キャッシングの限度額を変更するには?

サイトマップ
カードローン110番 > 審査基準や疑問を徹底解説 > キャッシングの限度額を変更するには?

キャッシングの限度額を変更するには?

カードローンを契約すると、利用可能枠が設定されます。

利用可能枠とは、「この金額まで借りられる」という借入限度額のことです。

利用可能枠が50万円であれば、合計50万円まで借入可能です。

上限一杯まで借りたとしても、50万円返済すれば、また50万円借りられるようになります。利用可能枠の金額は、信用の高い人ほど多くなります。

カードローンの審査では、年収、年齢、職業、家族構成など、様々な質問をされますが、その答えから総合的に判断して利用可能枠の金額が決まります。

アコムの詳細はコチラ >>

利用枠は増枠できる

「利用可能枠が50万円じゃ足りない。

もっと増やしたい」という場合は、現在のカードローンに増枠申請するとよいでしょう。

他のカードローンに申込んで複数利用するという方法もありますが、金利は利用可能枠に比例して下がりますので、1つの金融機関で利用枠を増やした方が、お得に借入できる可能性があります。

ただし、増枠には必ず審査があります。申込時と同じように、利用者の個人情報や信用情報をチェックし、さらにカードローンの利用実績も確認して、総合的に判断します。

契約直後に増枠申請しても、利用実績がほとんどありませんので、審査に通る可能性は低いです。最低でも半年以上利用してから申請した方がよいでしょう。

カードローン会社によっては、現在の利用者の中で利用可能枠を増額できる人がいるか、定期的に審査を行っています。

延滞がなく、総量規制の上限にも達していないという場合、増額案内が送られてくることもあります。

プロミスの詳細はコチラ >>

増枠申請のデメリットは?

増枠審査には2~3日、場合によっては1週間以上時間がかかってしまいます。

「あと10万円必要なんだけど、時間がない!」という場合には、増枠申請するよりも他社に新規申込をしてしまった方が、早く借入できる可能性があります。

また、増枠は新規申込よりも審査基準が高くなる傾向があります。

とにかくお金を借りたいという場合は、新規申込でお金を増やし、あとで「おまとめローン」や「借り換えローン」を利用して、金利を下げるという方法もあります。

また、増枠審査の際に、契約時よりも本人の属性が下がっているような場合には、逆に減枠されてしまう可能性もあります。

以前は1社からしか借りていなかったけど、今は3社も4社も借りているという方は、先に借入先を一本化した方がよいかもしれません。

増枠できる上限とは?

消費者金融やクレジット会社の場合は、総量規制がありますので、融資対象の属性が良くても(他の金融機関の利用枠と合わせて)年収の3分の1までとなります。

ただし、クレジットカードのショッピング枠や、銀行カードローンについては総量規制の対象外ですので、年収の3分の1には含まれません。

消費者金融やクレジット会社は、1社から50万円を超えて借入する場合(他社借入がある場合は100万円超)、収入証明書類の提出が必要になります。

源泉徴収票や直近の給与明細書などが必要になるので、捨てずに取っておきましょう。

銀行カードローンも、希望額によって収入証明書類の提出を求められます。申請方法は、カードローンによって異なります。

アコムの詳細はコチラ >>

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは、フリーダイヤルに電話するか、ローン契約機(ACM)で申請します。フリーダイヤルは0120-923-923、土日祝日も9時~21時まで営業しています(1月1日除く)。

ローン契約機は、三井住友銀行本支店内に設置されているカードローンの自動契約機です。最高800万円まで10万円単位で申請可能です。

プロミスの詳細はコチラ >>

みずほ銀行カードローン

78888増枠申請するためには、みずほ銀行カードローン再度申し込みする必要があります。

公式サイトまたは店頭窓口で申し込み、審査回答が出るのを待ちます。

みずほ銀行は、銀行系カードローンの中でも比較的審査が甘く、利用可能枠も高く設定されやすいと言われています。

専業主婦も最大30万円まで融資可能であり、アルバイト・パートなどで自分の収入がある場合は、さらに高い増枠も見込めます。

申込みはこちら

アコム

会員サイトにログインして、「極度額等の変更のお申し込み」を利用するか、アコムのフリーダイヤル(0120-629-215、平日9時~18時営業)に電話をかけます。

会員サイトにログインできない場合なども、フリーダイヤルで確認してもらえます。

アコムの自動契約機「むじんくん」では、備え付けの電話で増枠申請することができます(画面からはできません)。

また、利用実績を積み重ねると「むじんくん」に増枠案内が表示される場合もあります。

50万円超の借入については収入証明書類が必要になります。

ダウンロードして送信するか、FAX、郵送、店頭、「むじんくん」で提出するという方法があります。

アコムの詳細はコチラ >>

プロミス

7070会員サービスへログイン後、「限度額変更申込」を行うか、フリーコール(0120-24-0365、平日9時~18時営業)に電話します。

女性の方は、女性専用ダイヤル(0120-86-2634)も利用できます。

プロミスは審査が早く、申請当日に利用可能枠を変更することも可能です。

収入証明書類は会員サービスから送信できます。自動契約機、店頭、郵送でも提出可能です。

プロミスの詳細はコチラ >>

SMBCモビット

会員サイトで「増枠申込」を行うか、フリーダイヤル(0120-24-7217、9時~21時営業)で申込むことができます。会員サイトや登録メールに増枠案内が来ることもあります。

SMBCモビットといえば電話連絡不要の「WEB関係」ですが、増枠審査では電話による在籍確認が行われる場合もあります。

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

アイフル

会員サイトまたはフリーダイヤル(0120-201810、9時~21時営業)で増額申請することができます。

アイフルでは優良顧客に対して増枠案内を行っており、メールや電話での勧誘に加えて、ATM利用時に画面に増額のインビテーションが表示される場合があります。

勧誘が来た時が、増枠するタイミングであると言えます。

アイフルの詳細はコチラ >>