キャッシング比較で見えてくるアコムのメリット・デメリット

サイトマップ
カードローン110番 > アコムの申し込み前に必見!契約手続き前に理解しないとやばいですよ > キャッシング比較で見えてくるアコムのメリット・デメリット

キャッシング比較で見えてくるアコムのメリット・デメリット

カードローンを扱っている金融機関は、銀行から消費者金融まで幅広く、その種類は300以上に上ります。

多彩なローンの中でもトップクラスの人気を誇るアコムですが、なぜアコムは人気なのでしょうか?他のカードローンとの違いについて解説したいと思います。

アコムの特徴まとめ

  • 知名度No1
  • 30日間無利息サービス
  • 初めての人でも安心安全のカードローン
  • 審査スピードが30分で最短1時間融資が可能
  • 24時間365日申し込み可能
  • むじんくん(自動契約機)と店頭窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いもあり

アコムは利用者数、貸付残高ともに業界No1!圧倒的な知名度から多くの人から選ばれているカードローンです。

アコムの特徴は、豊富な審査ノウハウから、審査時間がたったの30分で最短1時間で借入が可能です。

【目 次】
  1. アコムカードローンの申し込みから融資借入までの流れ
  2. アコムカードローンの申し込み方法
  3. アコムカードローンの即日融資を希望するなら

アコムカードローンの申し込みから融資借入までの流れ

アコムの申し込み条件は、アコム公式サイトにも記載されていますが、「20歳から69歳までの安定収入のある人」が対象です。

安定収入さえあれば、パート、アルバイト、派遣社員、契約社員など雇用形態は一切関係なく借入可能です。

ただし、収入の無い専業主婦や無職は借入できませんので、注意が必要です。(収入の無い人は、申し込みしても確実にアコムの審査に落ちます。

アコムを含む大手消費者金融では、申込者の返済能力を判断するため、審査を行います。申し込みから借入までの流れは以下の通りです。

1.申し込み
2.審査
3.契約
4.借入

なお、アコムカードローンを申し込む際は、運転免許証、健康保険証、パスポートなどの本人確認ができる書類が必要です。詳しくは「アコムの審査に必要な物はこれ!」をご確認ください。

本申し込み前にネット簡単3秒診断してみる

アコムではインターネット限定で借入可能か?を事前に予測できる便利な3秒診断サービスがあります。

3秒診断はアコムへの本申し込み前に借入可能かを診断してくれる非常に便利なサービスです。

年齢、税込み年収、他社カードローンの借入状況の3つを入力するだけで、借入可能か?を3秒で診断してくれます。

アコムの詳細はコチラ >>

診断の結果、「お借入できる可能性が高いです。」と出れば迷わず本申し込みしましょう。

3秒診断=本申し込みと同様の結果が出るとは限りませんが一つの判断材料にはなりますので、ぜひ本申し込みを行うようにしてください。

なお、アコムの審査基準については、「アコム審査落ちに共通する6つの特徴と審査に通りやすい条件や内容を徹底検証」で詳細に解説しています。

契約時に必要な本人確認書類とは

アコムでは、審査通過後の契約時に本人確認書類の提出が必要となります。

ネット申し込みを行った人は、アコムからのメールに記載されているURLに本人確認書類を撮影してアップロードするだけでOKです。

アコムのカードローンを契約する際に必要な書類は以下のいづれかとなります。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバー

