横浜銀行カードローンを徹底検証

サイトマップ
カードローン110番 > 横浜銀行カードローン徹底検証 > 横浜銀行カードローンを徹底検証

横浜銀行カードローンを徹底検証

横浜銀行カードローンは、神奈川県横浜市に本店を置く地方銀行です。

地方銀行の中でもっとも資産総額が高い金融機関であり、豊富な資産をもとに低金利のキャッシングも展開しています。

「横浜銀行カードローン」は、金利年1.9%~14.6%、限度額10~1,000万円のカードローンです。

最大融資額1,000万円ですので、教育ローンや自動車ローン等の借り換え、おまとめにも利用できます。

銀行ですので総量規制の対象外であり、年収の3分の1以上借り入れできる可能性があります。

また、借入限度額300万円までは所得証明書類不要です。

「高額融資」「低金利」「収入証明書不要」と、三拍子揃ったローンですので、大きな金額を手間なく借りたいという方におすすめです。

毎月の返済額は2000円からですので、お金に余裕のない方でも安心です。

横浜銀行カードローンのメリットとは?

横浜銀行カードローンの対象は幅広く、20歳以上69歳以下の方で安定した収入があれば、パート・アルバイトでも申し込めます。

配偶者に収入があれば専業主婦でも申込可能であり、年金受給者も年金を収入として申請できます。

ただし、学生は収入の有無に関わらず申し込むことができません。

契約期間は1年間毎の自動更新であり、満70歳に達した方は新規借入できず返済のみとなります。

借金というと、担保・保証人が必要というイメージがあるかもしれませんが、銀行カードローンには保証会社というシステムがあり、審査に通過すれば自動的に保証会社の保証を受けます。

横浜銀行カードローンでは、「SMBCコンシューマーファイナンス(株)」が保証会社になりますので、独自に担保・保証人を用意する必要はありません。

審査に必要な書類(本人確認書類、収入証明書類)を用意し、申込書とともに提出すれば、あとは融資の可否を判断されます。

審査に通過すればそのまま契約手続きを行えますので、店舗に来店する必要もありません。

横浜銀行カードローンのデメリットとは?

ただし、横浜銀行カードローンは一部地域の方しか利用できません。

その地域とは、神奈川県、東京都、群馬県(前橋市、高崎市、桐生市)の在住の方、またはお勤めの方となります。

銀行カードローンの中には口座不要で申し込めるものもありますが、横浜銀行カードローンでは横浜銀行の口座が必要です。

申し込みの際は銀行口座なしでも申し込めますが、審査に通過した後口座開設の手続きを行う必要があり、融資までに少々時間がかかります。

カードローンの使い道は自由であり、おまとめローンにも使用できますが、事業用資金には使用できません。

来店不要・最短即日で契約できる

横浜銀行カードローンは、横浜銀行の利用実績に関わらず申し込むことができます。

今まで横浜銀行に口座を作ったことがない方も、審査通過後に新規口座を作成すれば利用できます。

原則的に300万円までは収入証明書類の提出が不要ですので、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類があれば、すぐに申し込むことができます。

ただし、すでに横浜銀行で他のローン(教育ローン除く)を利用している方は、収入証明書類の提出を求められる場合があります。

申し込みの流れは、銀行窓口・電話・FAX・インターネットから申し込み、審査回答の連絡が来たら契約手続きを行い、カード発行となります。

インターネットからの申し込みなら24時間365日いつでも好きな時間に申し込めます。

電話申し込みは24時間ではありませんが、平日9~20時、土日祝日9~17時までと長時間受付しています。

審査回答は電話で行われますが、自宅・会社・携帯(PHS)のいずれかの電話番号を指定できるので、家族に知られたくない方でも安心です。

回答は最短当日であり、ローンカードは簡易書留郵便にて自宅に郵送されます。

カードがお手元に届いたら、横浜銀行ATMやお近くのコンビニATM(セブン銀行、ローソンATM、イーネット、イオン銀行)で借入できます。

返済の時も同様に指定・提携ATMで返済できますが、イオン銀行ATMは返済時には利用できません。

また、いずれのATMも所定の利用手数料が必要となります。

すでに横浜銀行の普通預金口座をお持ちであれば、振込により即日融資可能です(受付時間によっては即日振込できない場合もあります)。

申込みはこちら

下限金利は年1.9%、上限金利は年14.6%

横浜銀行カードローンの特徴の1つに、金利が低いことがあります。

100万円以下は年14.6%、100万円超200万円以下は年11.8%、200万円超300万円以下は年8.8%…と100万円毎に低くなっていき、1,000万円では年1.9%になります。

金利は利用限度額に応じて予め決められていますので、申込前にきちんと計画を立てることができます。

融資額は最高1,000万円であり、総量規制の対象外ですので、大きなお金が必要になった時に貴重な選択肢となるでしょう。

ただし、変動金利ですので金融情勢によって随時見直しがあります。

返済金額は2,000円から

返済方法は、横浜銀行の普通預金口座からの自動引落としとなります。

返済日は毎月10日(土日祝日の場合は翌営業日)です。

銀行カードローンの場合、毎月の約定返済額は最低10,000円など、消費者金融と比べて高い傾向がありますが、横浜銀行カードローンは残高10万円以下の場合2,000円、50万円の場合10,000円、100万円の場合は15,000円と低めに設定されています。

多めに返済したい時は提携ATMやインターネットバンキングで自由に返済できます。

小田急線全70駅に提携ATMが設置されていますので、指定地域の方であればATMでの返済に困ることはないでしょう。

〈はまぎん〉マイダイレクトが便利

インターネットバンキング〈はまぎん〉マイダイレクトに登録している方は、カードローン口座をサービス利用口座に追加することで、いつでもネット上で借入・返済可能になります。

随時返済・一括返済も可能ですし、他行への振込手数料も窓口よりお得になりますので、未登録の方は早めに登録することをおすすめします。

土日祝日も含めて24時間営業ですので、銀行の営業時間外でも安心です(ただし、第一・第三月曜日など、システムメンテナンスのために利用できない日時もあります)。

電話による振込融資サービスはありません。新規に〈はまぎん〉マイダイレクトに登録する場合、契約カード・仮パスワードが送られてくるまで1週間ほど待つ必要があります。

「お取引はじめてパック」で普通預金口座を開設した方は、同時に〈はまぎん〉マイポイント・〈はまぎん〉マイダイレクト・横浜バンクカードの申し込みも行われていますので、必要書類が郵送されてくるのを待ちましょう。

「お取引はじめてパック」は、通常の口座開設手続きであり、カードローンの審査ではありません。


申込みはこちら