第三銀行カードローン審査のすべてを解説

サイトマップ
カードローン110番 > 第三銀行カードローン徹底検証 > 第三銀行カードローン審査のすべてを解説

第三銀行カードローン審査のすべてを解説

三重県の地方銀行である第三銀行カードローンは融資限度額1,000万円まで対応した高額借入も可能なカードローンです。

第三銀行のカードローン審査はどのように行われるのでしょうか?

第三銀行カードローン商品スペック

第三銀行カードローンの主な商品性は以下のようになっています。

  • 利用限度額1,000万円
  • 金利4.8%~14.5%
  • 即日融資不可

第三銀行カードローンの特徴は金額ごとに金利が決まっているため、自分が借りたい金額の金利をあらかじめ知ることができるという点が特徴です。

無数にあるカードローンの中で商品比較を行いやすいというメリットがあります。また、契約手続きには必ず郵送が伴いますので、即日融資は不可能という点がデメリットです。

第三銀行カードローンの審査

第三銀行カードローンの審査はどのように行われるのでしょうか?

第三銀行カードローンの審査時間は早い?遅い?

地方銀行である第三銀行カードローンの審査時間はどのくらいかかるのでしょうか?

審査は仮審査と本審査に分かれています。仮審査は保証会社であるアコムの審査です。

ここで審査に通過できれば、融資の可能性は非常に高くなります。

大手消費者金融であるアコムは審査の豊富な審査ノウハウを持っていますので、仮審査にはそれほど時間はかかりません。

インターネットから申込を行うと、その申込内容に基づきアコムが審査を行いますので、審査時間は最短で即日中には出るでしょう。

仮審査に通過すると、第三銀行が本審査を行います。この審査も早い時間帯に仮審査が終了していれば最短で即日には完了します。

第三銀行は審査時間に関する表記はないものの、審査時間は最短即日で完了します。

ただし、申込状況によっては2~3営業日時間がかかってしまうことも珍しくありません。

第三銀行カードローンの審査結果が出てから融資までは期間や日数がかかる

第三銀行カードローンの最大のデメリットは、審査結果が出てから、契約手続きが完了し、カードが到着するまでに時間がかかるという点です。

理由は以下の3つです。

  • 契約手続きは郵送されてくる契約書に記入を行い、第三銀行に契約書類とともに返送しなければならない
  • 返済方法が口座振替のため、返済用口座を持っていない人は口座作成後の契約となる
  • カードの受け取りが必ず郵送となる

審査に即日で通過したとしても、契約手続きに必要な書類が自宅に届くまで1日~2日、即記入して返送したとしても、第三銀行に到着するまで1日~2日かかります。

書類を確認し、カードの発送まで3日~7日程度の時間がかかります。

さらに、第三銀行カードローンは毎月の最低返済額を返済用口座から口座引き落としとなります。口座利用者でない人は、この間に返済用口座を作成しなければならないため、さらに口座開設に時間がかかる可能性もあります。

申し込みから審査に通過してカード到着までには早くて1週間、遅い場合には2週間程度の時間がかかってしまいます。

ただし、第三銀行カードローンは契約手続き完了後であれば、急ぎの入用に対応するために第三銀行の返済用口座に振込にて融資を行っているため、カード到着までの時間を節約することは可能です。

また、銀行窓口でも借入も可能です。

第三銀行カードローンは専業主婦借入不可

第三銀行カードローンの申込基準は「安定した収入がある方(パート・アルバイト・年金受給者の方 もご利用いただけます。)」となっています。

つまり、本人に収入がなく配偶者の収入で生活している専業主婦は利用することはできません。

ただし、カードローンの中には年金収入のみという人には融資を行っていないカードローンも存在するため、年金受給者が融資対象となっているという点はメリットです。

第三銀行カードローンは在籍確認で会社へ電話連絡がある

第三銀行カードローンは本審査の際には、会社へ電話にて在籍確認を行っています。

電話の内容はあくまでも在籍を確認するだけで、ローンの内容を話すようなことは絶対にしません。

「○○様(申込人名)いらっしゃいますか?」というだけの内容ですので、ローン申し込みの事実を会社の人が電話から知ってしまうという心配は無用です。

第三銀行カードローン審査に落ちた人の特徴は信用情報の問題が大多数

第三銀行カードローンのように、保証会社付きのローンは、融資金が返済されない場合には保証会社が融資金を返済してくれるため、保証会社の保証さえつけば銀行はほぼ確実に融資を行います。

第三銀行カードローンの場合には、保証会社であるアコムの保証さえつけば融資に応じてもらえる可能性は非常に高いといえます。

アコムの仮審査に通過できない人には以下の5ついずれかの特徴があります。

  1. 信用情報にブラック情報がある
  2. 他社借入が年収の半分を超えている
  3. 他社借入件数が3本以上ある
  4. 半年以内にローンに申し込んだ履歴が3回以上ある
  5. クレジットカードや借入金の返済状況に遅れが多い

金額はともかくとして、審査に通過させるか否かは上記5つの項目を基準として判断します。

「この人はお金を貸してよい人かどうか」を判定しているのです。

上記5つの項目のいずれかに当てはまる人は「お金を貸してはダメな人」と判断され、審査落ちとなってしまう可能性が非常に高くなります。

第三銀行カードローンに審査落ちしないために準備すべき3つのこと

第三銀行カードローンに審査落ちしないためには3つの準備をすることができます。

簡単に言えば、上記5つの条件をクリアできれば審査落ちの可能性は非常に低くなるため、審査に通過できる可能性を上げることができます。

先ほど説明したアコムの仮審査に通過できない人①~⑤うち、①②に関しては、ブラック情報は信用情報から消去されるまで待つしかありませんし、他社借入も返済によって年収の半分以内となるまで待つしかありません。

審査落ちしないためには上記③④⑤を改善することが需要です。他社借入が多い人は、おまとめによって借入件数を減少させましょう。

信用情報には過去半年以内のローンへの申込履歴が記録されています。ここで申込情報過過去半年以内に3回以上あれば「申込ブラック」とみなされ審査には著しく不利になります。

こんなにもローンに申し込んでいるということは、よほどお金に困っているという解約となります。申込情報は3つあれば申込ブラックとなりますが、1つでもやはりマイナスとなります。

このため、前回の申込から半年以上経過した段階で申込を行いましょう。

クレジットカードや借入金の返済状況を過去24か月分記録したものをクレジットヒストリーといいますが、審査の際はこのクレジットヒストリーが非常に重要になります。

過去24か月支払いに遅れがない人は収入があってもなくても「この人は支払いを優先する人だ」という評価となり、審査には著しく融資になります。

そのため、クレジットカードの期日通りの支払いを半年以上は継続しましょう。

第三銀行カードローン審査は甘いのか?厳しいのか?

第三銀行カードローンの審査難易度は地方銀行のカードローンの中では平均的です。
最高金利である14.5%も高くもなく低くもない金利です。

また、融資額1,000万円に対して、最低金利が4.8%は決して低い金利ではありません。

このため、少額融資であれば審査難易度は平均的ですが、高額融資であれば収入がそれなりにある人であれば審査に通過できる可能性は比較的高いといえるでしょう。

アコムの詳細はコチラ >>

プロミスの詳細はコチラ >>

SMBCモビットの詳細はコチラ >>