アコムの営業時間~ATM、店舗窓口、自動契約機は何時まで?まだ間に合います

サイトマップ
カードローン110番 > アコムの申し込み前に必見!契約手続き前に理解しないとやばいですよ > アコムの営業時間まとめ!夜間でもまだ間に合います!

アコムの営業時間まとめ!夜間でもまだ間に合います!

アコムの営業時間と一言で言っても、ATM、店舗窓口、自動契約機(むじんくん)、インターネットなど申し込み方法によって営業時間が全く異なります。

土日祝日や夜間に急にお金が必要になったとき、申し込み方法によっては翌営業日扱いになる場合もあります。今日中に借入が必要な人は、このページでしっかりと対策を練ってください。

特に当日借入希望の人は、どのくらいの時間帯なら間に合うか?なども詳しく解説します。

【目 次】
  1. アコムの営業時間と当日審査に間に合う時間
  2. アコムの営業時間内で審査結果が間に合うギリギリのラインとは
  3. アコムATMの営業時間・手数料・借入金額のまとめ
  4. アコムのATMを利用すれば利用明細が郵送されないため誰にもバレない

アコムの営業時間と当日審査に間に合う時間

アコムが他の消費者金融よりも優れている点が、24時間コールセンターが稼働していることです。

24時間コールセンターが稼働しているわけですから、一見電話による申し込みの方が良さそうに見えますが、夜間、休日、長期連休前は非常に混み合う場合が多く、待ち時間が相当発生します。

さらに、申し込み順に審査が行われるため、急ぎの場合はインターネット申し込みが実は一番早く借入することが可能です。

お勧めの申し込み方法としては

  1. アコムの公式サイトからインターネット申し込み
  2. 審査通過後、最寄りの自動契約機(むじんくん)へ行き本人確認書類や収入証明書を提出
  3. 契約手続き終了後にローンカードが発行
  4. ローンカード発行後は、アコムのATM、コンビニや提携金融機関のATMを利用すれば24時間借入可能

上記流れが最短でしかも、一番スムーズです。

しかし、申し込み時間帯によっては、受付が翌営業日扱いとなるため、アコムの営業時間と当日審査に間に合う時間帯を解説します。

アコムの営業時間と当日審査に間に合う時間

申し込み方法 営業時間 当日審査に
間に合う時間
インターネット 24時間 9:00~21:00
むじんくん
(自動契約機)
8:00~22:00 9:00~21:00
店頭窓口 9:30~18:00
(平日のみ営業)
9:30~18:00
(平日のみ営業)
電話 24時間 9:00~21:00

申し込みの受付方法によって当日審査に間に合う時間が大きく変わります。

冒頭に解説しました通り、インターネットでの申し込みから、最寄りのむじんんくん(自動契約機)での手続きが最も営業時間が長いため、今日中にお金が必要な人は、このプロセスをお勧めします。

