アコム一括返済はどうすればいい?その方法を丸ごと解説!

サイトマップ
カードローン110番 > アコムの申し込み前に必見!契約手続き前に理解しないとやばいですよ > アコム一括返済はどうすればいい?その方法を丸ごと解説!

アコム一括返済はどうすればいい?その方法を丸ごと解説!

アコムはカードローンやクレジットカード、キャッシングがスピーディーな審査で利用できる便利なサービスです。

そんなアコムでカードローンを利用した場合、基本的には毎月決まった金額を返済していくこととなりますが、たとえばボーナスなどでまとまったお金が入った時には、一括返済をするという方法も可能です。

一括返済をすることで、借り入れの元金が減少し、利息分が浮くというメリットがあります。

また、借金の返済が終わったり借入額が軽減されると、精神的にも楽になりますので、少しでも多めの返済がおすすめです。

この記事では、アコムの一括返済の方法について詳しく解説し、少しでもお得に返済するにはどういう方法が良いのかも含めて紹介します。

【目 次】
  1. アコムへの一括返済最大のメリットは利息を大幅に節約できること
  2. おすすめはアコムの無利息サービスでの一括返済が超お得
  3. アコムへの一括返済の流れ
  4. 一括返済するための3つの方法をご紹介!

アコムへの一括返済するための特別な手続きは不要

アコムへの一括返済は、借入残金と利息を一括で返済します。アコムだけに限らずカードローン残金を一括返済するためは、特別な手続きは一切不要です。

特別な書類を用意する必要も無く、元金と返済日までの利息を支払えばいいだけです。

全返済額を知るにはアコムのコールセンターに電話するのが一番早い

アコムへ一括返済する際の利子と元金は、自分で計算することも可能ですが、端数も含めて一括返済する場合は、アコム総合カードローンデスクへ連絡して確認するのが一番早いです。

その際、あらかじめアコムへの一括返済日を決めておき、全額の返済額を出してもらいましょう。

■アコム総合カードローンデスク

0120-629-215
営業時間は平日の9:00~18:00

自分でアコムからの借入残高を確認する方法

アコムへの返済が口座振替あるいは利用明細書の郵送を希望している場合は、カードローンの利用明細書で確認することができます。

ただし、利用明細書の発行日を経過しますと金利分の返済が増えてしまいますので、最新のローン残高を確認する際は、WEBで確認することをお勧めします。

WEBで利用明細を確認する際は、「アコムの会員ページ」へログイン後、「明細の確認」から現在の借入残高の確認を行うことができます。

参考:アコムの会員ページにログインすると超便利!必要手続きが全部できるよ

全額返済してもアコムとの契約が無くなるわけではない

なお、アコムへ一括返済したからと言って、アコムとの契約が無くなるわけではありませんので、いつでも借入可能です。

クレジットカードと違いローンカードは、年会費も一切かからないため、万が一の時に備え財布の中に入れておくのも悪くありません。

アコムとの契約を終わらせたいなら解約手続きが必要です。詳しくは「アコムの解約方法」で解説しています。

アコムへの一括返済最大のメリットは利息を大幅に節約できること

アコムへの一括返済における最大のメリットは、やはり「返済の利息総額を大幅に減らすことができる。」それに尽きると言っても良いでしょう。

アコムからの借入における利息の計算方法は

利息=借入残高×実質年率÷365×利用日数

となります。

そのため、長期借入になればなるほど、返済しなければならない利息総額が増えます。特に限度額50万円以下の場合は、金利が高めとなるめ利息総額が増える傾向にあります。

それでは実際にアコムへの一括返済と分割返済を行った際の利息を比較したいと思います。

一括返済と分割返済との利息を比較

アコムへ一括返済することで、どの程度利息の総額が変化するのか、具体例を挙げます。

アコムから金利18.0%、20万円、10回返済したとしますと、利息総額は16,864円となります。

同様に、アコムから金利18.0%、20万円を1回で返済した場合、利息総額は3,000円です。

返済回数を減らして早く返済すればするほど、利息の総額が少なくなります。

なお、アコムへの返済は、コンビニATMや提携金融機関のATMで返済すると1万円までは108円、1万円を超えると216円の手数料がかかりますので、一括返済によってこれらの手数料も節約することができます。