なお、顔写真が無い書類、あるいは書類記載の住所と現在の住所が異なる場合は、以下のいずれかの書類を用意してください。

  • 住民票
  • 公共料金の「領収書」(電気、ガス、水道、固定電話、NHKのいず
    れか1つ)※携帯電話の領収書は不可
  • 納税証明書

また外国人がアコムカードローンを申し込む際は、上記に書類に加えて「在留カード」もしくは「特別永住者証明書」が必要になります。

また、アコムのカードローンでは、収入証明書の提出が必要になる場合もあります。

  • アコムの希望利用限度額が50万円を超える
  • アコムと他社借入を含めた総額が100万円を超える

収入証明書として有効なものは以下の書類です。

  • 給与証明書(直近1ヶ月分)
  • 源泉徴収票
  • 市民税、県民税課税証明書
  • 所得証明書
  • 確定申告書

アルバイトや会社員などの給与所得者は給与明細書や源泉徴収票、自営や個人事業主は、所得証明書や確定申告書が一般的です。

アコムカードローンの申し込み方法

アコムカードローンには5つの申し込み方法があります。

  • インターネット
  • 電話
  • 店頭窓口
  • むじんくん(自動契約機)
  • 郵送

実際にそれぞれの特徴を見ていきましょう。

アコムへのインターネット申し込みは年中無休で24時間365日申し込み可能

私的には、インターネットの申し込みが最もお勧めです。

なぜなら、アコムの店頭窓口やむじんくん(無人契約機)に行く必要もなく、年中無休で24時間365日申し込み可能だからです。

また、パソコンやスマートフォンからでも申し込み可能ですから、日本全国どこからでも申し込みできます。

ネット申し込み後は、アコムの審査担当者が申告内容をチェック、記載漏れや申し込み内容に疑義がないか?を調査します。

アコムへの電話申し込みは必要以上に時間がかかる

アコムカードローンの申し込みは電話でも可能です。インタネット同様24時間365日受付ているものの、申し込み内容を全て口頭で伝える必要があるため、インターネットと比べると申し込み時間がかかります。

ネットが不慣れな人は、電話申し込みもアリだと思いますが、今日中にお金が必要な人は、インターネット申し込みをお勧めします。

アコムへの店頭窓口での申し込みから借入まで全てを完結できる

アコムの店頭窓口では、申し込み、審査、本人確認書類の提出、契約手続き、ローンカードの発行、借入まで全て完結できます。

また、窓口担当者と直接話をしながら手続きを進めることができますので、借入に伴う不明点や返済に関する相談などを行いながら進めることができます。

しかし、アコムの店頭窓口は全国に22箇所しかなく、多くの店舗が大都市に集中しています。そのため、店頭窓口が近くに無い、そんな人も多いと思います。

また、営業時間も平日9:30~18:00と短いため仕事帰りや土日に利用できないというデメリットがあります。

むじんくん(自動契約機)は年中無休で8:00~22:00まで営業

近くにアコムの店頭窓口がない人でも、むじんくん(自動契約機)なら全国に約1,100箇所あります。

また、むじんくんコーナーには、アコムのATMが24時間営業しています。

むじんくん(自動契約機)は、その名の通り無人店舗のため、店頭窓口にいる担当者と会話をしながら手続きを進めることができませんが、店頭窓口同様、併設されている電話にてオペレーターと話ながら申し込みが可能です。

もちろん、むじんくん(自動契約機)でも店頭窓口同様、申し込み、審査、本人確認書類の提出、契約手続き、ローンカードの発行、借入まで全て完結できます。

しかし、むじんくん(自動契約機)にもデメリットがあります。それは、審査時間で待たさせることです。アコムの審査時間は最短30分ですので、消費者金融の中では最速と言っても過言ではありません。

しかし、むじんくん(自動契約機)内で30分待てる人は、まず「いない」と思います。

インターネット申し込み後の自動契約機で手続きするのが最もスムーズ

最速でしかもスムーズに借入を行うならインターネットから申し込みを行い審査結果が出てから、むじんくん(自動契約機)へ運転免許証などの本人確認書類を持参して、契約手続きを行ってから、ローンカードを発行してもらうのが最もスムーズです。

この場合、むじんくん(自動契約機)で申し込みするよりも、既に審査が完了しているため、むじんくん(自動契約機)内では契約手続きのみを行えますので、審査時間分を短縮することができます。

むじんくんを利用して当日借入をする方法については「アコムのむじんくん店舗(無人契約機)での即日借り方まとめ」で詳しく解説しています。

アコムの詳細はコチラ >>

最短で借入したいなら郵送での申し込みはお勧めしません。

実は、郵送での申し込み一番手間がかかります。郵送希望の場合は、まずアコムのフリーコールへ電話して、「郵送希望である」ことを伝えて、申し込み用紙を送付してもらいます。到着後、必要事項を記入の上、アコムへ郵送する必要があります。

まず、アコムへフリーコールの電話をするのであれば、電話で申し込むことができますし、インターネットに接続できる環境にあれば、インターネットからの申し込みが手間と時間が最もかかりません。

