カードローン110番 > アコムの申し込み前に必見!契約手続き前に理解しないとやばいですよ > アコムとアイフルはどっちがおすすめ?1分でわかる違いとお得さ比較

アコムとアイフルはどっちがおすすめ?1分でわかる違いとお得さ比較

初めて消費者金融のカードローンを利用しようとすると、「どこも同じことを言っていて違いがわからない」というのが正直なところではないでしょうか?

今回は特に「アコム」と「アイフル」という名前も色も似ている2社に焦点を当てて違いを比較してみました。

初めての方でも1分で理解できるように、簡潔に分かりやすく解説しています。

【目 次】
  1. 結論:アコムがおすすめ!
  2. 1分でわかるアコムとアイフルの比較結果
  3. アコムとアイフルのメリット・デメリットを詳しく解説
  4. アコム・アイフルのメリット・デメリットまとめ

結論:アコムがおすすめ!

アコムとアイフルどちらがおすすめか?という問いに対し、結論からお伝えすると「アコムの方がおすすめ」です。

両者のサービスに圧倒的な差はありません。しかし、後ほどお見せするように細かいサービス面でアコムの方が優れていることが多いです。

アコムを選ぶ際に注意すべきことがあるとすれば、以下の1点のみです。

30日間金利0円サービスを受けたいなら「35日ごと」の返済を指定する

上記さえ押さえておけば、アコムを選んで失敗することはありません。

手軽で早いのはネット申し込み

アコムを申し込むのに最も早くて手軽なのはネットでの申し込みです。お急ぎの方は下のボタンから申し込みページに行くことができます。

アコムの詳細はコチラ >>

1分でわかるアコムとアイフルの比較結果

アコムとアイフルのサービスの差が一目で分かるように一覧にまとめました。

優れている方にをつけ、注目すべき事項は赤字にしています。ご覧になればアコムの便利さがお分かり頂けると思います。

  アコム アイフル
限度額 ◎WIN
最大800万円
○LOSE
最大500万円
利息(年率) ◎WIN
3.0%〜18.0%
○LOSE
4.5%〜18.0%
最低返済額
(10万円借入時)
○DRAW
1,500円〜5,000円
※契約限度額によって変動
○DRAW
4,000円
即日振込融資 ◎WIN
楽天口座なら24時間365日OK
○LOSE
平日14時10分までに依頼
審査時間 ○DRAW
最短30分
○DRAW
最短30分
30日間金利0円 ○LOSE
【条件2つ】
初回利用+35日ごと返済
◎WIN
【条件1つ】
初回利用
手数料0円の
返済方法
◎WIN
・店頭窓口
・アコムATM
・口座振替
ネットバンキング
○LOSE
・店頭窓口
・アイフルATM
・口座振替
自社ATM数 ◎WIN
1,076箇所
(2018年8月31日現在)
○LOSE
472箇所
無人店舗数 ◎WIN
1,014店舗
(2018年8月31日現在)
○LOSE
908店舗
有人店舗数 ○LOSE
22店舗
(2018年8月31日現在)
◎WIN
25店舗
女性への配慮 ○DRAW
女性専用ダイヤル
○DRAW
女性専用カードローン
クレジットカード ◎WIN
マスターカード発行可
×LOSE
なし
カードデザイン ○DRAW

シンプルでかっこいい
○DRAW

選べる可愛いデザイン
点数(※) 8点
(◎WIN:8個)
2点
(◎WIN:2個)

