アコムの返済シュミレーション!50万の返済額は月いくら?

サイトマップ
カードローン110番 > アコム審査落ちに共通する6つの特徴と審査に通りやすい条件や内容を徹底検証 > アコムの返済シミュレーション!50万の返済額は月いくら?

アコムの返済シミュレーション!50万の返済額は月いくら?

アコムで借り入れをした場合に、月々いくら返して行かなければならないのか?そのうち利息はどれくらいなのか?

返済回数は何回なのか?返済シュミレーションを紹介します。

また、返済はいつすればいいのかや、多めに返した方がいいのかにも言及し、他の消費者金融に借り換えをした方が得なのかも踏まえて具体的に解説します。

【目 次】
  1. 50万円借り入れした時の返済シミュレーション
  2. 借入1万〜100万円の月額・総額・返済年数
  3. 返済金額は変更できるの?
  4. アコムをお得に返済する方法

50万円借り入れした時の返済シミュレーション

アコムの公式サイトには、返済シュミレーションというページがあります。

ここでは借り入れ金額ごとに返済額や利息、返済回数が明示される上、返済総額や利息総額も閲覧することが可能です。

この記事では返済シュミレーションを使った例を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

返済回数から毎月の返済額をシュミレーション

では、具体的にシュミレーションをしてみましょう。まずは返済回数から返済金額を算出する方法です。この記事では借入額50万円の場合を例に算出いたします。

借入れ利率18%

返済回数 毎月の返済額
20回 29,122円
30回 20,819円
40回 16,713円
47回 14,901円

借入れ利率15%

返済回数 毎月の返済額
20回 28,410円
30回 20,089円
40回 15,960円
44回 14,842円

※毎月1回返済する返済回数の上限は、借入利率18%の場合は47回、15%の場合は44回という条件があります。

毎月の返済金額から返済回数をシュミレーション

毎月の返済金額から返済回数をシュミレーションするこもと可能です。月々返済可能な金額を決めると、何回の支払いが必要なのかが分かります。

借入れ利率18%

毎月の返済金額 返済回数
20,000円 32回
30,000円 20回
40,000円 14回

借入れ利率15%

毎月の返済金額 返済回数
20,000円 31回
30,000円 19回
40,000円 14回

アコムの詳細はコチラ >>

返済総額と利息総額のシミュレーション

アコムで借り入れをした場合、利息はいくら払って、いくらの返済総額を覚悟しなければならないのでしょうか?

元金50万円に対しての利息のバランスを見てみましょう。最大値として、返済回数上限の場合の利息総額と返済総額を紹介します。

返済総額をシュミレーション

借入れ利率 返済回数 返済総額
18% 47回 694,050円
15% 44回 647,882円

利息の総額をシュミレーション

借入れ利率 返済回数 利息総額
18% 47回 194,085円
15% 44回 147,908円

借入1万〜100万円の月額・総額・返済年数

月々の返済額は最低いくら必要?

1万円〜100万円借り入れた場合の、月々の最低返済金額は以下のとおりです。借入限度額が30万円以下か、30万円超かで最低金額が異なります。

借入金額 最低返済金額
契約額30万円以下 契約額30万超〜
100万円以下
1万円 1,000円 1,000円
5万円 3,000円 2,000円
10万円 5,000円 3,000円
20万円 9,000円 6,000円
30万円 13,000円 9,000円
50万円 15,000円
70万円 21,000円
100万円 30,000円

最低返済額の計算方法

  • 借入金額
  • 一定の割合(%)

上記2つの掛け算(借入金額×一定の割合)によって決まります。

「じゃあ一定の割合って何%なの?」ということですが、これは契約時の借入限度額によって以下のように決められています。

契約極度額(限度額) 一定の割合
30万円以下 4.2%
30万円超〜
100万円以下
3%

試しに計算してみます。

  • 契約限度額:20万円
  • 借入金額:10万円

という場合を想定すると、

10万円(借入金額)×4.2%(一定の割合)=4,200円となりますが、1つ注意点があります。

最低返済額は「千円単位(千円未満切り上げ)」と決められているので、「5,000円」が毎月の最低返済額となります。

最低返済額の確認方法

実際ご自身の最低返済額がいくらなのかは、

  • ATM
  • 会員ページ
  • 利用明細書
  • 電話(0120-134-567)

で確認することができます。

追加で借りたときに返済額はいくらになる?