今日中にお金を借りるならネット申し込みが便利

アコムの詳細はコチラ >>

アコムの仮診断に通過すれば本審査にも通過する可能性が高い

インターネット申し込み最大のメリットは、アコムの仮診断を受けることができることが大きいです。

仮審査とは、一定項目を入力すれば簡単に審査を受けることができます。おまけにたったの「3秒」で仮診断が完了するため、ぜひ利用して欲しいです。

仮診断は、その名の通り本審査の簡易バージョンです。先に仮審査を受けておくことで緊張せずに本番に臨めるでしょう。

また、仮診断のメリットは、本審査と違い申込者の信用情報が照会されないため、アコムへの申し込み履歴が残りません。

逆に本審査では申込者の個人信用情報を照会したり、職場への在籍確認を行い最終決定が行われます。

「仮診断の結果=本審査の結果」となるわけではありませんが、たったの「3秒」で結果が出るため利用しない手はありません。

アコムの仮診断はとても簡単

アコムの公式サイトへアクセスします。

(引用元:アコム

年齢、税込み年収、他社借入状況(カードローンのみ)の
3項目を入力して診断開始を押します。

(引用元:アコム

これで3秒診断は終了です。

(引用元:アコム

アコムの営業時間内で審査結果が間に合うギリギリのラインとは

このページをご覧の中には、「今すぐお金が必要!こんな時間に申し込みしてもアコムの営業時間に間に合うかわからない。」そんな人も多いと思います。

そこで、アコムの営業時間内で審査結果が当日中に間に合うギリギリのラインをお教えします。

前述の通り、電話での申し込みは待ち時間が発生する可能性が高いため、必ずアコムの公式サイトから「インターネット申し込み」を選択してください。

もう一度手続きをおさらいします。

  1. アコムの公式サイトからインターネット申し込み
  2. 審査通過後、最寄りの自動契約機(むじんくん)へ行き本人確認書類や収入証明書を提出
  3. 契約手続き終了後にローンカードが発行
  4. ローンカード発行後は、アコムのATM、コンビニや提携金融機関のATMを利用すれば24時間借入可能

上記手順がアコムの申し込みを行った場合、当日中のアコムの営業時間に間に合うギリギリのラインは、20:30までには申し込みを完了させておいてください。

20:30という理由は、アコムでは最短30分審査ですので、21:00頃には、審査回答結果を得ることができます。

その後、近くのむじんくん(自動契約機)で契約手続きを行えば21:30くらいまでには、ローンカードを受け取ることができます。

当日中であれば、ギリギリ21:00まで申し込みして、スムーズに審査回答結果を得ることができれば、むじんくん(自動契約機)の営業時間(22:00)内でローンカードが発行される可能性はあります。

しかし、混雑時には審査で30分以上かかる場合もありますので、ギリギリの申し込みだと審査回答が翌営業日になるため注意が必要です。

まずは、アコムの公式ホームページから仮審査を終わらせておけば、本審査でも良い結果でる可能性が高いため、22:00までにはむじんくん(自動契約機)でカードを受け取ることができます。

ここまでのまとめ

アコムの営業時間内にで即日借入希望するなら20:30までにはアコム公式ホームページから申し込みを終わらせておきましょう。

アコムの審査時間を早めるコツは「アコムの審査時間は?審査結果の連絡が来ない理由」にまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

アコムの詳細はコチラ >>

アコムATMの営業時間・手数料・借入金額のまとめ

アコムでは各種ATMから借入可能です。対応しているATMは、アコムATM、コンビニATM、銀行ATMの3種類です。

各ATMによって、営業時間、利用手数料、借入金額の単位が異なりますので、当日ローンカードが発行された人は、より条件の良いATMを利用するようにしてください。

「夜中や明け方に使えるATMってどこ?」「利用手数料を節約した い。」「7,000円だけ借りたい時はどのATMを利用すれば良いの?」 など、利用シーンによって迷うことがあります。

そんな人のために、アコムATMの営業時間・手数料・借入金額をま とめてみました。

アコムATMの種類とは

アコムでは、以下のATMがあります。

  • アコムATM(むじんくんに併設、アコムの公式ATM)
  • アコム提携のコンビニATM(ローソン、セブンイレブンなど)
  • アコム提携の銀行ATM(三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行など)

当然、各ATMによって営業時間、利用手数料、借入金額の単位(1,00 0円単位から可能、1万円単位から可能)が異なります。

例えば、アコムのATMでは年中無休で24時間営業しかも手数料無料です。同じATMでもコンビニは24時間ですが、借入&返済を行うと1万円以下で108円、1万超で216円かかります。

参考:アコムが借入返済可能なコンビニ一覧|利用時間と手数料に注意!