詳しくは「アコムのお得な返済方法や返済額の節約を徹底解説」で解説しています。

おすすめはアコムの無利息サービスでの一括返済が超お得

アコムでは無利息の金利0円サービスがあります。サービス期間中は、アコムへ一括返済した場合は、利息が一切かかりません。

給料日前の金欠や30日以内に返済できる見込みがある場合は、アコムのカドローンを利用して賢く一括返済しましょう。

無利息サービスの利用方法は「アコムの無利息期間を利用してお得にキャッシングをする方法」をご覧ください。

アコムの詳細はコチラ >>

アコムへの一括返済の流れ

それでは、アコムへの一括返済する際の流れを解説します。

1.アコムへの一括返済日を決めておく
2.アコムへの返済総額を確認する
3.アコム返済方法を選択する

アコムへの一括返済日を決めておく

当たり前かもしれませんが、アコムへの一括返済日を決めておく必要があります。

基本的に返済日はいつでもOKなのですが、返済方法によって返済可能時間が異なります。返済方法については、後述します。

アコムへの返済総額を確認する

一括返済日を決めたらアコム総合カードローンデスクか?営業時間外であれば、WEB上から返済総額を確認します。

アコム返済方法を選択する

返済日、返済総額が決まれば返済方法を選択します。

一括返済するための3つの方法をご紹介!

アコムで一括返済をする方法は、アコムATMやコンビニなどの提携ATMなどから返済する方法と、アコムの店頭窓口から返済する方法、銀行振り込みで返済する方法があります。

アコムは最低返済額以上の金額であれば、月々の返済金額はあなたの自由に決めることができますので、これらのいずれかの方法で一括返済が可能です。

それぞれ手数料や返済可能な時間帯が異なりますので、余分な手数料や時間を費やさないようにあらかじめ知っておくと良いでしょう。

では、それぞれの返済方法を具体的に解説します。

1.ATMからの返済する

ATMでの一括返済は、アコムATMとコンビニなどの提携ATMから行うことができます。

アコムATMは全国の「むじんくん」と併設されており、店舗によっては一括返済ができないATMもありますが、基本的にはここからの返済が可能です。

提携ATMでの一括返済は、全国のコンビニ内に設置されているATMから利用可能で、セブンイレブンやローソン、ファミリーマートのほか、ミニストップやサークルKサンクス、スリーエフやデイリーヤマザキなど、大半のコンビニから返済できます。

詳しくは「アコムが借入返済可能なコンビニ一覧|利用時間と手数料に注意!」をご覧ください。

手数料は、アコムATMからの返済の場合は無料ですが、提携ATMの場合は1万円以下の取り扱いが108円(税込)、1万円を超える取扱が216円かかります。手数料の割合を下げるためには1回で多めに返済するとお得です。

アコムATMや提携ATMでの注意点は、取引が1,000円単位という条件がつくところです。

たとえば端数が出た場合には、端数分が返し過ぎとなり、その分は次回のカードローンの借り入れの時に清算されます。

つまり、再度カードローンを利用しない限り、端数分が無駄となてしまいますので、端数を出したくない場合には他の方法を選びましょう。

アコムの詳細はコチラ >>

2.アコム店頭窓口から返済する

アコムの店頭窓口から一括返済する場合は、アコムの営業時間内に行くことによって対応してもらえます。

店頭窓口の営業時間は、平日の朝9時30分から夕方18時までで、土日祝日はお休みとなっています。

店頭窓口から返済すると、返済額がいくらなのかもその場で教えてくれますし、他にも分からないことがあれば質問することができるので安心です。

ただ、仕事などの都合で土日祝日しか店頭窓口に行くことができない人や、人に見られることに抵抗がある場合には、提携ATMか銀行振込での返済が良いでしょう。

3.銀行振込で返済する

銀行振込で一括返済する場合は、インターネットから振込む場合と、金融機関やATMから振込む場合の2種類の方法があります。

いずれの方法も、まず返済額がいくらなのかを確認してからの返済が必要です。

アコムの返済は金利分の支払いを前提に月々返済しているので、一括返済すると利息総額が変わり、返済総額を計算する方法は複雑です。

そのため確実な金額を返済するために、返済前の確認が重要となります。

振込み手数料は、インターネットの場合は無料で、インターネット以外の場合は108円から216円の負担が必要です。

インターネットからの振込みをする場合には、事前に金融機関のネットバンクの申し込みが前提となるので、さきにネットバンクを利用できるようにしておきましょう。

ちなみに、余談ではありますが、毎月の返済では口座振替の利用も可能で、口座振替の場合には毎月6日という期日指定で引き落としとなります。

一括返済しない場合に確実に返済する方法として参考にしておきましょう。

アコムの詳細はコチラ >>

多忙な人は要チェック!返済可能な時間帯

アコムで返済可能な時間帯についてもう少し詳しく紹介します。店頭での場合は平日の9時30分から18時までで土日祝日が休み、金融機関からの振込みの場合は金融機関が空いている時間に限られてしまいます。

