カードローン110番 > アコムの申し込み前に必見!契約手続き前に理解しないとやばいですよ > アコムの会員ページにログインすると超便利!必要手続きが全部できるよ

アコムの会員ページにログインすると超便利!必要手続きが全部できるよ

【目 次】
  1. アコムの会員ページって何?ログイン画面はどこ?
  2. アコムの会員ページで何ができるの?
  3. 会員ページにログインできない!ヤバい時はこう動け
  4. 慌てないで!アコム会員ページのパスワード確認
  5. アコムの会員ページに登録するメリットまとめ

アコムでキャッシングを利用しているのに、意外と会員ページをちゃんと利用していない人が多くいます。

確かに、一度借り入れた後は返済方法を口座振替に設定して、「なるべく借金返済のことは考えたくない…」となってしまうんですよね。お金を借りた人の悲しい性です。

で、たまに使おうとするとパスワード忘れていてログインできず…もういいや放置…というパターンも多いです。

でも、これはもったいないとしか言えません。

アコムは90年代前半には東証一部上場を果たしており、日本を代表する超大手消費者金融。業界の中では、サービスの良さもズバ抜けています。

あの手この手で返済しやすくなるよう配慮してくれているのですが、実は会員ページの存在もその一つです。

何となく借入残高が見られそう…ぐらいは分かるかもしれませんが、返済や追加の借入(振込融資)、希望限度額の増額申請から必要書類のアップロードなど、あれやこれやがいっぺんにできます。

今回は、アコムの会員ページにログインしてできることをご紹介したいと思います。

また、「久しぶりにログインしようと思ったらログインできないんだけど!」という問題の解決法についても解説します。

アコムの会員ページって何?ログイン画面はどこ?

アコムのカードローンを契約すると、自動的にアコムの「会員(利用者)」として、いわゆる会員向けのマイページである「会員ページ」にアクセスする権利を手に入れることになります。

要するに会員向けサービスですね。

まずは会員ページの概要についてご説明します。

これからアコムを利用しようかなと検討している方向けの初歩的な情報なので、「もう場所ぐらいは知ってるよ」という方は、次の項目へ移っていただいてかまいません。

利用中の人が使えるアコム会員専用サービス(サイト)

会員ページとは、アコム(カードローン・クレジットカードなど)を利用している人のためのサイトです。

場所はこちらです。ホームページの右上の「会員ログイン」というオレンジ色ボタンから入れますよ。

正直なところこの「会員専用ページだけでできること」というのはほとんどないのですが、逆に「やりたいこと」がここだけでできるので、使いこなすとだいぶ便利なんですね。

必要作業が全部できるので使いこなせるようになろう

必要作業というのは、主に以下の7つです。

  • 借入(限度額の範囲内での追加振込融資)
  • 返済(インターネットバンキングを利用した返済)
  • 限度額増額申請
  • 通知メール設定
  • 利用明細・残高確認
  • 明細書等受取サービス
  • 登録情報変更

要するに、契約後に行われるであろう作業のほとんどを、この会員ページ経由で行えるようになっています。

上記詳細については後でそれぞれご説明します。

ログインパスワード(暗証番号)は覚えておけ

一つだけ注意点をご説明すると、契約時に決メール4桁の暗証番号(「ログインパスワード」も同じ意味です)は忘れないようにしましょう。

契約時は気が焦っていますから、適当に4桁決めてしまいメモも取らず、忘れてしまうことが多くあります。

忘れたときはアコムに電話して再設定しなければならず、結構面倒くさいです(しかも土日祝日は電話がつながらない)。

会員ページを使いこなすためにも、ログインパスワードは頭に入れておくかメモしておいてください。

アコムの詳細はコチラ >>

ログイン前にアコムの基本情報と6つのメリット

アコムは消費者金融機関の中でも、お金の借入がしやすい業者として知られています。3.0%~18.0%の金利で、限度額は800万円となっており、まとまった金額のカードローンやキャッシングが可能です。

また、増額申し込みも気軽に相談できるため、会員が利用しやすいサービスを提供しています。

そんなアコムは、「融資スピードが早い」「ウェブ完結申し込みが可能」「無利息サービスがある」「幅広い層が利用可能」「少ない金額でも気軽に借入れできる」「借入れしやすい」の6つのメリットがあります。

