いカードローンと言う場合、

  • 申込み易さ
  • お金の引き出し易さ
  • 返済のし易さ

などがあります。

これをさらに詳細に言いますと、申込み易さと言う場合には、

  • 申込み手続きが簡単なこと
  • 審査など瀬間手続き時間が短いこと
  • 申し込み窓口の多さ
  • 申し込み可能時間の長さ
  • 当日の即日キャッシングができること
  • 成約率の高さ

などがあります。
また、最近では、スマホやパソコンでネットを通じて簡単に申込むこともできますが、入力が簡単なことも申込み易さにつながります。

特に、初めての方にとっては、カードローン審査に不安を覚える方も多く、審査が通りやすいすなわち、成約率の高さは大変気になるところです。

カードローンの借り易さ、返済し易さ

次に、お金の引き出し易さとしては、

  • ATMが身近なところにたくさんあること
  • 無料でお金を引き出せること
  • 引き出しの手続きが簡単なこと
  • ATMの稼働時間に制限がないこと(24時間営業)

などです。

さらに返済のし易さとしては、

  • 金利が低いこと
  • 分割が可能で、毎月の返済が楽なこと
  • 返済方法が柔軟なこと(一括、一部繰り上げが簡単にできる)
  • 返済日の制約が少ないこと(事前入金が可能なこと)
  • 返済手段がたくさんあること
  • 無料で返済ができること

などがあります。金利などはよく重視されます。

銀行と消費者金融会社のカードローンの違い

銀行と消費者金融会社のカードローンの使い易さにおける違いを見てみましょう。

銀行のカードローンは、審査に通った場合の融資可能額は大きいものの、審査はかなり慎重で厳しいため、成約率はかなり低くなります。

申込みのし易さについて、まとめてみますと、次のようになります。

比較項目 銀行 消費者金融会社
申込み手続きの簡易性 ×
審査手続きの時間 × 数日 〇 30分から1時間
申込み窓口の多さ ×
申込み可能時間 × 銀行営業時間内 〇 8時~22時(ネット24時間)
当日の即日キャッシング ×
成約率 × 低い △45%~50%

このように、銀行のカードローンの場合、かなり審査が厳しいだけでなく、消費者金融会社のカードの申込みに比べますと、申込みにくくなっています。

借入・返済のし易さの差

借入のし易さについては、現在では、銀行もほとんどが銀行自身のATMやコンビニなどでの提携ATMでお金を引き出すことができます。

金利も、保証会社がつくため、表面金利は別にして実質的な金利ではそれほど差はありません。

ただ、銀行のカードローンの引き出しは、銀行のATM稼働時間内に限られ、コンビニなどの提携ATMでの引き出し、入金もその時間に限られ、消費者金融会社のカードのように24時間使えるわけではありません。

カードローンの返済面においては、銀行の口座の借り越し契約となっている場合が多く、無料で比較的柔軟性は高いと言えます。

但し、返済は銀行口座やATMに限られるため、消費者金融会社のような多彩な返済手段は使えません。

銀行系消費者金融会社と銀行のカードローンの違い

銀行系消費者金融会社と銀行のカードローンの申込みのし易さについては、通常の大手消費者金融会社とは少し違いがあります。申込みのし易さの比較は、次のような点です。

比較項目 銀行 銀行系消費者金融会社
申込み手続きの簡易性 ×
審査手続きの時間 × 数日 △ 1日(カード発行まで1週間)
申込み窓口の多さ ×
申込み可能時間 × 銀行営業時間内 〇 8時~22時(ネット24時間)
当日の即日キャッシング × ×
成約率 × 低い ×20%台

また、借入のし易さにはほとんど差はありませんが、銀行系消費者金融会社は、返済面で無料返済手段が限られています。

クレジットカード会社と消費者金融会社のカードローンの違い

クレジットカード会社と消費者金融会社の申込みのし易さをまとめてみますと次のようになります。

比較項目 クレジットカード会社 消費者金融会社
申込み手続きの簡易性
審査手続きの時間 × 数日 〇 30分~1時間
申込み窓口の多さ ×
申込み可能時間 × 営業時間内 〇 8時~22時(ネット24時間)
当日の即日キャッシング ×
成約率 〇 ほとんど可能 △45%~50%