従って、郵送での申し込みメリットは、他と比べても「全く無い」と言っても過言ではありません。

以上、アコムの申し込み方法は5つありますが、それぞれ一長一短があるため、以下にわかりやすくまとめました。自分にぴったりの申し込み方法を選択してみてください。

アコムカードローンの申し込み方法まとめ

申し込み方法 メリット デメリット
インターネット 24時間365日申し込み可能。 特に無し(急ぎでローンカードが欲しい人には最適)。
電話 24時間365日申し込み可能。疑問的などの気になる点を相談することができる。 申し込み内容を口頭で全て伝える必要があるため、手続きに時間がかかる。
店頭窓口 24時間365日申し込み可能。疑問的などの気になる点を相談することができる。また申し込み、審査、ローンカードの発行、借入までを1度に実施できる。 全国に22店舗しかない。営業時間が平日の9:30~18:00と短い。
むじんくん
(自動契約機)
営業時間が土日祝日を含めて8:00~22:00と長く、備え付けの電話によって担当者と相談しながら手続きを進めることができる。 審査時間中は、むじんくん(自動契約機)内で待たされる可能性大。
郵送 無し。 デメリットしかない。

アコムカードローンの即日融資を希望するなら

アコムでは申し込み方法に関係なく、申し込みが入ると審査が行われ最短30分で結果が出ます。

その後、利用限度額や金利については、審査通過後に決定されることになります。あとは、本人確認書類を提出して手続きを完了させます。

本人確認書類は、インターネットあるいはアコムのアプリ「アコムナビ」から本人確認書類をスマホで撮影してアップロードが大変便利です。

詳しくは「アコムの公式アプリ「アコムナビ」の使い方」で解説しています。

審査通過後に当日中ローンカードを受け取りたい人は、店頭窓口orむじんくん(無人契約機)へ本人確認書類を持参して店頭窓口の担当者に手渡すorむじんくん(無人契約機)なら備え付けのスキャナーへスキャンすればOKです。

ローンカードさえ発行されれば、ATMでキャッシングすることが可能になります。なお、口座への振込融資を希望するならネットあるいは電話によって振込依頼を行う必要あります。

アコムでの即日借入を希望する際の注意点

アコムでは、前述の通りローンカードを利用してATMからキャッシングまたは銀行口座へ振込の2種類があります。

それではアコムでの即日借入を受けるための注意点について解説します。

当日振込を希望なら平日の14:00までには契約手続きを完了させる

アコムからの銀行口座への振込融資を希望するなら、平日14:00までに契約手続きを完了させないと、申し込み日即日の融資が実施されません。

土日祝日の申し込みは、銀行が営業している翌営業日扱いとなります。

  • 楽天銀行を振込先に指定している
  • 三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行を初回契約で利用する

楽天銀行を振込先に指定したば場合は、ほぼ24時間365日(0:10~23:10)の振込融資が可能です。

融資の反応もネットバンクならではで1分で反映されます。さらに土日祝日も融資可能ですので、振込融資を希望するなら楽天銀行がおすすめです。

またアコムでの初回契約の場合では、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行のいづれかですと、平日18:00までに契約手続きが終了していれば、当日中に振込融資が可能です。

鉄板はATM!ATMなら24時間365日振込融資が可能

ATMならメンテナンスを除けば24時間36日稼働していますので、むじんくん(自動契約機)や店頭窓口でローンカードさえ受け取れば土日祝日や夜間に関係なく当日借入が可能です。

 

アコムの詳細はコチラ >>

総量規制の範囲内

ただし、アコムを含む貸金業者は、総量規制の対象になります。

総量規制とは、個人への過剰貸付を禁止するための規制であり、カードローンなどの無担保貸付では、個人の年収の3分の1までしか貸付できません。

すべての無担保貸付の合計ですので、年収100万ですでに他社で34万円借入があるという場合には、貸付不可となります。

アコムの最大借入可能額は800万円ですが、総量規制の範囲内でしか限度額は設定されません。本人の収入のない専業主婦や学生などは、年収の3分の1も0円ですので貸付不可となります。

