カードローン110番 > アコムの申し込み前に必見!契約手続き前に理解しないとやばいですよ > 消費者金融会社の比較研究、アコム、レイク、SMBCモビット、アイフル

消費者金融会社の比較研究、アコム、レイク、SMBCモビット、アイフル

新生銀行レイクは4月以降は新規の申込を停止しています。
※3月16日現在の最新情報です。

消費者金融会社とは

消費者金融会社は、個人の方に融資を行う会社です。すなわち、無担保無保証人で個人に対して融資を行っています。

現代では、融資枠(利用可能額)を設定したローンカードを発行し、そのカードによってATMから融資、返済ともにできる形で融資事業を行なうのです。

ただ、融資、返済はカードに限らず、銀行振込みや返済の場合には現金書留などによる送金も可能です。

多様な形での融資、返済は、クレジットカード会社とはシステムの柔軟性に差があると言えます。ただ、銀行のように預金業務はなく、あくまでも融資のみを事業として行う会社です。

この消費者金融会社にはさらにいろいろな形態があり、アコム、アイフル、レイク、SMBCモビットの比較によってそれらをご説明します。

消費者金融会社にはどのような形態があるの?

消費者金融会社には、資本形態や規模によって差が生まれています。資本形態としては、銀行、特にメガバンクなどの関与によって差が出ています。

銀行が資本による支配をしている場合には、

  • 銀行の100%子会社として設立された消費者金融会社
  • 銀行の100%子会社ではあるが、買収によって子会社になっている消費者金融会社
  • 銀行の支配下には入っているが、持ち分制度によって傘下に入っている消費者金融会社

に分かれるのです。

そして、銀行の支配下にない消費者金融会社を独立系と言っています。これらを代表的なアコム、アイフル、レイク、SMBCモビットの例によって見てみます。

独立系の消費者金融会社アイフル

アイフルには主力取引先である三井住友信託銀行などが株式を持っていますが、支配下に入るほどは所有しておらず、独立系と言われています。

ただ、役員の中には主力銀行から派遣されている人がおり、昔に比べますと、自由度は少し低下しています。

一時は、信販会社のライフ(現ライフカード)を傘下に治め、貸付残高規模は消費者金融業界1位に躍り出ましたが、貸金業法の改正の中で、残高を縮小せざるを得なくなり、現在は業界3位としてどうにか大手の一角を維持している状況です。

ライフ買収後、銀行事業への進出を試みましたが、それが逆に銀行業界から警戒され、貸金業法改正の中で大きな支援を受けられなかったことが残高を一番減らさざるを得なくなった原因となりました。

貸金業法改正の中で、銀行の支配下に入っておらず、一番ダメージが大きかったと言えます。

ただ、逆に銀行の支配下に入らなかっただけに、現在の大手、準大手消費者金融会社としては一番経営の自由度が高いと言えます。

銀行傘下の消費者金融会社アコム

銀行傘下に入り、経営の支配権を奪われているのが、アコムです。

三菱東京UFJ銀行の傘下に入っており、株式保有割合は三菱UFJ信託銀行と合わせて38.85%程度ですが、創業者一族の持ち分が37.24%とそれを上回って筆頭株主になっており、実質的な支配権を握っています。

100%子会社ではなく、完全に支配している訳でもありませんが、創業者一族との共同経営の形にあり、三菱東京UFJ銀行の連結子会社となっています。

宣伝の際にも三菱東京UFJ銀行グループと謳うことにより会社としての信頼性を高めているのです。

銀行子会社となった消費者金融会社レイク

レイクはもともと大手の一角でしたが、創業者がGEキャピタルに株式を売却し、規模を縮小して準大手の一角になっていました。

その後さらに株式は新生銀行(旧日本長期信用銀行)に売却されて、新生銀行グループが100%出資の消費者金融会社となっています。

屋号のレイクは残っていますが、会社名は新生フィナンシャルとなっており、営業上の名称のみがレイクとなっています。
新生フィナンシャルの傘下には、消費者金融会社のシンキ、信販会社のアプラスも含まれています。

創業者一族の手を離れてから時間が長く、特に新生フィナンシャルとなってからは、新生銀行による支配力が強まり、経営の自由度はかなり低下しています。

そのため、貸付残高も伸びていません。

なお、プロミスも現在は三井住友銀行グループの100%子会社となり、レイクと同様の資本関係にありますが、まだ4年ほどしか期間が経っていないため、銀行の影響力はまだそれほど大きくないと言えます。