クレジットカード会社の場合には、カードは作り易く、手続きも簡単ですが、実際にカードが来るまでの時間や申込み窓口が限られているという欠点があります。

また、クレジットカード会社の場合には、返済方法が銀行口座からの自動引き落としに限られ、後から一括返済したり、部分繰り上げ返済もできません。

さらに、金利の支払についても柔軟性が欠けるため、かなり使いにくいキャッシングと言えます。

消費者金融会社のカードローンの特徴

大手消費者金融会社などのカードローンの場合は、申込みがし易く、いつでもどこでも借入・返済が可能で、返済手段も多彩になっており、無料返済手段も用意されています。

さらに、返済方法も基本は分割返済ですが、いつでも一括返済や部分繰り上げ返済ができますし、期日前の入金も可能で、効率的に使うことができます。

消費者金融会社のカードローンの審査は通りやすい?

消費者金融会社のカードローンは、銀行カードローンに比べますと、審査はスピーディーでかなり通りやすくなっていると言えます。

銀行は長い間、個人の方に対する無担保無保証人の融資を行っていなかったために、審査ノウハウを蓄積できず、かなり慎重な審査をするためです。

既に利用者にもそれは知れ渡っており、利用者の棲み分けが行われていると言えます。

すなわち、信用度の高い方は銀行に行き、自身の信用度に自身のない方や銀行で断られたり、既にかなり借りている方が消費者金融会社に来られるという棲み分けになっているのです。

カードローンの審査

では、実際のカードローンの審査はどのように行われているのでしょうか。

銀行と大手消費者金融会社の審査の違いについて述べた後に、詳しく消費者金融会社の審査について見ていくことにします。

消費者金融会社と銀行のカードローン審査の違い

大手消費者金融会社は、過去40年間、数百万件から1千万件以上の個人融資を行い、そのデータを使ってスコアリングシステムという審査システムを構築しているため、オペレーターレベルで審査をすることができるようになっています。

大手消費者金融会社のコンタクトセンターという集中処理施設には、多くのオペレーターが並び、自動契約機やネットからの申込みに対してスコアリングによる審査を行っているのです。

審査結果の決済は、一人の権限を持った人が行っており、その結果が出れば、オペレーターはすぐに契約内容の説明から、カード発行まで行います。

それに対して、銀行の場合は、窓口で対面の申込みを受け、その審査は審査専門の人が行い、決済も複数の人が行います。

個々の銀行での個人融資の積み上げデータは少ないため、審査の機械化は行われておらず、審査担当者が申込内容を細かくチェックしていく形になっているため、時間がかかるようになっているのです。

消費者金融会社は性善説、銀行は性悪説で審査をする

消費者金融会社の審査は、申込みをされた方に対して性善説で加点方式で行っていきます。しかし、銀行の場合は、性悪説に基づき、項目ごとにマイナス点がないか審査していきます。

そのために、銀行の場合は審査に時間がかかるとともに、成約率も低くなっているのです。

そして、契約の見込める方については、消費者金融会社やクレジットカード会社の保証を得て契約をしています。

どこまでも石橋をたたいて渡るのが銀行のカードローンなのです。

消費者金融会社の歴史からくるカードローン審査ノウハウ

大手消費者金融会社は、既に1965年前後から営業をしており、多くの谷も山も越えて融資をしてきました。
その結果、大変多くの個人融資の返済実績データを持っており、それを使ってスコアリングシステムという審査の機械化を実現しています。

このスコアリングシステムをカードローンの審査ノウハウの中核に据えて、オペレーターでも審査ができる仕組みを作ったことにより、30分から1時間でカードの発行まで行うことができるのです。

消費者金融会社のカードローン審査は何をするの?

消費者金融会社のカードローン審査においては何が行われているのでしょうか。まず、行われるのは、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類による確認が最初に行われます。

そして、記入・入力された年収、他社借入金額、勤務状況などによって、貸金業法とその総量規制に対する第一段階の確認審査を行なうのです。

その後、自動契約機やネットで記入・入力された項目からいくつかを使い、さらに信用情報機関の個人信用データ、在籍確認などを通じた確認作業の結果をスコアリングシステムに反映させて、スコア得点を算出します。

