ソニー銀行カードローンの特徴とは?低金利&手数料無料!

サイトマップ
カードローン110番 > ソニー銀行カードローン徹底検証 > ソニー銀行カードローンの特徴とは?低金利&手数料無料!

ソニー銀行カードローンの特徴とは?低金利&手数料無料!

ソニー銀行は、ソニー銀行株式会社(通称ソニーバンク)の提供するローン商品です。ソニー銀行カードローンの金利は低く、年2.5%~13.8%(利用限度額800万円)です。

一般的な銀行カードローンの上限金利が15%前後、消費者金融が18%であるのに対し、ソニー銀行カードローンの上限金利は13.8%(しかも限度額60万円以上で12.8%)と、銀行と比較しても低金利です。

変動金利ですので市場の状況によって変わる可能性がありますが、基本的に低水準です。

総量規制対象外ですので、おまとめローンとしても使用できます。

申込みも公式サイト(パソコン・スマートフォン)から行い、初回振込サービスで最短即日融資または最短翌営業日融資となります。

申込みから借入・返済まで、すべてネット上で行えますので、ネット環境重視の方におすすめです。

ソニー銀行はネット銀行であり、窓口業務は行いません。

申込条件は?

金利が低いと審査基準も高くなりますが、ソニー銀行カードローンの場合、満20歳以上65歳未満の方で、安定収入のある方であれば、アルバイト、年金生活者、自営業者、学生でも申込可能です(更新は満70歳まで)。

また、配偶者に安定した収入があれば、専業主婦も限度額50万円まで利用可能です。

アコムが保証会社になっているので、担保・保証人は必要ありません。

利用にはソニー銀行口座が必要ですが、カードローンと一緒に申し込むことができるので、あまり気にする必要はありません。

ただし、その場合は即日融資不可となります。なお、審査に落ちてしまった場合は、口座開設もキャンセルされます。

公式サイトにアクセスし、申込フォームを送信すると審査の申請を行えます。審査時間は最短60分であり、登録したメールアドレスに仮審査の結果が通知されます。

ソニー銀行口座がある場合

すでに口座がある方は、そのまま銀行口座への振込依頼を行えます。

本人確認書類の提出は不要であり、借入限度額300万円以下であれば、収入証明書類の提出不要です。

ただし外国籍の方は在留カード、特別永住者証明書のコピーをFAXまたは郵送で送付する必要があります。

在籍確認は行いますが、本人確認の電話は基本的に行いません。提出書類がない方は、そのまま本審査となり、メールに審査結果が送られます。

審査に通過したら、すぐに会員サイトから振込依頼を行うことができます。ローンカードは簡易書留で送られます。

ソニー銀行口座がない場合

口座を開設する方も、カードローン申し込み後に在籍確認、本人確認、必要書類の提出.を行い、本審査に通過することで「初回振込サービス」を利用できます。

初回振込サービスとは、ソニー銀行に口座がない方でも、初回に限り任意の口座に振り込んでもらえるサービスです(手数料無料)。

初回振込サービスを利用すれば、ソニー銀行の口座を開設する前に融資を受けることができます。

必要書類は、本人確認書類のコピーと、振込口座の預金通帳(またはキャッシュカード券面)のコピーが必要になります(希望限度額300万円以上の場合は収入証明書類も必要です)。

公式サイトから「添付書」を印刷して、添付書と一緒に提出します。必要書類はネット上で提出することができず、

一番早い方法がFAXになります。コンビニのコピー機もFAXとして使用できるので、お急ぎの方はFAXを利用しましよう。

これで本審査は終了です。早くて申込日の翌日に審査結果がメールで届きます。平日14時30分までに審査結果を確認できれば、当日振込となります。

ローンカードは、キャッシュカードとともに本人限定受取郵便で送られます(審査回答後5~7日程度)。本人限定受取郵便は、本人以外受け取ることはできず、本人確認書類の提示が必要になります。

本人不在の場合は、郵便窓口(ゆうゆう窓口)で受け取ることができます。

必要書類の提出なしで審査通過する方法

このようにソニー銀行の口座がない方にとっては、FAXで本人確認書類等を提出しなくてはならず、少々手間がかかります。

しかし、口座がない方でも「初回振込サービス」を利用しない場合は、FAXでの書類提出は必要ありません。

というのも、本人限定受取郵便でカード類を受け取る時に、本人確認書類を提示しますので、それで本人確認OKと見なされるからです。

限度額300万円以下の方でカードが届くまで余裕があるという方は、「初回振込サービス」を選ぶ必要はありません。

借入方法は?

借り入れする時は、銀行口座への振込依頼を行うか、提携ATMからキャッシングします。

振込依頼は、会員サイトまたは電話(テレホンバンキング)で行います。どちらもソニー銀行の本人名義の口座に振り込まれます。

会員サイトの受付時間は24時間365日、電話は平日9時~20時、土日祝日は9時~17時となります。

電話は自動音声ですので、オペレーターと話す必要はありません。

提携ATMは、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、イーネット、ローソンATM、セブン銀行、イオン銀行等があります。

このうちセブン銀行とイオン銀行のATM手数料は無料であり、その他の提携ATMは月4回まで無料です。提携ATM手数料のかかる大手消費者金融と比べると、利便性は高いです。

返済方法は?

返済方法は口座引き落としとなります。毎月の返済日(2日・7日・12日・17日・22日・27日のいずれか選択)になると、ソニー銀行口座から自動で返済されます。

わざわざ振り込まなくてよいというメリットがありますが、毎月返済する金額も自動で決まってしまいます。

ソニー銀行カードローンの返済方式は残高スライド返済方式であり、毎月の返済額は、前月返済後の借入残高によって決まります。

たとえば、残高10万円以下では2,000円、10万円超20万円以下では4,000円、20万円超40万円以下なら6,000円という具合です。

返済金額は低めに設定されているので、経済的に余裕を持つことができますが、返済期間が長くなると利息も増えます。追加返済は、会員サイト、テレホンバンキング、提携ATMから随時行うことができます。

追加返済を行う場合、提携ATMの手数料は回数制限なくすべて無料になりますので、何度返済しても安心です。ただし、一括返済を行う場合は、会員サイトを利用する必要があります。

プロミスの詳細はコチラ >>

プロミスの詳細はコチラ >>

アコムの詳細はコチラ >>

SMBCモビットの詳細はコチラ >>