それぞれのメリットを1つずつ見て行きましょう。

1.融資スピードが早い

アコムの申し込み方法は、店頭窓口のみならず、電話や自動契約機など、さまざまな方法で融資を受けることが可能です。そんなアコムは最短即日融資に対応しています。

たった30分のスピード審査となっており、急ぎの人も安心して契約することが可能です。

インターネットでアコムのホームページから申し込む場合には、銀行口座への振込み時間を考慮して、午後2時ころまでに申し込む必要がありますが、無人契約機は夜22時まで営業しているため、遅くなっても契約することができるでしょう。

契約後は、契約機の横に設置されているATMや、提携ATMで借り入れができます。ただし、無人契約機の店舗によって営業時間が異なる可能性があるため、あらかじめ確認が必要です。

また、本人確認書類のほかに、収入証明書の提出を求められる可能性もありますので、手続き前に用意しておきましょう。

2.ウェブ完結申し込みが可能

アコムはウェブ完結申し込みができますので、自宅にいながら自分の情報をインターネットに打ち込むだけで、審査を受けることが可能です。

ローンカードは1週間ほどで郵送してもらうことができるため、とても手軽に利用することが可能です。 つまり、自宅にいながら入金まで行えるため、一歩も外出することなく現金が手に入ってしまうのです。

また、アコムはインターネット返済も可能です。利用者にとって、使いやすいサービスを提供しています。

3.無利息サービスがある

アコムを始めて利用する場合には、30日間無利息サービスを受けることが可能です。大手消費者金融は、審査に通過しやすいというメリットがある一方で、銀行カードローンと比較すると金利手数料が高いというデメリットがあります。

そのため、総返済額が大きくなってしまうのです。 しかし、30日間無利息サービスを受けることによって、利息の割合を減らし、総返済金額を下げることが可能です。

特に短期間の借入れの場合は、無利息サービスの恩恵が大きいため、お得にお金借りることができるでしょう。

4.幅広い層が利用可能

アコムは満20歳から69歳という幅広い年齢層の人が利用可能です。情報引用元のアコム公式サイトによると、継続的かつ安定収入があれば、パートやアルバイトでもお金借りることができます。

遅延や滞納、債務整理などが原因で、信用情報にキズがついていると借入れが厳しくなりますが、そのようなことがなければ借りやすい金融業者です。

ただし、専業主婦は、消費者金融からお金借りることができません。改正貸金業法に定める総量規制というルールにより、年収の3分の1を超える融資が禁止されているからです。

その対処法としては、配偶者の同意を得る配偶者貸付がありますので、困った時には利用すると良いでしょう。

5.少ない金額でも気軽に借入れできる

アコムは、限度額800万円とうたっていますが、だからといってそんなにたくさんのお金を借りなければならないわけではありません。アコムは1万円からお金借りることができるため、少額の借入れも可能です。

冠婚葬祭のお金が足りない時や、急な出張での交通費が足りない時、事故や車の故障などで臨時出費が必要となった時など、ちょっとした困りごとがあった場合にも気軽に活用することができます。

6.審査通過率が高い

アコムは、他社に比べて借入れしやすい消費者金融として知られています。簡単にいうと、審査に通りやすい業者なのです。

アコムにはお金に困っている人や、一時的な金策が必要な人など、さまざまな人が申し込み審査を受けています。

アコムの審査を受けている人は、審査通過率を気にしたり、自分の信用情報を気にしたりしていますが、いずれにせよ、審査に通るかどうか不安になりながら申し込みをしています。

しかし、口コミなどを確認してみると、意外とアッサリ借りれたという人も多いため、過剰な不安は不要です。

もちろん、必ずしも審査に通過するとは限りませんが、銀行カードローンや他の大手消費者金融と比較しても、借りやすいというのが一般的な評判です。

アコム会員への道!審査の流れをご紹介

アコム会員になって、会員サービスを受けるためには審査に通過する必要があります。

審査に通過して契約が完了することによって、会員カード(ローンカード)を受け取り、借入れや返済が可能となります。

ここでは、アコム会員になるための審査申し込み方法として、「公式サイトから申し込み」「本人確認書類の提出」「ネット以外の申し込み方法」について紹介したいと思います。ぜひアコムに申込む前に知っておきましょう。

公式サイトから申し込み

アコムは、公式サイトから簡単に申し込むことができます。ただし、申込みの事実は信用情報に記録されますので、審査に自信がない場合には、サイト上に掲載されている「3秒診断」で事前チェックしておいた方が良いでしょう。