また、借入希望額が多かったり、他社借入がある場合には、収入証明書を提出してもらい、年収も確認します。

そして、そのスコア得点に応じて、融資可否、利用可能額、金利などが自動的に算出されるのです。この一連の審査は融資責任者の決済で終わりです。

貸金業法の総量規制とカードローン審査の関係

カードローン審査における貸金業法の第一段階は、本人確認と貸金業法とその総量規制内の融資であるかの確認になります。

貸金業法では、融資対象となるのは定期的に一定の収入のある方で、その年収の1/3以上の融資はできません。また、年齢も基本的には20歳以上、69歳までとなっています。

年金や失業手当などは収入とはみなされず、それ以外で収入のない失業中の方、高齢者の方、専業主婦、学生などについては断りになります。

これらの貸金業法の総量規制融資対象となることを借入申込書で確認してから、実際のスコアリングシステムによる第二次審査に入るのです。

消費者金融会社のカードローン審査の基本はスコアリングシステム

消費者金融会社のカードローン審査は、まず、借入申込書に記入、入力された項目の中からいくつかの項目をスコアリングシステムにかけてスコアリングポイントという得点に表します。

その際には、個人信用情報結果(他社借入残高、返済状況)、在籍確認、収入証明書などの確認作業を同時進行し、その結果もスコアリングシステムに入力していきます。

これらの一連の作業はコンタクトセンターのオペレーターが行い、その結果を融資責任者に報告して決済を受けて終わるのです。

従って、このスコアリングシステムが審査の基本となるのです。

スコアリングシステムとは

スコアリングシステムは、大手消費者金融会社が過去の貸付について借入申込書の項目ごとにその返済状況データをコンピュータで解析分析して、遅れになり易い項目のパターンを抽出しています。

これは、データが数百万件と多くあることによって可能になるのです。データが少なければ、粗い分析しかできず、パターンは限られたものになります。

しかし、データが多い場合には、パターン抽出は細分化でき、それぞれに得点化が可能になります。

そして、そのパターン抽出を細分化することで、それぞれのパターンでの事故率が算出され、事故までの採算が計算できるため、融資可否が可能になり、融資限度額や金利も決めることができるのです。

このように分析された結果はスコアリングシステムとして審査システムに組み込まれ、各オペレーターは融資可否を決めているのです。

消費者金融会社はそれぞれ独自のスコアリングシステムを持っている

スコアリングシステムは、大手消費者金融会社ではそれぞれ独自に開発しています。

解析手法はいろいろな統計手法で行われており、大手各社で違います。

その手法の違いによって、パターン化できる項目に差が出てきますし、同じ項目でもウエートの置き方が違ってくるのです。

また、貸付けた利用者層によってその結果も違ってきます。

アコム、プロミスなどは当初から大手として比較的信用度の高い利用者が多かったのですが、アイフルなどは比較的後発で、準大手としての期間が長く、利用者層でも大手よりは低い層が中心でした。

そのため、アイフルは、大手に追いつくために、より信用度の低い方を細分化して、融資限度を低くして貸し付けられるようなスコアリングシステムを構築しています。

その結果、アイフルの成約率はアコム、プロミスと変わらない水準になっており、その代わりに平均単価は低く、平均金利はやや高いという状況にあるのです。

スコアリングシステムの信頼性

各消費者金融会社のスコアリングシステムに対する信頼度は高く、それ故に審査そのものをオペレーターに任せられる仕組みを構築できています。

この点が大手消費者金融会社の強みであり、銀行系消費者金融会社の場合にはできていない点です。

SMBCモビットなどはプロミスのスコアリングシステムを使ってはいますが、信用しておらず、長い審査に時間をかけています。

銀行の場合には、もともと個人に対する融資は担保主義で行っており、無担保無保証人の貸付そのもののデータがないためにスコアリングシステムを組むことができていません。

消費者金融会社カードローン審査のスコアリングシステムの信頼性の根拠

消費者金融会社カードローン審査におけるスコアリングシステムの信頼性は、やはり過去40年間の1千万件を超えるデータの蓄積と経験に基づいています。

但し、社会情勢が大きく変わる場合には、利用者の返済姿勢、環境が変わるため、その際には直近データを入れて、スコアリングシステムの更新をかけているのです。

消費者金融会社カードローン審査のスコアリングシステムは借入申込書から?