※◎1個につき1点として計算

総合的にアコムの使い勝手が良い

上の比較表から、アイフルよりアコムの方が利便性が高いことが分かります。特に注目すべきは、

  • 即日融資の受けやすさ
  • 返済のしやすさ

という点でアコムが優れていう点です。

  • 審査が不安
  • 早くお金が借りたい
  • 借りた後の利便性も気にしている

という人はアコムを選んでおけば間違いないです。

審査が不安な方はまず「アコム審査落ちに共通する6つの特徴と審査に通りやすい条件や内容を徹底検証」を読んで、ポイントを押さえておきましょう。

アコムの詳細はコチラ >>

参考:プロミスは無利息サービスがお得

大手消費者金融のアコム、アイフル、プロミスはほぼ同水準のサービスを提供しています。

無利息期間の開始時期を自分の都合に合わられるのがプロミスの強みです。

金利0円をできるだけお得に使いたいのであれば、プロミスを選ぶのもありです。

ただ、審査が不安であれば、やはりアコムがおすすめです。

プロミスとアコム、プロミスとアイフルの比較について、それぞれ記事にしています。気になる方は、ぜひ参考材料にご覧ください。

プロミスの詳細はコチラ >>

アコムとアイフルのメリット・デメリットを詳しく解説

初めての方でも分かりやすいように、できるだけ簡潔に比較をさせて頂きました。ここでは、各比較項目について、もう少し掘り下げて解説していきます。

アコムの最大限度額は800万円

最大限度額が高いのもアコムのメリットです。アイフルが最大500万円なのに対し、アコムは800万円までの融資を行っています。

実際、初回の契約で数百万円レベルの借入枠をもらうのは容易ではありませんが、審査通過後に返済実績を作ることで限度額を増やしていくことも可能です。

最終的に大きな金額を希望するのであればアコムが有利です。

参考:アコムで年収と審査・限度額の関係は?いくらまで借りられるか見通しをつけよう

アコムは最低金利が安い

アコムとアイフルの金利は以下の範囲内で設定されます。

  • アコム :年3.0%〜18.0%
  • アイフル:年4.5%〜18.0%

基本的には限度額の大きさによって金利が変わり、限度額が大きくなるほど金利は安くなります。

実際にアコムから年3%で借入れするには、800万円に近い限度額で契約する必要があります。これは非常に難しいことです。

しかし、他社と比べて下限の金利が低いということは以下のようにも考えられます。

他社よりも金利の引き下げが望める

カードローンの利用実績を作ると、借入枠の増額や金利の引き下げを認めてもらうことが可能です。

アコムは金利の引き下げの余力が大きい分、他社よりも早いスピードで引き下げを期待できるとも考えられます。

詳しくは「アコムの限度額は増額可能?追加融資を受ける方法を徹底解説」で解説しています。

参考:アコムの金利早見表

アコムで10万円、30万円、50万円、100万円借りた場合の金利早見表や返済シミュレーションは以下の記事で解説しています。

アコムは楽天口座への振込に24時間対応

振込融資自体はどちらも可能です。振込融資のメリットはカードを受け取ることなく融資を受けられる点で、即日融資を希望する場合に非常に便利です。

アイフルの場合には即日振込を受けるには、当日14時10分までに振込を依頼する必要があります。

アコムの場合には楽天口座への24時間振込サービスがあるため、夜間の申し込みでも即日振込に対応しているのが利点です。

アコム・アイフルとも審査時間は最短30分

どちらも最短30分のスピード審査を掲げており、審査時間に大きな差はないと言えます。お金を借りることまで考えると、

  • アコムの方が自動契約機が多い
  • アコムは楽天口座への振込に24時間対応

という点でアコムの方が当日中の借入に便利だと言えます。

アイフルの無利息条件は「初回利用」だけ

アコム・アイフルどちらも30日間金利0円サービスを実施しています。

アコムとアイフルで異なるのはアコムの方が、無利息サービス適用のための条件が多いことです。

  アコム アイフル
30日無利息の
条件
1.初回利用者であること
2.返済期日を「35日ごと」に設定した人
1.初回利用者であること
無利息期間の
開始日
契約日の翌日から