返済途中で追加借入をした場合を想定します。この場合、「追加借入をした時点での借入合計額」をもとに最低返済額が決まります。

例えば以下のケースを考えてみます。

  • 借入限度額は30万円
  • 10万円を借入した
  • 5万円返済し、残高5万円となった
  • 追加で20万円を借入した(借入残高25万円)
借入金額 借入残高 最低返済額
10万円 10万円 5,000円(※1)
20万円 25万円 11,000円(※2)

(※1)10万円×4.2%=4,200円→千円未満切り上げて「5,000円」が最低返済額。
(※2)25万円×4.2%=10,500円→千円未満切り上げて「11,000円」が最低返済額。

ショッピングの方が返済金額が低い

アコムマスターカード(クレジットカード)は、カードローンと比べて最低返済額が低く設定されています。キャッシングと比べる以下のようになります。

利用金額 最低返済額
キャッシング枠 ショッピング枠
1万円 1,000円 1,000円
5万円 2,000円〜3,000円 2,000円
10万円 3,000円〜5,000円 3,000円
20万円 6,000円〜9,000円 6,000円
30万円 9,000円〜13,000円 9,000円
50万円 15,000円 15,000円
70万円 21,000円 21,000円
100万円 30,000円 30,000円

返済額は総額(利息含む)でいくらになる?

  • 10万円借りたら返済総額はいくらになる?
  • 50万円借りたら負担は全部でいくら?

そんな疑問をお持ちの方のために、1万円〜100万円を借りた場合のシミュレーション表を作りました。最低金額で返済したときの返済総額をまとめていますので、参考にしてください。

利用金額 返済総額
契約額30万円以下 契約額30万円超〜
100万円以下
1万円 10,912円 10,912円
5万円 57,960円 63,121円
10万円 119,772円 139,639円
20万円 245,093円 279,313円
30万円 370,993円 418,982円
50万円 698,327円
70万円 977,668円
100万円 1,301,674円

あと何年で返済が終わる?

アコムのホームページで「返済シミュレーション」を使えばわかります。やり方は以下のとおり。

1. 「返済回数(毎月一回)」のタブを選択
2. 借入残高を入力(万円単位)
3. 借入利率を入力
4. 毎月の返済額を入力(千円単位)

シミュレーション結果から何回(何ヶ月)で返済が完了するかわかります。

返済金額は変更できるの?

