モビットとオリックス銀行カードローンを比較してみた

サイトマップ
カードローン110番 > 審査基準や疑問を徹底解説 > SMBCモビットとオリックス銀行カードローンを比較してみた

SMBCモビットとオリックス銀行カードローンを比較してみた

SMBCモビットもオリックス銀行カードローンも、実店舗のない金融機関であり、最高融資額800万円、最低金利3.0%であるなど、いくつか特徴があります。

ここでは、SMBCモビットとオリックス銀行カードローンの特徴を比較し、どちらの方が利用しやすいか、検討してみたいと思います。

金融商品の比較

SMBCモビットは、三井住友銀行グループの消費者金融部門です。金利は年3.0%~18.0%、最高融資額は800万円となっています。

消費者金融トップクラスの高額融資・低金利であり、おまとめローンという商品はありませんが限度額800万円の頼れるローン。資金使途が自由なのでおまとめ等幅広い使い方が可能です。

ただし、具体的に利用限度額がいくらなら金利〇%という説明がなく、実際に申し込んでみないと金利がいくらになるのか分からないというデメリットがあります。

一方、オリックス銀行カードローンは、年3.0%~17.8%、最高融資額は800万円となっています。

3.0%という金利は、銀行でもトップクラスの低金利です。

利用限度額に対する金利一覧も公表しており、希望額に対して金利がいくらになるのか、予め想定しやすいというメリットがあります。

また、希望額300万円までは収入証明書不要であり、源泉徴収票や給与明細書などを用意しなくても、本人確認書類1つでサッと申し込めます。高額利用の方におすすめです。

利用条件

SMBCモビットは、満20歳以上69歳以下の安定した収入のある方を対象としており、アルバイト・パート・自営業でも申し込み可能です。

ただし、アルバイトで勤続年数が1年未満である方や、信用情報に事故情報が載っている方などは、審査に通過しにくいと言われています。

あくまで総合判断となりますが、全体的に属性の低い方は気を付けた方がよいでしょう。

一方、オリックス銀行カードローンは、満20歳以上65歳以下の方で毎月安定した収入のある方を対象としており、さらに日本国内在住の方(外国籍の方は、永住者または特別永住者の方)が対象となっています。

オリックス銀行カードローンは、2014年10月31日までは、年収200万円以下の方は申込みできず、少々敷居の高いカードローン業者でした。

現在は、年収に関わらず毎月安定した収入があれば、パート・アルバイト・自営業でも利用可能です(事業資金には使用できません)。銀行カードローンですが、専業主婦は申込不可です。

オリックス銀行カードローンの保証会社は、オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社であり、審査の際はどちらかの保証を受けることとなります。

審査スピード

SMBCモビットの審査スピードは早く、契約完了まで最短30分です。

申込方法は、「WEB完結」と「カード申込」があり、どちらの方法でも最短30分で可能です。

「WEB完結」は、郵送書類なし、電話確認なしで手続きできる申込方法であり、三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に口座があること、社会保険証または組合保険証があることという2つの条件をクリアする必要があります。

アルバイト・パート・自営業の方は、国民健康保険証しかありませんので、「WEB完結」ではなく普通の「カード申込」を選択します。

「カード申込」では入会手続きを郵送によってやり取りしますが、ネット申込後にフリーダイヤルに電話すると、優先的に審査してくれる上に、銀行振込してくれます。

14時50分までに振込手続きが完了すれば、即日振込となります。

また、ローン申込機を利用することで、審査結果が出たその日にカード発行し、提携ATMからキャッシングすることが可能となります。

一方、オリックス銀行カードローンは、「最短即日審査」とあります。原則的に当日中に審査回答するということであり、審査回答のタイミングによっては、即日融資も可能です。

オリックス銀行の口座を開設する必要はありません。本人確認、在籍確認が完了したら、必要書類をアップロードで提出し、契約完了です。

平日15時までに振込依頼を行えば、即日振込の扱いとなります。もしもジャパンネット銀行に口座があれば、深夜の一部時間帯を除いて24時間「即時振込」となります(土日祝日可能)。ローンカードは郵送で受け取ります。

SMBCモビットの詳細はコチラ >>

提携ATM

SMBCモビットもオリックス銀行も、実店舗がない分、多数の提携ATMが存在します。

SMBCモビットは全国13万台以上、オリックス銀行は全国93,000台以上存在しており、コンビニなどの主要なATMはどちらも利用できます。

ただし、SMBCモビットは提携ATMの手数料が有料であり、借入・返済の度に100~200円(税抜)の手数料がかかってしまいます。

一方、オリックス銀行はすべての提携ATM手数料が終日無料であり、時間外手数料なども気にする必要がありません。

日常的に追加借入・返済を行う方にとっては、オリックス銀行カードローンの方が利便性は高いでしょう。

返済方法の違い

SMBCモビットの最低返済額は、4,000円(最終借入後残高が10万円以下の場合)であり、オリックス銀行カードローンは7,000円(借入残高30万円以下)となります。

多くのカードローンは借入残高に対して返済額が決定しますが、SMBCモビットの場合、最後に借りた時の残高に対して最低返済額が決まります。

たとえば、10万円借りたら10万円、追加借入して残高が20万円になった場合は20万円の最低返済額をチェックします。

まとめ

家族や職場にキャッシングすることを知られたくないという方には、SMBCモビットの「WEB申込」はおすすめです。

SMBCモビットは審査回答が早いので、すぐに回答が欲しいという方は、SMBCモビットを利用するとよいでしょう。

そこまで急いでない方は、低金利でATM手数料もかからないオリックス銀行カードローンの方がおすすめです。

特にジャパンネット銀行に口座がある方は、即時振込サービスで借り入れがスムーズです。

オリックス銀行はネット銀行ですので、他の銀行カードローンよりも比較的審査基準が甘く、敷居の高さを感じさせません。

どちらにしようか迷っている方は、まずはオリックス銀行カードローンの審査を受けて、落ちてしまった場合にSMBCモビットに申し込むとよいでしょう。


SMBCモビットの詳細はコチラ >>

銀行カードローンなら総量規制対象外

プロミスの詳細はコチラ >>