銀行子会社として設立された消費者金融会社SMBCモビット

SMBCモビットは、2000年に三和銀行の子会社としてスタートした消費者金融会社でした。

その際にはプロミスとアプラス(後に撤退)も資本参加しており、審査システムであるスコアリングシステムなどはプロミスのものを使用していました。

その後、三和銀行が三菱東京UFJ銀行に吸収されたことから三菱東京UFJ銀行グループに入りましたが、残高がそれほど伸びない中で経営不振に陥り、消費者金融事業と保証業務に会社分割されています。

その際、プロミスが三井住友銀行グループの100%子会社になったことから、消費者金融事業会社は三井住友銀行が株式を引き継ぎ、プロミスの子会社として再出発しているのです。

従って、現在も基本的には三井住友銀行グループの100%子会社としての消費者金融会社になっています。(表面上はプロミスの100%子会社)

もともとが、銀行主導による消費者金融会社で貸付金利も貸金業法改正前から15-18%と低い金利での融資をしており、銀行色の強い消費者金融会社です。

その傾向は現在まで続いています。

形態の違いによる差の影響?

これまで見てきたように、同じ消費者金融会社においては銀行との資本関係と生い立ちによってかなり差があります。

銀行は開業以来、担保主義による貸付を行ってきており、個人に対する融資に関しては無担保ではほとんどノウハウを有しておらず、非常に保守的な審査に固執する面があります。

その意味で、銀行の関与度が高いほど、本来の消費者金融会社としての自由な発想による融資形態が失われる傾向があるのです。

その意味で、消費者金融会社であればあるほど、顧客層の信頼度は高くなりますが、審査そのものは慎重になり、現在の貸金業法の総量規制の中では貸付残高は伸ばしにくいと言えます。

逆に銀行本体の方が、貸金業法や総量規制を受けないだけに、審査は慎重であるものの、利用限度枠を大きくとれるため、残高は伸びる傾向が出ているのです。

大手消費者金融会社と中堅会社の違い

貸金業法の改正以降、消費者金融業界では準大手、中堅業者は過払金返還と貸付金利の低下による利息収入の減少で経営は苦しくなり、廃業するところがかなりの数に登りました。

そのため、現在中堅消費者金融会社以下では残っているところは少なくなっていますが、残っている業者は新生フィナンシャルに買収されたシンキを除けば、独立系がほとんどです。

そのため、大手、準大手のように銀行傘下や100%子会社となった会社と違い、経営そのものの自由度は高く、生き残ったところほど、貸付の審査は緩く、借り易いと言えます。

但し、現在でも経営そのものが安定しているとは言えず、いつ倒産するかわからないというリスクがあります。

倒産した場合、債権が売却され、利用者の借入金は闇金に流れる可能性もありますので、その場合には、厳しい暴力的な取り立てに合う可能性もあります。

安心感を取るか、借り易さをとるかの選択となります。

大手のアイフルは独立系ですが、会社規模が大きくなっているため、簡単に倒産をさせるわけにいかない状況にあり、倒産の可能性は極めて低く、大手の安心感と借り易さの両面を持っていると言えます。

アコム、レイク、SMBCモビット、アイフルの比較

これまで見てきました、アコム、レイク、SMBCモビット。アイフルについて、さまざまな面から比較をしてみました。

残高の一番大きい会社はアコム

アコム、レイク、SMBCモビット、アイフルの最近(2017年3月期)の残高は次のようになっており、アコムが一番貸付残高は大きくなっています。

会社 貸付残高
アコム 7,775億円
レイク 2,448億円
SMBCモビット 2,320億円
アイフル 3,464億円

SMBCモビット以外は、過払金返還の影響があり、これまで貸付残高の成長率は高くありませんでした。

しかし、貸金業法の改正から11年を経過し、過払金は時効該当分もが増えてくることから、今後大きく減ってくる可能性が大きく、SMBCモビット以外は貸付残高の成長には拍車がかかる可能性があります。

特に独立系のアイフルの場合は、過払金の影響による残高伸びへの影響が最も大きかったため、その反動から貸付残高の成長はさらに大きくなる可能性があります。

業界No1だから安心!