このように同じATMでも違いがあります。

以下、アコムの各種ATMの違いをわかりやすく表にまとめましたのでアコムからの借入&返済の際は、より条件の良いATMを利用するようにしてください。

ATM 営業時間 手数料 借入単位 設置台数
1万円以下 1万円超
アコムATM 24時間 無料 無料 千円単位 約1,100台
コンビニATM 24時間 108円 216円 万円単位 約63,000台
銀行ATM セブン銀行ATM 00:10~23:50
(土日祝含)
108円 216円 千円単位
イオン銀行ATM 00:10~23:45
(土日祝含)
108円 216円 万円単位
その他銀行ATM 9:00~21:00
(金融機関により異なる)
108円 216円 万円単位

アコムと提携しているコンビニと銀行についてもまとめておきます。

  金融機関 借入 返済
提携コンビニ セブンイレブン
セブンイレブン
(セブン銀行)
ローソン
ファミリーマート
ミニストップ
サークルK
サンクス

(カードローンのみ)
E-ne
t(イーネット)※1

(カードローンのみ)
ZEROBANK
(ゼロバンク)※2
提携銀行 三菱東京UFJ
銀行
イオン銀行
北海道銀行
北陸銀行
東京スター
銀行
八十二銀行
第三銀行
広島銀行
西日本シティ
銀行
福岡銀行
親和銀行
熊本銀行
カード会社 クレディセゾン

 ※1E-netのマークがあるコンビニATM(ファミリーマート、ミニストップ等)
※2愛知県、岐阜県にあるゼロバンクATMのみ利用可能

借入&返済はアコムATMをメインとして利用すべし

上記ATMをご覧いただければ、一目瞭然ですが、お得に借入&返済をするなら手数料が一切かからないアコムのATMを最もお勧めします。

近くにアコムのATMが無い場合は、同じ24時間対応のコンビニATMが理想的です。

  • アコムATM(約1,100箇所)の営業時間は24時間対応でしかも手数料が一切無料。
  • コンビニATMは手数料はかかるものの24時間営業でしかも、全国どこにでもある。

アコムATMは24時間営業で手数料無料。意外と近くにあるある!

ATM 営業時間 手数料 借入単位 設置台数
1万円以下 1万円超
アコムATM 24時間 無料 無料 千円単位 約1,100台

アコムのATMは、むじんくん(無人契約機)に併設されており、24時間営業しており、借入&返済に伴う手数料が一切無料です。

私の中では、アコムATMの中でも一番メインで使って欲しいATMの一つでもあります。

なぜなら、前述の通り、手数料が一切発生しないことと、何と言っても24時間営業だからです。 

私は、よく会社帰りに新宿駅周辺で飲んでいますが、何と新宿周辺だけでも11箇所ものむじんくん(無人契約機)があるため、ちょっとした金欠時には大変重宝しています。

同じATMでもコンビニなら1万円以下だと108円、1万円超ですと216円の手数料が発生します。

1回だけの利用なら「たいして高くもないし、いいか」と思いがちす。しかし、私は月に15,000円を5回程度は、ATMからお金を引き出すため、216円×5回=1,080円もの手数料が発生します。

参考:アコムに無駄な手数料を払うな!1円も損せずに済ませる方法まとめ

1,080円ならちょっとした豪華なランチがいただける金額です。新宿だけでも無人契約機(むじんくん)が11か所もあるわけですから、日本全国にはアコムのATMが1,100台も設置させれています。

首都圏だけではなく地方都市の駅前や繁華街へ行けばたいてい設置されています。

しかし、あまり目立たない場所に設置されているのも事実です。

以下は、私がいつもお世話になっている新宿のむじんくん(無人契約機)なのですが、アコムの看板は赤いので、それなりに目立つのですが、人通りを外れひっそりと佇んでいる印象です。

これは、むじんくん(無人契約機)に入りづらい人も、それなりにいるための一定の配慮がなされているのでしょうね。

こちらは、スタジオアルタから30メートルほどにある、むじんくんコーナー
赤色の看板なので目立つと思われますが、周囲の環境に溶け込んでいるため
それほど気になりません。