【アコムの申し込み手順】

《ステップ1:申し込み》

公式サイトから申し込みボタンをクリックします。

 ↓

《ステップ2:個人情報入力》

個人情報を入力したあと、確認メールが届いているかチェックします。

 ↓

《ステップ3:本人確認書類をアップロード》

本人確認書類や収入証明書をアップロードします。

 ↓

《ステップ4:審査結果通知》

審査結果がメールで届きます。

 ↓

《ステップ5:利用開始》

審査に通過していれば契約して利用開始となります。

利用開始後は、返済日や利用明細書をチェックしながら、遅延や滞納をしないように気を付けましょう。不明な点があれば、コールセンター(フリーコール:0120-07-1000)に相談すると良いでしょう。

本人確認書類の提出

本人確認書類は、運転免許証を提出することが一般的です。運転免許証は顔写真が入っていますし、多くの人が財布に入れていますので、すぐに写真を撮ってアップロードすることができるでしょう。

もしも運転免許証を持っていない場合には、健康保険証や個人番号カードでも構いません。

ただし、顔写真がない証明書の場合には、住民票や納税証明書のほか、公共料金の領収書などの書類のいずれかとセットで提出する必要があります。

また、収入証明書の提出を求められた場合には、給与明細や源泉徴収票などを提出すると良いかと思います。

ネット以外の申し込み方法

インターネットから申し込む方法としては、電話や郵送、店頭などを選ぶことが可能ですが、無人契約機の「むじんくん」も便利です。

「むじんくん」を利用すると、その場でローンカードが発行されますし、手続き中はドアがロックされますので、プライバシーにも配慮がなされています。

アコムマンスリーレポートによると、「むじんくん」は、2007年4月時点で1,819台設置されています。全国各地にありますので、お近くの「むじんくん」を利用すると良いでしょう。

無利息期間ありのカードローンを賢く使おう

プロミスの詳細はコチラ >>

アコムの会員ページで何ができるの?

アコムの会員ページでできることをそれぞれご説明していきます。

自分の銀行口座へ振込依頼

追加の借入ができます。振込融資だと、いちいち自宅から出る必要もないので物ぐさな人にはうってつけです。

ただし基本的に自分の口座のある銀行の営業時間に左右されるため、平日14:30までに依頼しておかないと、実際の入金は翌営業日になってしまいます。

ちなみに、楽天銀行のみほぼ24時間振込可能となっています。アコムを利用するのであれば、楽天銀行に口座を開設しておくのがお得ですよ。

平日15時以降や土日祝日だと、楽天銀行以外は当日中に入金してもらうのは不可能です。その場合は、ローンカードを利用してATMから引き出しましょう。

コンビニなどの提携ATMであれば、ほぼ24時間利用可能です。コンビニに出かける手間を厭わなければ、こちらの方が時間的融通は利きやすいですね。

自分でガンガン返済できる

会員ページから、インターネットバンキングを利用して返済することができます。

いわゆる「インターネット返済」ですね。

口座振替にしておくと、いわゆる「最低返済額」しか返済することができません。

一回当たりの返済額を抑えられるのはお得…なように見えて、実は返済回数ばかり増えて支払う金利も馬鹿にならず、いつまでも返済負担から解放されません。

ポイントは、可能な限り繰り上げ返済をしていくこと。ちょっとでも余裕があったら、会員ページから少しずつ返済していく習慣をつけましょう。

これだけでも、だいぶ返済金額が減ってくる可能性が高いです。

なお、24時間即時に銀行振込ができるPay-easy(ペイジー)という仕組みを採用していることもあって、対応している金融機関が限られています。

有名どころで言うと、みずほ銀行や住信SBIネット銀行は対応していません。その他対応している銀行は公式サイトのこちらのページでご確認ください。

限度額増額の申請(表示されないことも…)

会員ページから、限度額(極度額)増加の申請ができることもあります。

「できることもあります」というのは、一定期間支払いを続け、属性(収入、勤続年数など)的にも問題のない一部の人しか増額申請はできないためです。

最初は増額申請の項目が表示されない、という方も多いのではないでしょうか。

ちなみに、増額申請は会員サイト以外にも「アコム総合カードローンデスク(0120-629-215)」から可能です。

表示がない場合は、こちらに連絡を取るとよいでしょう。

なお、申請したからと言って必ず増額してもらえるわけではありません。契約前と同じように審査が行われ、それに通ってはじめて増額となりますので、念のため。

増額の審査については「アコムの限度額は増額可能?追加融資を受ける方法を徹底解説」を参考にしてください。

通知メール設定

アコムでは、返済期日やカードの有効期限を通知してくれる「eメールサービス」があります。

キャンペーン情報も流れてくるので若干うっとうしく感じることもあるかもしれませんが、返済3営業日前と返済日当日に通知してくれるのは便利ですよ。

うっかり返済期限を忘れてしまうと、場合によっては「遅延損害金」というのを20.0%支払う羽目にもなりかねません。

必要書類のアップロード

契約後に、場合(増額申請したときなど)によっては収入証明書を提出しなければならないことがあります。

通常であればコピーしたものを郵送したり窓口に行って書類提出をしたりするのですが、会員ページからアップロードできるのは覚えておいて損はないでしょう。

スマートフォンからはアプリでも簡単に書類提出ができます。アプリの詳しい使い方は「アコムの源泉徴収提出が劇的に楽になる!アプリ「アコムナビ」を紹介」をご覧ください。