アコムの詳細はコチラ >>

返済で督促行為が一番ひどいのは

消費者金融会社は、バックに銀行があるため、社会的に非難される行為は制限されるため、返済の督促行為で非難を浴びるような動きはできません。

また、大手消費者金融会社の場合には、金融庁(財務局)の検査が少なくとも2年に一回は入るため、返済の督促行為については特に念入りに調べられるため、適法な督促行為を外れることはありません。

従って、アコム、レイク、SMBCモビット、アイフルともにひどい督促行為が行われる可能性はないのです。

ただ、警戒すべきは、独立系の中堅消費者金融会社の場合で、都道府県の検査になり、甘くなっているため、返済の督促行為もひどい場合はあり得ます。

完済手続きの簡単でコストのかからないのは?

アコム、レイク、SMBCモビット、アイフルともに完済手続き(一括返済や最終返済)については、差があります。一番メインとなるATMによる完済手続きについては、提携ATMと自社ATMの台数によって差が出てきます。

すなわち、自社ATMであれば、無料でしかも小銭対応が効きますので、簡単でコスト的には一切かかりません。

この点では、大手消費者金融会社のアコム、アイフルは1000台前後のATMがあり、コスト的に掛からない方法で返済が可能です。

レイクは提携ATM手数料が無料なので便利で完済コスト0円

レイクは自社ATMが760台ですが、提携ATMの利用手数料を無料にしています。

しかも、2016年から小銭対応のあるゆうちょ銀行のATM(2.8万台)が使えるため、完済においてはかなりコスト的に有利に働きます。

また、SMBCモビットの場合は、自社ATMはなく、提携ATMで返済する必要があり、利用手数料、1万円まで108円、1万円以上216円がかかってしまうのでコスト的に高いです。

コンビニの提携ATMはどこもありますが、小銭対応ができず、完済の場合には必ず1千円未満の端数が出るため、使えません。

その点で、ゆうちょ銀行などの銀行との提携が多いSMBCモビットは手数料がかかりますが、小銭対応の提携ATM台数は多く、完済の利便性はあると言えます。

また、銀行振込みによる完済の場合には、基本的にはどこも送金手数料はかかりますが、アコムの場合には、インターネットバンキングを利用できる口座があれば、無料で送金できますので、コスト的には有利です。

過払い請求しても貸してくれるのは?

現在では、過払金請求した方に対して審査が不利になることは大手消費者金融会社や中堅消費者金融会社ではありません。

基本的に、金融庁から過払金返還をした方に対して審査で差別をすることは禁じられており、検査でも調べられるため、アコム、レイク、SMBCモビット、アイフルともに借りられます。

但し、中堅以下の消費者金融会社の場合は断られる場合もあります。

審査の通り易いのはアイフル

成約率を見ますと、アコム(48%)の方がアイフル(47%)より1%程度高いです。集客された顧客層では銀行傘下のアコムは信用度の高い利用者のウエートが高いと言えます。

しかし、それでも成約率がほぼ変わらないということはアイフルの審査の方が通り易くなっていると言えます。

また、同じ消費者金融会社でも、もともと独立系であったレイクの方がSMBCモビットよりは審査は通り易いと言えるでしょう。

レイクの成約率は36%程度ですが、SMBCモビットは20%代の可能性があります。

アイフルの詳細はコチラ >>

返済コストはSMBCモビットが高い

返済金額については、アコム、レイク、SMBCモビット、アイフルともに非常に自由度の高い返済方式になっており、分割返済のリボルビング方式に差があるとしても、実質的な差はないと言えます。

どこも自由な返済が可能です。

但し、SMBCモビットの場合は、自社ATMがなく、すべて利用手数料がかかる提携ATMになりますので、返済のためのコストが高くなります。

使えるATM台数の多いのはSMBCモビット

アコム、レイク、SMBCモビット、アイフルで、もっとも使えるATM台数の多いのはSMBCモビットです。

会社 使えるATM台数概算
アコム  6万台(うち、自社ATM1100台)
レイク 8万台(うち、自社ATM760台)
SMBCモビット 13万台(うち、自社ATM0台)
アイフル 8.5万台(うち、自社ATM900台)

レイクは、提携ATMの利用手数料が無料であり、提携台数も多く、返済などには使い易いと言えるでしょう。

逆にSMBCモビットは、提携ATMは圧倒的に多いですが、すべて利用手数料が必要であり、毎月返済をすることを考えますと、高いコストになります。

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

金利の安いのは?