そのため、もっと自由度の高い返済時間を選びたい場合には、24時間365日返済可能なATMやインターネットからの振込みがオススメです。

ただし、ここに1点だけ注意点があります。実は24時間365日とうたっているこれらの返済方法ですが、厳密にいうとメンテナンス時間は利用ができません。

アコムのメンテナンスは毎日23時50分から0時10分までと、毎週月曜日の1時から5時まで、セブン銀行のATMは23時50分から0時10分、イオン銀行のATMは23時45から0時10分の間は利用不可となります。

また、インターネットバンクの場合も各金融機関ごとに定められたメンテナンス時間がありますので、タイミングによっては返済できない時間帯があるということを想定しておきましょう。

気になる返済金額!一括返済金額を確認する方法とは?

一括返済をする時に、その金額がいくらなのかはどこに聞けば確認できるのでしょうか?

結論からいうと、アコムの総合カードローンデスクに確認すると確実に返済金額を教えてくれます。

アコム総合カードローンデスクは会員用のフリーダイヤルで、0120-629-215に電話をすると無料で利用可能です。

受付時間は平日9時から18時という制限があるので、仕事をしている人は休み時間を利用しなければならない不便がありますが、それでも確実な金額を知ることができるので事前確認は重要です。

振込み先の口座も同じ窓口で教えてもらえますので、金額確認の際に一緒に確認しておくと安心です。

結局いちばんお得に返済する方法ってなに?

アコムの一括返済は、インターネットバンクを活用すると、手数料いらずで最もお得に返済することができます。また、自宅から返済可能なので、最も便利に返済する方法でもあります。

ただ、インターネットバンク自体を利用していない場合には、わざわざ手続きをすると手間がかかりますので、その場合には手数料がかかったとしてもATMから返済しましょう。

手続き中にも利息がかかりますので、早めの返済がオススメです。

返済後は解約したほうがいい?

一括返済したらアコムの解約をしたほうがいいのでしょうか?実はそのまま解約しなかったとしても、特にかかる費用はありません。

また、借入することもできますので、そのまま解約せずに会員になっておいた方が無難でしょう。

ただ、再度借入れする前には、他の会社との条件を比較したほうが得な場合があります。比較してから借入れるようにしましょう。

また借りたい場合は他社がおすすめ?プロミスとの金利を比較

再度借入れをする場合にはアコムで借りるよりもプロミスがおすすめです。

アコムの金利が3%~18%に対してプロミスの金利は4.5%~17.8%と、アコムよりも金利メリットがあります。

アコムは審査スピードが早いことが売りですが、プロミスも最短1時間で借り入れ可能なため、急ぎの時にも助かります。

ほかにも、土日祝日の借入れや、初回利用での30日間無利息サービスなど、充実したサービスを誇っているので、再度の借入時には要チェックです!

アコムから一括返済のお願いが来ることも・・・

一括返済を希望していないにも関わらずアコムから一括返済のお願いが来ることもあります。

通常、カードローンは分割払いが基本なのですが、アコムでの長期延滞や滞納をしている場合、アコムから「一括返済」の督促状が届きます。

この場合、無視するのが最も最悪の対処ですので、返済が厳しい場合は、アコムへ今後の支払いについて相談することをお勧めします。

なぜなら、アコムへの滞納には、遅延損害金(実質年率20%)が発生している状態ですし、また信用情報機関に異動情報として記録されます。

例えば「支払いが厳しいため、元金ではなく利息のみの支払いにして欲しい」などこちらの要望を伝えれば、アコム側も相談に応じてくれます。

また、最悪、本当に返済が厳しい場合は、弁護士や司法書士などの専門家を利用してください。


アコムの詳細はコチラ >>

プロミスの詳細はコチラ >>