明細書等の受取サービス

インターネット経由で振り込んでもらうと、明細書が勤務先か自宅に郵送されるようになっています。

でも、正直明細書は送ってもらいたくないですよね。ネットで確認できるよう、会員ページから設定変更できます。

これで家族バレの確率は減らせますよ。

ただ、一言付け加えれば銀行口座の取引明細にはアコムからの入金が記録されるので、それを見られたらアウトです。

それすら嫌だ…という人は、銀行振込ではなくATMで引き出すようにした方がいいでしょうね。これなら明細記録は残りません。

明細確認

会員ページで設定を変えておけば、自分の利用明細を確認することができます。

貸付金額や返済総額など、口座振替にしておくと忘れてしまう数字ばかりです。口座振替にしている人でも、たまにはチェックした方がいいですよ。

登録情報の変更

メールアドレスや住所、電話番号など、登録した情報に変更が生じた場合は、会員ページから変更することができます。

放置せず、ちゃんと変更しておきましょうね。

アコム会員サービスにログインする3つのメリット

アコムの会員ページに、会員番号(ID)や暗証番号(パスワード)を使ってログインすると、さまざまなサービスの利用が可能です。

登録内容の変更も簡単であるため、利便性の良い会員ページということができるでしょう。 そんなアコム会員サービスにログインする中で、特に大きなメリットが3つあります。

1つは「取引手数料がかからない」、1つは「ローンカードなしでも利用可能」、1つは「ネットなのでいつでもログイン可能」ということです。

取引手数料がかからない

アコムの会員ページでお金借りることや、借金の返済をおこなうと、取引手数料がかかりません。

たとえば提携ATMを利用すると、最高で216円かかってしまうというデメリットがありますので、インターネットの方がお得でしょう。

提携ATMは、わざわざ外出先で取引を行わなければなりませんが、インターネットであれば自宅で取引が可能です。利便性が高いのにもかかわらず、手数料がお得なので、利用しない手はないかと思います。

ローンカードなしでも利用可能

会員ページにログインしている状態であれば、アコムのローンカードを持っていない時でも取引が可能です。

IDや暗証番号を記憶させておけば、ログインがとても簡単になりますので、わずらわしい操作をしなくても利用することができます。

ただし、ログイン中のスマホやパソコンを盗まれたり、ネットカフェやシェアオフィスなどで、ログアウトをしていない場合には、誰かに勝手にお金を借りられてしまう可能性がありますので、なるべく小まめにログアウトしたほうが安全ではあります。

ネットなのでいつでもログイン可能

アコムの会員ページは、インターネットなのでいつでもどこでも利用が可能です。基本的には24時間365日取引することができるので、年中安心して使うことができるでしょう。

ただし、毎週月曜日の深夜1時から明け方5時までの間はメンテナンスが行われますので、ログインすることができません。

その時間はしっかりと覚えておいて、メンテナンスが行われる時間は避けて取引するようにしましょう。いずれにせよ、時間も場所も選ばずに利用できる便利な会員サービスです。

無利息期間ありのカードローンを賢く使おう

アイフルの詳細はコチラ >>

会員ページにログインするために知っておくべきこと

アコムの会員ページにログインするにも、ログイン方法がよく分からないという人もいらっしゃるのではないでしょうか?

