カードローン110番 > カードローン在籍確認対策まとめ!職場ばれが嫌な人はココ > 在籍確認でカードローン審査に落ちるのはもったいない!通るための秘訣を伝授

在籍確認でカードローン審査に落ちるのはもったいない!通るための秘訣を伝授

金融機関で行われるカードローンの審査手順の中に、在籍確認という勤務先の確認がされるものがあります。

そして、何の問題もなく審査に通過する人でも、在籍確認ができなかったためローンカードが発行されなければ残念ですね。

そこで、在籍確認の注意事項をまとめましたので、しっかりと頭の中に入れておいてください。

カードローンの審査に不可欠!在籍確認とは?

カードローンの申込みを金融機関にすると、お金を貸して問題ない人であるかどうかの審査が必ずされます。

そして、カードローンの審査にはどの金融機関に申し込みをしても、共通する手順が存在します。

その共通する審査手順のひとつに、在籍確認というものがあるのです。ではその在籍確認とは一体どのようなものなのでしょうか。

それは、簡単に一言でいうと、「申込書に記載した勤務先に勤めているかの確認」になります。そして、在籍確認をなぜ金融機関で行うのかをみていきましょう。

勤務実態を確認するため

カードローンの審査で重要なポイントとしてあげられるのが収入の確認です。金融機関が申込人本人の収入状況がどのようになっているのか、判断する大きな材料が勤務先の状況になります。

勤務先を判断するにしても、申込人本人が書類などに記載・入力をした勤務先の情報が、正しくなければ意味がありません。

そこで、金融機関は在籍確認という手段を取って、申し込みのときに申告された勤務先に電話をかけて、申込者が間違いなく勤務しているのかを確認します。

在籍確認できないと落ちるの?

在籍確認を金融機関でしたとしても、電話としたときに100%の確率で確認が取れるというものではありません。

それは、申込者本人が「離席中」「外出中」「休暇中」などのときに、金融機関で在籍確認をしたときには確認が取れないことになります。

このときに、審査に落ちてしまうのか不安な人もいるでしょう。しかし、在籍確認が1回できなかったため、審査に落ちるということはありませんので安心してください。

「離席中」や「外出中」であれば、何時頃電話をすると通じるか、「休暇中」であればいつ出勤をしてくるかの確認をした上で、再び在籍確認がされます。

また金融機関によっては、いつであれば連絡がつくのか確認が取れた段階で在籍確認が終了するところもあります。

金融機関にとって大事なことは申込者本人が間違いなく、申込時に届出のあった勤務先に勤めているかを確認することです。

したがって、必要以上に金融機関が在籍確認をすることはありませんので安心をしてください。

勤務先に勤めていることが確認できたときには、在籍確認が理由で審査落ちすることがありません。

在籍確認にまつわる不安

在籍確認と聞くと何だか不安になる人がいるようです。特に不安な要素が、会社に借金をすることが、ばれてしまうのではないかということではないですか。

金融機関が在籍確認をどのように行うのかは、この後に詳しく話をしていきます。

しかし、金融機関が在籍確認を行うときには、個人情報のこともありますので細心の注意を払い電話をします。したがって、余り不安にならずにカードローンの申込みをしてください。

また、電話で在籍確認があったとしても、銀行系であれば預金の募集などと電話がばれたときの理由を考えておけば問題ないでしょう。

プロミスの詳細はコチラ >>

在籍確認はどうやって行われる?

実際に金融機関でどのように在籍確認を行っているのか整理をしていきます。

在籍確認がどのように行われているのかを知っていれば、安心できることもありますのでしっかりとポイントを押さえておきましょう。

会社に電話がかかってくる

もう既に話をしているものもありますが、金融機関がどのように在籍確認をするのか話します。

在籍確認は、申込人の勤務先を確認するために、会社に電話がかかってきます。そこで、会社の電話応対をする担当者に、借金がばれてしまうのではないかと不安になる人がいます。

しかし、ほとんどの金融機関では会社名を名乗らずに、審査担当者個人の名前で電話をしますので安心をしてください。

金融機関から電話があるということを、極力知られないためにして在籍確認がすすめられます。

ただし、稀(まれ)に金融機関名を名乗って在籍確認をするところも存在しますので、事前にどのような形で在籍確認がされるのか確認をしておくと安心できます。

一般的には、審査担当者の個人名で電話がありますが、例外もありますので注意をしてください。

書類提出で対応してくれる業者もある

在籍確認がなかなかできない人や、コールセンターに電話で相談をすることによって、会社に確認されることなく済むことができる場合もあります。

全ての消費者金融や銀行で対応をしているわけではありませんが、一部の大手消費者金融で勤務先を証明する書類を提出することで在籍確認なしとなることができます。

どうしても在籍確認が不安だという人は、コールセンターに電話をして確認をしてみることをおすすめします。

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

在籍確認の、こんなときはどうなる?

在籍確認を金融機関にされたとして、「こんなときにはどうなるのだろう?」という疑問があるようです。

ネット上で多い疑問について、まとめましたので参考にしてください。

電話に本人が出たら?