最低返済額さえ上回っていれば、返済金額は自由に増額することができます。

毎月返す額は自分で決められる

例えば、以下のケースを想定します。

借入金額 最低返済額
10万円 5,000円

最低返済額は5,000円となりますが、1万円でも、2万円でも自分の好きな金額を自由に支払って大丈夫です。

一括で返済することも可能

返済額を自由に増額していいとお伝えしましたが、一括で全額返済することも可能です。

特別な手続きは不要ですが、具体的な手順やお得な返済方法は「アコムを一括返済する方法」で解説しています。

端数(千円未満の小銭)まで完済する方法

端数の返済は、以下のいずれかの方法でないとできません。

  • 小銭を扱っている銀行ATM
  • アコムの店頭窓口
  • 銀行振込

アコムを解約する場合には、端数まで全て返済する(利用残高を0にする)必要があります。

解約方法の詳しい手順については「アコムの解約方法」をご覧ください。

毎月の返済額を減らす方法

「アコムへの返済が大きすぎて生活が辛い…」という場合、「少額借り入れる」ことで返済金額を下げられる可能性があります。

以下の表をご覧ください。これは「利用残高」と「最低返済額」の関係を示す表です。

最後に借りたときの
利用残高
利用残高に対する
最低返済額
10万円 5,000円
20万円 9,000円
30万円 13,000円

最初に30万円を借りた人は、完済するまで毎月最低13,000円返済する必要が有ります。ですが、次の方法でこの「13,000円」を引き下げることが可能です。

  • 利用残高が減ったタイミングで
  • 1,000円だけ借りる

例えば、返済を続けて残高が20万円になったときに「1,000円」だけ追加で借り入れるとします。

すると、最低返済額がリセットされて、9,000円に設定されます。注目すべきは、「最後に借り入れした時点の利用残高」によって最低返済額が決まるということです。

上記の方法を使えば月々の負担を減らすことが可能ですが、返済が長引く分、総額で支払う利息も増えることになります。

資金が許す限り、多めに返済していくことをおすすめします。

アコムをお得に返済する方法

アコムをお得に返済するには以下2つの方法があります。

  • 利息を節約する
  • 手数料を節約する

利息を節約する

利息を節約するために、以下の3つのことを意識しましょう。

  • 無利息キャンペーンを利用する
  • 一括返済する
  • 毎月プラスαを支払う

金利0円期間を活用する

アコムを初めて利用する場合、最大30日間金利0円でお金を借りることができます。注意点として、無利息サービスを受けるには以下3つに当てはまる必要があります。利用したいのであれば、必ず覚えておくようにしてください。

1. アコム初回契約であること
2. 返済期日を「35日ごと」に指定 すること
3. 期間は「契約日の翌日から30日間」

契約時「35日ごと」で返済したいことを伝え、契約後すぐお金を借りることで、お得にローンを利用することができます。

  • 「35日」ごとの返済ってなに?
  • 返済期日について詳しく知りたい

という場合は「アコム返済日まとめ!返済期限と延滞リスク」をご覧ください。

アコム以外の金利0円サービス

プロミスの詳細はコチラ >>

一括返済する

返済が長引くと、利息がバカにならないほど大きくなります。まずは一括で返済できないかを考えましょう。

特に、

  • 1週間だけ
  • 1ヶ月間だけ

キャッシングしたいという場合は、金利0円サービスと一括返済をあわせて使うのがおすすめです。

両者を併用することで利息を払うことなくお金を借りることができます。

プラスα支払う

月々返済していく場合にも、できるだけ大きく返済することを意識してください。

最低返済額に+αで支払った場合、支払負担の合計がどう変わるのか以下にまとめました(金利18%で50万円借りた場合)。

毎月の返済金額 返済総額(利息含む) いくら負担が減る?
最低返済額
(15,000円)
698,327円
最低返済額
+1,000円
679,738円 18,589円
最低返済額
+2,000円
664,430円 33,897円
最低返済額
+3,000円
651,629円 46,698円
最低返済額
+5,000円
631,374円 66,953円

 毎月1,000円を追加で返済するだけで、2万円近く利息負担を減らすことができます。5,000円を追加した場合は、7万円近い差が生まれます。

手数料を節約する

無駄な手数料を節約するために、以下の方法で返済することを推奨します。

  • インターネット返済
  • アコム店舗窓口
  • アコムATM

アコムの返済方法(支払可能な場所や手数料)について詳しく知りたい場合は「アコムのお得な返済方法や返済額の節約を徹底解説」をご覧ください。

返済はプロミスやSMBCモビットのほうがお得?

アコムで融資を受けて返済を続ける場合、そのまま何も疑問に思わずに返済し続けて良いのでしょうか?

もちろん、このままアコムで早めに完済するのも良いのでしょうけれど、ひょっとしたら他にもっとお得な方法があるかも知れませんよね?

実は、SMBCモビットやプロミスに借り換えしてしまうという方法もあります。

単純にアコムとプロミスやSMBCモビットを比較した場合、アコムの金利が3.0%~18.0%に対し、SMBCモビットが3.0%~18.0%、プロミスが4.5%~17.8%と両者ともアコムよりお得です。

複数の会社からの借入れをまとめる場合は、さらに金利が軽減される場合もありますので、一度SMBCモビットやプロミスもチェックしてみましょう。

SMBCモビットはおまとめ商品はありませんが、SMBCモビットで借りて他社の借り入れを返してしまえば、実質借り換えと同じことができます。

プロミスにはおまとめローンという商品があり、毎月の返済額や金利が軽減されたという体験談も多く、申込から審査までの方法もシンプルのため、たいへん人気の商品となっています。


プロミスの詳細はコチラ >>

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

アコムの詳細はコチラ >>