最近はパソコンやスマホの普及によって、多くの人が手軽にインターネット上でさまざまなサービスを利用されています。

しかし、中にはインターネットでの操作が苦手という人もいらっしゃいます。

そこで、アコム会員ページのログイン手順を紹介します。また、スマホアプリからもログインする方法についても紹介しますので、参考にしていただければと思います。

アコム会員ページのログイン手順

アコム会員ページは、まずアコムの公式サイトにアクセスをし、画面右上の「会員ログイン」ボタンをクリックします。

すると会員番号を入力するフォームと、暗証番号を入力するフォームが表れますので、それぞれのフォームに正しい番号を入力しましょう。

会員番号も暗証番号も半角英数で入力する必要があり、会員番号は8桁の番号を入力します。

次回からいちいち入力するのが面倒であれば「次回より会員番号の入力を省略」にチェックを入れることで、会員番号の情報が保存されたままの状態となります。

スマホアプリからもログイン可能

スマートフォンからも、パソコンと同様に会員ページにログインすることが可能です。

スマートフォンのブラウザを利用して、パソコンブラウザとほぼ同じ画面で会員番号や暗証番号を入力することができるので、手軽にログインが可能です。

また、アコムには、アコムナビというスマホアプリがあり、アコムナビを利用してログインすることも可能です。

ただし、safariなどのスマホでのブラウザで、アコムの公式サイトをお気に入り登録しておけば、わざわざアコムナビを使わなくても簡単にログインができますので、契約中はお気に入り登録をしておきましょう。

会員ページからの借入れと返済の流れをチェック

アコムの会員になったとしても、はじめて利用する人にとっては、ちゃんと借入れができるのか、返済をスムーズに行えるか、不安に思う人もいらっしゃるようです。

ここでは、アコムの会員ページからの借入れと返済の流れを紹介します。

会員ページからの借入れの流れを紹介した上で、返済の流れも案内し、増額申請の流れについても解説しますので、会員ページの利用前にお読みいただければと思います。

アコム会員ページからの借入れの流れ

アコム会員ページからの借入れするには、会員ページにログインした上で、「振込によるお借入れ」をボタンをクリックします。

すると、振込希望額が指定できますので、借りたい金額を入力しましょう。 希望額を入力すると、申し込み内容の確認が行われ、問題なければ手続き完了となります。

たった1分ほどで手続きが完了しますので、ストレスフリーでの申し込みが可能です。

【会員ページからの借入れ】

《ステップ1:会員ページへログイン》

《ステップ2:「振込によるお借入れ」をクリック》  

《ステップ3:借入れ希望額を指定》

《ステップ4:申し込み手続き完了》

アコム会員ページからの返済の流れ

アコム会員ページからの返済するには、アコム会員ページにログインし、ページ内にある「インターネットでのご返済」をクリックします。

その後、返済する額を最低返済額以上の金額で入力します。 ご利用のインターネットバンキングのサイトを立ち上げ、返済を行えば手続きは完了です。

【会員ページからの返済】

《ステップ1:会員ページにログイン》

《ステップ2:「インターネットでのご返済」をクリック》

《ステップ3:返済金額を指定》

《ステップ4:返済》

アコム会員ページからの増額申請の流れ

アコムを利用している時に、極度額を増やしたいと思うようなケースもあるでしょう。そのような場合には、会員ページから申請することで、増額できる場合があります。

会員ページにログインし、「極度額等の変更お申込み」をクリックします。「開始」をクリックすると、増額してもらえるかどうかの簡易診断が行われます。

その日か翌日にアコムから電話が入り、確認後に増額となります。

【会員ページからの増額】

《ステップ1:「極度額等の変更お申し込み」をクリック》

 ↓

《ステップ2:簡易診断》

 ↓

《ステップ3:アコムから確認の入電》

 ↓

《ステップ4:増額》

無利息期間ありのカードローンを賢く使おう

会員ページにログインできない!ヤバい時はこう動け

会員番号と暗証番号の2つがあれば、会員ページにログインできます。

ところが、アコムでは意外と「ログインできない!」というトラブルが多いようです。 最後に、考え得るトラブルとその対処法をまとめておきますのでご参照ください。

参考:アコムの問い合わせ先・電話番号まとめ【要件別一覧】

カードをなくした・盗まれた

よくあるのがこれですね。財布を落としたり盗まれたりして、ローンカードが使えなくなるパターンです。

カードをなくしたら、不正利用を防ぐべく即刻アコムのコールセンターに電話してください。

フリーコール(0120-629-215)へ電話してカード利用を停止してもらえます。 あと、警察に紛失届を出してくださいね。

再発行したい場合は、本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポートなどといった身分証明書)をどれか持ってむじんくん(自動契約機)・店頭窓口・郵送のいずれかを利用してください。

カード紛失時の対応に関しては「アコムのカード紛失時はこう動け!連絡先・再発行手順・対処法まとめ」で詳しく解説しています。

ログインパスワードを忘れた

しばらくぶりにログインしようとしても、そもそもパスワードを覚えていないという人も多いのではないでしょうか。

その場合も、フリーコール(0120-629-215)へ電話することでリセット・再設定が可能です。平日9:00~18:00しか受け付けていないのが残念ですが、ここしか窓口がありません。