金融機関が在籍確認のため、勤務先に電話をかけたときに、たまたま申込人本人が出てしまうということもあるでしょう。

このようなときには、在籍確認にならないのではないかと思う人もいるようです。

しかし、このときには本人の生年月日や、住所などの本人確認をされて在籍確認が終了します。

カードローンの申込時に届け出た勤務先の連絡先が間違いなく、かつ本人がそこにいると分かった段階で在籍確認は終了しますので安心してください。

同僚・上司が出た場合は?

在籍確認の電話に同僚や、上司に出られてしまったら困るという人もいるでしょう。借金をすることを、職場の人に知られたくないと思う人は多いです。

在籍確認は金融機関の名前でかかってくるものではなくとも、勘のいい同僚や上司の場合に気がつかれてしまったという事例はあります。

しかし、これらについては言い訳を考えておくと大丈夫でしょう。

銀行に申し込みをした場合は預金のセールスだったとか、消費者金融に申し込みをしたときにはクレジットカードに附帯している保険の説明だったなどと、カードローンとは別のことで電話があったことを具体的に話してしまいましょう。

同僚や上司は電話の内容までは分からないのです。

申込者本人がお金を借りることを意識しているため不安になることですが、必ずしも借金のために金融機関を使うわけではないときもありますのでそれらを電話があったときの理由としておくといいでしょう。

アコムの詳細はコチラ >>

誰も電話に出なかったらどうなる?

在籍確認の電話は、一般的には非通知の電話番号でかかってきます。勤め先によっては、非通知の電話番号は出ないところもあります。

勤務先の電話受け付け担当者が電話に出てくれなければ、在籍確認ができないことになり審査に通過できないことになってしまいます。

このようなことが分かっているときには、事前にコールセンターに電話をしておきましょう。コールセンターに相談をしておくと、電話番号が表示されるようにして在籍確認をしてくれます。

また、金融機関は一般的に公表されている電話番号は在籍確認に利用されませんので、どこから電話がかかってきたのか分からないようにしています。

休職中はどうなる?

職場を休職している人はどうなるのでしょうか。休職中にカードローンの申し込みをして、在籍確認をされたときには職場でどのように回答するかによって異なってきます。

職場の電話受け付け担当者が、金融機関から在籍確認の電話を取ったときに申込者本人が休職中であることを告げた場合は、カードローンの審査が可決されず保留になることがあります。

このようなときには、カードローンの申込みをする前にコールセンターなどに休職中であることを伝えておいた方が無駄な時間がかからずいいでしょう。

復職が間近なときには、減額されて審査に通過することもありますので、復職後に改めて増額審査をすることをおすすめします。

プロミスの詳細はコチラ >>

情報漏えい対策で何も答えてくれないときは?

勤め先で職員の個人情報を守るために、知らない人からの電話を拒否することがあります。この場合は、事前に職場の電話受け付け担当者に電話があることを伝えておくといいでしょう。

もし、それでも対応が難しい場合は、コールセンターに電話を事前にしておき相談をしてください。

そのときには、直近の給与明細などを送付することにより、在籍確認に変わるものとして対処をしてくれる金融機関もあります。

疑問に感じたことは、面倒くさがらずに金融機関のコールセンターに電話をして対処方法を聞いておくことをおすすめします。

在籍確認で審査が否決にならないために

カードローンの審査基準は銀行系、消費者金融系にかかわらず公表はされていません。

しかし、共通することとしては信用情報と在籍確認で、ある程度の審査通過の可否を決定するということです。

収入に問題がなく、信用情報にも傷がない人にとって、在籍確認ができないために、審査落ちになるということにならないために、ポイントを整理しましたのでしっかりと押さえておきましょう。

申告内容は正直に

カードローンの審査担当者談として、私が実際にであったできごとを話します。

カードローンに申込みをするときに、稀(まれ)に事実と異なったことを申込書に記入したり、話をしたりする人がいます。

このようなことは、絶対にしないようにしてください。担当者と話をしていて、延滞などの話になったときに、「延滞がない」といっているにもかかわらず信用情報を調べたら、延滞があったなどというケースはしばしばありました。

このときには、事前にしっかりと延滞があることを伝えた方が、心証が良いですし、いい担当者であれば対策を考えてくれることもあります。

また、勤務先も嘘をついても在籍確認をされれば、ばれてしまいますので申し込みのときには正直に話をするようにしてください。

嘘や誤った情報を申込時に伝えてしまうと、審査可決になるはずのカードローンが否決になるということもありますので注意をしてください。

アコムの詳細はコチラ >>

会社の電話番号が幾つもある場合

勤め先の電話番号が幾つもある場合に、どの電話を記入するといいのか迷う人もいるようです。

申込書にどの電話を記入するといいのか迷うようですが、一番は連絡が取りやすい電話番号を記入するといいでしょう。

直通があればその電話番号を、直通がなければ代表電話番号を記入しましょう。また、ホームページなどに公になっている、電話番号を記入してもいいです。

パートや派遣で働いている人の注意点

パートや派遣で働いている人の注意点は、勤め先に電話がかかってきて連絡がつくかどうかになります。特に派遣で働いている人は、派遣先の電話番号を記入するといいでしょう。

派遣元の電話番号を記入しても、在籍確認ができないことがありますので、一番確実な派遣先の電話番号を記入しておくのが問題ありません。

また、パートの場合はできれば働いている時間帯を指定しておくと間違いがないでしょう。

いずれにしても、必ず働いていることが証明できるようにしておくことが大事になります。

SMBCモビットの詳細はコチラ >>