上記は私がよく利用する新宿アルタ西むじんコーナーと歌舞伎町むじんくんコーナーです。

日本一の繁華街である新宿にあるにも関わらず以外と目立たちません。これと同じように、よっぽどの田舎でなければ、アコムATMを見つけることはできます

アコムATMとむじんくん(無人契約機)は違う

先程の写真は私が普段利用する新宿にあるアコムのむじんくんなのですが、実はアコムの店舗では「アコムATM」と「むじんくん」の2種類の機械が設置されています。

ちなみに、以下は新宿アルタ西むじんコーナー内に設置されている、「アコムATM」と「むじんくん」です。

上が「アコムATM」、下が「むじんくん」です。特に初めて店舗に入る人は、「アコムATM」と「むじんくん」の区別がつかない人も多いと思います。

これが、むじんくんコーナーに設置されているアコムのATMです。
このATMが24時間営業しており手数料が一切かかりません。
私的には非常に重宝しています。

こちらは、むじんくんです。
摺りガラスの奥にむじんくん(無人契約機)が設置されています。
22時(一部店舗を除く)まで利用可能です。

2つの違いを明確にしておきたいと思います。

  • アコムATM:お金の借入と返済ができる機械。
  • むじんくん:自動契約機のことを指します。新規契約、限度額の増額ができる機械。

お金の借入&返済は「アコムATM」です。よく勘違いされるのが、むじんくん(無人契約機)の営業時間は8:00~22:00(一部店舗を除く)までですので、22時までしか借入できないと思われる人もいます。

しかし、これは、むじんくんの営業時間のことを指します。

むじんくんコーナーに設置されているATMは、24時間稼働していますので、どこの金融機関も空いていない時などの「あと4,000円だけ借りたい!」というちょっとしたニーズにも「アコムATM」であれば、足りない分だけ借りることができます。

自社ATMで24時間営業なのはアコムだけ

アコム以外にも大手消費者金融のプロミスやアイフルでも自社ATMを設置していますが、自社ATMを設置している消費者金融の中でも24時間営業を実施しているのはアコムだけです。

消費者金融 自社ATM営業時間
アコムATM 24時間営業
プロミスATM 7:00~24:00
アイフルATM 7:00~23:00

私のように夜間利用する人は、もちろんのこと、早朝の場合はコンビニATMすら使えないケースが非常に多いです。

そんな時は、アコムのATMなら24時間使えますので非常に重宝します。さらに、近くにアコムのATMが無い場合は、コンビニATMでも24時間利用可能です。

コンビニATMは手数料はかかるものの、24時間営業でどこでもあるのが大助かり!

ATM 営業時間 手数料 借入単位 設置台数
1万円以下 1万円超
コンビニATM 24時間 108円 216円 万円単位 約63,000台
銀行
ATM
セブン銀行ATM 00:10~23:50(土日祝含) 108円 216円 千円単位
イオン銀行ATM 00:10~23:45(土日祝含) 108円 216円 万円単位
その他銀行ATM 9:00~21:00(金融機関により異なる) 108円 216円 万円単位

利用金額毎に手数料がかかるものの、コンビニATM最大のメリットは、24時間営業で、日本全国どこにでもあることです。

なお、アコムは誰もが知っている主要コンビニの全てに対応しています。

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、サークルKサンクス、これらのコンビニに設置されているATMであれば、アコムのローンカードを使うことができます。

ただし、コンビニATMの場合は、借入単位が「万円単位」となります。1万円、2万円などのように「万単位」での借入となります。

セブンイレブンのATMだけは、「千円単位」での借入が可能です。24時間使えるという意味では、コンビニATMもアコムATMも変わりは無いのですが、どうしても手数料が発生します。