貸金業法の改正以降は、各社の上限金利は18%となっており、初めて利用の際にはほとんどがこの18%に近い金利になっています。

従って、初めて利用した場合の金利はどこも差は少ないと言えます。

但し、信用度の高い顧客層のウエートは、

SMBCモビット>アコム>レイク>アイフル

の順になっていると考えられ、平均的な貸付金利についてもこの順になっていると推測できます。

レイクは消費者金融会社ですが、独立系の時代のイメージがあり、成約率も低いことからみて顧客層的にはアコムよりも低いと考えられ、金利的にも高くなっていると考えられるのです。

また、アイフルの場合は、新規に来られた方に対して成約率を高める代わりに融資額を低く抑えるシステムとなっており、実質的にレイクとの差はそれほどないと考えられます。

但し、同じ方が4社に行った場合には、どこも提示される貸付金利は差がない(18%近いところ)と言えるでしょう。

手数料がかかるのはSMBCモビット

各社のATM利用手数料で一番安いのはレイクで、利用手数料は無料です。

逆にSMBCモビットの場合は、自社ATMがなく、すべての借入、返済において利用手数料がかかるため、同一金利の場合には、コスト的には一番高くつきます。

アイフル、アコムの場合は、提携ATMには利用手数料がかかります。

しかし、急ぎの場合の借入は提携ATMを使いますが、時間的余裕のある返済はそれぞれの直営のATMで返済できますので、実質的なコストにはレイクとそれほど差はないと言えます。

無利息期間の長いのはレイク

アコム、レイク、SMBCモビット、アイフルともに初めての利用の場合には、30日間の無利息期間がついています。

ただ、レイクの場合は、30日間利息無料期間を含みますが、5万円までは180日間の利息無料期間があります。これは、フルに借りますと、150日間の5万円の利息差は3,698円になり、その分他社よりも有利になります。

ただ、借りずに済んだ場合には差はありません。

自動契約機がないのはSMBCモビット

自動契約機は、アコム、レイク、アイフルは1000台前後のブースを設置していますが、SMBCモビットは自動受付機であり、契約を結んでカードを発行することはできません。

SMBCモビットの場合は、借入の申込書を出した段階でお金を引き出せないローンカードを発行し、後で審査の結果OKになった場合にのみそのカードが使えるようになります。

アコム、レイク、アイフルの場合は、30分から1時間待てば、その場で使えるローンカードが出てきますので、申込む側としては便利と言えます。

また、SMBCモビットの成約率が20%台ということは、4人に3人はローンカードをもらっても使えないままとなりますので、サービスとしては逆効果と言えるでしょう。

また、自動契約機での契約比率の高いのはアコムであり、約80%が「むじんくん」店舗での契約になっています。アイフルは61%であり、ネットでの契約比率が高いと言えます。

レイクの場合は、データがありません。

過払金返還の少ないのはSMBCモビット

過払金返還については、SMBCモビットは最初から18%以内での融資をしているため、過払金の返還はありません。

アコム、レイク、アイフルはスタートが昭和40年代からになりますので、過払金返還額は高水準が続いてきましたが、ここ2~3年は、時効が近づいているため、少なくなっています。

ただ、過払金請求された方も融資申込みはできるため、その多い少ないは借りる側にとってはあまり関係ありません。

利用限度額が高いのはSMBCモビット

利用限度額はデータがありませんが、各社の最近の平均利用額(平均借入残高)ベースで見ますと、

会社名 平均利用額
アコム 54.3万円
レイク 44.5万円
SMBCモビット 59.5万円
アイフル 39.4万円

となっています。

アイフルの場合は、新規の際の利用限度額は低くして成約率を高くする手法をとっており、増枠の際に挙げていくシステムが徹底しているため、平均利用額は昔から一番低くなっているのです。

逆にSMBCモビットの場合は、成約率が低いだけに、利用限度額を高くせざるを得なくなっており、平均利用額も高くなっていると考えられます

最低引き出し額の低いのはアコム

ATMにおいてお金を引き出せる金額として一番低いのはアコムになります。

すなわち、レイク、SMBCモビット、アイフルは1万円単位での引き出しになりますが、アコムの場合には千円単位での引き出しが可能です。

但し、アコムも提携ATMのうち、千円単位での引き出しが可能なのは、セブン銀行(セブンイレブン)のATMに限られます。

セブンイレブンの提携ATMと自社ATMだけが千円単位での出金が可能です。

上限金利は

貸付金利は、アコム、レイク、SMBCモビット、アイフルともに、3%~18%となっています。

但し、初めての利用の場合にはほとんどが18%近い金利になりますので、上限金利については意識する必要はないでしょう。

主婦、学生の借り易いのはアイフル

アコム、レイク、SMBCモビット、アイフルともに、貸金業法の規制対象となっており、主婦、学生については定期的な収入を条件として20歳以上の方への貸付となっています。