専業主婦には、配偶者の年収で審査を受けられる配偶者貸付という制度がありますが、アコムでは対応していません。

もしも年収の3分の1以上お金を借りたいという場合は、総量規制対象外の銀行カードローンに申し込む必要があります。

ただし、クレジットカードのショッピングであれば、分割払いでもリボ払いでも総量規制の対象外となります。

消費者金融系クレジットカードを発行している

アコムは、国際ブランド付きクレジットカードを発行している日本で唯一の消費者金融です。

ACマスターカード」は、上限800万円の中でキャッシングとショッピングを自由に組み立てられるカードであり、一枚でクレジットカードとローンカードの二役になります。

リボ払い専用カードですので、店頭で一括払いとして処理しても、自動的にリボ払いになります(返済額の設定により一括払いも可能です)。

金利(手数料)は、年10.0%~14.6%ですので、通常のキャッシング(アコムカード)よりも、低金利で借りられます。

ACマスターカードは、クレジットカードの中でも評判がいいカードで、ブラック明けで信用取引の利用実績を積みたいという方にも人気があります。

そんなACマスターカードよりも、さらに親切丁寧に対応してもらえるのがアコム(アコムカード)です。徹底的に利用者目線に立って貸付してくれる金融機関ですので、「属性が低くてお金を借りられるか不安」という方におすすめです。

アコムの金利は高い?

カードローンの金利を比較してみると、アコム3.0%~18.0%、プロミス4.5%~17.8%、SMBCモビット3.0%~18.0%、レイク4.5%~18.0%(新生銀行)、ノーローン4.9%~18.0%となっており、上限金利はほぼ横並びとなります。限度額が違いますので下限金利に差がありますが、300万円も500万円も借りる方は少ないでしょう。

少なくとも100万円未満であれば年18%前後であり、ほとんど利息に差が出ません。

銀行カードローンですと、上限金利が年14%台になることもあります。高額借入であれば1%でも金利の低い金融機関を選ぶべきですが、5万円や10万円などの小額借入であれば、14%でも18%でもそれほど利息は変わりません。

たとえば、10万円を14%で借りた場合、1日の利息は38円(30日間1,150円)ですが、18%で借りた場合、1日の利息は49円(30日間1,479円)です。

返済期間が長引く場合は別ですが、短期返済であれば、金利よりも返済の利便性などを比較した方がよいでしょう。

カードローンは1日単位で返済可能ですので、近くに提携ATMがあるなど、返済のしやすさを確認することも大切です。

アコムの返済期日は月1回あるいは35日毎であり、10万円借りた場合の最低返済額は3,000円です。

アコムは金利引き下げ可能

あえてアコムの金利のメリットをあげるとすれば、金利引き下げ交渉により、金利が下がる可能性があることです。

アコムの金利は、審査によって決まります。限度額100万円未満であれば、4.7%~18.0%、100万円~500万円であれば4.7%~15.0%の範囲で決まります。

限度額に対していくらというように具体的に決まっていないので比較しにくい部分がありますが、裏を返せば金利引き下げにも柔軟に対応してくれるということです。

基本的に契約当初は上限金利が適用されますが、遅延を起こさずに返済を続けている場合、信用が上がって金利引き下げに応じてくれる場合があります。

金利を下げるためには、「これからも定期的に利用してくれる(しかも遅延を起こさない)優良顧客」であると思われなくてはなりませんので、まっ.たく利用実績のない方、年収が低くて限度額が10万円や20万円以上増えないという方ですと、少々難しいでしょう(総量規制により、年収の3分の1までしか限度額を設定できません)。

30日間金利0円サービスがある

金利の面ではそれほど魅力的とはいえないアコムですが、「30日間無利息」という強みがあります。

これは、契約日の翌日から30日間、借入額に関わらず金利0円で借りられるサービスであり、大変お得です。

たとえば、50万円を年18.0%借りた場合、月に約8,000円の利息がかかります。無利息期間であれば、この8,000円が丸々0円になります。

アコム以外で無利息期間を扱っているのは、プロミス、レイク、ノーローンだけです。

プロミスでは、初回借入の翌日から30日間(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)、レイクでは契約日の翌月から30日間または180日間(180日間は5万円まで)、ノーローンでは初回借入から1週間、さらに完済日の翌月の1週間まで無利息という内容であり、それぞれ契約内容が異なります。

契約後すぐにキャッシングする方であれば、契約日の翌日から無利息期間が自動的にスタートするアコム、レイクでよいですが、とりあえず契約しただけで借入はまだ先という方は、プロミスの方が確実です。