ただし、近くにアコムATMが無い場合は、頼もしい味方であるのは、事実です。

急ぎの時や緊急の時は、便利なコンビニATMを使うのも良いでしょう。

むじんくんに入るのが恥ずかしいならコンビニを積極的に使うのもアリ

私は、アコムのATMを利用するためにむじんくんコーナーに入ることに関して、全く気にしません。

しかし、中には「あの人、お金借りようとしている・・・」と思わ れたくない人も多いと思います。

そんな時は、手数料はかかるもののコンビニATMを利用するのも悪くありません。

銀行ATMは利用しなくても良し

「アコムATM」「コンビニATM」だけでなく、「提携銀行ATM」が利用できるものの、正直、提携銀行ATMを利用するメリットは、「ほぼ無い」と言っても過言ではないでしょうか。

なぜなら、手数料が「1万円以下が108円。1万円超が216円」必要だからです。また営業時間が9:00~21:00ですが、コンビニATMは24時間営業だからです。

セブン銀行やイオン銀行は、23:50分近くまでやっていますが、これらはセブンイレブンやミニストップにATMとして設置されているため、銀行ATMよりかはコンビニATMと言っても過言ではありません。

正直、同じ手数料を払うなら、近くにあるコンビニの方が手軽で便利です。

注意!!ATMが使えない時間帯

ATMは、定期的にメンテナンスが実施されます。アコムATM、コンビニATM、銀行ATMともに「毎週月曜の1:00~5:00」は利用できません。

この間は、全てのATMが使えないため、「毎週月曜の1:00~5:00」の間だけは、金欠にならないよう注意が必要ですね。

アコムのATMを利用すれば利用明細が郵送されないため誰にもバレない

ATMは24時間利用できることがメリットだけではありません。

もう一つの最大のメリットとしては、ATMを利用すると、その場で利用明細書が出るため「誰にもバレない」というメリットがあります。

こちらが、アコムのATMから1万円借入したときの利用明細です。

さらに、こちらが1万円返済した時の利用明細です。

アコムの場合は、借入&返済ともに利用明細書がその場で発行されます。いついくら借入して、いくら返済したのかが、利用明細書によって全てわかります。

この明細書によって「誰にもバレない」で済むわけです。

誰にもバレずにお金を借りたいならココ

アコムの詳細はコチラ >>

利用明細が郵送されないようにする方法

ちなみに、振込による借入でも、アコムの会員ページから「ネット上での明細」に設定すれば、郵送されることはありません。

設定方法はとても簡単です。アコムの会員番号とカード作成時に設定した暗証番号を入力して会員ページへログインします。

ログイン後、書面の受取方法(登録・変更)をアコムホームページで確認にチェックを入れるだけです。

アコム公式サイトの右上の会員ログインをクリックします。

(引用元:アコム

(引用元:アコム

アコムカードに記載されている会員番号とカード作成時に設定した
4ケタの暗証番号を入力します。

(引用元:アコム

ログイン後、サイドメニューの書面の受け取り方法(登録・変更)を
クリックします。

(引用元:アコム

アコムホームページで確認(送付されません)にチェックを入れて
確認ボタンをクリック。これで明細が送られてくることがありません。

(引用元:アコム

アコムの営業時間&ATMまとめ

アコムでは3種類(アコムATM、コンビニATM、銀行ATM)のATMがあります。24時間営業で手数料が一切発生しないのがアコムATMです。

全国に約1,100か所に設置されています。

むじんくんコーナーに併設されていますので、近くにむじんくん(無人契約機)がある人は、メインATMとしてください。

次に手数料は発生するものの、よほどの田舎でなければ、たいていどこにでもあるコンビニATMです。

アコムATM同様、24時間営業していますので今すぐお金が必要な時に大変便利です。

前述の通り、銀行ATMを利用するメリットは、ほぼ無いためお金が必要な時に近くにあれば、利用する程度にとどめておいた方が良さそうです。

また、千円単位で借入したければ、アコムATMとセブン銀行ATM(セブンイレブン)の2つだけです。

2,000円や5,000円程度のちょっとした額を借りたい時は、アコムATMかセブン銀行ATM(セブンイレブン)を利用するしかありません。他のATMは1万円単位となります。