キャッシング審査時に消費者金融が行う在籍確認の電話とは?

サイトマップ
カードローン110番 > 審査基準や疑問を徹底解説 > 在籍確認は必ず行われるって本当?

在籍確認は必ず行われるって本当?

今日はキャッシングやカードローンを申込みした際の在籍確認について解説したいと思います。

在籍確認とは、申込み時に自己申告した勤務先へ審査担当者が「本当に在籍しているのか?」を審査過程において確認することを指します。

よく「在籍確認の無い銀行系あるいは消費者金融系カードローンはありますか?」というご質問を受けることがありますが、「残念ながら審査過程において在籍確認が省略されることはありません。」

理由は、貸金業法の改正で審査基準において、電話による在籍確認や本人確認をせずに融資することができない決まりになっているからです。

従って、借入希望される限度額のカード発行を希望される方は、必ず在籍確認をクリアする必要があります。

プロミスの詳細はコチラ >>

審査における在籍確認の位置づけとは?

それでは、在籍確認が審査上、どのようなウェイトや位置づけにあるかと言いますと、「個人信用情報に事故等のブラック情報が無く。自己申告した勤務先、勤続年数、収入等の属性にも問題無い。」ことを確認した後に実施されます。

従って、審査過程においては、ほぼ最終段階という位置づけとなり、申込者の会社へ在籍確認電話が取れた段階で審査通過となります。

実務上は、融資を希望する金融機関への申込み時に最初の電話説明の際に「これから審査に入らせていただきますが、信用情報やお申込みいただいた内容で問題が無いとなった段階で、勤務先への在籍確認のご連絡が入りますがよろしいでしょうか?」と確認の連絡を入れます。

この時、「在籍確認を嫌がる方やどうしても会社にバレたくない。」本当に少数ですが、いらっしゃるのも事実です。

その場合、審査に落ちるわけではありませんが、在籍確認は審査上、非常に高いウェイトを占めるため、希望限度額でのカードローン契約を行うことができなくなります。

「在籍確認が取れないからと言って、融資をしないわけではありませんが、限度額が落ちる。」ことは、まず理解しておいてください。

なお、私が勤務していた消費者金融会社では、利用者の在籍確認が取れない場合は、一律限度額を20万円と設定していました。

在籍確認されるのがどうしてもいやで、少ない限度額でも良いのであれば、問題ないとお考えになられるかもしれませんが、後で利用限度額を増額したい場合、増枠審査時に勤務先への在籍確認を必ず行います。

後々、限度額を増やす可能性がある人は、ぜひ在籍確認をクリアしてください。

プロミスの詳細はコチラ >>

在籍確認とはどのように実施するの?

それでは、私が現役時代に行っていた在籍確認方法について解説したいと思います。個人名で申込者の会社へ連絡します。

「野村と申しますが、山中さんはいらっしゃいますか?」この時、本人への電話が繋がれば、その段階で在籍確認終了です。

また、本人に繋がらなくても「今日は、終日外出しております。」あるいは「今日は遅番や夜勤のため今は居ませんが・・・」でも、問題ありません。

電話口に本人が出なくとも、勤務している事実が確認できれば在籍確認が終了です。

現役時代、非常に困ったのが従業員が何百名もいる大きい工場にお勤めの方の場合、「個人名で電話をかけても繋げていただけない。」ケースや、工事現場の事務所なども電話に出る人に「いないと言え。」と指導している会社もあります。

この場合は、一度審査を保留にして、申込者本人へ連絡をします。「在籍確認が取れないのですが、電話を取る方にいっていただいて取り次いでいただけるようお願いできますか?」と依頼します。

再度、連絡を行い本人の在籍が取れれば、希望限度額でのカード発行となります。それでも、在籍確認が取れない場合は、限度額20万円のカードを発行していました。

残念ながら在籍確認については、一切の例外はなく勤務先へ本人が在籍していることが確認できなければ、減額の対象としていました。

アコムの詳細はコチラ >>

在籍確認にまつわるQ&Aに回答します。

さて、ここからは過去にご相談ならびにご質問をいただいた中で、皆さんのお役に立ちそうな「在籍確認にまつわるQ&A」に関してお答えしようと思います。

現在30台後半で従業員が数千人以上の工場メーカーに期間限定社員として勤務しています。

在籍確認が必須とのことですが、自分は専ら製造関連でして、外部から個人宛に電話がかかってくる状況はまずありません。

今後の勤務で何か気まずい状況になりますか?また在籍確認の代わりに社員証を提出することで証明できないでしょうか。

何度も申し上げますが、ご自身が希望される限度額の満額融資を希望されるのであれば、審査過程において在籍確認を省略して、社員証で代用することはできません。

私の経験上、社員数数千名の規模の場合は、「カードローンを利用している人は必ずいます。」実際、電話を取る方は、大体ピンと来ますから、事実上バレますし、あまり気にする必要もないと思います。

以外と電話を取る方も案外同じ立場だったりもします。督促の電話連絡ならいざ知らず、在籍確認の連絡ですから堂々と繋いでもらってください。

個人名ではなく会社名を名乗って連絡してくることはありますか?
「B消費者金融ですがAさんいらっしゃいますか?」などと会社名(保証会社名も含む)を名乗って連絡することは、絶対にありません。

こちらもプロですし、そんな野暮なことは絶対しませんので、どうぞご安心ください。

困るのがわかっていてしつこく聞いてくる受付担当の方もいます。「在籍確認は非通知でかけるため、どちら様ですか?」と何度も聞かれますが、それでも絶対に社名を明かすことはありません。

席を外していることが多く在籍確認のため、電話が何度もあり上司から注意を受けました。

金融機関側の対応が非常に迷惑だったのを記憶しています。うまく乗り越える方法があれば教えていただけますか。

この方は与信に不慣れな担当者に当ってしまったため、嫌な思いをされたようですね。

在籍確認をスムーズに進めるポイントとしては、申込み時の最初の電話説明の際に、在籍確認を実施する日時を決めておくことも有効です。

その場合、あらかじめ電話連絡があることがわかっている。その日時は必ず社内に在籍しておけば問題ないでしょう。

ただし、銀行系カードローンの場合は、在籍確認は銀行担当者ではなく、審査を担当する保証会社のため、電話説明の際に日時を決めることができない可能性が高いです。

従って、在籍確認を円滑に進めたいのであれば、消費者金融系カードローンをお勧めいたします。


プロミスの詳細はコチラ >>

アコムの詳細はコチラ >>

SMBCモビットの詳細はコチラ >>