5万円以内の借入であればレイクで180日間無利息を選択した方が、余裕をもって返済できますし、給料日の前にお金がなくなってしまうという方には、無利息期間は1週間と少ないものの、何度でも利用できるノーローンがおすすめです。

裏技としては、アコムで30日間無利息を利用した後に、無利息期間の終了日にレイクで借りて完済し、今度はレイクの30日間無利息を利用するというように、各社と契約して無利息期間を乗り換えていくことです。

そうすれば30日間に留まらず60日、90日と金利0円で借りられるかもしれません。

ただし、契約先が増えるとそれだけ申込審査で不利になりますし、最初の金融機関で総量規制いっぱいまで限度額を付けられてしまうと、それ以上他の消費者金融で借入できなくなりますので、必ずしも上手くいくとは限りません。

女性専用の受付窓口がある

消費者金融を利用したいけど、なんとなく店舗に入りにくいと感じている女性も多いでしょう。

契約に関して相談したいことがあっても、男性スタッフですと萎縮してしまう方もおります。

そんな方におすすめなのが、アコムの「女性専用ダイヤル」(0120-39-9197)です。

女性専用ダイヤルでは、女性スタッフが丁寧に対応していますので、女性でも安心して申し込めます。

ただし、夜間や混雑時など、人手不足でやむをえない場合には、男性スタッフが対応することもあります。

街金など小規模の消費者金融ですと、荒々しい担当者が出てくる場合もありますが、アコムは東証一部上場企業であり、顧客への接客対応も行き届いていますので、あまり心配する必要はありません。

アコムは24時間借入・返済可能

銀行カードローンの場合、インターネットバンキングを利用してリアルタイムに取引できますが、消費者金融ではそのようなシステムがありませんので、提携ATMで借入し、自動引き落としで返済するというケースが多いです。

しかし消費者金融の場合、提携ATMでは利用手数料がかかってしまいます。コンビニATMなどを使用できるのは便利ですが、手数料がかかるとなると、頻繁に利用しにくくなります。

アコムの場合、1万円以下の取引で108円、1万円超の取引で216円のATM手数料がかかってしまいます。

しかし、楽天銀行に口座があれば、アコムの取引はネットバンキングと同じように「24時間リアルタイム」かつ「手数料無料」で取引できるようになります。

アコムでは自分の好きな銀行・信用金庫の口座に振込入金できるサービスがありますが、楽天銀行口座を指定した場合、土日祝日に関わらず最短1分で入金できるようになります。

返済方法でも、各金融機関のネットバンキングを利用すれば、アコムの返済口座に振込返済することができます。

銀行カードローンなどですと、自社の銀行口座を返済口座に指定することでネットバンキングを利用できるようになりますが、アコムは違います。

アコムの場合、「Pay-easy(ペイジー)」という金融機関と収納期間を結ぶ共同サービスによって、各金融機関からネットで振込返済することができます。

ただし、すべての金融機関ではなくアコムの返済に対応している金融機関のみ利用でき、一部ではパソコンのみの対応となります。

楽天銀行では、パソコンだけじゃなく携帯などのモバイル取引にも対応しています。

また、各支店(自動契約機含む)に併設されているアコムATMを利用することも可能です。

たとえば、アコムの無人契約機「むじんくん」は全国に1,000台以上設置されており、一緒にATMも併設されています。

アコムATMは手数料無料で、24時間利用できます。自由に取引できるATMが近くにあると、断然利便性が高まります。

まとめ

アコムの最大の特徴は、審査に通りやすいということです。ですので、非正社員、アルバイト、自営業の方など、一般的に「属性が低い」といわれる収入の不安定の方に、アコムはおすすめです。

アコムはカードローンで珍しく、事業性資金を禁止していませんので、自営業の方が事業目的に使用してもOKです。

また、無利息サービスを利用したい方、スピード融資を希望する方にも向いています。

アコムは東証一部上場企業であり、三菱東京UFJ銀行と同じMUFGクループの一員です。信頼できる消費者金融で借りられるというメリットもあります。

アコムのデメリットとしては、金利が高い、総量規制の対象である、優良企業とはいえ消費者金融であることなどが上げられます。それらのデメリットを解消するには、銀行カードローンを利用するとよいでしょう。


アコムの詳細はコチラ >>