大手消費者金融会社カードローンのスコアリングシステム審査にかけられる分析項目については、借入申込書の項目から選ばれます。

基本的には昔から消費者金融会社の借入申込書の項目には大きな変化はありません。継続的に同じ項目を記入させていることにより、その項目の信頼度を経験から抽出できるからです。

但し、その項目の抽出は大手各社で違っています。当然、利用者層も違っており、返済事故につながりやすい項目にも差があるのです。

消費者金融会社カードローン審査のスコアリングシステムは嘘も包含

借入申込書の項目には、正直に書いておらず、見栄が反映されている可能性があります。

そのために、銀行や銀行系消費者金融会社のカードローン審査の場合には重箱の隅をつつくような慎重な審査が行われているのです。

しかし、大手消費者金融会社のスコアリングシステムの特徴は、これらの嘘や見栄は当然あり得ることであり、最初から審査項目から外すか、嘘がかかれていることを前提とした分析を行っています。

居住年数や職位などは見栄を張っている場合が多く見受けられますが、それの嘘を前提に分析を行います。

また、経験的に嘘や見栄の多い項目の得点ウエートは低くする工夫もしているのです。

従って、大手消費者金融会社の場合には、オペレーターの審査では細かい項目の確認はされませんので、早く結果を出すことができるのです。

消費者金融会社の審査で通りやすい人

では、大手消費者金融会社のスコアリング審査で通りやすい人はどのような方なのでしょうか。

基本的には、各消費者金融会社のスコアリング項目には差があり、一概にこの方は通りやすいということはできません。

消費者金融会社のカードローン審査でよく使われる項目

消費者金融会社のカードローンのスコアリング審査でよく使われる項目は、年収、職種、勤務先規模・業種、勤務年数、居住形態、居住年数、保険証種別などで、この中から各社ともに数項目が使われているのです。

使用される項目は、各社それぞれに違います。それ以外にも情報信用機関からの個人情報による借入額、返済状況データも使われます。

利用可能額の増枠審査の場合には、さらにこれまでの返済実績における遅れ回数などが重要な項目として織り込まれます。

消費者金融会社のカードローン審査で通りやすい人とは

大手消費者金融会社カードローン審査では、各社の使う項目が違いますので、一律にこれが通りやすいというものはありません。

ただ、スコアリングの得点が高くなる可能性のある方は次のような方です。

  • 勤務先の会社規模が大きく、上場会社の場合や、公務員の場合には通りやすい
  • 居住年数や勤務年数が長いほど、審査は通りやすい
  • 他社の借入額がないか、少ない人は通りやすい
  • 他社借入があっても返済の遅れがない人
  • 保険証の種別が国民健康保険証でない人

ただ、これも一般的な傾向であり、これに該当するからと言って必ず審査に通るという訳ではありません。

消費者金融会社のカードローン審査は銀行系消費者金融会社では慎重審査

同じ消費者金融会社でも銀行系消費者金融会社の場合には、カードローン審査はより慎重な審査が行われます。ただ、それでも翌日には審査結果は出ますので、銀行などよりは早く審査が終わります。

カードローンの慎重審査とは

カードローンで慎重審査と言う場合には、借入申込書の項目を一つ一つ慎重に見極めていく作業です。

大手消費者金融会社の場合には、個々の記入については年収、他社借入、在籍確認結果などとの整合性の確認が行われるだけです。

そのため、30分から1時間で審査だけでなく、カード発行まで可能になっています。しかし、銀行などはその確認に数日かけて行うため、審査結果が出るまで数日かかるのです。