ログインパスワードを変えたい

パスワードを変えたい場合は、アコムプッシュホンサービス24(0120-134-567)へ電話するのが最も手っとり早い変更手続きでしょう。

音声自動応答ですから、人にパスワードを伝えることにはなりません。 自動で流れる音声ガイダンスに従って操作すれば、パスワードを変更できますよ。

会員番号が分からない

パスワード(暗証番号)ではなく、会員番号がそもそも分からない…ということも考えられますよね。

この場合は、自分の持っているアコムカード・ACマスターカードの表面に記載されている8桁の番号を確認してください。

これが会員番号です。 カードがそもそもない場合は、フリーコール(0120-629-215)へ電話してカード利用を停止してもらいましょう。

その上で、本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)をどれか持ってむじんくん(自動契約機)・店頭窓口・郵送のいずれかを利用してください。

暗証番号がロックされている

暗証番号が正しいはずなのに、画面がロックされていることがあります。一定回数以上入力を間違えてしまうと、ログインができなくなるように設定されているんですね。

この場合も、フリーコール(0120-629-215)へ電話して解除してもらうように依頼してください。

とにかくログインできない!

会員番号も暗証番号も合っているのにログインできない!という場合は、ページがメンテナンス中になっていないか確認しましょう。

毎週月曜日の1:00~5:00はメンテナンス中です。夜中に使用する習慣がある場合は、注意が必要ですね。

また、毎月第3日曜日の 0:00 ~ 5:30(6月、9月の第3日曜日は 0:00 ~ 6:00)や1月1日 20:00 ~ 1月2日 6:00も使えません。

慌てないで!アコム会員ページのパスワード確認

会員ページのログイン時にパスワードを忘れてログイン方法が分からない場合、どうすればよいのでしょうか。

ここでは、パスワードの確認方法や再発行方法などについてご説明します。

会員パスワードはATM暗証番号

会員パスワードは数字4桁なのですが、これはATMでアコムの借り入れを行うときに入力するときの暗証番号4桁と同じです。

ATMで借り入れができる人は、会員ページにもログインできるはずです。

アコムに問い合わせる

パスワードも暗証番号も忘れてしまった場合は、アコムに問い合わせれば問題ありません。

もっとも楽なのは、電話で尋ねることでしょう。

アコム総合カードローンデスク(0120-629-215)に連絡すればOKです。 あるいは、アコムの店舗かむじんくん(無人契約機)へ来店すれば確認できます。

本人確認書類として、運転免許証かマイナンバーカード、パスポートのいずれかを持参しましょう。

パスワードを忘れても振込融資は可能

パスワードが分からないと会員ページにログインできないのですが、実は会員ページを使わなくてもお金を借りることはできます。

アコム総合カードローンデスク(0120-629-215)に電話をすれば、振込融資の依頼を行うことができます。

平日14:30ごろまでに依頼すれば、当日中に振り込んでもらえる可能性が高いです。また、楽天銀行の口座の場合はほぼ24時間(0:10~23:50)振込を受け付けています。

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

アコム会員なら知っておきたい最寄りの店舗

アコム会員であれば、あなたのお住まいの近くに店舗があるのかや、いつ行けば対応してもらえるのかなどは知っておきたいかと思います。

ここでは全国各地に存在するアコムの店舗情報や、営業時間、ATM情報をお伝えします。 また、困った時に頼りになるコールセンターの情報についても紹介します。

特に困った時に役に立つかと思いますので、しっかりと確認しておきましょう。

アコムの店舗は全国各地に存在

アコムは全国各地に店舗やATMを持っており、エリアごとに都道府県を区分しています。それぞれのエリアを把握しておきましょう。

《アコムの店舗や無人契約機、ATMがあるエリア》

エリア 都道府県名
北海道エリア 北海道
東北エリア 青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県
関東エリア 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県
甲信越・北陸エリア 山梨県、長野県、新潟県、富山県、石川県、福井県
東海エリア 愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
近畿エリア 大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県
四国エリア 徳島県、香川県、愛媛県、高知県
中国エリア 岡山県、広島県、鳥取県、島根県、山口県
九州エリア 福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県
沖縄エリア 沖縄県