但し、申込み自体には差がありませんが、審査そのものについては差が出てきます。

すなわち、顧客層の信用度の比較的大手としては低いアイフルの成約率がアコムと変わらず、レイク、SMBCモビットより高いということは、審査は通り易いということです。

すなわち、アイフルの場合には、初めて利用される方に対しては、利用可能額を低く抑えることで成約率を上げており、希望借入枠は抑えられますが、主婦、学生の場合も審査には通り易いと言えます。

逆にSMBCモビット、レイクは成約率からみて、かなり厳しいと言えるでしょう。

事業資金が借りられるのはアイフル

現状、事業資金について貸付を行っているのは、アイフルに限られます。

アコム、SMBCモビット、レイクは単体ではほとんど事業資金は融資していません。

但し、レイクなどは。新生フィナンシャルとは別に新生銀行内に事業資金融資の部門をもっており、そちらを紹介している可能性はあります。

アイフルの場合も事業資金の融資専門会社としてビジネクストという会社を持っていますが、昔から個人の事業主に対する個人融資を行っており、現在でも個人事業主を対象とした融資プランを持っています。

この辺りが、独立系でやっている強みと言えます。

すべて貸金業法や総量規制の対象?

アコム、レイク、SMBCモビット、アイフルともに消費者金融会社であり、貸金業法及び総量規制の対象となっています。

現在のところ、貸金業法の対象外となっているのは、銀行、生命保険会社、公的融資機関(国民生活金融公庫など)だけです。

また、総量規制の対象からは、事業性融資が外れており、アイフルは、総量規制にかからずに融資をしています。

但し、アイフルの場合は、あくまでも個人としての査定になるため、ビジネスローンのように高額な貸付にはなりません。

大手消費者金融会社と準大手の違い

現在のところ大手消費者金融会社は、アコム、プロミス、アイフルとなっており、レイク、SMBCモビットは準大手となっています。

基本的には現在の大手と、準大手に大きな違いはないと言えます。それよりも、銀行の介入度合いによる差の方が大きいでしょう。

但し、その下の中堅以下の消費者金融会社については、大手、準大手との差は大きく、行政の規制も緩いため、学生、主婦への融資、高齢者への融資、審査の緩やかさなどにおいて、かなりの差が認められます。

但し、中堅以下の消費者金融会社には、倒産リスクがあり、借りている方の債権が闇金などに流れる可能性もありますので、借りる際には注意が必要です。

おすすめの消費者金融会社は

やはり、消費者金融会社を利用するのであれば、信用力の高い大手、準大手に絞るべきでしょう。

その中で、借り易いのはアイフルと言えますし、コスト的、便利性の点からはレイクが良いと言えます。

但し、やはり、借り易さを選ぶか、ステータスな面を選ぶかになると思います。

また、借りてからのコストが一番安いところを選びたいという方であれば、レイクなどがおすすめです。貸してくれるということを重視するのであれば、アイフルになるでしょう。

利用される方が何を中心に選ぶかによりますので、今回の比較を読まれて、ご自分で判断されるのが良いのではないでしょうか。

アイフルの詳細はコチラ >>

お金を借りる場合の注意点

お金を借りるということは、返済義務が付いて回ります。それは、どこの消費者金融会社で借りても同じです。

基本的には、本当に必要な時のために借入枠として持っておくことが大切であり、枠があるからといって安易に借りることのないようにしてください。

まとめ

今回は、アコム、レイク、SMBCモビット、アイフルといった主要消費者金融会社の形態や、さまざまな面での比較を中心にご紹介しました。

様々な消費者金融会社があり、それぞれの銀行の介入度合いによって経営についての成約が出てくるため、各社にはさまざまな面で差が出ています。

100%子会社となっているレイク、SMBCモビットなどはゆうちょ銀行とのATM提携が可能になっており、制約があるからと言って必ずしも利用しにくいという訳ではありません。

ただ、成約率などにはやはり使い易さというものが現れており、ご自分の立場でどこを利用するのかを判断していく必要があるでしょう。