銀行系消費者金融会社は、銀行ほどではありませんが、個々の記入、入力に誤りがないか、矛盾がないかを見ていくために1日かかっています。

消費者金融会社のカードローン審査で落ちやすい人

消費者金融会社のカードローン審査で落ちやすい人も一概に言うことはできません。

そこには、他社借入金や年収、在籍確認などの確認のできる項目で嘘を書いていた場合には当然断りになる可能性はあります。

それ以外にも正直に書いても断りになる可能性はあるのです。そのため、大手消費者金融会社の成約率は45~50%程度になっているのです。

消費者金融会社のカードローン審査で落ちる意味

基本的に、消費者金融会社のカードローン審査で落ちると言うことは、それだけその方の信用力がないことを示しています。事故になり易い方と認定されるようなものです。

当然、嘘の記入、入力が認められた場合は、信用力はなくなると言っても良いでしょう。

スコアリングシステム上では、OKになったとしても、記述に大きな嘘がある場合には断りにつながります。

在籍確認などは、勤務先の業種、職種によってスコアリングの得点が変わってきますので当然断りの材料となるのです。借入申込書は正確に書くようにしてください。

ただ、カードローンの審査に落ちたと言っても、単にシステム上で判断しているだけであり、人間性を審査しているという訳ではありません。

あくまでも事故になる可能性の高い人が多少多いというだけの話です。

消費者金融会社のカードローン審査は他社の返済が大きく影響

また、カードローン審査においては、他社借入の返済が大きく影響してきます。他社借入の返済で返済事故が起きている場合には、まず断りです。

また、返済事故にはなっていなくても、返済遅れ回数がたくさんある場合には、断りにならなくても融資条件は厳しくなり、利用限度額は下げられ、金利も一番高いところになります。

消費者金融会社のカードローン審査で落ちやすい人

その他に、消費者金融会社のカードローン審査で落ちやすい人は、

  • 年収がない場合
  • 他社で年収の1/3を越える借入をしている場合
  • 虚偽の借入申込書をした場合
  • スコアリングシステムで貸付不可の出た場合

になります。

スコアリングシステム審査で貸付不可により落ちる場合には、消費者金融会社ごとに項目が違うため一概には言えませんが、傾向としては、次のような場合です。

  • 勤務年数が短い、或いは居住年数が短い
  • 収入が少ない
  • 職種に収入の安定性がなく、延滞例が多い場合(水商売、日雇いなどで各社で相違)

などの場合があります。

消費者金融会社のカードローンの成約率

消費者金融会社では株主向け資料などにカードローンの成約率を入れています。この成約率が高ければ、それだけ融資をできる方が多いと言うことであり、残高の拡大が期待できるからです。

但し、高過ぎますと、今度は返済事故の多発につながるのではないかと疑われます。

カードローンの成約率は通りやすさの目安

ただ、カードローンの成約率は、利用者から見ますと、その消費者金融会社の審査の通りやすさの目安となります。

しかし、実際の大手消費者金融会社のカードローン審査における成約率は、それほど差はありません。最近では、45%~48%程度であり、順位は入れ替わっていますので、どこが通りやすいと言うこと言えません。

アイフルは審査が通りやすい

アイフルは、昔からアコム、プロミスなどに比べますと信用力の低い利用者が多く来られており、メガバンクの傘下に入ったアコム、プロミスに比べますと、今でも同様の傾向が続いています。

しかし、それでも成約率が変わらないと言うことは、やはり信用力の低い方、自信のない方にとっては審査に通りやすいと言えるでしょう。

消費者金融会社のカードローンは賢く使う

消費新金融会社のカードローンは、賢く使うことによってその後の人生にとって大きな支えとなってくれるものです。

しかし、逆にいい加減に借りて、いい加減に利息だけ返済していると言うことでは、借入残高はどんどん膨らんで、利用可能額いっぱいになり、返済も苦しくなってしまいます。

その先には多重債務という悪夢が待っており、そこに行くまでに賢く使って、返済コストを減らし、借入残高を極力減らせられるように普段の生活態度を変える必要があります。

消費者金融会社のカードローンを賢く使えば可能性が広がる?

消費者金融会社のカードローンの借入枠を広く開けておけば、将来にステップアップする機会を確実にものにすることができるのです。

賢く使うことで将来の人生の可能性が大きく広がると言えます。

消費者金融会社のカードローンを賢く使うことで審査は通りやすくなる

また、カードローンを適宜使い、うまく賢く返済することで、金利は安くなり、利用可能額もより大きく広げることができます。

他社でも審査は通りやすくなります。将来の飛躍の可能性がより高まるのです。

まとめ

カードローン、特に大手消費者金融会社のカードについて、その審査や審査システムの仕組み、通りやすさなどをご説明しました。

銀行のカードローンは融資枠が大きく、使い易いですが、審査は厳しく、クレジットカード会社の場合は、審査は優しいですが、カードそのものが使いにくいものです。

その点で、バランスがとれているのが、消費者金融会社のカードローンです。審査も銀行などに比べますと、通りやすくなっています。

大手消費者金融会社の場合には、審査にスコアリングシステムを開発し、短時間でオペレーターによるカードローン審査ができる仕組みを作っているのです。

賢く消費者金融会社のカードローンを利用することにより、人生の将来の可能性が大きく開けます。