アコム会員なら知っておきたい営業時間

アコムの営業時間は、店舗かATM、無人契約機かによって異なります。利用する場合には、それぞれの営業時間を事前に確認しておきましょう。

【アコムの営業時間】

  • 無人契約機:8時~22時
  • ATM:原則24時間(メンテナンス時間あり)
  • 店舗:平日9時半~18時

ただし、店舗やによって営業時間が大幅に異なる場合もありますし、即日融資を希望する場合は、手続きにかかる時間を考慮して、1時間以上ゆとりを見ておく必要があります。

アコム会員なら知っておきたいATM情報

アコムで利用可能なATMを一覧でまとめます。いずれも原則24時間取引が可能なので、外出ついでに利用すると良いでしょう。

《アコムのATM情報》

コンビニATM
Enet ファミマ、サークルKサンクス、ミニストップなど
ローソンATM  
セブン銀行 23:50~0:10は利用不可
提携銀行ATM
イオン銀行、熊本銀行、親和銀行、ZEROBANK(一部ATM)、第三銀行、東京スター銀行、西日本シティ銀行、八十ニ銀行、広島銀行、福岡銀行、北陸銀行、北海道銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行

※1万円以下108円、1万円以上216円の利用手数料必要。
※毎週月曜1:00~5:00はアコムのメンテナンスのため利用不可

困った時のコールセンター一覧

アコムのコールセンターには、アコムプッシュホンサービス24、アコムフリーダイヤル、アコム総合カードローンデスク、お客様相談センター、ショッピングデスクなど、さまざまなコールセンターがあります。

受け付け内容が異なりますので、適切な窓口に連絡する必要があります。

《アコムのコールセンター一覧》

コールセンター名 対応可能な内容 電話番号
アコムプッシュホンサービス24 振込キャッシング・残高照会など 0120-134-567
アコムフリーダイヤル 初回利用・カード紛失や盗難など 0120-07-1000
アコム総合カードローンデスク 既会員向け問合せ窓口など 0120-629-215
お客様相談センター その他全般 0120-036-390
ショッピングデスク 海外からの問い合わせ対応 03-3221-9225

アコムの詳細はコチラ >>

アコム会員なら知っておきたい豆知識

アコムを利用している時に、気を付けないと思わぬ落とし穴にはまることがあります。それは、返済についての内容です。

ちゃんと返済して完済したつもりでも、実は完済できていない可能性があるのです。

そのようなことにならないために、アコム会員なら知っておきたい豆知識として「ATM返済なら残高が残る」「無利息残高がある」「完済しても解約にはならない」の3つのことを理解しておきましょう。

ATM返済なら残高が残る

アコムの返済をする時に、ATMを利用するケースは多いと思いますが、残念ながらATMでは硬貨の入金ができません。お釣りにも対応していません。

硬貨での入金ができないとなると、端数が残ってしまいます。 たとえば残り3,500円で完済の時に、3,000円しか入金できなければ、500円が残ってしまうため、完済とならないのです。

もしも完済をしたい場合で、1,000円単位の残高でない場合には、ほかの方法で返済する必要があります。 気が付かずにATMの前で迷ってしまう人もいらっしゃいますので、知っておくと良いでしょう。

無利息残高がある

アコムでのATM取引で1,000円未満の残高が残った場合には、無利息残高となります。つまり、その残高には利息が付かないというものです。

利息が付かないのであれば、このまま放っておいたとしても借金が膨れ上がりませんから、放置している人もいるようです。

では、無利息残高がどういう扱いになるかというと、次に取引をした時に無利息残高分が加算されます。

たとえば無利息残高が300円だった場合で、1万円おかねかりた場合、借入額は1万300円という扱いになるのです。

完済しても解約にはならない

ここで大きな落とし穴があるのですが、無利息残高がある場合には、本人としては完済したつもりだとしても、完済とはなっていません。

そのため、アコムを解約することができないのです。 無利息残高は返済義務がありませんが、残っている場合は解約ができないルールとなっているため、契約だけは続くことになります。

契約が続いていると、今後他社のローンに申込む場合に不利となってしまいます。

カードローンやキャッシングに限らず、住宅ローンやクレジットカードの審査にも影響が出てしまいますので、気を付けた方が良いかと思います。

利用停止でログインできない理由とは?