また、無利息期間の開始日は「契約日の翌日」です。実際にお金を借りていなくても、契約日の翌日から30日の無利息期間がカウントされていきます。

無利息期間を最大限に活用したいなら、お金が必要なタイミングで契約をして、すぐに借入れるようにしましょう。

無利息サービスの利用方法は「アコムの無利息期間を利用してお得にキャッシングをする方法」で詳しく解説しています。

それでもアイフルという方はこちら

アイフルの詳細はコチラ >>

アコムのネット返済なら振込手数料ゼロ

  • 自社ATM
  • 店頭窓口
  • 提携コンビニ
  • 銀行振込

など、カードローンの返済方法はいくつもありますが、ネットバンキングは自宅にいながら返済ができる非常に便利な方法です。

アコムもアイフルもネットバンキングでの返済が可能ですが、振込手数料無料というのがアコムの大きなメリットです。

借入を上手に使いこなすには、このようなムダなコストをいかに節約するかが重要です。返済について詳しく知りたければ以下の記事を参考にして下さい。

自社ATM数の多いアコムは返済に便利

手数料無料で返済を行う手段として自社ATMは重宝します。自社ATMが多ければ、自宅近くはもちろん出先でも返済がしやすいので、数は多いに越したことはないです。

  • アコム:1,076箇所(2018年8月31日現在)
  • アイフル:472箇所

と、アコムのATM設置場所はアイフルの2倍以上を誇ります。自社ATMの設置数という面から見ても、アコムの利便性の高さが分かります。

店舗数の多いアコムは契約に便利

消費者金融を利用するためには、ローンカードを受け取る必要があります。

  • 郵送で受け取る
  • 店頭で受け取る
  • 自動契約機で受け取る

といった方法がありますが、誰にも知られず早く受け取るという意味では「自動契約機」での受け取りがベストです。

無人店舗の数は、

  • アコム:1,046店舗(2018年8月31日現在)
  • アイフル:980店舗

とアコムの方が多く、カードの受け取りやすさという面でも優位性があります。

アコム・アイフルともに女性専用窓口を設置

女性の場合には特に、女性スタッフの方が相談しやすいということもあるのではないでしょうか。

アコムもアイフルも女性スタッフが対応してくれる女性専用窓口が設置されています。両者とも女性に配慮したサービス展開をしています。

アコムはクレカへのステップアップが可能

アコムのマスターカードは日本で唯一、消費者金融が発行するクレジットカードです。

審査基準が異なるため、「他社クレカで審査に落ちたけど、アコムマスターカードは取得できた」との声も多いクレジットカードでもあります。

将来的にクレジットカードが欲しいという人がカードローンからステップアップしたり、他社で全滅したけどどうしてもクレカが欲しいという人がチャレンジするのに最適なカードです。

アコムマスターカードの審査については以下の記事で詳しく解説しています。

恥ずかしくないカードデザイン

各社、カードの見た目には配慮があり、社名やロゴないデザインを採用しています。カードを見られた瞬間に消費者金融だとバレることはないでしょう。

アコムのカードデザイン

アコムは2017年からカードデザインが変更になり、黒が基調のスタイリッシュな見た目となりました。

アイフルのカードデザイン

アイフルのスタンダードなカードは白に黒ラインが入ったシンプルなデザインです。

女性専用カードローンの場合には、一見カードローンとは思えない華やかで可愛らしいデザインとなります。

アコムの詳細はコチラ >>

アコム・アイフルのメリット・デメリットまとめ

最後に今回比較したアコムとアイフルの特徴をメリット・デメリットという形で要約しました。

  アコム アイフル
メリット 1.借入限度の最大値が大きい
2.契約機が多く24時間振込サービスがあるので即日借入しやすい
3.ネット返済なら振込手数料0円
1.初回利用であれば30日間金利0円が受けられる
2.女性専用カードローンを実施している
デメリット 1.金利0円の条件がアイフルより多い 1.アコムと比べてATM設置数が少ない
2.インターネットバンキングでの返済に振込手数料がかかる

これまでお伝えしてきたとおり、アコムの方が痒いとことに手が届いていると言えますが、両者のサービスに圧倒的な差というものはありません。ご自宅に近い方を選んでも失敗することはないでしょう。

もしまだ迷っているということであれば、使いやすさという観点からアコムを選んでみてはいかがでしょうか?

アコムの詳細はコチラ >>

アイフルの詳細はコチラ >>