アコムの会員サービスページにログインできない原因としては、アコム自体の利用停止となってしまったために、ログインできないというケースもしばしば見られます。

このようなことを防ぐには、どういう場合に利用停止になるのかを知っておく必要があります。

ここでは、アコムの利用停止でログインできない理由として、「短期間に複数回の借入れをした」「遅延や滞納をした」「総量規制に引っ掛かった」「他社借入を行った」「収入証明書を提出しなかった」「個人情報の間違いを訂正しなかった」の6つを紹介します。

利用停止になる前に、反面教師としておきましょう。

短期間に複数回の借入れをした

短期間に複数回の借入れをした場合には、アコム側から利用を停止される可能性があります。

短期間に何度も利用をしているということは、それだけお金に困っているのかとみなされ、返済能力に疑問が持たれてしまいます。

信用調査は申し込み審査の時だけでなく、利用中にも行われますので、もしもアコムから危険視された場合には、利用を止められてしまうのです。

万一利用を停止されてしまった場合には、すぐに解除してもらうのは厳しいようです。 アコムの担当者と話し合い、問題がないと判断されれば、翌月以降に再び利用ができるようになります。

限度額の範囲では何度でも借入れや返済が可能だとしても、安易な利用は控えましょう。

遅延や滞納をした

遅延や滞納をした場合にも、借入れの利用が止められてしまいます。数カ月滞納してしまうというような場合には、督促や取り立てが入る可能性があります。

数日の場合は大丈夫だと安易に考えている人がいらっしゃいますが、数日の遅延や滞納を繰り返し行っていると、利用停止のペナルティーを追うことになります。

個人信用情報に掲載されれば、他社借入れでも不利となります。遅延や滞納は絶対にしないように気を付けましょう。

たとえ1秒であったとしても、支払い日に間に合わなければ遅延ですので、ゆとりを持った返済を心がける必要があります。

総量規制に引っ掛かった

総量規制に引っ掛かった場合にも利用停止となります。総量規制とは改正貸金業法のルールで、年収の3分の1を超える融資をしてはいけないというものです。

総量規制がない時には、過剰な貸し付けによる自己破産者が増加し、自殺者も続出したため、このようなルールが設けられました。

もしも現在借入れをしている場合、総量規制に引っ掛かってしまった場合や、引っ掛かる可能性がある場合には、利用停止となってしまいます。

このような事情で利用停止にならないように、年収に見合った借入れ計画と返済計画を立てておく必要があります。

他社借入を行った

アコムとは関係のない他社で借入れをした場合にも、利用停止となってしまう可能性があります。カードローンやキャッシングでは、他社借入があると審査で不利となります。

多重債務に苦しんでいると、きっちりと返済がなされない可能性があがりますし、返済が焦げ付いた場合に、自社の融資分から返ってくるとは限らないからです。

また、総量規制は他社の借入れも全て合わせて、年収の3分の1を超える融資ができないとされていますので、他社借入によって総量規制に引っ掛かる場合もあります。

いずれにせよ、現在アコムを利用している上で、他社からお金借りる場合には、利用停止の可能性に配慮しなければならないのです。

収入証明書を提出しなかった

アコムは原則50万円以下の利用であれば、収入証明書が不要としています。しかし、場合によっては利用中に収入証明書の提出が求められることがあるようです。

もしも、アコムからの要望に応じず、収入証明書を提出しなかった場合には、利用を止められてしまうことを覚悟しなければなりません。

実は、50万円以下の場合は収入証明書を提出が不要としているのは、50万円を超える場合に提出が法律で義務付けられているという背景があります。

つまり、50万円以下であったとしても、収入証明書の提出を求めてはダメというわけではありませんので、提出が求められることもあるのです。このような場合には、必ず提出しましょう。

個人情報の間違いを訂正しなかった

アコムに申込む場合には、審査を受ける前に個人情報を記入しているはずです。氏名や住所、電話番号だけでなく、勤務先や年収まで、詳しく書かなければなりません。

この内容が間違っていれば、そもそも審査に通過することは困難ですが、途中で申し込み情報が変わる可能性もあるでしょう。

そのような時に変更後の個人情報に訂正しないと、利用を止められる可能性があります。

勤務先が変わった場合や、年収が落ちた場合、家族構成や住宅事情が変わった場合など、生活状況が変わったのであれば、迅速にアコムに変更を届ける必要があります。リアルタイムに届けておきましょう。

アコムがダメだった時はココ

アイフルの詳細はコチラ >>

アコムの会員ページに登録するメリットまとめ

アコムの会員ページは、追加融資や繰り上げ返済のしやすいお得なサービスです。

利用明細のチェックも可能なので、会員番号やパスワードは覚えておいて、たまにチェックするようにしておきましょう。

特に、繰り上げ返済はとても重要です!ボーナスをもらった時のように、お金に余裕がある場合はムダに使わずアコムの返済に充てましょう。

そうすることで、支払利息を抑えて将来の自分が大変助かります。会員ページを制するものがアコムを制す!その心づもりで、上手に会員ページを使いこなしてください。